ワークショップ「⽇本で市⺠プラットフォーム型政治を⽣み出すには」
運営マニュアル
作成者: 廣田裕之(miguel@ineval.org)
Ver 1.1 作成日: 2016 年 1 月 28 日
※マニュアルがダウンロードできない場合には、上...
ーラムとなった。このビデオではバルセロナの事例が紹介されているが、
バルセロナのみならず首都マドリード、バレンシア、セビリアなど主要都
市ではどこでも似たような動きが⾒られた。
- ビデオの冒頭にあるように、この年の 2 月(東日本大震災の直前...
 基本的にパワーポイントを⾒せた上でコメントをする。ただ、スペイン事情に
詳しくない方の場合、事前にウィキペディアなどでスペイン情勢について下調
べをしておく必要がある。
4: 今の日本で何ができるかを考える(30~60 分)
 使⽤する資...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

ワークショップ「日本で市民プラットフォーム型政治を生み出すには」運営マニュアル

596 views

Published on

スペインのポデモスのような市民プラットフォーム型政治を日本で生み出すためのワークショップの運営方法を書いたマニュアル。

Published in: News & Politics
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
596
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
22
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ワークショップ「日本で市民プラットフォーム型政治を生み出すには」運営マニュアル

  1. 1. ワークショップ「⽇本で市⺠プラットフォーム型政治を⽣み出すには」 運営マニュアル 作成者: 廣田裕之(miguel@ineval.org) Ver 1.1 作成日: 2016 年 1 月 28 日 ※マニュアルがダウンロードできない場合には、上記のメールアドレスまでご連絡く ださい。ファイル全てをお届けいたします。  所要時間: 2 時間〜4 時間  必要なもの: パソコン、ネット接続環境(ない場合には以下の資料を予めダウ ンロードする)、プロジェクター、スピーカー(なくても問題なし)、ポスト イット、⿊板やホワイトボード・⽩地の模造紙などポストイットを貼った上で その上に記入が可能なもの、チョークやペンなどそれに応じた筆記用具 1: ポデモスの基盤となった 5 月 15 日運動について(30〜45 分)  使⽤する資料: 動画「⽬覚め⾏く広場」 (https://www.youtube.com/watch?v=xy_8NXEMqw8 )  最初から 14 分 54 秒までを⾒せてから、口頭で以下の補⾜を⾏う。なお、時間 がなければ 7 分 24 秒から 11 分までは飛ばしてもよい。(15 分) - 5 月15 日運動(スペインでは15-M(キンセ・エメ)と呼ばれる)は、2011 年 5 月 22 ⽇の統⼀地⽅選挙の直前にスペイン全国の主要都市で⼀⻫に起き た運動で、5 月 15 ⽇(⽇)の全国⼀⻫デモ後にデモ隊が各都市の中央広場 を占拠して、2 週間ほど政治や社会、経済などを議論する即席市⺠社会フォ
  2. 2. ーラムとなった。このビデオではバルセロナの事例が紹介されているが、 バルセロナのみならず首都マドリード、バレンシア、セビリアなど主要都 市ではどこでも似たような動きが⾒られた。 - ビデオの冒頭にあるように、この年の 2 月(東日本大震災の直前)にエジ プトのムバラク政権が崩壊したが、既得権益=政治腐敗まみれの既存の社会 体制が市⺠の抗議により崩壊したことが、スペインの若者にも⼤きな影響 を与えた。また、この 15-M が 2011 年秋には米国ニューヨークに渡り、 「ウォール街占拠運動」へと発展した。 - 5 月末に広場の占拠を終えてからは 15-M 関係者は市内各地区で集会を重ね たり、医療や教育、選挙制度などの分野ごとの部会に分かれて議論を深め た(37 分 29 秒から 38 分 49 秒までを⾒せてもよい)。  参加者にビデオを⾒てもらった感想を語ってもらい、⾃由に議論してもらう (15 分〜30 分)。 2: 市⺠のための国家か、国家のための市⺠か? (30〜90 分)  使⽤する資料: http://www.slideshare.net/mig76/ss-57002160  ⼈権概念の成⽴に加え、⽇本国憲法(1946 年公布)や世界人権宣言(1948 年 で規定された諸権利について確認した上で、各スライドごとに今の日本社会で それぞれの権利が守られているか、あるいはどのような形で権利がおざなりに されているのかを議論。  また、当時は想定されていなかった諸権利についても議論を深める。  時間があればすべての権利について検討を重ねてほしいが、時間が⾜りない場 合には主催者の判断でいくつか主要な権利に的を絞って議論。 3: スペインにおけるポデモスの発展(30~45 分)  使⽤する資料: http://www.slideshare.net/mig76/ss-57002386  ポデモス自体について取り扱う場合にのみこのパワーポイントを使う
  3. 3.  基本的にパワーポイントを⾒せた上でコメントをする。ただ、スペイン事情に 詳しくない方の場合、事前にウィキペディアなどでスペイン情勢について下調 べをしておく必要がある。 4: 今の日本で何ができるかを考える(30~60 分)  使⽤する資料: http://www.slideshare.net/mig76/ss-57002533  スペインと日本との社会状況の違いを踏まえた上で、どうやれば、5 月 15 日運 動のように市⺠が集って、教育や選挙制度、医療や年⾦など分野別に専⾨的な 議論を深める場を作れるか考える。  今日の集まりをきっかけとして、どうすれば今後この運動を継続できるのかに ついて具体的に話し合う。

×