WebRTC Summit 2014 NewYork 参加報告

1,594 views

Published on

WebRTC Meetup Tokyo #3 の発表資料です。

Published in: Technology
0 Comments
6 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,594
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
378
Actions
Shares
0
Downloads
14
Comments
0
Likes
6
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

WebRTC Summit 2014 NewYork 参加報告

  1. 1. 海外カンファレンス参加報告   WebRTC  Summit  2014  Newyork   WebRTC  Meetup  Tokyo  #3 インフォコム株式会社   がねこまさし
  2. 2. WebRTC  Summit  2014  NYとは •  Cloud  Expo  2014  に併設された、NY初のWebRTCのイベント   •  開催日: 2014/6/10(火)  ~ 6/11(水)   –  ※Cloud  Expo  は 6/10(火)~6/12(木)     •  開催場所:ニューヨーク   –  Javits  Center、ブロードウェーまで徒歩15分   •  Cloud  Expo   –  最大…  9トラック   –  推定参加人数…  3000~5000人   –  推定スーツ率…  40%  
  3. 3. WebRTC  Summit  2014  NYとは •  Cloud  Expo  2014  に併設された、NY初のWebRTCのイベント   •  開催日: 2014/6/10(火)  ~ 6/11(水)   –  ※Cloud  Expo  は 6/10(火)~6/12(木)     •  開催場所:ニューヨーク   –  Javits  Center、ブロードウェーまで徒歩15分   •  Cloud  Expo   –  最大…  9トラック   –  推定参加人数…  3000~5000人   –  推定スーツ率…  40%   •  WebRTC  Summit   –  最大…  1トラック   –  目測参加人数…20人 (小さっ!)   –  目測スーツ率…  0%  
  4. 4. 気を取り直して   WebRTC  Summit  2014  ハイライト How  the  Norwegian  Red  Cross  Built  a   Video  Tutoring  SoluRon  with   WebRTC     Appear.in  CEO,  Svein  Willassen
  5. 5. How  the  Norwegian  Red  Cross  Built  a   Video  Tutoring  SoluRon  with  WebRTC   •  hWp://webrtcsummit.net/node/3003241   •  WebRTCを使った無料ビデオ会議サービス Appear.in   CEO  による、教育での利用事例紹介   •  ノルウェーでは Red  Cross  という大きなボランティア団 体があり13万人以上が登録されている –  山での捜索、救助などが主な作業   •  ボランティアの作業の中に、移民の子供を対象とした Leksehjelp  (宿題という意味)の学習支援サービスあり   –  発音「れくしあるぷ」  
  6. 6. hWp://www.rodekors.no/leksehjelp
  7. 7. hWp://www.rodekors.no/leksehjelp 私は宿題の助けが必要! 私は宿題の助けとなるだろう
  8. 8. How  the  Norwegian  Red  Cross  Built  a   Video  Tutoring  SoluRon  with  WebRTC   •  遠隔地で教室に来れない児童を対象として、オンライン版が以 前からあった (MSN  messengerベース)。しかし問題が2つ   •  (1)  非公式授業   –  教師と生徒がアカウント情報を交換して接続する   –  生徒が直接先生を呼び出して非公式なセッションを開始   –  講義の順番が守られない   –  そのため正式なセッションを申し込んだ生徒に順番が回ってこない   •  (2)  MSN  messenger  終了 –  Skypeの買収に伴い、MSN  messengerが終了   –  サービスを作り直さなければならない  
  9. 9. How  the  Norwegian  Red  Cross  Built  a   Video  Tutoring  SoluRon  with  WebRTC   •  そこで、次のバージョンとしてWebRTC  (Appear.in)を使ったものを トライアル中   •  ビデオチャットはAppear.inそのまま   •  セッションの予約管理のWebシステムを開発 •  セッションの順番が来ると、その時に動的にルームを作成   –  → 作成されたルームに、教師と生徒を案内する  
  10. 10. ちなみに、Appear.inとは •  アプリケーションとしての完成度が高い   •  クールな見た目と動きに加えて   •  ミュート機能やキック機能(不埒な参加者を追い出す)など   •  TURN  over  TCPを提供していて、通常のhWp/hWpsポートだけでFW越え通信ができる
  11. 11. How  the  Norwegian  Red  Cross  Built  a   Video  Tutoring  SoluRon  with  WebRTC   •  Good  Points:   –  セットアップが、MSN  messenger  に比べて容易 –  アカウント情報を交換しないので、非公式なセッションが発生せず、管理 された運営ができるようになった   •  Bad  Points:   –  カメラを使いたがらない生徒が多い   •  音声も無しのテキストチャットだけを使う生徒もいる   •  先生世代はテキストチャットに慣れておらず、十分なコミュニケーションが取れ ないことがある –  IEでは使えないとの注意書きにも関わらず、IEで接続を試みて失敗する ケースが多い   •  WebRTCを使ったオンライン教育サービスには大きな可能性と市 場がある、との見解  
  12. 12. WebRTC  Summit  2014  ハイライト WebRTC  and  the  Customer  Experience       LiveOps  CTO,    Keith  McFarlane
  13. 13. WebRTC  and  the  Customer  Experience   •  hWp://webrtcsummit.net/node/2970868   •  LiveOps社による コールセンターへのWebRTC導入事例 の紹介   •  ある企業のコールセンターの仕組みに、twillioによる WebRTC  VoIPとIVR  を導入。映像なし、音声のみ –  twillioを使うことで、既存の電話網との接続を実現 –  顧客は既存の電話網(固定電話、携帯)から電話 •  今後   –  顧客側もtwillo/WebRTCを使える様にしていく –  Webサイトで困っているようだったら“Call  now”のボタンをポッ プアップするように → コンバージョンレートが上がるはず •  最終的に、通信コストは30%ぐらい下がる見通し  
  14. 14. hWp://www.liveops.com/
  15. 15. twillio  
  16. 16. WebRTC  Summit  2014  ハイライト PracRcal  WebRTC:     From  API  to  SoluRon     Temasys  CTO,  Alex  Gouaillard
  17. 17. PracRcal  WebRTC:  From  API  to  SoluRon   •  hWp://webrtcsummit.net/node/3094577   •  Temasys  CTOによる、WebRTCの動向についての発表   –  Temasysはシンガポールで設立されたスタートアップ   –  2年前からWebRTCに取り組んでいる   –  ※IE用のWebRTCプラグインを公開したことで話題 •  WebRTCのAPIの標準化は W3Cのワーキンググループ で実施中 •  対してORTCはワーキンググループではなくコミュニティ   –  → なので標準を決めることはできない •  IETFではセキュリティ関連や、コーデック関連を協議
  18. 18. PracRcal  WebRTC:  From  API  to  SoluRon   •  WebRTCに欠けている要素: –  サーバー側の仕組みについては何も規定していない   •  シグナリングなど –  Peer-­‐to-­‐Peerが全組み合わせで接続されるフルメッシュ構造   •  MCUのようなものが必要 •  クラウドファンディングのIndiegogoに、MCUの開発プロジェクトあり(※ プロジェクト名メモ忘れた…)   •  Appleの中の人と協議中   –  iOS用WebKitにWebRTCを組み込むため協力体制を提案中   –  上手く行けば年末までにリリースされるのでは?   –  ※Temasysにそこまで影響力があるとは思えない… –  Mobile  Safariに組み込まれるのではなく、WebKitに   •  →サードパーティーアプリや、Chromeなどのブラウザで使える
  19. 19. PracRcal  WebRTC:  From  API  to  SoluRon   •  IE,  Safariのプラグインを提供中   –  最新の規格、実装についていくのが大変。2名専属体制 •  PeerConnecRonはGoogle実装とMozzila実装の2通り   –  TemasysはGoogle実装を採用   –   → Chromeとは問題なく通信できるはず •  Recordingの規格   –  リリースされたばかりの Firefox  30  で実装された ※試したい •  WebRTC  V1  ではSDPを採用、V2では使わない見通し ※Temasys  CTOは日本語が話せるし、読み書きもできる   → 某KO大学 湘南藤沢キャンパス卒業とのこと      (もし来日することがあったら、ゲストスピーカーに…)
  20. 20. WebRTC  Summit  2014  ハイライト WebRTC  -­‐  The  Promise  of  a    Paradigm  shij  in  B2C    Customer  CommunicaRons     Aspect,    Tobias  Goebel
  21. 21. WebRTC  -­‐  The  Promise  of  a  Paradigm  shij  in   B2C  Customer  CommunicaRons   •  Aspectではコールセンター向けソリューションを販売 –  カスタマーサポートサイトに段階的にWebRTCを組み込んで いるところ •  サイトに入力済の情報はオペレータに引き継がれる   –  アカウント情報、製品情報、開いているFAQページなど   –  従来の電話の場合はIVRで改めて入力しなければならず、非 常に面倒。離脱率も高い。   •  副次的な効果として、ビデオチャットにすると顧客の満 足度がある(安心する)   •  さらにオペレータのモチベーションも向上する、らしい   –  この人の問題を解決したい、と思うらしい  ※本当??
  22. 22. WebRTC  -­‐  The  Promise  of  a  Paradigm  shij  in   B2C  Customer  CommunicaRons   •  電話/Web/モバイルアプリの複数手段を提供するだけのMulR-­‐ Cannelではなく、融合させたOmni-­‐Channelを目指している –  履歴や直前の操作が共有され、Webで調べていた情報について、アプリ で引き続き調べたり、電話ですぐに聞けるようにすることを目指している   –  ※完成イメージ映像によるデモあり –  Webサイトでログインしてサポートサイトを検索   –  iPhoneアプリでログインすると、検索していた状況が再現   –  そこから音声通話すると、「○○さんですね、××の件での問い合わせです か?」と確認される   •  コールセンターでの利用は他のカンファレンスでも何度か語られ ている   •  → コンテキストを理解しているコンタクトセンターの実現という切 り口を、具体例で説明していた
  23. 23. hWp://jp.aspect.com/Pages/default.aspx
  24. 24. WebRTC  Summit  2014  まとめ •  全体を通して、WebRTC  セッションは小規模   •  少人数な分、みな顔なじみになり、ちょっとした連帯 感が漂っていた   •  キーマンであるAppear.inのCEO、TemasysのCTOと直 接話が出来たのがラッキーだった   •  ちなみに、参加者にはIntelの中国の人が1人   –  → 翌月、Intel  CollaboraRon  Server  for  WebRTC  発表   –  hWps://sojware.intel.com/sites/landingpage/webrtc/
  25. 25. WebRTC  Summit  2014  まとめ •  全体を通して、WebRTC  セッションは小規模   •  少人数な分、みな顔なじみになり、ちょっとした連帯 感が漂っていた   •  キーマンであるAppear.inのCEO、TemasysのCTOと直 接話が出来たのがラッキーだった   •  ちなみに、参加者にはIntelの中国の人が1人   –  → 翌月、Intel  CollaboraRon  Server  for  WebRTC  発表   –  hWps://sojware.intel.com/sites/landingpage/webrtc/ いつもの一言:Intel  Server  for  WebRTC,  使えた人が居たら、教えてください!
  26. 26. END ありがとうございました

×