Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
0	
 から始める
プレゼンテーション超入門
松澤 文明
誰
で
もで
き
る
!
ゼロ
不得意
41.0%
どちらかといえば不得意
36.7%
16.4%
得意
5.9%
はじめに
2
どちらかといえば得意
どうまとめてい
いかわからない
効果的な文章を
考えるのが苦手
わかりやすく
伝えるのが苦手
出典:COBS ONLINE会...
Today’s Gooooooooal
3
プレゼンテーションの基本的な作成手順を覚える事で
『失敗しない』プレゼンテーションができるようになる。
www.nikkansports.com
Menu
序章  プレゼンテーションとは?
第一章 プレゼンテーションスコープの定義
第二章 ストーリーラインの作成
第三章 スライド構築
第四章 プレゼンテーションスピーチ
第五章 ファイナルプレパレーション
4
序章 プレゼンテーションとは?
  『情報伝達の一種で、聴衆に情報を提示し、
           理解/納得を得る行為』
プレゼンテーションとは?
6
≠スライド等の資料を説明する事ではない!
PPoint
http://toyokeizai.net TOKYO	
  	
...
プレゼンテーションの成功
7
Before
実施
After
プレゼンターが言いたいことを言えた!
聞き手が理解/意思決定できる状態
http://www.cnn.co.jp
http://palfield.com
聞き手を目標地点まで導いて『成...
8
誰(ターゲット)に対して
限られた時間で
複雑な内容を
わかりやすく(簡潔に)
伝える
理解させ
行動するように動機付ける
易
難
必要条件
制約
前提条件
十分条件
(目的)
プレゼンテーションの目的
情報共有
提案/説得
クロージング
よくある間違い作成手順
9
メッセージ
の抽出
ストーリー
の作成
スライド
作成
プレゼンテーションの構築
10
スコープ
の定義
ストーリー
ライン
の作成
スライド
構築
伝達・
デリバリー
第一章 プレゼンテーションスコープの定義
プレゼンテーションの構築
12
スコープ
の定義
ストーリー
ライン
の作成
スライド
構築
伝達・
デリバリー
何故、スコープ定義しなければならないのか?
13
『聞き手』にとって
 『価値のある情報』を提供するため
聞き手がどう受け取るかが重要!
スコープ定義の手順
14
STEP1
プレゼンテーションの目的の明確化
STEP2
ターゲット分析
STEP3
メインメッセージの決定
STEP4
条件の確認
プレゼンテーションの目的の明確化
∼プレゼンテーションのゴールを確認しよう!∼
15
プレゼンテーションの目的の明確化
どのような理由でプレゼンテーションを行うか?
プレゼンテーションを聞いた人に対し、どんなリア
クションを期待するか?
目的を具体的かつ簡潔に表現する。
16
明確化することで、最大の効果を得る。
ターゲット分析
∼ターゲティングを行い効果的なプレゼンテーションに!∼
17
ターゲット分析
伝えるべき対象は何か?(キーマンは?)
相手はその内容に関する知識を、どの程度知ってい
るか?
相手はその内容に、どの程度興味を持っているか?
18
プレゼンテーションの内容を左右する
重要な要因となる。
メインメッセージの決定
∼プレゼンテーションで伝える事を明確にする!∼
19
メインメッセージの決定
20
プレゼンテーションで
最も伝えるべきことを一言で表現する。
例
この提案は、お客様にとって最大利益
となる内容なので採用して欲しい。
メインメッセージがプレゼンテーションの命
条件の確認
∼プレゼンテーションの条件を確認しよう!∼
21
条件の確認
いつ(When)
開始時間は?発表時間は? 
どこで(Where)
大きな会場?会議室?
どんな状況で(How)
PCは使えるか?インターネットはつながるか?周辺機材は?
暗い部屋?明るい部屋?
資料を配布する?しない?
22
プレ...
第二章 ストーリーラインの作成
プレゼンテーションの構築
24
スコープ
の定義
ストーリー
ライン
の作成
スライド
構築
伝達・
デリバリー
ストーリーラインとは?
25
ストーリーはプレゼンテーションの骨格
プレゼンテーションの成否を決める重要プロセス
『メインメッセージ』を伝えるための
 『ストーリー(論理展開)』
ストーリーライン作成の手順
26
STEP1
ストーリーラインの作成
STEP2
ストーリーラインの構成
STEP3
ストーリーラインの研磨
ストーリーラインの作成
∼ストーリーラインを作る前の準備をする!∼
27
ロジカルシンキング
28
空
雨
傘
ロジカルな思考は『双方に』矛盾がない
So・・・ Why・・・
空をみたら雲が多い 空をみたら雲が多い
雨が降りそうだ 雨が降りそうなのは
傘を持ってゆこう 傘を持ってゆくのは
なぜ・・・
なぜ・・・だから...
ロジック・ツリー
29
売上を上げる
コストを下げる
新商品を販売
取扱い店を増やす
人件費を下げる
材料費を下げる
利益を上げる
…
論理展開によって最上位命題の
目的に合った結論を導くためのツール
最上位命題
…
…
次元を える 次元を ...
ストーリーライン
30
  メインメッセージ
メッセージ
…
メッセージ
メッセージ
メッセージ
=1スライド
メインメッセージからメッセージを詳細化
ストーリーラインの構成
∼プレゼンテーションの命であるストーリーラインを編成する!∼
31
ストーリーラインの構成
32
聞き手にプレゼンテーションで伝えたい事を確認し、
プレゼンターが意図したアクションを起こしてもらう環境
を構築する。
聞き手にプレゼンテーションの目的の伝達や動機付けを
行い、聞いて理解してもらう環境を構築する。
...
PIPの法則
33
なぜここに集まっているのか?
プレゼンテーション後、参加者にどうなっていて欲しいか?
 P(Purpose:目的)
 I(Important:重要性)
 P(Preview:予告)
目的を達成することがどれほど重要なのか?
...
オープニング
34
例:「本日はこの企画の決裁/合意を頂きたいと
   思います。」
 P(Purpose:目的)
 I(Important:重要性)
 P(Preview:予告)
目的を明確化することで聞き手の集中力は高まる
例:「この企画は...
エンディング
35
✦ 重要事項のまとめ
✦ 提言の確認
✦ 聞き手の行動すべきステップを
明確に示す
プレゼンテーション後のアクションにつなげる
ストーリーライン 例1
36
  目的
トピックA
 根拠
トピックB
 根拠
トピックC
 根拠
結論/まとめ
ストーリーライン 例2
37
  目的
結論A
 根拠
結論B
 根拠
結論C
 根拠
結論/まとめ
結論の予告
ストーリーライン 例3
38
  目的
問題A
 根拠 ⇒ 結論
問題B
 根拠 ⇒ 結論
問題C
 根拠 ⇒ 結論
結論/まとめ
問題の予告
<参考>企画書・提案書のストーリーライン
39
  背景・現状の課題
提案・企画の目的
提案・企画の内容
提案・企画の期待される効果
提案・企画の前提条件や課題
ストーリーラインの研磨
∼ストーリーラインを磨いてプレゼンテーションの質を高める!∼
40
ストーリーを練る
41
スピーカーが伝えたい事
ターゲットが聞きたい事
視点を変えて考えてみる
伝えることとの
整合性を検証
ストーリーに無理がないか
全体的な流れを繰り返し、チェックする。
推敲 その1
推敲 その2
第三章 スライド構築
プレゼンテーションの構築
43
スコープ
の定義
ストーリー
ライン
の作成
スライド
構築
伝達・
デリバリー
スライドの構成
∼スライドの基本構成を習得しよう!∼
44
スライドの必要条件
45
『One Slide One Massage』
『明快な主張がある』
『ポイントが明確』
スライドの良し悪しが決まる
行間は言葉で埋める
46
どちらが伝わりますか?
安価・簡単・安心・迅速
モバイル
ワンタイムパスワード
モバイルワンタイムパスワードの特徴
モバイルアプリケーションで実現したソフトウェアトーク
ンなので、ハードウェアトークンで必要となるデバイ...
スライドの情報量と理解度
47
適切な情報量にする
情報量 多い少ない
低い
高い
理解度
情報量と理解度の関係 http://sozai.yutorilife.com
スライドの構成
48
1.メッセージ
	 スライドで最も言いたいこと
2.グラフ・チャート・表
	 メッセージの根拠となる分析データなど
3.脚注
	 内容理解にあたって留意すべき点
4.出所
	 分析データや図の出所
5.ページ番号
スライドの基本構成
49
結論(メッセージ)
結論の根拠や論理的な証明
(図や画像などのビジュアル含む)
次のスライドへの誘導
スライドの基本構成(論述式)
50
テーマ
要因
↓
結果
提言
スライドの基本ポイント
∼スライド作成の基本テクニックを覚えよう!∼
51
表現の工夫
フォント                     
基本は「ゴシック体、サンセリフ体」を利用する。明朝体では、遠く
から見たときに、一部の線が薄くて読みづらい場合があるため。プロ
ポーショナルフォントは、文字間のバランスがよくなりキ...
表現の工夫
色(フォントカラー)              
背景色を含めて3種類とする。メインカラーに原色は使わない。原色
は見た目に素人っぽく、きつい印象になってしまう。また、文字色と
背景色のコントラストをはっきりさせるため、文字色は、背...
表現の工夫
アニメーション                 
アニメーションの目的はサプライズ効果(動きなど)を使って目立た
せることである。何かを目立たせるには、その周りのものを徹底して
目立たせないようにして効果的に利用する必要があります。...
スライドのグラフィカル技術
∼図のパターンを知ってわかりやすいスライドを作ろう!∼
55
スライドに図を用いること
56
適切に用いる事で、正確に素早く伝える
イメージを
構成
見る文章 理解
見る図 理解
聞き手の理解プロセスの文章と図の違い
スライドの図をどのように判断するか
57
明確なメッセージを的確に伝える
イメージを
選択
メッセージ
文章の細部
キーワード
イメージを
選択
基本パターン一覧
58
棒グラフ	 	 	 数値の比較、数値の推移
折れ線グラフ	 	 比率、変化率、指数の時間的変化
円グラフ	 	 	 全体に対する内容の内訳
マトリックス図	 	 2つの評価軸で物事をポジショニング
ツリー構造図	 	 事...
マトリックス図
59
いくつかの物事を2つの評価軸(基準、条件)で評価、比較し
てポジショニングする。
利用目的
図の例
甘味
価格
商品A
商品B
商品C
マトリックス図
60
商品や事業を市場成長率と市場シェア、収益性と顧客満
足度などの2つの評価軸(基準)で位置づける場合
行うべき個々の仕事を優先度と重要度という組みの評価
軸(基準)で位置づける場合
補足事項
利用シーン
評価軸が正確に数値で...
ツリー構造図
61
事象を分解/分類して提示や問題点の具体化など物事や概念の
構造化に使う。
利用目的
図の例
ツリー構造図
62
企業や団体、プロジェクトなど組織の構成
あらゆる物事・概念を詳細化して分類する内容
ある目的を達するための抽象的な考えを現実の具体的な
手段に論理的に分解して説明する場合
抽象的な問題の具体化
利用シーン
プロセス図
63
物事が時間の流れ沿って進んで行く様子を述べる。
利用目的
図の例
A B C D
プロセス図
64
作業や仕事の手順の流れ
作業、行動のスケジュール
業務プロセス
人間や生物の行動の流れ、順番
人間の心理や感情などの変化の流れ
利用シーン
階層図
65
ステップや段階的な積み上げを表現する。
利用目的
図の例
A
B
C
階層図
66
能力、技術、技量、知識の段階的なレベルアップ
キャリアの段階的なステップアップ
プロジェクトの段階的な対応内容
システムなどの様々な構成要素
利用シーン
フローチャート
67
複雑な流れ(複数に分かれたり、合流)や詳細な順番を述べる
ときに使用します。単一の人や組織が行う処理や操作を順番に
矢印で結んで関係性を表現したり、モノのやりとりを含め処理
や操作を順番に表現する。
利用目的
図の例
A ...
フローチャート
68
作業や仕事の手順の流れ
業務プロセス
作業や仕事の間で情報やモノなどが受け渡される場合
利用シーン
補足事項
プロセス図よりも細かい順序を表示するときに利用する。
ベン図
69
物事の組合せ、集合、連携、共有の表現に使う。
利用目的
図の例
A
B C
ベン図
70
異なる物事の組み合わせや連携、協力で、新しい効果や
状況を作り出せることを表す場合
異なる物事を見比べて、共通する特徴や性質があること
を表す場合
異なる各集団にいて、互いに共通する特徴や性質をあわ
せ持つ要素は、それぞれの集団で...
包含図
71
全体の構成要素の説明に使う。
利用目的
図の例
A
B C
包含図
72
「全体の中にはAとBとC・・・があります。」
「全体の中にはAとBとC・・・が含まれます。」
利用シーン
ピラミッド構造図
73
特定の人間や組織が下のレベルから上のレベルに段階的に向上
する様子を表す。
利用目的
図の例
A
B
C
ピラミッド構造図
74
能力、技術、技量、知識の段階的なレベルアップの表現
キャリアの段階的なステップの表現
地位(一般職、係長、課長...)の段階的な上昇・向上
利用シーン
補足事項
上から下に移行する場合は利用しない。
棒グラフ
75
具体的な数値を使って、数値同士を比較、数値の推移について
述べる。
利用目的
図の例
0
25
50
75
100
1Q 2Q 3Q 4Q
実績
予定
棒グラフ
76
金額
モノの数
時間、期間
長さ、高さ、距離、広さ・面積、容量、重量
自然を測る単位(気温など)
利用シーン
補足事項
表示スケールに注意しないと図示の効果が薄くなる。
棒グラフ
77
0
25
50
75
100
1Q 2Q 3Q 4Q
実績 予定
メッセージをイメージさせるために適切なスケールで表示する。
1
10
100
1000
10000
1Q 2Q 3Q 4Q
実績 予定
折れ線グラフ
78
比率や変化率、各種の指数の推移(時間的な変化)について表
示し、比較やトレンドを表現する。
利用目的
図の例
0
25
50
75
100
4 月 5 月 6 月 7 月
折れ線グラフ
79
生産効率、出荷の遅延率など変化率の推移
経済成長率など、前期からの増減率
企業利益の前年同月比増減率など、以前の特定時期と比
較した増減率
鉱工業生産指数、株価指数、REIT指数などの指数変化
利用シーン
円グラフ
80
総数がわかっていて、全体に対する個々の項目の内訳に関する
内容を表現する。
利用目的
図の例
14%
39%
47%
円グラフ
81
製品・商品、サービスの市場シェア(販売シェア)、な
ど
収入、支出、売上高、利益、損出額、資産額など総金額
の内訳
取引相手など企業の内訳
アンケートの回答、結果
特定の集団やグループの構成要素の特徴や割合、構成比
利用シーン
...
図の理解を促すためのポイント
82
0
25
50
75
100
1Q 2Q 3Q 4Q
売上高
順調に増加している。
4Qの売上高も順調に伸びている
タイトルを下に付ける
【参考】表の場合は上
注意点/注目点を
強調する。
キャプションで
意...
【練習】図の作成
次のメッセージを図にする。(15分)
83
1. A社の業界内シェアは最小である。
2. プロジェクトは5つの段階を経て進む。
3. 2000年の売上に比べて、2020年の売上は4倍となる。
第四章 プレゼンテーションスピーチ
プレゼンテーションの構築
85
スコープ
の定義
ストーリー
ライン
の作成
スライド
構築
伝達・
デリバリー
環境作り
∼プレゼンテーションを聞いてもらう環境を作ろう!∼
86
熟知性の法則による人間心理の傾向
人は知らない人に対して敵対的になる傾向がある。
人は人を知れば知るほど好きになる傾向がある。
人はその人の人間的側面を知ったときに好意を感
じる傾向がある。
87
 熟知性の法則とは?
  「人間は接触回数が増...
聞き手に好意を感じさせるには?
88
プレゼン
ター
聞き手
(顧客)
聞き手
(顧客)
共
通
項
プレゼンター
心理的な壁
共通項
を広げる
89
STEP 1
まずは自分を
語る
警戒感から
安心感へ
STEP 2
相手を知る
(聞く)
STEP 3
共通項を
広げる
敬意・誠意・創意・熱意
感情に訴える
問題意識の
共有
連帯感の
芽生え
使命感の共有
プレゼンターの行動
聞き手...
話し方
∼プレゼンテーションがわかりやすくなる話し方を知ろう!∼
90
話し方の基本
91
聞き手と『アイコンタクト』しながら『大きな声』で話す。
→NG:声が小さい
重要なポイントは『ゆっくり話す』、『繰り返し話す』  
→NG:ポイントが明示されない
『結論』は最初に伝える。               
→N...
スライド説明の基本
92
✦ スライドの構成要素(図など)の説明
✦ メッセージ
✦ プレゼンテーション内容    
✦ 次のスライドの予告
1スライドで話す内容
スライド説明時の注意点
1スライド1分程度の説明とする。            ...
説明の説得力を増す
93
東京では、クリスマスイブの夜に雪が降る
ホワイトクリスマスの可能性は少ない。
数値なし
数値あり
数値や具体例を使う事で説得力が向上する
東京では、クリスマスイブの夜に雪が降る
ホワイトクリスマスは気象庁の気象統計情報...
アイコンタクトのポイント
94
聞き手の方に体を向けて話す。
グループ全体ではなく1対1で話しているように話
す。
うなずく人を見つけて4∼5秒見て話す。
近・遠・近の法則で見る。
キーマンがわかっているときは意識してアイコンタ
クトを取るよう...
『見るスピード』>>『聞くスピード』
95
『見るスピード』は『聞くスピード』よりも
数倍速い!
プレゼンターがスクリーンや資料を見て
棒読みをした途端、
聞き手はプレゼンを聞かずに自分で先に読み進んでしまう。
プレゼンターが
自分の言葉で想い...
百聞は一見にしかず
96文字 < 画像(図) < 実物
具体的なものを見せる
「茶色い小さめのショルダー
 バッグで、パスケースが付属
 してちょっとお洒落なバッグ
 を買いました。」
http://store.united-arrows.co...
プレゼンで使える9つの話法(1/3)
97
聞き手の緊張を解くために、参加者との
相互コミュニケーションを行う。
アイスブレーク
話法
話の導入
つかみ話法
構造化話法
聞き手を和ませて話に入るきっかけを掴む。
目次などで全体を構造化して説明す...
プレゼンで使える9つの話法(2/3)
98
聞き手への配慮
メモ話法
聞き手のメモを取る時間を考慮して
ポイントを2∼3回繰り返す。
聞き手の現状を認め、同意し、
まず拒否感を持たせないようにして、
その上で提案内容を説明する。
認知話法
プレゼンで使える9つの話法(3/3)
99
聞き手に質問をなげかけ、少し時間を置き、
聞き手に考えさせながら説明する。
問いかけ話法
伝達力向上
 まとめ話法
Why話法
話の区切りでそれまでの要旨をまとめて説明
することで、聞き手の思考の整理...
まとめ話法を使った説明
100
Whole
(全体)
Whole-Part-Whole法
Whole
(全体)
Part
(部分)
PREP法
Point
(結論)
Reason
(理由)
Example
(具体例)
Point
(結論)
PP...
質問時の回答の仕方
101
聞く 確認 回答 御礼
XXXという質問で、
宜しいですか?
それはXXXです。
なぜなら、XXXだからです。
ご質問ありがとう
ございました。
聞き返すことで、質問者は『私を理解してくれた』と感じる。
傾聴
体の使い方
∼プレゼンテーションは全身で!体の使い方を知ろう!∼
102
ジェスチャーの活用
103
ボディランゲージ
流れ
(ステップ)
大きさ
(幅、高さ、奥行き)
変化
(成長、衰退)
は手の動きを表現
ポイントの強調 !
でも、使い過ぎは厳禁!
Show-See-Speakの鉄則
104
STEP 1
スクリーンを紹介
STEP 2
聞き手に目を向ける
STEP 3
話す
Show
See
Speak
情報の優先度
105
言語・聴覚・視覚の3つの情報が矛盾していると
『視覚・聴覚が優位』になる。
聴覚情報(声質、スピード、口調)
視覚情報(しぐさ、表情、視線)
言語情報(言葉そのものの意味)
伝え手から受け取る情報の優先度(メラビアンの法則...
第五章 ファイナルプレパレーション
タイトルの決定は重要!
107
セミナーなどでは、キャッチコピーなどを
利用して集客を意識する事も有効です。
『タイトル』はプレゼンテーション
を明示するものにしましょう
聴衆に内容が理解されやすいもの。
聴衆が参加して何を得られるかわかるもの...
プレゼンテーションに命を吹き込む!
108
『ストーリー』を何度も考察する。
言葉を『磨く』。
『声』に出す。
『リハーサル』をしっかりしましょう!
プレゼンテーション本番直前!
109
テーマに相応しい服装で!
レーザーポインターなどの発表ツールの準備、
チェックは忘れずに!
早めに会場入りしましょう!
会場でのスライドの表示確認           
は事前に!
©井上 雄彦
110
プレゼンテーションの上達に近道なんてない。
        しっかり準備して、何度も練習することだ。
プレゼンテーションの参考サイト!
111
http://www.ted.com
fin
本資料は、著作権法第三十二条を考慮した転載を行っております。
参考文献
113
マッキンゼー流プレゼンテーションの技術
 ジーン・ゼラズニー
パターンを活用した図解の技術
 谷口 功
外資系コンサルのスライド作成術
 山口 周
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

誰でもできる!ゼロから始めるプレゼンテーション超入門

3,373 views

Published on

プレゼンテーションが苦手、我流でなんとかやってきた人のためにまとめました。
宜しければアドバイス/コメントをお願いします。

Published in: Business
  • Be the first to comment

誰でもできる!ゼロから始めるプレゼンテーション超入門

  1. 1. 0 から始める プレゼンテーション超入門 松澤 文明 誰 で もで き る ! ゼロ
  2. 2. 不得意 41.0% どちらかといえば不得意 36.7% 16.4% 得意 5.9% はじめに 2 どちらかといえば得意 どうまとめてい いかわからない 効果的な文章を 考えるのが苦手 わかりやすく 伝えるのが苦手 出典:COBS ONLINE会員調査(ウェブ ログイン式)   約8割の人がプレゼンテーションが苦手! あなたはプレゼンテーションに自信がありますか?
  3. 3. Today’s Gooooooooal 3 プレゼンテーションの基本的な作成手順を覚える事で 『失敗しない』プレゼンテーションができるようになる。 www.nikkansports.com
  4. 4. Menu 序章  プレゼンテーションとは? 第一章 プレゼンテーションスコープの定義 第二章 ストーリーラインの作成 第三章 スライド構築 第四章 プレゼンテーションスピーチ 第五章 ファイナルプレパレーション 4
  5. 5. 序章 プレゼンテーションとは?
  6. 6.   『情報伝達の一種で、聴衆に情報を提示し、            理解/納得を得る行為』 プレゼンテーションとは? 6 ≠スライド等の資料を説明する事ではない! PPoint http://toyokeizai.net TOKYO    2020
  7. 7. プレゼンテーションの成功 7 Before 実施 After プレゼンターが言いたいことを言えた! 聞き手が理解/意思決定できる状態 http://www.cnn.co.jp http://palfield.com 聞き手を目標地点まで導いて『成功』と言える!
  8. 8. 8 誰(ターゲット)に対して 限られた時間で 複雑な内容を わかりやすく(簡潔に) 伝える 理解させ 行動するように動機付ける 易 難 必要条件 制約 前提条件 十分条件 (目的) プレゼンテーションの目的 情報共有 提案/説得 クロージング
  9. 9. よくある間違い作成手順 9 メッセージ の抽出 ストーリー の作成 スライド 作成
  10. 10. プレゼンテーションの構築 10 スコープ の定義 ストーリー ライン の作成 スライド 構築 伝達・ デリバリー
  11. 11. 第一章 プレゼンテーションスコープの定義
  12. 12. プレゼンテーションの構築 12 スコープ の定義 ストーリー ライン の作成 スライド 構築 伝達・ デリバリー
  13. 13. 何故、スコープ定義しなければならないのか? 13 『聞き手』にとって  『価値のある情報』を提供するため 聞き手がどう受け取るかが重要!
  14. 14. スコープ定義の手順 14 STEP1 プレゼンテーションの目的の明確化 STEP2 ターゲット分析 STEP3 メインメッセージの決定 STEP4 条件の確認
  15. 15. プレゼンテーションの目的の明確化 ∼プレゼンテーションのゴールを確認しよう!∼ 15
  16. 16. プレゼンテーションの目的の明確化 どのような理由でプレゼンテーションを行うか? プレゼンテーションを聞いた人に対し、どんなリア クションを期待するか? 目的を具体的かつ簡潔に表現する。 16 明確化することで、最大の効果を得る。
  17. 17. ターゲット分析 ∼ターゲティングを行い効果的なプレゼンテーションに!∼ 17
  18. 18. ターゲット分析 伝えるべき対象は何か?(キーマンは?) 相手はその内容に関する知識を、どの程度知ってい るか? 相手はその内容に、どの程度興味を持っているか? 18 プレゼンテーションの内容を左右する 重要な要因となる。
  19. 19. メインメッセージの決定 ∼プレゼンテーションで伝える事を明確にする!∼ 19
  20. 20. メインメッセージの決定 20 プレゼンテーションで 最も伝えるべきことを一言で表現する。 例 この提案は、お客様にとって最大利益 となる内容なので採用して欲しい。 メインメッセージがプレゼンテーションの命
  21. 21. 条件の確認 ∼プレゼンテーションの条件を確認しよう!∼ 21
  22. 22. 条件の確認 いつ(When) 開始時間は?発表時間は?  どこで(Where) 大きな会場?会議室? どんな状況で(How) PCは使えるか?インターネットはつながるか?周辺機材は? 暗い部屋?明るい部屋? 資料を配布する?しない? 22 プレゼンテーション実施の前提条件を確認する。
  23. 23. 第二章 ストーリーラインの作成
  24. 24. プレゼンテーションの構築 24 スコープ の定義 ストーリー ライン の作成 スライド 構築 伝達・ デリバリー
  25. 25. ストーリーラインとは? 25 ストーリーはプレゼンテーションの骨格 プレゼンテーションの成否を決める重要プロセス 『メインメッセージ』を伝えるための  『ストーリー(論理展開)』
  26. 26. ストーリーライン作成の手順 26 STEP1 ストーリーラインの作成 STEP2 ストーリーラインの構成 STEP3 ストーリーラインの研磨
  27. 27. ストーリーラインの作成 ∼ストーリーラインを作る前の準備をする!∼ 27
  28. 28. ロジカルシンキング 28 空 雨 傘 ロジカルな思考は『双方に』矛盾がない So・・・ Why・・・ 空をみたら雲が多い 空をみたら雲が多い 雨が降りそうだ 雨が降りそうなのは 傘を持ってゆこう 傘を持ってゆくのは なぜ・・・ なぜ・・・だから・・・ だから・・・
  29. 29. ロジック・ツリー 29 売上を上げる コストを下げる 新商品を販売 取扱い店を増やす 人件費を下げる 材料費を下げる 利益を上げる … 論理展開によって最上位命題の 目的に合った結論を導くためのツール 最上位命題 … … 次元を える 次元を える
  30. 30. ストーリーライン 30   メインメッセージ メッセージ … メッセージ メッセージ メッセージ =1スライド メインメッセージからメッセージを詳細化
  31. 31. ストーリーラインの構成 ∼プレゼンテーションの命であるストーリーラインを編成する!∼ 31
  32. 32. ストーリーラインの構成 32 聞き手にプレゼンテーションで伝えたい事を確認し、 プレゼンターが意図したアクションを起こしてもらう環境 を構築する。 聞き手にプレゼンテーションの目的の伝達や動機付けを 行い、聞いて理解してもらう環境を構築する。  オープニング  エンディング オープニングとエンディングが重要
  33. 33. PIPの法則 33 なぜここに集まっているのか? プレゼンテーション後、参加者にどうなっていて欲しいか?  P(Purpose:目的)  I(Important:重要性)  P(Preview:予告) 目的を達成することがどれほど重要なのか? 参加者にどう関連があるか?聞く価値があるのか? どの程度、緊急性があるか? プレゼンテーションではどんな内容を話すか? PIPは内容により順番を変えることも可能
  34. 34. オープニング 34 例:「本日はこの企画の決裁/合意を頂きたいと    思います。」  P(Purpose:目的)  I(Important:重要性)  P(Preview:予告) 目的を明確化することで聞き手の集中力は高まる 例:「この企画は当社の新規事業の妥当性を確認する    場で、早急に決断する必要があります。」 例:「このプレゼンテーションでは事業計画の詳細や    スケジュール、収益計画などを説明します。」
  35. 35. エンディング 35 ✦ 重要事項のまとめ ✦ 提言の確認 ✦ 聞き手の行動すべきステップを 明確に示す プレゼンテーション後のアクションにつなげる
  36. 36. ストーリーライン 例1 36   目的 トピックA  根拠 トピックB  根拠 トピックC  根拠 結論/まとめ
  37. 37. ストーリーライン 例2 37   目的 結論A  根拠 結論B  根拠 結論C  根拠 結論/まとめ 結論の予告
  38. 38. ストーリーライン 例3 38   目的 問題A  根拠 ⇒ 結論 問題B  根拠 ⇒ 結論 問題C  根拠 ⇒ 結論 結論/まとめ 問題の予告
  39. 39. <参考>企画書・提案書のストーリーライン 39   背景・現状の課題 提案・企画の目的 提案・企画の内容 提案・企画の期待される効果 提案・企画の前提条件や課題
  40. 40. ストーリーラインの研磨 ∼ストーリーラインを磨いてプレゼンテーションの質を高める!∼ 40
  41. 41. ストーリーを練る 41 スピーカーが伝えたい事 ターゲットが聞きたい事 視点を変えて考えてみる 伝えることとの 整合性を検証 ストーリーに無理がないか 全体的な流れを繰り返し、チェックする。 推敲 その1 推敲 その2
  42. 42. 第三章 スライド構築
  43. 43. プレゼンテーションの構築 43 スコープ の定義 ストーリー ライン の作成 スライド 構築 伝達・ デリバリー
  44. 44. スライドの構成 ∼スライドの基本構成を習得しよう!∼ 44
  45. 45. スライドの必要条件 45 『One Slide One Massage』 『明快な主張がある』 『ポイントが明確』 スライドの良し悪しが決まる
  46. 46. 行間は言葉で埋める 46 どちらが伝わりますか? 安価・簡単・安心・迅速 モバイル ワンタイムパスワード モバイルワンタイムパスワードの特徴 モバイルアプリケーションで実現したソフトウェアトーク ンなので、ハードウェアトークンで必要となるデバイス費 用、配布費用、交換費用が不要になりハードウェアトーク ンに比べて安価   更新機能を備え、ソフトウェアトークンの弱点とされた の漏洩リスクに対応しています。また最新の不正利用の 手口に対応したトランザクション署名も利用できます。   汎用的に組み込み可能なライブラリをご提供しますので、 簡単にシステムを組み込むことが可能です。   アプリはキャリア各社の公式サイトより利用者が直接ダウ ンロードすることができるので、迅速に利用を開始するこ とが可能です。 短文で文章には5∼8単語程度が良く、余白は多めに。
  47. 47. スライドの情報量と理解度 47 適切な情報量にする 情報量 多い少ない 低い 高い 理解度 情報量と理解度の関係 http://sozai.yutorilife.com
  48. 48. スライドの構成 48 1.メッセージ スライドで最も言いたいこと 2.グラフ・チャート・表 メッセージの根拠となる分析データなど 3.脚注 内容理解にあたって留意すべき点 4.出所 分析データや図の出所 5.ページ番号
  49. 49. スライドの基本構成 49 結論(メッセージ) 結論の根拠や論理的な証明 (図や画像などのビジュアル含む) 次のスライドへの誘導
  50. 50. スライドの基本構成(論述式) 50 テーマ 要因 ↓ 結果 提言
  51. 51. スライドの基本ポイント ∼スライド作成の基本テクニックを覚えよう!∼ 51
  52. 52. 表現の工夫 フォント                      基本は「ゴシック体、サンセリフ体」を利用する。明朝体では、遠く から見たときに、一部の線が薄くて読みづらい場合があるため。プロ ポーショナルフォントは、文字間のバランスがよくなりキリッとして 見やすい。                主には、「MS Pゴシック」、「MS P明朝」、「HGPゴシック」、「HGP明朝」、 「HGP創英角ゴシック」、「メイリオ」、英字は「Corbel」と「Calibri」 フォントサイズ                   フォントサイズは24pt以上を原則とし、フォントサイズは2∼4パターン くらいで統一する。強調したいときはフォントを変えるのではなく、 太字にしたり色を変える。 52
  53. 53. 表現の工夫 色(フォントカラー)               背景色を含めて3種類とする。メインカラーに原色は使わない。原色 は見た目に素人っぽく、きつい印象になってしまう。また、文字色と 背景色のコントラストをはっきりさせるため、文字色は、背景色とは 正反対の色(補色)にする。 文字の装飾 影(ぼかし)、グラデーションなどを使い効果的に表現する。 53 Sample Text 例:影(ぼかし10pt、オフセット0pt、不透明度100%)
  54. 54. 表現の工夫 アニメーション                  アニメーションの目的はサプライズ効果(動きなど)を使って目立た せることである。何かを目立たせるには、その周りのものを徹底して 目立たせないようにして効果的に利用する必要があります。基本的に は1ページに1個まで、1プレゼンテーション全体でも数ページに 1個にとどめ、使い過ぎは厳禁。 54 表示2表示1 表示3 アニメーションの例
  55. 55. スライドのグラフィカル技術 ∼図のパターンを知ってわかりやすいスライドを作ろう!∼ 55
  56. 56. スライドに図を用いること 56 適切に用いる事で、正確に素早く伝える イメージを 構成 見る文章 理解 見る図 理解 聞き手の理解プロセスの文章と図の違い
  57. 57. スライドの図をどのように判断するか 57 明確なメッセージを的確に伝える イメージを 選択 メッセージ 文章の細部 キーワード イメージを 選択
  58. 58. 基本パターン一覧 58 棒グラフ 数値の比較、数値の推移 折れ線グラフ 比率、変化率、指数の時間的変化 円グラフ 全体に対する内容の内訳 マトリックス図 2つの評価軸で物事をポジショニング ツリー構造図 事象を分解して提示 プロセス図 時間の流れに沿って進む事象 階層図 ステップや段階的な積み上げを表現 フローチャート 処理の流れ ベン図 物事の組合せ、連携、共有を表現 包含図 全体の構成要素 ピラミッド構造図 段階的な向上を表示 図 チャート
  59. 59. マトリックス図 59 いくつかの物事を2つの評価軸(基準、条件)で評価、比較し てポジショニングする。 利用目的 図の例 甘味 価格 商品A 商品B 商品C
  60. 60. マトリックス図 60 商品や事業を市場成長率と市場シェア、収益性と顧客満 足度などの2つの評価軸(基準)で位置づける場合 行うべき個々の仕事を優先度と重要度という組みの評価 軸(基準)で位置づける場合 補足事項 利用シーン 評価軸が正確に数値で表せるものであれば散点グラフも利用可 能
  61. 61. ツリー構造図 61 事象を分解/分類して提示や問題点の具体化など物事や概念の 構造化に使う。 利用目的 図の例
  62. 62. ツリー構造図 62 企業や団体、プロジェクトなど組織の構成 あらゆる物事・概念を詳細化して分類する内容 ある目的を達するための抽象的な考えを現実の具体的な 手段に論理的に分解して説明する場合 抽象的な問題の具体化 利用シーン
  63. 63. プロセス図 63 物事が時間の流れ沿って進んで行く様子を述べる。 利用目的 図の例 A B C D
  64. 64. プロセス図 64 作業や仕事の手順の流れ 作業、行動のスケジュール 業務プロセス 人間や生物の行動の流れ、順番 人間の心理や感情などの変化の流れ 利用シーン
  65. 65. 階層図 65 ステップや段階的な積み上げを表現する。 利用目的 図の例 A B C
  66. 66. 階層図 66 能力、技術、技量、知識の段階的なレベルアップ キャリアの段階的なステップアップ プロジェクトの段階的な対応内容 システムなどの様々な構成要素 利用シーン
  67. 67. フローチャート 67 複雑な流れ(複数に分かれたり、合流)や詳細な順番を述べる ときに使用します。単一の人や組織が行う処理や操作を順番に 矢印で結んで関係性を表現したり、モノのやりとりを含め処理 や操作を順番に表現する。 利用目的 図の例 A B C D E
  68. 68. フローチャート 68 作業や仕事の手順の流れ 業務プロセス 作業や仕事の間で情報やモノなどが受け渡される場合 利用シーン 補足事項 プロセス図よりも細かい順序を表示するときに利用する。
  69. 69. ベン図 69 物事の組合せ、集合、連携、共有の表現に使う。 利用目的 図の例 A B C
  70. 70. ベン図 70 異なる物事の組み合わせや連携、協力で、新しい効果や 状況を作り出せることを表す場合 異なる物事を見比べて、共通する特徴や性質があること を表す場合 異なる各集団にいて、互いに共通する特徴や性質をあわ せ持つ要素は、それぞれの集団では独自の存在になるこ とを表す場合 利用シーン
  71. 71. 包含図 71 全体の構成要素の説明に使う。 利用目的 図の例 A B C
  72. 72. 包含図 72 「全体の中にはAとBとC・・・があります。」 「全体の中にはAとBとC・・・が含まれます。」 利用シーン
  73. 73. ピラミッド構造図 73 特定の人間や組織が下のレベルから上のレベルに段階的に向上 する様子を表す。 利用目的 図の例 A B C
  74. 74. ピラミッド構造図 74 能力、技術、技量、知識の段階的なレベルアップの表現 キャリアの段階的なステップの表現 地位(一般職、係長、課長...)の段階的な上昇・向上 利用シーン 補足事項 上から下に移行する場合は利用しない。
  75. 75. 棒グラフ 75 具体的な数値を使って、数値同士を比較、数値の推移について 述べる。 利用目的 図の例 0 25 50 75 100 1Q 2Q 3Q 4Q 実績 予定
  76. 76. 棒グラフ 76 金額 モノの数 時間、期間 長さ、高さ、距離、広さ・面積、容量、重量 自然を測る単位(気温など) 利用シーン 補足事項 表示スケールに注意しないと図示の効果が薄くなる。
  77. 77. 棒グラフ 77 0 25 50 75 100 1Q 2Q 3Q 4Q 実績 予定 メッセージをイメージさせるために適切なスケールで表示する。 1 10 100 1000 10000 1Q 2Q 3Q 4Q 実績 予定
  78. 78. 折れ線グラフ 78 比率や変化率、各種の指数の推移(時間的な変化)について表 示し、比較やトレンドを表現する。 利用目的 図の例 0 25 50 75 100 4 月 5 月 6 月 7 月
  79. 79. 折れ線グラフ 79 生産効率、出荷の遅延率など変化率の推移 経済成長率など、前期からの増減率 企業利益の前年同月比増減率など、以前の特定時期と比 較した増減率 鉱工業生産指数、株価指数、REIT指数などの指数変化 利用シーン
  80. 80. 円グラフ 80 総数がわかっていて、全体に対する個々の項目の内訳に関する 内容を表現する。 利用目的 図の例 14% 39% 47%
  81. 81. 円グラフ 81 製品・商品、サービスの市場シェア(販売シェア)、な ど 収入、支出、売上高、利益、損出額、資産額など総金額 の内訳 取引相手など企業の内訳 アンケートの回答、結果 特定の集団やグループの構成要素の特徴や割合、構成比 利用シーン 補足事項 2つの構成要素の比較する場合には棒グラフなどを用いる。
  82. 82. 図の理解を促すためのポイント 82 0 25 50 75 100 1Q 2Q 3Q 4Q 売上高 順調に増加している。 4Qの売上高も順調に伸びている タイトルを下に付ける 【参考】表の場合は上 注意点/注目点を 強調する。 キャプションで 意図を明記する。 注意する部分の色を変 えて目認性を高める。 人間の視線の自然な 動きに配置する。 2020年売上高の推移
  83. 83. 【練習】図の作成 次のメッセージを図にする。(15分) 83 1. A社の業界内シェアは最小である。 2. プロジェクトは5つの段階を経て進む。 3. 2000年の売上に比べて、2020年の売上は4倍となる。
  84. 84. 第四章 プレゼンテーションスピーチ
  85. 85. プレゼンテーションの構築 85 スコープ の定義 ストーリー ライン の作成 スライド 構築 伝達・ デリバリー
  86. 86. 環境作り ∼プレゼンテーションを聞いてもらう環境を作ろう!∼ 86
  87. 87. 熟知性の法則による人間心理の傾向 人は知らない人に対して敵対的になる傾向がある。 人は人を知れば知るほど好きになる傾向がある。 人はその人の人間的側面を知ったときに好意を感 じる傾向がある。 87  熟知性の法則とは?   「人間は接触回数が増えれば増えるほど、その人に対する好感度は増す。」                  (米国心理学者 Robert Bolesław Zajonc) 人は情報を持てば持つほど、その事象に関して親近感や好感を持つ傾向にある。
  88. 88. 聞き手に好意を感じさせるには? 88 プレゼン ター 聞き手 (顧客) 聞き手 (顧客) 共 通 項 プレゼンター 心理的な壁 共通項 を広げる
  89. 89. 89 STEP 1 まずは自分を 語る 警戒感から 安心感へ STEP 2 相手を知る (聞く) STEP 3 共通項を 広げる 敬意・誠意・創意・熱意 感情に訴える 問題意識の 共有 連帯感の 芽生え 使命感の共有 プレゼンターの行動 聞き手の心理変化 聞き手に好意を感じさせるには?
  90. 90. 話し方 ∼プレゼンテーションがわかりやすくなる話し方を知ろう!∼ 90
  91. 91. 話し方の基本 91 聞き手と『アイコンタクト』しながら『大きな声』で話す。 →NG:声が小さい 重要なポイントは『ゆっくり話す』、『繰り返し話す』   →NG:ポイントが明示されない 『結論』は最初に伝える。                →NG:一つ一つの説明が長い 『スライド』と『話す内容』を一致させる。           →NG:スライドと話す内容が違う 『抑揚(メリハリ)』をつけて話す。              →NG:テンポが全く変わらない。棒読み
  92. 92. スライド説明の基本 92 ✦ スライドの構成要素(図など)の説明 ✦ メッセージ ✦ プレゼンテーション内容     ✦ 次のスライドの予告 1スライドで話す内容 スライド説明時の注意点 1スライド1分程度の説明とする。                       →NG:1つのスライドで長時間の説明行う。 専門用語を使わない。                  →NG:デフォルトなど、業界によって意味が異なり誤解を生む。
  93. 93. 説明の説得力を増す 93 東京では、クリスマスイブの夜に雪が降る ホワイトクリスマスの可能性は少ない。 数値なし 数値あり 数値や具体例を使う事で説得力が向上する 東京では、クリスマスイブの夜に雪が降る ホワイトクリスマスは気象庁の気象統計情報 によれば33年間で0回だから可能性は少ない。
  94. 94. アイコンタクトのポイント 94 聞き手の方に体を向けて話す。 グループ全体ではなく1対1で話しているように話 す。 うなずく人を見つけて4∼5秒見て話す。 近・遠・近の法則で見る。 キーマンがわかっているときは意識してアイコンタ クトを取るようにする。
  95. 95. 『見るスピード』>>『聞くスピード』 95 『見るスピード』は『聞くスピード』よりも 数倍速い! プレゼンターがスクリーンや資料を見て 棒読みをした途端、 聞き手はプレゼンを聞かずに自分で先に読み進んでしまう。 プレゼンターが 自分の言葉で想い(思い)を伝える事が 聞き手の動機付けと、その後の行動を誘引する。
  96. 96. 百聞は一見にしかず 96文字 < 画像(図) < 実物 具体的なものを見せる 「茶色い小さめのショルダー  バッグで、パスケースが付属  してちょっとお洒落なバッグ  を買いました。」 http://store.united-arrows.co.jp
  97. 97. プレゼンで使える9つの話法(1/3) 97 聞き手の緊張を解くために、参加者との 相互コミュニケーションを行う。 アイスブレーク 話法 話の導入 つかみ話法 構造化話法 聞き手を和ませて話に入るきっかけを掴む。 目次などで全体を構造化して説明する。
  98. 98. プレゼンで使える9つの話法(2/3) 98 聞き手への配慮 メモ話法 聞き手のメモを取る時間を考慮して ポイントを2∼3回繰り返す。 聞き手の現状を認め、同意し、 まず拒否感を持たせないようにして、 その上で提案内容を説明する。 認知話法
  99. 99. プレゼンで使える9つの話法(3/3) 99 聞き手に質問をなげかけ、少し時間を置き、 聞き手に考えさせながら説明する。 問いかけ話法 伝達力向上  まとめ話法 Why話法 話の区切りでそれまでの要旨をまとめて説明 することで、聞き手の思考の整理を促す。 課題や疑問を提示し「なぜでしょうか?」と 聞き手にその原因について考えて貰う。 例え話法 例え話や実例などを使って、説明内容を よりわかりやすく実証的に説明する。 PPoint
  100. 100. まとめ話法を使った説明 100 Whole (全体) Whole-Part-Whole法 Whole (全体) Part (部分) PREP法 Point (結論) Reason (理由) Example (具体例) Point (結論) PPoint 私はコレを提案します。 なぜなら、こういう点が 良いからです。 具体的にいうと、 こういうふうにすると このようになるのです。 ですから、 私はコレを提案します。
  101. 101. 質問時の回答の仕方 101 聞く 確認 回答 御礼 XXXという質問で、 宜しいですか? それはXXXです。 なぜなら、XXXだからです。 ご質問ありがとう ございました。 聞き返すことで、質問者は『私を理解してくれた』と感じる。 傾聴
  102. 102. 体の使い方 ∼プレゼンテーションは全身で!体の使い方を知ろう!∼ 102
  103. 103. ジェスチャーの活用 103 ボディランゲージ 流れ (ステップ) 大きさ (幅、高さ、奥行き) 変化 (成長、衰退) は手の動きを表現 ポイントの強調 ! でも、使い過ぎは厳禁!
  104. 104. Show-See-Speakの鉄則 104 STEP 1 スクリーンを紹介 STEP 2 聞き手に目を向ける STEP 3 話す Show See Speak
  105. 105. 情報の優先度 105 言語・聴覚・視覚の3つの情報が矛盾していると 『視覚・聴覚が優位』になる。 聴覚情報(声質、スピード、口調) 視覚情報(しぐさ、表情、視線) 言語情報(言葉そのものの意味) 伝え手から受け取る情報の優先度(メラビアンの法則) 視覚情報言語情報 視覚情報 提言は『力強さ・熱意』がなければ説得力は落ちる!
  106. 106. 第五章 ファイナルプレパレーション
  107. 107. タイトルの決定は重要! 107 セミナーなどでは、キャッチコピーなどを 利用して集客を意識する事も有効です。 『タイトル』はプレゼンテーション を明示するものにしましょう 聴衆に内容が理解されやすいもの。 聴衆が参加して何を得られるかわかるもの。 聴衆の興味を持つもの。 良いタイトルのポイント
  108. 108. プレゼンテーションに命を吹き込む! 108 『ストーリー』を何度も考察する。 言葉を『磨く』。 『声』に出す。 『リハーサル』をしっかりしましょう!
  109. 109. プレゼンテーション本番直前! 109 テーマに相応しい服装で! レーザーポインターなどの発表ツールの準備、 チェックは忘れずに! 早めに会場入りしましょう! 会場でのスライドの表示確認            は事前に! ©井上 雄彦
  110. 110. 110 プレゼンテーションの上達に近道なんてない。         しっかり準備して、何度も練習することだ。
  111. 111. プレゼンテーションの参考サイト! 111 http://www.ted.com
  112. 112. fin 本資料は、著作権法第三十二条を考慮した転載を行っております。
  113. 113. 参考文献 113 マッキンゼー流プレゼンテーションの技術  ジーン・ゼラズニー パターンを活用した図解の技術  谷口 功 外資系コンサルのスライド作成術  山口 周

×