Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

スライド特化のMarkdown writerのMarpを試す

1,607 views

Published on

Marp( https://yhatt.github.io/marp/ )のテスト

Published in: Engineering

スライド特化のMarkdown writerのMarpを試す

  1. 1. Marpのテストスライド KenichiroMATOHARA(@matoken) http://matoken.org @matoken 1
  2. 2. hello! Marp マルチプラットホーム&スライドに特化したMarkdown Writer! Marp ­ Markdown Presentation Writer Electron製でMIT License. yhatt/marp: Markdown presentation writer, powered by Electron. PDFに書き出すことが出来る @matoken 2
  3. 3. Linux amd64への導入例 アーカイブを入手して適当な場所に展開する $ wget https://github.com/yhatt/marp/releases/download/v0.0.10 $ sha512sum 0.0.10­Marp­linux­x64.tar.gz 9e2d37812f71958478e89ec13c85eddd935bf9de957ae7d374c3b078c5ab7e $ sha256sum 0.0.10­Marp­linux­x64.tar.gz 1d5e7b2c134c6639ef49d943ce3a1fb95bb0d618bbdb2f826608e1ed57a398 $ tar tvzf 0.0.10­Marp­linux­x64.tar.gz $ mkdir ~/usr/local/Marp $ tar xf 0.0.10­Marp­linux­x64.tar.gz ­C ~/usr/local/Marp @matoken 3
  4. 4. 実行 展開した中の Marp を実行する $ ~/usr/local/Marp/Marp @matoken 4
  5. 5. Syntax 詳細は以下のページを参照(Marp形式なのでMarpで開いてSlide Listで読むと読みやすい) https://raw.githubusercontent.com/yhatt/marp/master/example. md @matoken 5
  6. 6. スライドで便利そうなsyntax @matoken 6
  7. 7. ページの表示非表示 <!­­ page_number: true ­­> 既定値は false  ページごとに設定可能 @matoken 7
  8. 8. アスペクト比&用紙サイズ <!­­ $size: 16:9 ­­> 以下のようなものが設定できる Presets:  4:3 ,  16:9 ,  A0 ­ A8 ,  B0 ­ B8  and suffix of  ­ portrait . 複数書いた場合最後に書いたものだけが有効になった @matoken 8
  9. 9. フッターの指定 書いたページ以降で有効になる 複数回指定可能(途中からフッターを変えることが出来る) <!­­ footer: フッター ­­> フッターを変更した 9
  10. 10. 背景の指定 設定したいページ毎に指定が必要 ![bg](openlogo­nd.svg) フッターを変更した 10
  11. 11. このスライドのsource matoken / Marp test / ソース / — Bitbucket フッターを変更した 11

×