海外向けサービスの苦労話

8,877 views

Published on

海外向けサービスの苦労話

  1. 1. 海外向けサービスの 苦労話 Masakazu Matsushita @matsukaz
  2. 2. 自己紹介•松下 雅和 / @matsukaz•(株) サイバーエージェント SocialApps事業部•Ameba Pico / Animal Land•DevLOVE スタッフ
  3. 3. 海外向けサービスならではの苦労って? (うちの場合)
  4. 4. クラウド中心の インフラ環境
  5. 5. レイテンシーやスケールしやすさを 考慮
  6. 6. ドーピング的なスケールアップは 出来ない
  7. 7. クラウド環境が安定しないことも
  8. 8. 発生した問題
  9. 9. IPアドレス流用で不明なアクセスが多発 (EC2)
  10. 10. 突然サーバが落ちる (EC2)
  11. 11. 「セキュリティパッチ 適用のため、一週間後に全サーバが 再起動されます」 (EC2)
  12. 12. 停電で全サーバがダウン(某国クラウド)
  13. 13. 「明日をもちましてクラウドサービスを 終了します」 (某国クラウド)
  14. 14. 利用するサーバの リージョン
  15. 15. 基本的には 主ターゲット層に 近いリージョン(米国、中国など)
  16. 16. 将来的には ユーザの国ごとに サーバが必要かも(リージョン間通信)
  17. 17. 自国のサーバ利用を強制されることも (某国)
  18. 18. 南北問題とか (中国)
  19. 19. メンテナンス
  20. 20. ビジネス的に 一番影響が少ない時間に実施 (今は日中)
  21. 21. 告知はGMTで日時表示 (イベント系は特に注意が必要)
  22. 22. プラットフォーム 依存
  23. 23. Facebookは仕様がよく変わる(ロードマップの 確認が必須)
  24. 24. ドキュメントも 問い合わせも 基本的に英語
  25. 25. プラットフォームの広告以外の宣伝手段が あまりない
  26. 26. 広告対象の国によって単価もクリック率も 全然違う
  27. 27. FacebookはRankingがないので 口コミが超重要
  28. 28. 国による違い
  29. 29. 日本に比べてARPが低い
  30. 30. 海外ウケするデザインや色づかい の考慮が必要(単純な移植はNG)
  31. 31. 英語以外の多言語対応も重要(UIだけでなく、多言語ユーザ同士の 交流も考慮)
  32. 32. 国によっては独自ルールも
  33. 33. 疲労度システム (中国)
  34. 34. プレイ時間を3時間未満に抑える仕組みが必要らしい
  35. 35. パクリ/騙され
  36. 36. 自重(気になる方は直接 聞いて下さいw)
  37. 37. 良さもある
  38. 38. 日本からの競合は ほとんどない→ 目立つチャンス
  39. 39. 夢がある→ プラットフォーム のユーザ規模が 億単位
  40. 40. ユーザが比較的優しい → 緊急メンテでも 応援メッセージを くれたり
  41. 41. 英語に強くなるかも?
  42. 42. アプリ開発も インフラも 何でもやれる(やらざる負えない)
  43. 43. 国内とは全然違う緊張感?楽しさ? を味わいながら 働いております
  44. 44. ご静(?)聴 ありがとうございました!

×