Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【Japan Partner Conference 2019 基調講演】Industry Innovation による Society 5.0 の実現に向けて

474 views

Published on

日本マイクロソフトは、Society 5.0 “超スマート社会” の実現に向け、各業種・業態の垣根を超えたオープン イノベーションを推進する “Industry Innovation” に取り組んでいます。
この取り組みでは、各業種に知見の深いパートナーとの協業を深め、クラウドを活用することによる業種間連携や AI を活用した新しいビジネスの創造など、お客様のデジタル変革のご支援を行ってまいりました。
本講演では、この Industry Innovation の取り組みの成果を、デジタル変革を実現した企業の実事例を通じてご紹介するとともに、今日本企業が本気で取り組むべき優先事項について考察します。

Published in: Business
  • Get Paid To Write Articles? YES! View 1000s of companies hiring online writers now! ★★★ http://t.cn/AieXS5j0
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

【Japan Partner Conference 2019 基調講演】Industry Innovation による Society 5.0 の実現に向けて

  1. 1. Microsoft Japan Partner Conference 2019
  2. 2. Microsoft mission 地球上のすべての個人とすべての組織が、 より多くのことを達成できるようにする 日本マイクロソフトの目指す企業像 革新的で、安心して使っていただける インテリジェントテクノロジを通して、 日本の社会変革に貢献する
  3. 3. ワークスタイル イノベーション ライフスタイル イノベーション インダストリー イノベーション Vision 2020:日本の社会変革に貢献 3 つのイノベーションの推進
  4. 4. 年間売上高* 1,258億ドル (前年比14%増) 世界最大 売上高* 381億ドル Azure** 64%増 Office 365 ** 31%増 Dynamics 365 ** 45%増 コマーシャルクラウド 売上総利益率* 63% グローバルでのクラウドモメンタム
  5. 5. 日本マイクロソフトの成長 • 売上げ • 成長率 • 新規顧客 FY16 FY17 FY18 FY19
  6. 6. 2019 年度日本マイクロソフトにおける実績
  7. 7. お客様のデジタルトランスフォーメーションを支援する 「信頼されるパートナー」へ 2020 年度 日本マイクロソフトの優先事項
  8. 8. 日本の社会変革に貢献する企業として 2020年:日本の No.1 クラウドベンダーへ
  9. 9. Microsoft Japan Partner Conference 2019
  10. 10. Society 5.0 “超スマート社会”
  11. 11. Democratizing Digital
  12. 12. すべてのデスクとすべての家庭に 1 台のコンピュータを “Empower every person and every organization on the planet to achieve more” 地球上のすべての個人とすべての組織が、 より多くのことを達成できるようにする
  13. 13. ワークスタイル イノベーション ライフスタイル イノベーション インダストリー イノベーション Vision 2020:日本の社会変革に貢献 3 つのイノベーションの推進により “Democratizing Digital” を実現
  14. 14. ワークスタイル イノベーションの意義 従業員の生産性を向上 会社としての組織力が向上 新たな事業が創造される
  15. 15. インダストリー イノベーション の実現に向けて インダストリーに強みを持つ パートナーと新たな関係を構築 リファレンス アーキテクチャーを活用 業種毎 DX ソリューションの展開
  16. 16. インダストリー イノベーション の実現に向けて インダストリーに強みを持つ パートナーと新たな関係を構築 リファレンス アーキテクチャーを活用 業種毎 DX ソリューションの展開 ライフスタイル変革 = Society 5.0 の実現を目指す
  17. 17. 業種特化マイクロソフト パートナー プログラム MPN for Industry
  18. 18. MPN for Industry パートナー プログラム 製造、流通、金融、ヘルスケアの 4 業種に 92 社のパートナーの参画
  19. 19. インダストリー リファレンス アーキテクチャー Maasレベル2 外部システム Maasレベル3 Maasレベル4 外部システム Maasレベル1 各駅のカメラ・セン サー等・スマホGGPS Connected Car 利用 利用 利用 接近情報取得 経路関連 情報取得 マップ 情報取得 取得 構内データ 取得 配車 外部サイト リンク 予定 登録 予約 チケット 発行 検索履歴・移動 履歴保存 (同意必要) お気入り 登録 保存 外部サイト API呼出 外部IDPに よる認証 利用履歴 取得 支払い 情報取得 人数・移動ベ クトル取得 走行履歴 予測モデル による分析 支払い 情報 保存 移動・支払 い情報取得 同意情 報取得 決済連携 決済実行 予測情報 取得 予測情報 取得 過去 傾向 取得 決済情報 取得 (JRのみ) 決済実施 実績取得 利用 利用 オ ー プ ン デ ー タ 連 携 機 能 Level. 1 Level. 2 Level. 3 Level. 4 1. DX 業務ファンクション マップ 2. アーキテクチャー マップ 3. サンプル実装 業界標準の非競争領域におけるシステム実装方式やデータ構造などをリファレンス化 イノベーション ライフサイクルを短縮化
  20. 20. Your data | Organizational data | Web data | Real world data Forecast Equipment maintenance Accounts Service requests Orders Support case Shipments Meetings Documents Calendar Tasks Message People Storage Relationships Skills Bank Job history Talent Patients Merchandise Trade promotion Planograms Device Data Opportunities Gaming Connecting Writing Reading Email Creating City Warehouse Manufacturing Retail Hospital Logistics Transportation データはビジネスを動かす新しい原動力である
  21. 21. MaaS Future Factory Smart Space Intelligent Logistics Intelligent Banking Future Hospital Smart Store MaaS Future Factory Smart Space Smart Store Intelligent Logistics Intelligent Banking Future Hospital ライフスタイルを変革する統合的な価値体験の提供 = Society 5.0 が実現した世界 MaaS Future Factory Smart Space Smart Store Intelligent Logistics Intelligent Banking Future Hospital Open Data Initiative 共通データ スキーマ “Common Data Model” 業種・業態の垣根を超えたオープン イノベーションを推進 天気データ 電子レシート公共交通データ 検索履歴 API API API 地図・GIS データ Decentralized Identity 行動履歴 リファレンス アーキテクチャーは業種間連携のための “API” や “共通データ構造” についても指針を提示
  22. 22. 機能マップ アーキテクチャマップ 実装サンプル MaaS を構成する機能マップ アーキテクチャーマップ ビジネスワーカー向け: 働き方 x MaaS 実装サンプル Maasレベル2 外部システム Maasレベル3 Maasレベル4 外部システム Maasレベル1 各駅のカメラ・セン サー等・スマホGGPS Connected Car 利用 利用 利用 接近情報取得 経路関連 情報取得 マップ 情報取得 取得 構内データ 取得 配車 外部サイト リンク 予定 登録 予約 チケット 発行 検索履歴・移動 履歴保存 (同意必要) お気入り 登録 保存 外部サイト API呼出 外部IDPに よる認証 利用履歴 取得 支払い 情報取得 人数・移動ベ クトル取得 走行履歴 予測モデル による分析 支払い 情報 保存 移動・支払 い情報取得 同意情 報取得 決済連携 決済実行 予測情報 取得 予測情報 取得 過去 傾向 取得 決済情報 取得 (JRのみ) 決済実施 実績取得 利用 利用 MaaSクライアントアプリ 連 携 サ ー ビ ス ( タ イ プ 1 ) ・ 認 証 な し ・ ト ラ ン ザ ク シ ョ ン な し ・ 決 済 連 携 な し API 連 携 サ ー ビ ス ( タ イ プ 2 ) ・ 認 証 あ り ・ ト ラ ン ザ ク シ ョ ン な し ・ 決 済 連 携 な し API 連 携 サ ー ビ ス ( タ イ プ 3 ) ・ 認 証 あ り ・ ト ラ ン ザ ク シ ョ ン あ り ・ 決 済 連 携 な し API 連 携 サ ー ビ ス ( タ イ プ 4 ) ・ 認 証 あ り ・ ト ラ ン ザ ク シ ョ ン あ り ・ 決 済 連 携 あ り API コネクタ API コネクタ API コネクタ API コネクタ API Blockchain Node API 連 携 サ ー ビ ス ( タ イ プ 5 ) ・ 認 証 あ り ・ ト ラ ン ザ ク シ ョ ン あ り ・ 決 済 連 携 な し Blockchain Node 連 携 サ ー ビ ス ( タ イ プ 6 ) ・ 認 証 あ り ・ ト ラ ン ザ ク シ ョ ン あ り ・ 決 済 連 携 あ り Blockchain Node Blockchain Network Open ID Connect Open ID(Decentralized Identityなど) APIマネジメント ユーザー認証 機能連携 API 通知機能 API Application Insights Power Platform MaaSプラットフォーム システム管理ユーザー MaaSプラットフォーム 業務ユーザー 連携サービス事業者 業務ユーザー データ連携データ分析 IoT シミュレーショ ン データレイク UIアプリ (PowerApps) 社用車の予約 API(ダミー) Open Trip Planner API Office 365 API PowerApps カスタムコネクター PowerApps O365コネクター API Management API GW MaaSRA:OTP システムとして認証 Azure Functions AADB2C登録の ユーザID/PWで認証 ②APIキー (サブスクリプションキー) O365のユーザID/PWで認証 Azure SQL ログ(maasra-db) Application Insights MaaSRA AADB2C 経路検索 Google API (OpenIDコネクト検証用) Event Hub API GW MaaSRA::Google::Calendar UIアプリ (OpenIDコネクト検証用) Azure SQL リンクアカウント情報 maasra-db Googleアカウントで認証AADB2C登録の ユーザID/PWで認証 検証 O365のID/PWで認証 API GW Functions OTPへのアクセスID/PWをセット OTPへのアクセスID/PWで認証 ①Oauth App Service リンクアカウントサービス 戻り値を成形する Webサービス API GW MaaSRA:GTFSDB GTFSDB API GW MaaSRA:GTFS GTFSCSV https://api.odpt.org/api/v4/files/Toei/data Policy Log-to- eventhub Calendar取得 トークンリフレッシュ 予定の参照、登録 flow 通知 Azure Functions Azure Functions PowerApps カスタムコネクター API GW 行動履歴 通知API 行動履歴登録 GTFSデータ登録 Bing Map API PowerApps カスタムコネクター API GW MaaSRA:BingMap Flow 場所名称からGIS情報を取得 SharePoint 経費精算シートの作成 PowerApps カスタムコネクター Azure Functions 予約 通知用DB 駐車場予約 PowerApps カスタムコネクター オープンデータ取得 Azure Functions Office 365連携によるMaaSアプリ (PowerApps) ユーザープロファイル管理基盤(認証等含む) 決済基盤 (対事業者) 需要予測・価格調整基盤 動態把握基盤 動態シミュレー ション基盤 自動運転バス タクシー等 Office 3 6 5 連 携 に よ る 行 動 最 適 化 ・ 提 案 経 路 検 索 エ ン ジ ン ( OpenTripPlanner ) 予 約 管 理 基 盤 チ ケ ッ ト 管 理 基 盤 決 済 基 盤 ( 対 ユ ー ザ ー ) タ ク シ ー 配 車 ( ダ ミ ー ) シ ェ ア サ ー ビ ス 都 営 バ ス オ ー プ ン デ ー タ ( GTFS 形 式 ) コネクタ Office 365 コネクタ コネクタ コネクタ コネクタ コネクタ コネクタ コネクタ 地 図 情 報 連 携 BingMap コネクタ データレイク APIマネジメント/アクセスログ取得 ...... ConnectedData Data Analytics Reservation/Payment UI/UX Transportation (car/bike/cycle) ConnectedData Data Analytics Reservation/Payment UI/UX Transportation (Trains/Metro/Bus) ConnectedData Data Analytics Reservation/Payment UI/UX SmartBuilding ConnectedData Data Analytics people facilities Entertainment ConnectedData Data Analytics Reservation/Payment UI/UX Shared space ConnectedData Data Analytics Reservation/Payment UI/UX Common Data Interface Common Data Lake Common Reservation/Payment Common UI/UX Subscription model 最適経路検索 最適料金検索 サービス検索・連携 ユーザー管理・認証 プロモーションロケーション検索 予約 支払い チケット 利用規約 利用履歴管理 事業者間清算 需給予測 価格調整 Socialmodel 法令・規則 都市計画 ヒト・モノの流動コントローラー ヒト・モノの流動シミュレーター MaaS Level.4 MaaS Level.3 MaaS Level.2 MaaS Level.1 MaaS Level.0 公共交通オープンデータ 各種オープンデータ Public/Private Transportation Services Taxi, Carpool Shared Mobility Services Theater/Restraint Shared Office Co-working space Office Conference Center Shared XXX (Parking, EV port…) 事業者間機能連携 MaaS リファレンス アーキテクチャーの提供を開始 株式会社 MaaS Tech Japan 監修 MPN for Industry パートナー プログラム 製造、流通、金融、ヘルスケアに続き、「交通・モビリティサービス」 を対応業種に追加
  23. 23. MaaS Tech Japan 株式会社マース テック ジャパン 代表取締役 CEO 日高 洋祐 様
  24. 24. 自己紹介 東京工業大学総合理工学部修士卒(機械工学) 2005年4月 JR東日本入社(新幹線メンテナンス、車掌、運転士、輸送指令員) 2010年4月 慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員 同年JR東日本研究開発センターフロンティアサービス研究所 2014年4月 東京大学大学院学際情報学府(社会人博士)、須田義大研究室 →MaaSをテーマに研究 2018年6月 技術イノベーション推進本部ITストラテジー部門モビリティ変革グループ →モビリティ戦略の策定 2018年11月 株式会社MaaS Tech Japan創業 2018年12月 一般社団法人JCoMaaS理事 <著書>
  25. 25. MaaSモビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ MaaSの入門書かつ専門書 ①MaaSGlobal,Moovel,MaaSallianceなど海外事例 ②テクノロジー観点、プラットフォーム観点 ③都市観点 ④各事業におけるアクションプラン ⑤Beyond MaaS 4人の執筆者とプロジェクトを組み、一冊にまとめる
  26. 26. 30 MaaS Tech Japan事業内容 2.コンサルティング事業 企業等に対し、MaaSの動向や将来像を把握する弊 社にしかできないコンサルティングを実施し、事業 成功までを力強く支援。 ◼ MaaS事業コンサルティング ◼ MaaSシステム開発コンサルティング ◼ 事業・戦略アドバイザー 1.メディア事業 国内外の専門家とのネットワークを活用した広範か つ詳細なレポーティングを通じ、MaaSのビジネス や施策への活用を支援。 ◼ 書籍出版 ◼ 勉強会・社内セミナー実施 ◼ メディア、SNS運営 ◼ JCoMaaS事務局 3.MaaSプラットフォーム事業 単なる交通サービスの繋ぎ合わせではなく、データ 融合や他産業との組合せなど、ユーザ・社会にとっ て価値あるプラットフォームを構築。 ◼ 自社ライセンス (経路検索、シミュレータ、データマネジメント) ◼ 共同ライセンス (クラウド基盤、他産業連携)
  27. 27. Mobility as a Serviceとは何か 利用者が多様なモビリティサービスに対して「1つのサービス」として自由に選択できる モビリティサービスとは、移動に関する乗り物全てを指す 自動車(四輪、二輪)、鉄道、バス、トラム、タクシー、フェリー、航空、自転車 ◼ 一部、ライドシェアのことをMaaSと呼ぶ事例もあるが、ライドシェアはMaaSを構 成する重要なモビリティサービスではあるがMaaSに包含される関係にある。 ◼ Mobility as a Service (MaaS) constitutes the integration of various forms of transport services into a single mobility service accessible on demand.(MaaS Alliance White Paper,MaaS Alliance,2017)
  28. 28. ◼ 各モビリティは速達性や輸送量、定時性や着席可否、料金、乗車制約など様々な特性を持つ ◼ 各交通サービスは時空間的・輸送モード間に障壁があるが、弱点を補いあい効率化が可能 ◼ (Mobility) as a Serviceとは、実質的には分割されたサービスを仮想的に一つとみなす概念 ◼ MaaS(統合サービス)の存在により利用者は簡易に最適な移動行動が可能となる Mobility as a Service
  29. 29. MaaS事例(フィンランドWhim) ◼ 個別の経路検索,チケット購入が可能、定額制に対して公共交通+オンデマンド交通乗り放題 ◼ 2017年度からタクシーunlimitedが誕生、自家用車を手放す行動変容 ◼ 499ユーロで、この自動車や公共交通へ流れていたお金をMaaSエコシステムへ流す ※自動車産業を持たないフィンランドにおけるKPI(ITSFinand) MaaSアプリとして代表事例であるが、さらなる展開の可能性が期待される
  30. 30. 都市の抱える公共交通の課題 供給量に対する慢性的な需要過多 運行頻度低下(遅れ)→供給不足 鉄道の代替輸送機関の輸送密度小 鉄道×の場合に、影響が大きい インバウンド需要増 不慣れな移動者への対応の必要性 特定の事業者努力のみでは解決しにくい課題
  31. 31. 地方の抱える公共交通の課題 利用者減→サービス低下→廃線 自治体への補助金の負担 鉄道→産業集積的な輸送インフラ 人材や技術継承が必要 高齢者ドライバー 高齢化と担い手不足問題 社会課題として解決すべきであるが、具体的な解決策はまだ提示されていない
  32. 32. MaaS →スマートシティへのロードマップイメージ 情報提供 シームレスかつ密接な 移動者との接点 個別支払い 一元支払い ダイナミックプライシング ダイヤ調整 リソース最適化 稼働率向上 ダイヤ・料金最適化 運行最適化 事業者間連携 交通政策 都市計画 MaaS シミュレータ MaaS コントローラ 都市交通 コントローラ モビリティ 事業への貢献 全量・実績 ログデータコントローラ機能(人) コントローラ機能(モビリティ) コントローラ機能(カネ) 都市計画・混雑渋滞解消 防災・交通流制御 高精度な 需要予測 次のレベルの都市高度化 MaaSアプリをきっかけとして、都市交通全体にAIを適用していく
  33. 33. Beyond MaaS ①「ヒト」「モビリティ」のパーソナライズ化 交通サブスクリプションと別事業者からのインセンティブ・パッケージ導入 他サービスとの連携(アカウント連携) ②場所・都市の再定義 ライドシェア・移動販売・物流革命→駐車場不要となり膨大な空きスペース ダイナミック(柔軟)な場所の使い方(シェアリング、転換) ③都市単位での最適化システム(エコシステム) マルチモーダルと場所との最適化 多くの事業(不動産、エネルギ、交通、飲食)のKPI自体が融合していく
  34. 34. MaaSの価値創造にむけて 移動 (MaaS) 場所 移動空間 エネルギ 都市開発 モビリティ 生活様式 物流AI/IoT コネクティッド・電動化 乗り合い・自動運転・空飛ぶ車 再生エネルギ・分散型 P2P・省力化 働き方改革・シェアリング 多様化・少子高齢化 乗り合い・付加価値 快適性・移動販売 駐車場レス・移動販売 住む場所・働く場所 不動産事業・オフィス 街路設計・都市計画 データの流通基盤 情報銀行・スマートシティ モノと人の移動の融合 最適配置・フードマイル リファレンスアーキテクチャの策定により他業界との連携を促進可能となる
  35. 35. リファレンスアーキテクチャの策定の価値(参考) ◼ MaaSアプリの構築にコストやリソースをかけずに、より価値あるサービス開発等に注力できる ◼ 鉄道、バス、タクシーなど異なるモビリティサービスのデータをつないだAI活用(人流制御、ダイナミックプライ シング)などの可能性 ◼ 他業界の技術者がモビリティ業界へ参入する際の期待(交通分野に詳しくない技術者の呼び込み) ◼ 他産業のサービス事業者がモビリティサービスと連携(データ活用やサービス連携)の促進
  36. 36. Fin 株式会社MaaS Tech Japan 日高 洋祐
  37. 37. アプリから予約・来店・事前注文 決済 マーケット施策の展開 ⚫マルチ決済端末 ⚫電子レシート 決済 (つけ払い/サブスク決済) ⚫加盟店ダッシュボード、 ⚫マーケ施策 (クーポン配信・送客) ⚫決済データによる個人・店舗 のスコアリング ⚫AI レンディング ロボアド ⚫地域トークン (コイン) 発行 ⚫本人確認情報 ⚫スコアリング情報・ 信用情報提供 〇〇市用 個人・店舗のスコアリング 外部連携 ⚫外部 ID 連携 ⚫API 連携 500 コイン 200 point 銀 行 Intelligent Banking for Payment リファレンス アーキテクチャー 株式会社インフキュリオン・グループ監修
  38. 38. Infcurion 株式会社インフキュリオン・グループ 代表取締役社長 丸山 弘毅 様
  39. 39. Microsoft Azureで実現する次世代金融プラットフォーム 株式会社インフキュリオン・グループ 代表取締役社長 丸山 弘毅 様
  40. 40. 丸山 弘毅 Hiroki Maruyama 主な委員・講演歴 内閣官房 産官協議会「FinTech/キャッシュレス化」 金融庁 金融制度スタディ・グループ 全銀協 オープンAPI検討委員会 全銀ネット有識者会議 経済産業省 FinTech研究会・FinTech検討会合 産業構造審議会 割賦販売小委員会 クレジットカードのAPI連携検討会(キャッシュレス検討会) 日本銀行 FinTechフォーラム(第2回) 東大・日銀共催カンファレンス 東京都 東京のグランドデザイン検討委員会 海外金融系企業の誘致促進等に関する検討会 自己紹介 略歴 1999年 株式会社ジェーシービー入社 (AI, M&Aなど) 2006年 株式会社インフキュリオン・グループ創業 2015年 一般社団法人 Fintech協会設立 代表理事就任 2018年 一般社団法人キャッシュレス推進協議会 理事就任
  41. 41. インフキュリオン・グループは決済×テクノロジーで強みを発揮する事業創造カンパニー テクノロジーの力でキャッシュレス社会を実現し、社会に新しい価値と利便性の創出を目指す 決済センター・決済ウェア QR決済ゲートウェイ デジタルバンク・ウォレットPF 共創コンサルティング型 自社サービス型 Fintech分野を中心に支援 (計8社) 大企業とともに実現 投資型 有力ベンチャーとともに実現 株式会社インフキュリオン スタートアッップとして前例がなくても自ら行動 株式会社リンク・プロセシング 貯金アプリ(銀行API接続) 株式会社ネストエッグ 株式会社アダプトネットワークス 株式会社インフキュリオンデジタル インフキュリオン・グループについて
  42. 42. Azure採用のポイント 1. 堅牢性 - 金融業界、航空業界、電力業界を中心とした実績 - 高いセキュリティ - FISC 安全対策基準への準拠 - データセンター視察などの監査対応 - Azure サービスに対する SLA 提示 2. 国内東西リージョンでのディザスターリカバリー構成 - Traffic Manager - Site Recovery & デプロイスロット 3. 今後 - パートナープログラム・ Microsoft Learn - オンプレミスとの親和性・移行容易性( Azure Stack / Oracle on Azure) - 機械学習によるインサイト獲得( Azure Machine Learning / Cognitive Services )
  43. 43. 消費行動と決済のシームレス化 Intelligent Banking for Payment アプリから予約・来店・事前注文 決済 マーケット施策の展開 ⚫ マルチ決済端末 ⚫ 電子レシート 決済 (つけ払い/サブスク決済) ⚫ 加盟店ダッシュボード、 ⚫ マーケ施策 (クーポン配信・送客) ⚫ 決済データによる個人・ 店舗のスコアリング ⚫ AIレンディング ロボアド ⚫ 地域トークン (コイン) 発行 ⚫ 本人確認情報 ⚫ スコアリング情 報・信用情報提 供 〇〇市用 個人・店舗のスコアリング 外部連携 ⚫ 外部 ID連携 ⚫ API 連携 500 コイン 200 point 銀 行
  44. 44. Wallet Station 認証と決済手段や関連サービスを自由に横断できる仕組み 金融機関向けにウォレット基盤をホワイトラベルで提供 送金・ポイント・会員証 ・電子レシートも 拡大予定 様々な接続方式 に対応 決済手段や会員証・クーポン などを一度に認証。 今後、バーコード以外の 認証方法にも対応予定
  45. 45. Banking と Retailの融合 銀行発行カード 銀行アプリ 優良 顧客 リピー ター 一般顧客 一見客 潜在顧客 キャッシュレス 加盟店契約 資金管理 クレジットカード 各種コード決済事業者 電子マネー ポイント事業者 自社発行カード 融資 加盟店アプリ・ 独自マネー発行 Saas 決済手段 銀行口座 独自 電子マネー ダッシュボード
  46. 46. Cashless Connected 融資 為替預金 コンサルティング マーケティング オープン イノベーション スコアリング Society 5.0 Digitalization Intelligent bank スマート ファクトリー スマート エネルギースマート シティ スマート リテール スマート モビリティ Society 5.0 を支える Intelligent Banking
  47. 47. キャッシュレスを入口に、金融とリテールをつなげる 次世代金融プラットフォーム
  48. 48. 次世代モビリティ パブリックセーフティ スマートインフラ デジタルヘルス スマート公共サービス 観光・移住 ワンストップ申請 公共オープンデータ デジタルエージェント 公共サービス変革住民との協調 “デジタル・ガバメント” : 行政主導のデジタル トランスフォーメーション パートナー各社との連携強化に向けた取組みや方向性 ・“デジタル・ガバメント”実装リファレンスアーキテクチャを整備・展開 ・デジガバ クラウド人材の育成を支援 政府・自治体との連携
  49. 49. Society 5.0 に対応する IT インフラのモダン化 ✓ 市場の変化に迅速に対応できるか ✓ オープンかつセキュアに業種間連携 することが可能か ✓ 大量の IoT データを高速に処理し ビジネスに活用することが可能か ✓ ファーストライン ワーカーの業務最適 化に対応できるか
  50. 50. 変化を捉えた改革推進と新たな価値創造
  51. 51. 十時 裕樹 様 ソニー株式会社 取締役 代表執行役 専務 CFO
  52. 52. 蟇田 栄 様 大日本印刷株式会社 専務執行役員 情報イノベーション事業部担当 AB センターコミュニケーション開発本部担当
  53. 53. 高橋 美波 日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務 パートナー事業本部長 十時 裕樹 様 ソニー株式会社 取締役 代表執行役 専務 CFO 蟇田 栄 様 大日本印刷株式会社 専務執行役員 情報イノベーション事業部担当 AB センターコミュニケーション開発本部担当
  54. 54. 変革実践に取り組まれた背景と目的 パネルディスカッション 変化を捉えた改革推進と 新たな価値創造
  55. 55. 変革を推進する上での障壁とその解決策 パネルディスカッション 変化を捉えた改革推進と 新たな価値創造
  56. 56. マイクロソフトへの期待、Why Microsoft パネルディスカッション 変化を捉えた改革推進と 新たな価値創造
  57. 57. Historic Partnering ソフトウェア リセラー お客様 カスタマーサービス プロバイダー インテグレーター マネージドサービス プロバイダー
  58. 58. From Partnering to Partnership お客様 Partners Managed servicesDevOps Platform
  59. 59. Azure Expert MSP Advanced Specialization Advanced Specialization ソリューション ワークロード • Windows Server and SQL Server Migration to Azure • Linux and Open Source Database Migration to Azure • Data Warehouse Migration to Azure • Kubernetes on Azure • Modernization of Web Applications in Azure • SAP on Azure Microsoft Azure のソリューション ワークロード の各分野に関する深い知識を有し、アクティ ブな Gold コンピテンシーを有するパートナー 国内認定パートナー Microsoft Azure パートナー認定の最高位 第三者機関が世界共通の評価基準で審査 し、合格したパートナーのみが認定 さまざまな要件を 満たす 第三者機関の審査 に合格する 継続的に要件を 満たす 上位資格 取得者数 Azure コンサンプション 実績
  60. 60. OLYMPUS オリンパス株式会社 執行役 CTO 小川 治男 様
  61. 61. オリンパスのデジタル・トランスフォーメーション 2019年8月30日 オリンパス株式会社 執行役 CTO 小川 治男 Microsoft Japan Partner Conference 2019
  62. 62. No data copy / No data transfer permitted2019/9/468 デジタルカメラ2010年:2兆円産業 日本の出荷台数 121百万台/出荷金額¥1,643B (レンズ一体型 出荷台数108百万台/出荷金額¥1,140B) (一眼タイプ 出荷台数12.8百万台/出荷金額¥503B) 交換レンズの出荷台数 21百万本/出荷金額¥389B) デジタルカメラ2017年 :1.2兆円産業 日本の出荷台数 25百万台/出荷金額¥793B (レンズ一体型 出荷台数13.3百万台/出荷金額¥214B) (一眼タイプ 出荷台数11.6百万台/出荷金額¥578B) 交換レンズの出荷台数 19百万本/出荷金額¥414B) スマートフォン2017年:35兆円超産業 世界出荷台数 14.8億台 サムソン22.8%、アップル15.3%、ファーウェイ9.6% オリンパスが経験したデジタル・ディスラプション 皆さんの会社では、デジタル・ディスラプションに 対してそのリスクの大きさを直視していますか?
  63. 63. No data copy / No data transfer permitted2019/9/469 内視鏡事業 Endoscopic Solutions Division 治療機器事業 Therapeutic Solutions Division 消化器科キャピタル製品 呼吸器科キャピタル製品 IT リプロセス 外科内視鏡キャピタル製品 手術用顕微鏡システム システムインテグレーション 修理サービス 消化器科呼吸器科関連処置具 エネルギー・デバイス、 その他外科用シングルユース製品 泌尿器科、婦人科製品 耳鼻咽喉科製品 Transform Medical
  64. 64. No data copy / No data transfer permitted2019/9/470 2019/9/4No data copy / No data transfer permitted 現在 未来 オリンパスの内視鏡は 早期診断/低侵襲治療で イノベーションを起こした ヤバイ未来となる 破壊的デジタルイノベーションが あるはず イノベーションのジレンマ オリンパスの医療事業:イノベーションのジレンマの可能性
  65. 65. イノベーション推進室の活動 CTO直轄でイノベーション推進組織を発足 (新人事制度における複数のフェローが中心のメンバー構成) イノベーション技術の抽出 リスクの分析 課題/対応策の抽出 経営への具申 産学連携 アライアンス オープンイノベーション の推進
  66. 66. x 外科 領域 科学 領域 後野CF 菊地CF 内科 領域 野波CF ※ CF:チーフフェロー OLYMPUS AI Server in Surgery Advanced Imaging AR/VR AI Based Systems Integration & Protocol Tracking Active Energy Control Image Navigation Voice Control Advanced Manipulation Intelligent Sensing for Inspection Digital Imaging Sensing Evidence-based Machine Inspection Support for Human Inspection Inspection Evidence and Effectiveness Data Analysis Multi-modal Inspection Data Analysis 次世代 科学・計測プラットフォーム 次世代 インテリジェント内視鏡 プラットフォーム 次世代 外科内視鏡プラットフォーム Endoscopy Intelligent System Equipment Setting Scoping Diagnosis Therapy Disinfection Reporting イノベーション推進室 取り組みの3つの領域
  67. 67. ICT‐AIプラットフォーム Platform ICT医療機器 データ収集/変換/通信 オンプレミス ゲートウェイ 内視鏡領域 ・内視鏡用ビデオカメラ ・消毒洗浄機 ・その他 外科領域 Log Data 静止画 動画 病院 フィジカル 空間 ・高周波焼灼電源装置 ・気腹装置 ・その他 Log Data 静止画 動画 クラウド ゲートウェイ ストレージ ソリューション Olympus Medical Cloud Gateway Cloud 機器ログ エラーログ 静止画・動画 Etc. UploadedData Etc. 顧客データ InternalData リモート監視 ・メンテナンス AIサービス※ (検査・診断支援等) AI学習環境 検査レポート作成 ACCESS サイバー 空間 ※医薬品医療機器等法未承認の技術です。 機器適正使用 サポート
  68. 68. AI活用に向けたオープン・インベーションの推進 国立病院機構呉医療センター(広島県呉市)と AI病理診断支援ソフトウェアを共同研究 オリンパス・大分大学・福岡工業大学の共同開発プロ ジェクトが世界初のAIナビゲーション外科手術の成功 判別補助AIイメージ 良好な精子を総合的に判定し、リアルタイムで 表示する。 オリンパスが提供する倒立顕微鏡 顕微授精システム 「IX3-ICSI/IMSI」 正確でスピーディーな操作を実現する顕微授精システム。 顕微授精に必要な各種観察法、倍率がボタン一つでスムーズに 切り替え可能です。顕微授精を行う際に重要な紡錘体観察機能 が特長です。 東京慈恵会医科大学と顕微授精に関する共同研究 を開始:精子判別補助AIの開発 AIを搭載した内視鏡画像診断支援ソフトウェア 「EndoBRAIN®」を発売
  69. 69. パートナーと共に、 日本の社会変革 “Society 5.0” を実現するための Industry Innovation を推進します

×