大人数クラスでの楽しい会話 フエ集中日本語教育セミナー 2010 年 3 月 9 日 村上吉文
今日の目標 <ul><li>楽しく、効果的な会話授業の教え方。(人数が多いクラスの対象) </li></ul><ul><li>わかる。 </li></ul><ul><li>できる。 </li></ul>
体験を共有しよう! <ul><li>楽しい会話の授業って何でしょう。 </li></ul><ul><li>効果的な会話の授業って何でしょう。 </li></ul><ul><li>▼ </li></ul>
発表
背景理論 <ul><li>楽しい授業とは 「遊びの四要素」「 ARCS 動機づけ理論」 </li></ul><ul><li>効果的な会話の授業とは 「コミュニカティブ・アプローチ」(有馬先生) </li></ul>
遊びの四要素 <ul><li>アゴーン(競争:徒競走など) </li></ul><ul><li>アレア(偶然:ルーレットなど) </li></ul><ul><li>ミミクリー(模倣:モノマネ、演劇や RPG など) </li></ul><ul>...
アゴーン(競争:徒競走など)
競争を会話の授業に取り入れるには? <ul><li>目標文型「~月~日」 </li></ul><ul><ul><li>クラス全員の誕生日を日本語で教えてもらう。 </li></ul></ul><ul><ul><li>自由に歩いて質問する。 </...
アレア(偶然:ルーレットなど)
偶然を会話の授業に取り入れるには? <ul><li>ビンゴ(たくさんコピーする必要あり) </li></ul><ul><ul><li>むらログ :  学習者の名前を使ったビンゴカードを自動作成 </li></ul></ul><ul><li>サイ...
ミミクリー(模倣(もほう):モノマネ、演劇や RPG など)
模倣を会話の授業に取り入れるには? <ul><li>注意すること </li></ul><ul><ul><li>×  「日本人のように言ってください」 </li></ul></ul><ul><ul><li>○  「おばあさんのように言ってください...
イリンクス:眩暈(めまい)
眩暈を会話の授業に取り入れるには? <ul><li>カイヨワのいう「眩暈(めまい)」 </li></ul><ul><ul><li>お酒を飲んだ時の酩酊感 </li></ul></ul><ul><ul><li>運動するときの加速感 </li></...
ここまででご質問は?
ARCS 動機づけ理論とは? <ul><li>アメリカの教育工学者ジョン・ M ・ケラー( John M.Keller )が提唱。 </li></ul><ul><li>「なぜやる気が出ないのか」->四つの理由がある。 </li></ul>
ARCS 動機付けモデル <ul><li>Attention </li></ul><ul><ul><li>関心 「おもしろそうだな」 </li></ul></ul><ul><li>Relevance </li></ul><ul><ul><li>...
Attention  関心 <ul><li>A-1: 知覚的喚起 </li></ul><ul><ul><li>パワーポイントで美しい映像を見せる。(「印象派 2.0 」) </li></ul></ul><ul><ul><li>音楽、におい、手触...
Relevance  関連性 <ul><li>R-1: 親しみやすさ </li></ul><ul><ul><li>自己関与効果 ベトナムやフエに関係する会話 </li></ul></ul><ul><li>R-2: 目的指向性 </li></ul...
Confidence  自信 <ul><li>C-1: 学習要求  </li></ul><ul><ul><li>目標を明確にする ( 同じカードを持っている人を見つけたら勝ち、とか) </li></ul></ul><ul><li>C-2: 成功...
Satisfaction  満足 <ul><li>S-1: 自然な結果  </li></ul><ul><ul><li>努力に比例した成果を知らせる。 </li></ul></ul><ul><li>S-2: 肯定的な結果 </li></ul><u...
ARCS のまとめ <ul><li>おもしろそう (a) で役に立ちそうな (r) ことをやらせて自信をつけ (c) 、ほめる (s) </li></ul><ul><li>John Keller </li></ul><ul><ul><li>ht...
楽しい会話練習の4パターン
種類 <ul><li>ペアワーク </li></ul><ul><li>バラバラ練習 </li></ul><ul><li>一人が前に出るパターン </li></ul><ul><li>クラスが二つに分かれるパターン </li></ul><ul><l...
ペアワーク <ul><li>方法 </li></ul><ul><ul><li>二人一組で練習します。 </li></ul></ul><ul><ul><li>クラス全員が同時に練習します。 </li></ul></ul><ul><ul><li>大...
一人が前に出るパターン <ul><li>私は誰? </li></ul><ul><li>・一人の学生が前に出ます。その学生に見えないように黒板に有名な人の名前を書きます。 </li></ul><ul><li>・学生は自由に質問します。 </li>...
2グループに分ける <ul><li>どんな時計ですか。 </li></ul><ul><ul><li>鞄を落とした人(立つ) </li></ul></ul><ul><ul><li>落とし物係(座る) </li></ul></ul><ul><li>...
バラバラ練習 <ul><li>席を立って歩きまわります。 </li></ul><ul><li>誰と話すかは学生が自分で決めます。 </li></ul><ul><li>例:名簿づくり </li></ul><ul><li>自己紹介 </li></u...
人気のある教材 <ul><li>初級 </li></ul><ul><ul><li>日本語コミュニケーションゲーム 80 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>THE JAPANTIMES </li></ul></ul><...
振り返り <ul><li>目標は達成できましたか。 </li></ul><ul><li>今日学んだことで、一番役に立ちそうなことは何ですか。 </li></ul>
おしまい
Photo <ul><li>http://www.flickr.com/photos/81509206@N00/466440988/ </li></ul><ul><li>http://www.flickr.com/photos/clry2/13...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

大人数クラスでの会話授業

6,145 views

Published on

「遊びの四要素」「ARCS動機づけ理論」、「楽しい会話練習の4パターン」

Published in: Education
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
6,145
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
659
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

大人数クラスでの会話授業

  1. 1. 大人数クラスでの楽しい会話 フエ集中日本語教育セミナー 2010 年 3 月 9 日 村上吉文
  2. 2. 今日の目標 <ul><li>楽しく、効果的な会話授業の教え方。(人数が多いクラスの対象) </li></ul><ul><li>わかる。 </li></ul><ul><li>できる。 </li></ul>
  3. 3. 体験を共有しよう! <ul><li>楽しい会話の授業って何でしょう。 </li></ul><ul><li>効果的な会話の授業って何でしょう。 </li></ul><ul><li>▼ </li></ul>
  4. 4. 発表
  5. 5. 背景理論 <ul><li>楽しい授業とは 「遊びの四要素」「 ARCS 動機づけ理論」 </li></ul><ul><li>効果的な会話の授業とは 「コミュニカティブ・アプローチ」(有馬先生) </li></ul>
  6. 6. 遊びの四要素 <ul><li>アゴーン(競争:徒競走など) </li></ul><ul><li>アレア(偶然:ルーレットなど) </li></ul><ul><li>ミミクリー(模倣:モノマネ、演劇や RPG など) </li></ul><ul><li>イリンクス(眩暈:絶叫マシーンなど) </li></ul>
  7. 7. アゴーン(競争:徒競走など)
  8. 8. 競争を会話の授業に取り入れるには? <ul><li>目標文型「~月~日」 </li></ul><ul><ul><li>クラス全員の誕生日を日本語で教えてもらう。 </li></ul></ul><ul><ul><li>自由に歩いて質問する。 </li></ul></ul><ul><ul><li>一番早くできた人が勝ち。 </li></ul></ul><ul><li>賞品をあげるともっと楽しくなります。 </li></ul><ul><li>インフォメーションギャップを使いましょう。 </li></ul><ul><ul><li>「クラス全員の名前を調べる」は最初の授業だけ。 </li></ul></ul>
  9. 9. アレア(偶然:ルーレットなど)
  10. 10. 偶然を会話の授業に取り入れるには? <ul><li>ビンゴ(たくさんコピーする必要あり) </li></ul><ul><ul><li>むらログ : 学習者の名前を使ったビンゴカードを自動作成 </li></ul></ul><ul><li>サイコロを使う </li></ul><ul><ul><li>質問を 10 問ぐらい板書する。 </li></ul></ul><ul><ul><li>恥ずかしい質問も 少し 入れる。 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>「あなたの恋人は誰ですか」など。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>誰が答えるかをサイコロで決める。 </li></ul></ul>
  11. 11. ミミクリー(模倣(もほう):モノマネ、演劇や RPG など)
  12. 12. 模倣を会話の授業に取り入れるには? <ul><li>注意すること </li></ul><ul><ul><li>×  「日本人のように言ってください」 </li></ul></ul><ul><ul><li>○  「おばあさんのように言ってください」 </li></ul></ul><ul><li>例 </li></ul><ul><ul><li>日本語祭りで日本語劇を見せる。 </li></ul></ul><ul><ul><li>テレビドラマのかっこいい場面をまねさせる。音を消して俳優の代わりに言えるまで練習する。その俳優らしさもまねする。シャドーイング、シナリオプレイなど。 </li></ul></ul>
  13. 13. イリンクス:眩暈(めまい)
  14. 14. 眩暈を会話の授業に取り入れるには? <ul><li>カイヨワのいう「眩暈(めまい)」 </li></ul><ul><ul><li>お酒を飲んだ時の酩酊感 </li></ul></ul><ul><ul><li>運動するときの加速感 </li></ul></ul><ul><ul><li>音楽に合わせて踊る感覚 </li></ul></ul><ul><ul><li>-> 体を動かす会話の授業とは? </li></ul></ul><ul><li>チャンツの例  </li></ul>
  15. 15. ここまででご質問は?
  16. 16. ARCS 動機づけ理論とは? <ul><li>アメリカの教育工学者ジョン・ M ・ケラー( John M.Keller )が提唱。 </li></ul><ul><li>「なぜやる気が出ないのか」->四つの理由がある。 </li></ul>
  17. 17. ARCS 動機付けモデル <ul><li>Attention </li></ul><ul><ul><li>関心 「おもしろそうだな」 </li></ul></ul><ul><li>Relevance </li></ul><ul><ul><li>関連性 「役に立ちそうだな」 </li></ul></ul><ul><li>Confidence </li></ul><ul><ul><li>自信 「やればできそうだな」 </li></ul></ul><ul><li>Satisfaction </li></ul><ul><ul><li>満足 「やってよかった」 </li></ul></ul><ul><li>03/10/10 </li></ul><ul><li>国際交流基金 </li></ul><ul><li></li></ul>
  18. 18. Attention  関心 <ul><li>A-1: 知覚的喚起 </li></ul><ul><ul><li>パワーポイントで美しい映像を見せる。(「印象派 2.0 」) </li></ul></ul><ul><ul><li>音楽、におい、手触りなど。 </li></ul></ul><ul><li>A-2: 探求心の喚起 </li></ul><ul><ul><li>なぞとき(インフォメーション・ギャップ) </li></ul></ul><ul><li>A-3: 変化性 </li></ul><ul><ul><li>非日常性(いつもの授業と違う) </li></ul></ul><ul><li>03/10/10 </li></ul><ul><li>国際交流基金 </li></ul><ul><li></li></ul>
  19. 19. Relevance  関連性 <ul><li>R-1: 親しみやすさ </li></ul><ul><ul><li>自己関与効果 ベトナムやフエに関係する会話 </li></ul></ul><ul><li>R-2: 目的指向性 </li></ul><ul><ul><li>会話力がつく->就職しやすくなる </li></ul></ul><ul><li>R-3: プロセスを楽しませる </li></ul><ul><ul><li>恋人と勉強する </li></ul></ul><ul><ul><li>好きな俳優のまねで練習する </li></ul></ul><ul><li>03/10/10 </li></ul><ul><li>国際交流基金 </li></ul><ul><li></li></ul>
  20. 20. Confidence  自信 <ul><li>C-1: 学習要求 </li></ul><ul><ul><li>目標を明確にする ( 同じカードを持っている人を見つけたら勝ち、とか) </li></ul></ul><ul><li>C-2: 成功の機会 </li></ul><ul><ul><li>時間を短くしすぎないなど。 </li></ul></ul><ul><ul><li>クラスの 80% ぐらいは目標を達成する。 </li></ul></ul><ul><li>C-3: コントロールの個人化 </li></ul><ul><ul><li>ペアワークよりはバラバラ練習。 </li></ul></ul><ul><li>03/10/10 </li></ul><ul><li>国際交流基金 </li></ul><ul><li></li></ul>
  21. 21. Satisfaction  満足 <ul><li>S-1: 自然な結果 </li></ul><ul><ul><li>努力に比例した成果を知らせる。 </li></ul></ul><ul><li>S-2: 肯定的な結果 </li></ul><ul><ul><li>ゲームの場合は勝った学生をほめる。 </li></ul></ul><ul><ul><li>上手だったところを見つける。 </li></ul></ul><ul><li>S-3: 公平さ </li></ul><ul><ul><li>授業で教えなかったことはテストに出さない。 </li></ul></ul><ul><ul><li>えこひいきしない。 </li></ul></ul><ul><li>03/10/10 </li></ul><ul><li>国際交流基金 </li></ul><ul><li></li></ul>
  22. 22. ARCS のまとめ <ul><li>おもしろそう (a) で役に立ちそうな (r) ことをやらせて自信をつけ (c) 、ほめる (s) </li></ul><ul><li>John Keller </li></ul><ul><ul><li>http://www.arcsmodel.com/ </li></ul></ul><ul><li>鈴木克明(東北学院大学) </li></ul><ul><ul><li>「学習意欲を高める作戦(教材づくり編)~ARCSモデルに基づくヒント集~」 </li></ul></ul><ul><ul><li>http://www.edutech.tohoku-gakuin.ac.jp/edu/arcs/arcsk.html </li></ul></ul><ul><li>03/10/10 </li></ul><ul><li>国際交流基金 </li></ul><ul><li></li></ul>
  23. 23. 楽しい会話練習の4パターン
  24. 24. 種類 <ul><li>ペアワーク </li></ul><ul><li>バラバラ練習 </li></ul><ul><li>一人が前に出るパターン </li></ul><ul><li>クラスが二つに分かれるパターン </li></ul><ul><li>(数人のグループに別れる。) </li></ul>
  25. 25. ペアワーク <ul><li>方法 </li></ul><ul><ul><li>二人一組で練習します。 </li></ul></ul><ul><ul><li>クラス全員が同時に練習します。 </li></ul></ul><ul><ul><li>大きなクラスで使うことができます。 </li></ul></ul><ul><li>種類 </li></ul><ul><ul><li>相手の情報を参照して何らかの決定をするタイプ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>「どちらの店で買いますか。」 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>より現実のコミュニケーションに近いです。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>ロールプレイ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>「キャンプへ行こう」 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>自分で決められる範囲が広いです。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>一番、現実のコミュニケーションに近いです。 </li></ul></ul></ul>
  26. 26. 一人が前に出るパターン <ul><li>私は誰? </li></ul><ul><li>・一人の学生が前に出ます。その学生に見えないように黒板に有名な人の名前を書きます。 </li></ul><ul><li>・学生は自由に質問します。 </li></ul><ul><ul><li>静かなクラスでは、質問の順番を決めます。 </li></ul></ul><ul><li>・他の学生は「はい」か「いいえ」でしか答えることはできません。 </li></ul><ul><li>・時間を決めると、ゲーム性が出ます。 </li></ul>
  27. 27. 2グループに分ける <ul><li>どんな時計ですか。 </li></ul><ul><ul><li>鞄を落とした人(立つ) </li></ul></ul><ul><ul><li>落とし物係(座る) </li></ul></ul><ul><li>鞄を落とした人は、落とし物係に自分のかばんに入っているものを説明して、自分の鞄を取り戻します。 </li></ul>
  28. 28. バラバラ練習 <ul><li>席を立って歩きまわります。 </li></ul><ul><li>誰と話すかは学生が自分で決めます。 </li></ul><ul><li>例:名簿づくり </li></ul><ul><li>自己紹介 </li></ul><ul><ul><li>はじめまして。 </li></ul></ul><ul><ul><li>___で___ております___ともうします。 </li></ul></ul><ul><ul><li>よろしくお願いいたします。 </li></ul></ul><ul><li>他者紹介 </li></ul><ul><ul><li>ご紹介します。 </li></ul></ul><ul><ul><li>___で___ていらっしゃいます___さんです。 </li></ul></ul>
  29. 29. 人気のある教材 <ul><li>初級 </li></ul><ul><ul><li>日本語コミュニケーションゲーム 80 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>THE JAPANTIMES </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>ゲームとしてのドリル教材 50 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>アルク </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>にほんごきいてはなして </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>THE JAPANTIMES </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>クラス活動集101 </li></ul></ul><ul><ul><li>続・クラス活動集131 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>スリーエーネットワーク </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>児童・生徒のための日本語わいわい活動集 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>国際交流基金日本語国際センター </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>初級日本語のためのコミュニケーション練習 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>TIJ 東京日本語研修所 </li></ul></ul></ul><ul><li>中級上級 </li></ul><ul><ul><li>ロールプレイで学ぶ中級から上級への日本語会話 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>アルク </li></ul></ul></ul>
  30. 30. 振り返り <ul><li>目標は達成できましたか。 </li></ul><ul><li>今日学んだことで、一番役に立ちそうなことは何ですか。 </li></ul>
  31. 31. おしまい
  32. 32. Photo <ul><li>http://www.flickr.com/photos/81509206@N00/466440988/ </li></ul><ul><li>http://www.flickr.com/photos/clry2/1366937217/ </li></ul><ul><li>http://www.flickr.com/photos/seandreilinger/3390780302/ </li></ul><ul><li>http://www.flickr.com/photos/natura_pagana/4274808860/ </li></ul><ul><li>http://www.flickr.com/photos/meadowsrise/1315116409/ </li></ul><ul><li>http://www.flickr.com/photos/jackpix/146384867/ </li></ul>

×