Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Web品評会web form

72 views

Published on

(東京)Webフレームワーク品評会 9/16の
ASP​.NET WebForms (C#)のスライドです。

Published in: Internet
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Web品評会web form

  1. 1. Web Form Webフレームワーク品評会
  2. 2. 登壇ガイドライン  プロジェクト・ディレクトリ・ファイル構成  モデル概要、モデル例  コントローラ概要、コントローラ例、リクエスト受け取り、レスポンス構築、フィ ルタ  ビュー概要、ビュー例、ビュー構文、部分ビュー、全体レイアウト、ヘルパ  Scaffolding  CRUD例  ルーティング管理  デバッグ手法・エラーハンドリング  デプロイ  セッション管理、認証  ライブラリ利用 (Gem, NuGet 等)  そのフレームワークを選択する際の強み・弱み  実際のプロダクトでの利用例
  3. 3. その前に RADとは WYSIWYG? VB
  4. 4. RAD  コードを書かなくてもUIが作れる  SQLを書かなくてもDBをアクセスできる。  コードを書かなくてもUIとデータモデルを連携できる ラピッド・アプリケーション・デベロップメント (Rapid Application Development) 統合開発環境(IDE)のような高機能な開発環境によるプログラミングの半自動化や、視覚的なユーザーインターフェイス(操作画面)の設計、モジュール開発などの 機能を備える。 GUIを持つ一般的なソフトウェアの開発を例に取ると、RADではない開発ツールを用いて開発した場合、ウィンドウを一つ表示させるだけでもかなりの量のソースコー ドが必要になるが、RADツール、例えばVisual BasicやInterface Builderなどを用いた場合、プログラマがソースコードを書かなくても、GUI部品を視覚的に配置するだ けでウィンドウを作れる。 また、ウィンドウにボタンやテキストボックスなどのGUI部品を配置して、ユーザー操作に対する処理を関連付けようとすれば、ハンドルの取得から属性の設定、ウィ ンドウメッセージの処理までプログラマがソースを書く必要があるが、前述のようなソフトウェアではそのような処理は開発ツールが自動的に行ってくれる。つまり 大雑把にいうならば、多くのソフトウェアに共通している処理を担うソースを書かなくても自動的に実装してくれるのがRADツールであり、プログラマーは個々のソ フトウェアに必要な固有の機能を担うソースだけを書けばすむのである。これによって結果的に開発が容易になる。 RADツールを用いた開発の一般的なデメリットとしては、開発されたソフトウェアの動作速度が遅くなる、実行ファイルのサイズが大きくなる、などがよく挙げられ る。しかし、このような傾向は、あくまで開発ソフトウェアによるので、RADを用いたからといって、必ずしもそのようなことが起こるわけではない。またGUIの設計 以外の作業が多いソフトウェアを開発する場合、RADの持つ長所を十分に発揮できない。 (wikiペディアより) https://ja.wikipedia.org/wiki/Rapid_Application_Development
  5. 5. Rapid Application Development Analyze Design Develop Test Support Define
  6. 6. 古くは汎用機の時代から  簡易言語  統合ソフト  データベースソフト  統合開発環境
  7. 7. WYSIWYG What You See Is What You Get 見たままの結果が得られる
  8. 8. GUIで簡単  はじまりは Quick BASIC  ドラッグアンドドラック  そして、VB6へ
  9. 9. ドラッグアンドドラックで
  10. 10. 最新のVisualStudioでWebでも ドラッグアンドドラックで
  11. 11. Webの知識が無くてもOK HTMLを知らなくてもWebアプリが Java Scriptを知らなくても画面でのバリデート ポストバックオンリー イベントドリブンをなぞって
  12. 12. Visual Studioで簡単に
  13. 13. HTMLじゃない?
  14. 14. SQLが判らなくてもデータアクセス データモデル?もドラッグアンドドロップ プロパティー設定だけでデータを表示 さらにデータ更新まで
  15. 15. DataTableとアクセッサ―、マッパーが生成
  16. 16. そんな必要はない
  17. 17. そんなもんじゃない
  18. 18. 超高速開発 新しいビューを追加 ビューにデータソースをドロップする 以上 データソースから一気に画面を生成
  19. 19. Web フォームを追加します
  20. 20. データソースを選択
  21. 21. ドラックアンドドロップ
  22. 22. マスターメンテ完成
  23. 23. 登壇ガイドライン  プロジェクト・ディレクトリ・ファイル構成  モデル概要、モデル例  コントローラ概要、コントローラ例、リクエスト受け取り、レスポンス構築、フィ ルタ  ビュー概要、ビュー例、ビュー構文、部分ビュー、全体レイアウト、ヘルパ  Scaffolding  CRUD例  ルーティング管理  デバッグ手法・エラーハンドリング  デプロイ  セッション管理、認証  ライブラリ利用 (Gem, NuGet 等)  そのフレームワークを選択する際の強み・弱み  実際のプロダクトでの利用例
  24. 24. 適所・適材 見た目は問わない レガシーへの追加 動けばよい 時間がない Ect
  25. 25. メリット・デメリット  ビューで完結  修正箇所が判りやすい  実装がデータソースと癒着してしまう  実装が簡単  作りこみができない  作りこみむと後々辛い  手を入れる前にMVCへ移行
  26. 26. Q&A

×