Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
結論:親の図書館利用=子どもの付き添いとして来館
• 子を持つ親は持たない者よりも有意に図書館を利用する
• 子を持つ親は持たない者よりも有意に本を読まない
• さらにその背景:親には自分の自由にできる時間がない
子の有無と図書館利用・情報行動...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

子の有無と図書館利用・情報行動の関係

499 views

Published on

情報メディア学会第14回研究大会 発表ポスター
2015.6.27

Published in: Science
  • 私の場合子供が借りてきた本も読むし、公共図書館で子供が探している間に自分の本も探しますが・・・
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

子の有無と図書館利用・情報行動の関係

  1. 1. 結論:親の図書館利用=子どもの付き添いとして来館 • 子を持つ親は持たない者よりも有意に図書館を利用する • 子を持つ親は持たない者よりも有意に本を読まない • さらにその背景:親には自分の自由にできる時間がない 子の有無と図書館利用・情報行動の関係 How children affect parents’ library use and information behavior 佐藤翔 (同志社大学免許資格課程センター) 引用文献 [1]河村芳行, 歳森敦, 植松貞夫. 広域利用可能地域における世帯レベルの図書館利用行動:札幌市住民調査をもとに. 日本図書館情報学会 誌. 2010, vol.56, No.2, p.65-82. [2]国立国会図書館. “図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査”. カレントアウェアネス・ポータル. 2015, http://current.ndl.go.jp/FY2014_research, (2015-05-30 参照). 結 果 と 考 察 • 国立国会図書館「図書館利用者の情報行動 の傾向及び図書館に関する意識調査」の データを利用[2] • 全国5,000人を対象とするWeb調査 • 個票データを自由に再利用可能 • 30~40代の回答者のデータを抽出・分析 • 子の有無と図書館利用 • 子の有無とメディア利用 背 景 : ラ イ フ ス テ ー ジ と 図 書 館 • 先行研究[1]から: • 図書館を最も使うのは小学生 • 成長に伴い利用は減少 • 子ができると再び利用が増加 • 子が成長すると再び利用減 • 親の図書館利用は定着しない • WHY? ← 図書館以外の情報行動も見てみる 調 査 方 法 1. 同居する子の有無と2014年の図書館利用 2. 同居する子の有無とメディア利用 • 子を持つ親は有意に図書館を利用 • 子を持つ親は有意に本を読む頻度が少ない • 図書館利用者に限定しても同様 • さらにその背景:一人で自由にできる時間? • 他に子の有無と関係するのは音楽・映画 • テレビ、新聞、インターネットは影響なし • 一人で没入する娯楽メディアに子の有無が関係 33% 47% 38% 30% 29% 23% 子なし 子あり 利用した 過去に利用したことはある 過去にも利用したことはない 10% 7% 19% 13% 22% 25% 14% 15% 15% 19% 20% 21% 子なし 子あり 1日複数回 毎日 週1程度 月1程度 ほぼない ない 謝辞 本研究で用いたデータは国立国会図書館「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」に基づくものです。

×