Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【Japan Partner Conference 2019】今日から働き方改革! Microsoft Azure + Citrix XenDesktop の DaaS で、とりま始める!

155 views

Published on

いわゆる "どこでもオフィス" 対応のセキュリティ対策で、仮想デスクトップが有力候補になっています。
インテックは、CSP による柔軟な課金、Microsoft Azure とオンプレミス環境 (ActiveDirectory や業務システム) を太く、早くつなぐ統合型閉域ネットワーク サービス「DCAN」、DaaS 環境の標準化されたマネージド サービスで、素早く、手軽に実現!
Citrix の SILVER パートナーでもあるインテックは、オンプレミス環境の Citrix XenDesktop だけではなく、DaaS 提供にも広げ、お客さまの働き方改革推進を支援します。

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【Japan Partner Conference 2019】今日から働き方改革! Microsoft Azure + Citrix XenDesktop の DaaS で、とりま始める!

  1. 1. ID:BS-B1
  2. 2. はじめに
  3. 3. 会社概要 (講演者撮影) 設立日 1964年1月11日 業績 2018年3月期(単体) ・売上高 ・経常利益 ・当期純利益 単体 従業員数 3,568名(2019年3月1日現在) 代表者 富山県富山市牛島新町5番5号 (インテックビル:愛称 タワー111) 本社 115,198百万円 7,410百万円 4,991百万円 代表取締役社長 北岡 隆之 タワー111 ポートラムスクエア ▼
  4. 4. 富山観光大使ではありませんが・・・ 地域貢献として、 富山ライトレールの 命名権を買い取り インテック本社前 停留所を発着するライトレール (講演者撮影) 地鉄の市電とライトレールがここで接続(富山駅) 富山には、雄大な山岳景色を堪能できる立山黒部アルペンルートや、 世界遺産の五箇山をはじめ、見どころ満載 明後日(9月1日)からは、「おわら風の盆」が開催されています。
  5. 5. 今日は皆さんの ご意見をお伺いしたいです 当セッションは今後リリース予定のサービスを、検討途上の状態でご説明します。 食べながらですと、あまり頭に入ってこないと思いますので、ただ1つのお願い 「こういう機能(仕様)があれば、 自社で取り扱ってよいかも」 というご意見を、おひとり様1つ以上、アンケートに記載していただければ、 後はお食事に集中していただいて結構です(笑) このサービスが売れるために何が必要か? よろしくお願いいたします
  6. 6. 本題の前に自己紹介を ◇神保 岳大(Jimbo Takehiro) クラウド(IaaS)・ネットワーク・Data Centerの、 営業推進マネージャー、アライアンス・ビジネス開発を担当(2016-) ・富山県滑川市出身(最近富山の自宅新築・・・) ・休日は東伊豆の某ダイビングスポットに出没
  7. 7. 現在検討中の内容
  8. 8. Azure上に(旧XenDesktop)Citrix Virtual Desktop 仮想デスクトップソリューションは、10年以上前から存在 Azure上のVDIソリューションも、既に他社さんが投入済 そんな中で、インテックは後発DaaSのサービスプロバイダとして、 何をお客さまに訴求するのか? 注・・・Citrix XenDesktopは、Citrix Virtual Desktopに名称変更しました 早く :スピーディなサービス提供 安く :リーズナブルな価格 便利に:拡張性、柔軟性、Azure/Office365との親和性 とり(あえず)ま(あ)
  9. 9. その前に、なぜCitrixか? サービス化に際し、VDIブローカー製品の比較検討を行った結果、 以下の理由によりCitrixとなった。 • 設計構築の職人的ノウハウが必要な管理サーバをCitrixがサービス提供して くれる(Citrix製品は、頻繁な更新が行われるため、イチSIerが追随していく のは結構難儀) • ICAプロトコル(画面転送に用いるCitrix独自のプロトコル)の実績 • Office 365のコラボレーション(旧Skype for Business)のサポート ↑Webミーティングはネイティブアプリケーションでやれば? というご意見も多いですが • Citrixのパートナーとしてオンプレの導入実績はあるため、そのノウハウを活用 できる
  10. 10. もう1つその前に、VDIについて VDI(=Virtual Desktop Infrastructure)、仮想デスクトップとは、 Windows 10などの仮想マシンの画面だけを接続端末に転送する仕組み。 • 画面イメージだけを転送するので、データそのものを端末にダウンロードする事 はできない(設定すればできますが)→セキュリティ対策として古くから普及 • 仮想マシンのイメージを共通マスタとして管理する事で、Microsoft Update や利用アプリケーションの統一、といったIT統制も実現可能 ハイパーバイザー データセンター
  11. 11. こんなサービスになります‼ 今回提供開始(予定)のDaaSは、以下のレシピで構成 • Microsoft Azureの仮想マシンサービス • Microsoft 365による、OS・セキュリティ・Officeアプリケーション・資産管理 • Citrix Cloudによる仮想マシンとのブローカー・画面転送 ここまでは”アリモノ”の組み合わせですが・・・ Citrix Cloud オンプレミス Legacy Active Directory
  12. 12. Why choice INTEC Service?←イマはこうしたい!という宣言 Express Routeによる閉域接続をサポート 差別化ポイント① • インテックの統合型閉域ネットワークサービス DCANはAzure Express Routeにも対応するため、オフィス環境(LAN環境)からの接続を、安定した 品質で、セキュリティ対策に気を遣う必要なく、実現可能 • オンプレミス側のActive Directoryとの連携も閉域ネットワーク経由で実施 することで、Active Directory通信に起因するトラブルを廃する事が可能
  13. 13. インテックのネットワークサービスとは・・・ インテックは、統合型閉域ネットワークサービス DCANによって、お客さま拠点や データセンターとAzureのプライベート接続を提供可能です お客さま側拠点 DC,本社など
  14. 14. Why choice INTEC Service? ←イマはこうしたい!という宣言 Azure基盤のマネージドサービス(監視・運用)コミ! 差別化ポイント② • Azure上の仮想マシンは、インテックが監視運用を実施 • 接続不可やフリーズといったトラブルに迅速に対応 • 別途オプション等で24/365への拡張も可能となる検討も行う(夜間に業務 を行う深夜営業店舗向けOA環境での利用などもカバー)
  15. 15. Why choice INTEC Service? ←イマはこうしたい!という宣言 Microsoft 365の導入サービスを提供可能 差別化ポイント③ • 本サービスでは、Microsoft 365のラインナップから、顧客ニーズに最適なプラ ンをチョイスいただき、デリバリ・提供する事を想定 • Microsoft 365に含まれるDefenderやOfficeアプリケーションはオプションで 提供(=使える状態にする)想定 • 別途Microsoft 365に含まれるTeams、Exchangeといったコミュニケーショ ンツールの導入をサポートする検討を行う
  16. 16. Why choice INTEC Service? ←イマはこうしたい!という宣言 労務管理者視点の働き方改革支援 VDI利用状況のレポート機能を提供 差別化ポイント④ • テレワークやモバイル化の推進について回る労務管理の課題に対し、管理 者向けに仮想マシンの使用状況を可視化するレポート機能の付加を予定 • モニタリング項目は、ユーザー別のログイン/ログオフ時間明細、平均使用・ 操作時間や、コアタイム・就業時間外使用状況一覧を提供する事を想定 • 利用可能時間制限等も検討
  17. 17. やる事/やるけどオプションにする事/やる・やらないを検討中の事 今まで、ザッと概要をご説明しました。確実にやる事、やるけどオプションになる事、 やる・やらないを検討中の事、以下整理 標準サービスで やる事 オプション扱いの やる事 やる・やらないを 検討したい事 Citrix Cloudを使用 〇 Azure上でWindows 10の 仮想マシンを稼働・監視 〇 閉域網アクセス 〇 時間外拡張ヘルプデスク 〇 オンプレADとの連携 〇 Microsoft 365の アプリケーション導入 〇(Officeアプリケー ション・Defender) 〇(Teams・ Exchange) VDI利用状況のレポート 〇
  18. 18. 提供金額(月次)について 価格については、現在試行錯誤中ですが、 2千円台/1ユーザ(消費税別) ~ を、目指しています。 (標準サービスの場合)
  19. 19. とり(あえず)ま(あ)始める! とりま=「とりあえず、まあ」
  20. 20. PoC提供可能です(時期は応相談) 今日のメインテーマ「売るために皆さんの知恵を貸して‼」なわけですが、 タイトルが「とりま」とある通り、PoC環境は提供可能です Azure上のVDIサービス提供が可能なパートナーをさ がしていらっしゃる方、ぜひお声がけをお願いいたし ます(懇親会にも私はいます) もちろん、エンドユーザー様でも可能(スーパーウエルカム)
  21. 21. 働き方改革 のためにも、 チームコミュニケーションツール・レポート管理は必須(と思う) 働き方改革のためにはTeamsの様なチームコミュニケーションツールの導入は必須 ではないか、とテレワークデイズ(※)に参加したメンバーの意見を聞いて感じていま す ※総務省などが中心となり実施している(現在実施中)働き方改革の国民運動 VDIサービスによるセキュリティ対策やテレワーク対応 を検討されているユーザー様、そうしたユーザー様を 抱えているパートナー様にもPoC協力させていただき ます
  22. 22. Thank you for your time and attention. ご清聴ありがとうございました 講師へのコンタクトは、 懇親会、または net_info@intec.co.jp 今すぐ スマホで 読み取りを!

×