Opauthライブラリによる                        Twitter,Facebook認証について                     2013-03-23 FuelPHP勉強会 東京 資料Twitter:@mycb7...
まずはOAuthとは?対象アプリケーションの認証を代理に行ってくれる認証プロトコル。代理プロバイダは信頼度が高くなくてはいけない。主にFacebook,Twitter,Googleが対応メリット:ID・PWを直接預けないこと、 事前にアプリに渡...
OAuthの動作構成                  コンシュマーキーとコンシュマ                  シークレットを送信  OAuthサービス                           Oauth対応   プロバイダ...
Opauthとは  OAuthをPHPで実装することは比較的簡単に実装可能であ  るが更に簡単に実装できるライブラリがOpauthである。    実装は5分公式サイトhttp://opauth.org/
Opauth対象のフレームワーク   FuelPHP (maintained by andreoav)   vanilla (plain) PHP applications (of course)                      ...
対象プロバイダ   Bitbucket        fancyguy/opauth-bitbucket   Disqus           rasa/opauth-disqus   Do     pocket7878/opauth-d...
OpauthのFuelPHP取り込み情報FuelPHPコード:https://github.com/andreoav/fuel-opauth上記サイトのREADMEの通りで実装可能技術ブログから参考Facebook認証実装:http://to-...
Opauth実装(今回はFacebook)実装方法:1.Facebook管理者ページの設定2.プロジェクトにOpauthライブラリを取り込む3.opauth.php設定ファイルの作成4.config.phoの設定5.コントローラファイルの作成※...
1.Facebook管理者ページの設定 Facebook開発者ページからアプリ登録を行い、「AppID  「App Secret」を取得する。 [Facebookでログインするウェブサイト]の[Webサイト]  は手順5で作成するControl...
2.プロジェクトにOpauthライブラリを取り込む・Gitからcloneで取得cd basedemo/fuel/packages/git clone git://github.com/andreoav/fuel-opauth.git opaut...
3.opauth.pho設定ファイルの作成opauth/config/opauth.phpを/fuel/app/config/へコピーする ここで「1」でopauth.phpへ取得した「AppID「App Secret」を設定する今後プロバイダ...
4.config.phpの設定 Config.phpにopauthをパッケージとして読み込む設定を する
5.コントローラファイルの作成auth.phpを[/fuel/app/classes/controller]へ新規作成する
動作確認「http://[ドメイン名]/[アプリ名など]/auth/login/facebook/」 を実行してfacebookのログインページに遷移すればOK。 あとはログインして完了すると「OK: Auth response is vali...
最後にその他ストラテジの追加は下記公式サイトよりストラテジファイルをダウンロードして配置して、config設定を行い多少修正すれば、さらに早く実装が可能 個人的にはFacebook,Twitterを実装しました。 ※ブログ参考 Opauthライ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Opauthライブラリによるtwitter,facebook認証について

5,590 views

Published on

1 Comment
7 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
5,590
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
49
Actions
Shares
0
Downloads
17
Comments
1
Likes
7
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Opauthライブラリによるtwitter,facebook認証について

  1. 1. Opauthライブラリによる Twitter,Facebook認証について 2013-03-23 FuelPHP勉強会 東京 資料Twitter:@mycb750Blog:http://to-developer.com/blog
  2. 2. まずはOAuthとは?対象アプリケーションの認証を代理に行ってくれる認証プロトコル。代理プロバイダは信頼度が高くなくてはいけない。主にFacebook,Twitter,Googleが対応メリット:ID・PWを直接預けないこと、 事前にアプリに渡す権限を確認できるためセキュアな認証になる
  3. 3. OAuthの動作構成 コンシュマーキーとコンシュマ シークレットを送信 OAuthサービス Oauth対応 プロバイダ アプリケーション 承認されたトークンを受取るID: アプリケーションにアクセス ユーザはアプリケーションへ 正式リダイレクトPW:ユーザの意思でアプリ認証の アプリケーションは一度承認を得ると 「同意」を行う ユーザ ユーザの意思での拒否または 期限が切れるまでの間は、 トークンを使用してログインが続く ※承認処理は基本初回のみ
  4. 4. Opauthとは OAuthをPHPで実装することは比較的簡単に実装可能であ るが更に簡単に実装できるライブラリがOpauthである。 実装は5分公式サイトhttp://opauth.org/
  5. 5. Opauth対象のフレームワーク FuelPHP (maintained by andreoav) vanilla (plain) PHP applications (of course) 提供している開発者が違うため、 CakePHP (maintained by uzyn) フレームワークにより実装方法が違った CodeIgniter (maintained by destinomultimedia) り改善されていないバグなどがある 場合がありそう CodeIgniter (maintained by mcatm) Laravel (maintained by FakeHeal) PrestaShop (maintained by Onasusweb) Silex (maintained by icehero) Yii Framework (maintained by kahwee) Zend Framework 2 (maintained by lorenzoferrarajr)
  6. 6. 対象プロバイダ Bitbucket fancyguy/opauth-bitbucket Disqus rasa/opauth-disqus Do pocket7878/opauth-do Facebook opauth/facebook Flickr pocket7878/opauth-flickr Foursquare pocket7878/opauth-foursquare GitHub opauth/github Google opauth/google Instagram muhdazrain/opauth-instagram LinkedIn opauth/linkedin (Windows) Live opauth/live mixi ritou/opauth-mixi OpenID opauth/openid PayPal 24hours/opauth-paypal Sina Weibo (新浪微博) dgrabla/opauth-sinaweibo Twitter opauth/twitter VKontakte dgrabla/opauth-vkontaktp Yahoo! Japan ritou/opauth-yahoojp
  7. 7. OpauthのFuelPHP取り込み情報FuelPHPコード:https://github.com/andreoav/fuel-opauth上記サイトのREADMEの通りで実装可能技術ブログから参考Facebook認証実装:http://to-developer.com/blog/?p=424Twitter認証実装:http://to-developer.com/blog/?p=455
  8. 8. Opauth実装(今回はFacebook)実装方法:1.Facebook管理者ページの設定2.プロジェクトにOpauthライブラリを取り込む3.opauth.php設定ファイルの作成4.config.phoの設定5.コントローラファイルの作成※「2.」以降は公式サイトREADMEに書いてある4手順
  9. 9. 1.Facebook管理者ページの設定 Facebook開発者ページからアプリ登録を行い、「AppID 「App Secret」を取得する。 [Facebookでログインするウェブサイト]の[Webサイト] は手順5で作成するController_AuthクラスのAction_Login メソッドにストラテジ文字列を引数としたアドレスがロ グインページとなるので以下のようにする。 http://[サイトパス]/auth/login/facebook/ ※ローカル環境の実行の場合はlocalhostで問題なし 今回「http://localhost/basedemo/auth/login/facebook/」 を設定するDeveloper:https://developers.facebook.com/apps
  10. 10. 2.プロジェクトにOpauthライブラリを取り込む・Gitからcloneで取得cd basedemo/fuel/packages/git clone git://github.com/andreoav/fuel-opauth.git opauth※zipファイルでダウンロードしてフォルダをパッケージ配 下に配置しても同様
  11. 11. 3.opauth.pho設定ファイルの作成opauth/config/opauth.phpを/fuel/app/config/へコピーする ここで「1」でopauth.phpへ取得した「AppID「App Secret」を設定する今後プロバイダを追加する場合にはこのファイルへプロバ イダを追加すれば良い
  12. 12. 4.config.phpの設定 Config.phpにopauthをパッケージとして読み込む設定を する
  13. 13. 5.コントローラファイルの作成auth.phpを[/fuel/app/classes/controller]へ新規作成する
  14. 14. 動作確認「http://[ドメイン名]/[アプリ名など]/auth/login/facebook/」 を実行してfacebookのログインページに遷移すればOK。 あとはログインして完了すると「OK: Auth response is validated.」が表示されれば成功。 画面上はfacebookからのレスポンス情報が表示される
  15. 15. 最後にその他ストラテジの追加は下記公式サイトよりストラテジファイルをダウンロードして配置して、config設定を行い多少修正すれば、さらに早く実装が可能 個人的にはFacebook,Twitterを実装しました。 ※ブログ参考 Opauthライブラリの場合、認証以外のAPI呼び出し等を実装する場合には自前で用意する必要がある。 この他にもライブラリは存在するため、いろいろ調べてから使うのが良いかと思います。 ただ実装の速度では他のライブラリよりも早いはずです。

×