プレゼンテーションソフトのビジネス日本語授業への応用

4,279 views

Published on

パワーポイントの効果、長所と短所、効率的な作成方法、ビジネス日本語の授業の例。

Published in: Education
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,279
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
334
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

プレゼンテーションソフトのビジネス日本語授業への応用

  1. 1. プレゼンテーションソフトのビジネス日本語授業への応用 フエ集中日本語教育セミナー 2010 年 3 月
  2. 2. この時間の予定 <ul><li>パワーポイントの長所と短所 </li></ul><ul><li>作ってみよう! </li></ul><ul><li>ビジネス日本語のパワーポイント教材のご紹介 </li></ul>
  3. 3. 視聴覚教材の効果 <ul><li>1986年にミネソタ大学で行われた実験 </li></ul><ul><ul><li>OHPやスライドを使った人 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>使わなかった人よりも43%多く説得力  ▼ </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>質の高いカラーのプレゼンテーション </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>白黒に比べ、よりプロフェッショナルであると受け止められると測定。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>教師の信頼性や説得力->授業効率に大きな影響 </li></ul></ul></ul></ul>
  4. 4. パワーポイントの効果 <ul><li>「 Presentation 」誌2000年2月 </li></ul><ul><ul><li>州立ポートランド大学の企業研修を模した実験 </li></ul></ul><ul><ul><li>理解度 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>OHPよりも78%も多くの情報を思い出したり説明できたりした。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>記憶度 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>OHPより30%多くの事柄を思い出すことができた。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>印刷物の243%の事柄を思い出すことができた。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>4級の語彙  800 語 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>3級の語彙  1500 語 ( 4級の 187 % ) </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><li>単語や文型の導入の場面ではパワーポイントは大きな力となる。 </li></ul></ul>
  5. 5. パワーポイントの長所 1 <ul><li>資料作成の簡便さ </li></ul><ul><ul><li>ある日の授業で使った漢字FCの作成 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>19の漢字熟語(一語につき漢字は二文字から五文字)を復習 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>二種類 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>平仮名の次に漢字を表示 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>漢字の次にひらがなを表示 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>4分40秒 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>コピーするだけなら数秒 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>「 FC 一直線」を使えば 7 秒 </li></ul></ul>
  6. 6. パワーポイントの長所 2 <ul><li>教材管理上のメリット </li></ul><ul><ul><li>紙や 35mm スライドでは得られない利点 </li></ul></ul><ul><ul><li>FCや絵パネルの管理が非常に楽 </li></ul></ul><ul><ul><li>例:動詞の活用練習 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>絵パネルを使った後に元の順番通りに並べ戻さなくてよい。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>全体をコピーして、その日の授業で使う部分だけ取り出し、残りは削除。 </li></ul></ul></ul>
  7. 7. パワーポイントの長所 3 <ul><li>ネット上で共有するメリット </li></ul><ul><ul><li>一人が作って、みんなが使う。 </li></ul></ul><ul><ul><li>みんなの教材サイト </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>http://momiji.jpf.go.jp/kyozai/index.php </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Slideshare </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>http:// www.slideshare.net / </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>http://www.slideshare.net/bethauthau/tieng-nhat-so-cap-minna-no-nihongo-presentation </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>http:// www.slideshare.net/midogonpapa/slideshows </li></ul></ul></ul>
  8. 8. パワーポイントの長所 4 <ul><li>学習者の自習教材としてのメリット </li></ul><ul><ul><li>パワーポイントビューワーが必要 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=428d5727-43ab-4f24-90b7-a94784af71a4&displaylang=en </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>多くの学習者がファイルを所望 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>学習者の環境に配慮が必要 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>授業前の自動表示の例  ▼ </li></ul></ul>
  9. 9. パワーポイント長所 5 <ul><li>技術移転の強力な道具になる。 </li></ul><ul><ul><li>経験のある教員が自分の授業のためにスライドを作る。 </li></ul></ul><ul><ul><li>経験の浅い教員が先輩のスライドを使う。 </li></ul></ul><ul><ul><li>自分で体験することができる。 </li></ul></ul><ul><li>モンゴル日本センターの日本語教育実習コース </li></ul><ul><ul><li>最初は講師陣の作ったスライドで実習。 </li></ul></ul>
  10. 10. パワーポイントの短所 1 <ul><li>「わー、きれい!」で終わってしまう。 </li></ul><ul><ul><li>あくまでも主役は学習者と教師 </li></ul></ul><ul><ul><li>パワーポイントはその視覚的補助の「道具」に過ぎない </li></ul></ul>
  11. 11. パワーポイントの短所 2 <ul><li>自己目的化・・・凝り始めると止まらない </li></ul><ul><ul><li>パワーポイントのために時間をかけるのではなく、楽をするためにパワーポイントを使う </li></ul></ul><ul><ul><li>It's like alcohol in the hands of a drunk. What we need is moderation. </li></ul></ul><ul><ul><li>凝りすぎの例  ▼ </li></ul></ul>
  12. 12. パワーポイントの短所 3 <ul><li>人間関係の形成にも障害となりうる </li></ul><ul><ul><li>教師と学生が画面を通してしか、つながらない。 </li></ul></ul><ul><ul><li>停電で初めて分かったこと </li></ul></ul>
  13. 13. パワーポイントの短所 4 <ul><li>良い教案の書けない教員は、パワーポイントを使っても良い授業はできない </li></ul><ul><ul><li>日本語学、日本語教授法の知識 </li></ul></ul><ul><ul><li>例文を選ぶ能力 </li></ul></ul><ul><ul><li>練習を組む能力 </li></ul></ul>
  14. 14. パワーポイントの短所 5 <ul><li>授業のすべての部分で使えるわけではない </li></ul>
  15. 15. 日本語教育での応用 <ul><li>応用できる部分 </li></ul><ul><ul><li>漢字 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>漢字->読み  ▼ </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>語彙の導入 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>訳、絵、写真、音  ▼ </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>文型の導入 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>特に中級(例文を大量に表示) </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>基本練習 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ほぼ全体で  ▼ </li></ul></ul></ul><ul><li>応用が難しい部分 </li></ul><ul><ul><li>応用練習 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>応用練習では学習者間コミュニケーションが多い。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>クラスコントロールがゆるやか。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>学習者間のインフォメーションギャップが作りにくい </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>確認 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>学習者から教師への情報 </li></ul></ul></ul>
  16. 16. 2.作ってみよう! 「印象派 2.0 」( FC_Impressionism_kaigai.xls )と 「日本語教師の教案 みんなの日本語30課の単語 .htm 」を 開いてください。
  17. 17. 全体の流れ <ul><li>MS Word でパワーポイントのファイルを自動でつくる </li></ul><ul><li>そのための準備を MS Excel でする </li></ul><ul><li>データはウェブサイト「日本語教師の教案」からコピーする </li></ul>
  18. 18. 「印象派 (FC_Impressionism_kaigai.xls) 」 <ul><li>「 input 」シートを開いて、新しい言葉と例文を「日本語教師の教案」サイトから paste します。 </li></ul><ul><li>「 K1 」シートを開いて「 edit 」、「 copy 」 </li></ul><ul><li>ワードを開いて「 edit 」、「 paste 」 </li></ul><ul><li>ワードで「 file 」、「 send 」、「 powerpoint 」 </li></ul><ul><li>おわり </li></ul>
  19. 19. 美しいスライドにするには? <ul><li>「 format 」「 Slide design 」 </li></ul><ul><li>好きなデザインを選んでみましょう。 </li></ul>
  20. 20. 他のシートも使ってみましょう。 <ul><li>「 K2 」「 A1 」「 A2 」「 V1 」「 V2 」のシートも同じようにコピーしてワードからパワーポイントに送信してみましょう。 </li></ul><ul><li>どんな FC ができましたか? </li></ul>
  21. 21. 発表!
  22. 22. 「日本語教師の教案」 <ul><li>みんなの日本語の単語 </li></ul><ul><li>http://kyoan.u-biq.org/tango.html </li></ul><ul><li>要点をまとめたハンドアウト </li></ul><ul><li>みんなの日本語の文型と教案 </li></ul><ul><li>応用練習の内容と方法 </li></ul><ul><li>日本語アンケート </li></ul><ul><li>その他のコンテンツ </li></ul>
  23. 23. ビジネス日本語の パワーポイント教材のご紹介
  24. 24. 『商談のための日本語』
  25. 25. 使ってみよう! <ul><li>青い「 START 」ボタンから初めてください。 </li></ul><ul><li>いろいろクリックして、内容を見てください。 </li></ul>
  26. 26. ご質問をどうぞ。
  27. 27. ご飯を食べましょう!

×