Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

若手エンジニア会Lt

334 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

若手エンジニア会Lt

  1. 1. お察しの通りワーカホリックな 俺氏がFuelPHP使って 2ヶ月間でWebサービス作れた理由 新田章太
  2. 2. あれはそう、2ヶ月前。 (確か2013年11月13日)
  3. 3. DMTC最後のキャンプ 中におきました。
  4. 4. 新田さん♡ 新田さん♡ ちょっとサーバ側でエラーが出て 上手くいかなんですが、 どうしたらいいですか?
  5. 5. 俺氏 「オッケー!任せて(^^)」
  6. 6. 俺氏 「・・・。」
  7. 7. いやいや〜 待て待て、どれ?
  8. 8. ああ~!! これはこうしてっと、 (タタターン!!)
  9. 9. わあー! 服部さん♡さすがですね♡ ありがとうございます!
  10. 10. まあ 世の中そんなもん。
  11. 11. (´-`).。oO(う、うぜええ え!)
  12. 12. 悔しい悔しい悔しい悔しい 悔しい悔しい悔しい悔しい 悔しい悔しい悔しい悔しい 悔しい悔しい悔しい悔しい
  13. 13. という訳で、 DMTC最終日終了後・・・ 深夜(2:00AM)
  14. 14. メンターの真吾(@L_e_k_o) を拉致。企画・開発を スタート
  15. 15. 開発環境/役割分担 ■役割分担 企画 サーバサイド全般 ■使用したツールや開発環境などなど ・MAMP/github ・git ・zsh ・FuelPHP ・iterm2 ・sublime Text(※vimは断念) デザイン フロントエンド 新田の教育
  16. 16. とは PHP5.3以上を対象にしたWebフレームワーク [CodeIgniterとかRuby on Railsっぽいらしい。] 【特徴】 ・Autoload $data = Session::get('hoge'); ・HMVC 他のコントローラのメソッドを呼ぶ機能を HMVC requests、MVC をモジュールとしてまとめる機 能を Modules として標準で提供 ・oilコマンド $ php oil refine migrate $ php oil g controller posts action1 action2 action3 $ oil generate scaffold post title:string summary:varchar[250] body:text 公式サイト http://fuelphp.com/ 日本語ドキュメント http://fuelphp.jp/
  17. 17. つくったWebサービス https://github.com/Leko/LoveLater
  18. 18. こっから本題!!!
  19. 19. 皆さんお察しの通り、 僕普段結構仕事してます ・DMTCの主催、運営 ・学生との面談 ・クライアント対応 ・アライアンスなどの渉外活動 ・新規Webサービスのプロジェクトマネジメント ・Tsukuba Labでの活動 ・事業計画の策定、進捗管理等のマネジメント業務 ・採用業務 ・全社(ギブリー社全体)業務 e.t.c…
  20. 20. そんな僕が開発続けられた3つの理由 ①メンターをつくろう! ②グダグダ言わずにコードを書こう! ③定例化しよう!
  21. 21. ①メンターをつくろう! 頼れるメンターの存在で、 開発効率やインプット効率が格段にあがります! 【理想のメンター】 ■ある程度の経験がある人 今回自分がチャレンジしようとしている事に対しての経 験が有り、全般的な質問に対応できるレベルの人 (チャレンジ内容を決めてもらってもOK) ■気を使わないでいい人 お互いに気を使ってしまうような関係性では、思ってる 事を素直に言えないし、質問もしづらくなってしまいま す。ある程度信頼できて、かつ気を使わずになんでも相 談できるような人がイイ。逆に厳しい事もどんどん言っ てもらえるような関係になりましょう!
  22. 22. ①メンターをつくろう! < ■とにかくわからなくなったら頼りまくる!! →stackoverflowとか調子乗らない →寧ろ一緒に調べてもらおう ■ペアプログラミングで出来る幅を増やす!! →遠隔の時はgitにpushしてmergeしてもらおう →細かくフィードバックをもらおう →メンターとしても復習になるから学びになる
  23. 23. ②グダグダ言わずにコードを書こう! ■エディタ設定とか環境は徹底的に真似しよう →.zshrcとか.vimrcとか独自のアレンジをしない! ※善し悪しなんてまだわかるわけがない! ■とにかくコードを書く事に専念! →環境設定にこだわると時間が取られてしまう! →デバッグ方法を聞いておく!(var_dumpなど) →綺麗に書こう!なんて調子乗らない
  24. 24. ③定例化しよう! ■1週間に一度 < 1日1時間 →覚えはじめの時期はすぐに自分で書いたコードが暗号になりますw →毎日見る事で確認しよう ※理解してるときに素直な気持ちをコメントアウトしておく ■週1ぐらいの頻度で集中開発する定例mtgを実施 →すぐに解決しなくていい問題は、定例までおいておく ※githubのissuesを活用しよう →mtgでわからないことの共有、次にやる事を明確化 ※task管理もissuesで管理 (共有手段を出来る限り増やさない)
  25. 25. 改めてまとめ ①メンターをつくろう! ②グダグダ言わずにコードを書こう! ③定例化しよう!
  26. 26. ご清聴 ありがとうございました。

×