Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

Raspberry Piにdiskless modeのalpine linuxを導入してみる

Ad

Raspberry Pi に diskless mode の alipine linux を
導入してみる
KenichiroMATOHARA(matoken)
<matoken@kagolug.org>
鹿児島 Linux 勉強会 2016....

Ad

2
Kenichiro MATOHARA
@matoken
http://matoken.org/
興味
Linux
OSS
OpenSteetMap
電子工作
:
お仕事募集中 !
© OpenStreetMapへの協力者

Ad

3
鹿児島らぐ / 鹿児島 Linux 勉強会
らぐ LUG(Linux User's Group)
地域 LUG 世界中各地にある
日本は衰退気味 ?
勉強会は今回で 13 回目 (0~ で通算 14 回 )
もし集まりたいといった場合には ...

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Check these out next

1 of 34 Ad
1 of 34 Ad

Raspberry Piにdiskless modeのalpine linuxを導入してみる

Download to read offline

鹿児島Linux勉強会 2016.03で発表したスライド
http://kagolug.connpass.com/event/28459/
https://kagolug.org/

鹿児島Linux勉強会 2016.03で発表したスライド
http://kagolug.connpass.com/event/28459/
https://kagolug.org/

More Related Content

More from Kenichiro MATOHARA (20)

Raspberry Piにdiskless modeのalpine linuxを導入してみる

  1. 1. Raspberry Pi に diskless mode の alipine linux を 導入してみる KenichiroMATOHARA(matoken) <matoken@kagolug.org> 鹿児島 Linux 勉強会 2016.03 ( 第 13 回 ) 20160312( 土 )
  2. 2. 2 Kenichiro MATOHARA @matoken http://matoken.org/ 興味 Linux OSS OpenSteetMap 電子工作 : お仕事募集中 ! © OpenStreetMapへの協力者
  3. 3. 3 鹿児島らぐ / 鹿児島 Linux 勉強会 らぐ LUG(Linux User's Group) 地域 LUG 世界中各地にある 日本は衰退気味 ? 勉強会は今回で 13 回目 (0~ で通算 14 回 ) もし集まりたいといった場合には ML 等で告知して勝手に開催して も OK matohara も出来ることは手伝います !
  4. 4. 4
  5. 5. 5 前回の家庭内 Podcast 配信サーバ
  6. 6. 6 前回
  7. 7. 7
  8. 8. 8 Podcast を保存したい しかし Disk が足りない ファイルサーバで取得して新しい物だけ Pi にコピーしよう ownCloud にも新しい物を置こう GooglePlayMusic にも投げてみよう  : Raspberry Pi で配信する必要性 ?? いつの間にか Raspberry Pi 要らない子になってる感 >< ハードウェアボタンやスピーカーなども付けて Raspberry Pi らし さを 分けて整理しなおして改めて発表予定
  9. 9. 11 Raspberry Pi に disk less mode の alipine linux 導入
  10. 10. 12 alpine linux? Alpine Linux http://www.alpinelinux.org/ 小さい 古い PC でもさくさく (Intel A110 で Disk40GB で辛かったマシンも一瞬で起動するよ うに !) ARM もある (Raspberry Pi 版も !)
  11. 11. 13 diskless mode CD やフラッシュドライブなどから起動する データは別のメディアなどに保存できる Raspberry Pi ではよく disk image が論理的に死ぬ >< 十分な電源と mount に sync option を付けるとかなりましになるけどやはり 死ぬ…… � が で電源断とかでも……� Raspberry Pi の OS の Rasbian jessie も systemd などで大分重くなっ てきてる感じも alpine linux の diskless mode を使うとストレージが死ににくく軽くなるの では ?
  12. 12. 14 alpine linux の導入 用意するもの fat の扱える PC 等 alpine イメージ SD Card
  13. 13. 15 alipine linux の入手 http://alpinelinux.org/downloads/ より alpine-rpi-n.n.n-armhf.rpi.tar.gz と alpine-rpi-n.n.n-armhf.rpi.tar.gz.asc を 入手して署名を検証 $ wget http://wiki.alpinelinux.org/cgi-bin/dl.cgi/v3.3/releases/armhf/alpine- rpi-3.3.1-armhf.rpi.tar.gz http://wiki.alpinelinux.org/cgi- bin/dl.cgi/v3.3/releases/armhf/alpine-rpi-3.3.1-armhf.rpi.tar.gz.asc $ gpg --verify ./alpine-rpi-3.3.1-armhf.rpi.tar.gz.asc gpg: 署名されたデータが './alpine-rpi-3.3.1-armhf.rpi.tar.gz' にあると想定します gpg: 2016 年 01 月 07 日 00時 39 分 35 秒 JST に RSA 鍵 ID 07D9495A で施された署名 gpg: "Natanael Copa <ncopa@alpinelinux.org>" からの正しい署名 gpg: * 警告 *: この鍵は信用できる署名で証明されていません ! gpg: この署名が所有者のものかどうかの検証手段がありません。 主鍵フィンガー・プリント : 0482 D840 22F5 2DF1 C4E7 CD43 293A CD09 07D9 495A
  14. 14. 16 FAT で初期化した SD Card にイメージを展開 $ sudo mount -t vfat -o uid=`id -u` /dev/sdb1 /mnt $ tar xvf ./alpine-rpi-3.3.1-armhf.rpi.tar.gz -C /mnt $ sudo umount /mnt $ sync
  15. 15. 17 alpine linux の起動 microSD を取り出して Raspberry Pi に挿入して起動 serial は無効なので USB キーボードとモニタも必要 起動したら root:nopassword で login できる.
  16. 16. 18 初期設定 alpine-setup で初期設定をします. # alpine-setup 対話式で答えていくと設定が完了します
  17. 17. 19 キーボードレイアウトの設定 Select keyboad layout [none]: us Available variants: us-acentos us Select variant []: us
  18. 18. 20 ホスト名の設定 Enter system hostname (shirt from, e.g 'foo') [localhost]: alpine-pi
  19. 19. 21 ネットワークの設定 Available interface are: eth0. Enter '?' for help on bridges, bonding and vlans. Which one do you want to initialize? (or '?' or 'done') [eth0] Ip address for eth0? (or 'dhcp'. 'none', '?') [dhcp] Do you want to do any manuak network configuration? [no] ※Wi-Fi の場合でも結構さくっと行きます
  20. 20. 22 root パスワード設定 Changing password for root New password: Retype password: Passrord for root changed by root
  21. 21. 23 タイムゾーンの設定 Which timezone are you in? ('?' for list) [UTC] Tokyo
  22. 22. 24 プロクシの設定 HTTP/FTP proxy URL? (e.g. 'http://proxy:8080', or'none') [none]
  23. 23. 25 パッケージを取得するミラーサイトの設定 Avallable mirrors: Enter mirrir number (1-17) or URL to add (or r/f/e/done) [f]: r
  24. 24. 26 sshd の設定 Which SSH server? ('openssh', 'dropbear' or 'none') [openssh]
  25. 25. 27 ntpd の設定 Which NTP client to run? ('buisybox', 'openntpd', 'chrony' or 'none') [chrony]
  26. 26. 28 データの保存先の設定 Enter where to store configs ('floppy', 'mmcblk0', 'usb' or 'none') mmcblk0]: Enter apk cache directory (or '?', 'none') [/mendia/mmcblk0/cache]: これで完了 !
  27. 27. 29 設定の保存 # lbu commit # reboot lbu(Alpine local backup) commit をしないとデータは失 われる !
  28. 28. 30 パッケージを最新にして保存 # apk update # apk upgrade # lbu commit # reboot
  29. 29. 31 パッケージの検索と導入例 # apk search sudo sudo-doc-1.8.15-r1 sudo-1.8.15-r1 sudo-dev-1.8.15-r1 # apk add sudo
  30. 30. 32 X の導入 # setup-xorg-base # apk add xf86-video-fbdev xf86-input-mouse xf86-input-keyboard dbus setxkbmap # rc-update add dbus # cat <<__EOF__>>/etc/X11/xorg.conf.d/20-modules.conf > Section "Module" > Load "fbdevhw" > Load "fb" > Load "shadow" > Load "shadowfb" > Load "dbe" > Disable "glx" > Disable "dri" > EndSection > __EOF__
  31. 31. 33 リポジトリを追加 /etc/apk/repositories を編集 # apk update でパッケージ情報を更新
  32. 32. 34 課題 安定度 GPIO の利用 GPU の利用 GPIO/GPU などが利用できないと Raspberry Pi の魅力が半 減 ? でも PodcastServer のような用途だと必要ないので用途次第か も 引き続き調査
  33. 33. 35 参考 URL - "Alpine Linux | Alpine Linux" http://www.alpinelinux.org/ - "Raspberry Pi - Alpine Linux" http://wiki.alpinelinux.org/wiki/Raspberry_Pi
  34. 34. 36 Credits & License Content by Kenichiro MATOHARA (@matoken) http://matoken.org License: CC-BY-NC-SA LibreOffice template by NOGATA Jun http://www.nofuture.tv/diary/ License: CC0

×