Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Cent7@zabbix2.4を試す

1,230 views

Published on

構築方法や基本的な操作等を展開

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Cent7@zabbix2.4を試す

  1. 1. CentOS7 @ zabbix2.4を試す 2015/11/23 第二回関西ITインフラ勉強会 白石 雅義
  2. 2. 自己紹介  白石 雅義       FB : /masayoshi.shiraishi twitter : m_46 CTF : monolith プログラマ以外のITのお仕事やってます。 インフラ、サーバ、zabbix監視・管理 ネットワーク、情報セキュリティ…等
  3. 3. ・Drupalコミュニティメンバー ・KOFの運営メンバー ・NSCコアメンバー ・クラウドサーバ管理者若葉の会 ・jpug / MyNA メンバー ・大阪ITエンジニア会    ingressはエンライテンドやってます
  4. 4. あじぇんだ ・zabbixとは? ・基本的な構成 ・今回試した構成 ・導入方法 ・デモ
  5. 5. zabbixとは? サーバ - エージェント連携で  様々な監視を行えるラトビアのzabbix社製OSS 死活監視、ログ監視、ポート監視、 web監視、カスタム監視、リソースモニタリング ESXi、snmp連携、IPMIチェック、 sshチェック、外部チェック等など
  6. 6. 基本的な構成 テンプレート  アイテム + トリガー     ↓ 条件にヒット  アクションを実行   メール発報、外部コマンド実行   rsh経由でpatliteを鳴らす
  7. 7. 今回の構成 ・CentOS 7.0 ・apache 2.4.6 ・PostgreSQL 9.5 ・php 5.5 ・zabbix 2.4.7 いずれもyum利用で導入
  8. 8. 1. firewalldの設定 デフォルトゾーンの設定 # firewall-cmd --set-default-zone=dmz 80番ポート開放 # firewall-cmd --zone=dmz --add-port=80/tcp ̶permanent
  9. 9. PostgreSQL用の6543ポート開放 # firewall-cmd --zone=dmz ̶add-port=6543/tcp --permanent zabbix用の10050(エージェント側)/10051(サーバ側)ポート開放 # firewall-cmd --zone=dmz --add-port=10050/tcp --permanent # firewall-cmd --zone=dmz --add-port=10051/tcp --permanent
  10. 10. 2. 各種レポジトリの導入 epel # yum install epel-release remi # rpm -Uvh http:// rpms.famillecollet.com/enterprise/ remi-release-7.rpm
  11. 11. pgdg # rpm -ivh http://yum.postgresql.org/ 9.5/redhat/rhel-7-x86_64/ pgdg-centos95-9.5-2.noarch.rpm zabbix (agent側はこのレポジトリのみ) # rpm -ivh http://repo.zabbix.com/ zabbix/2.4/rhel/7/x86_64/zabbix- release-2.4-1.el7.noarch.rpm
  12. 12. 3. Apache 2.4.6 インストール # yum install httpd httpd-devel # vi /etc/httpd/conf/httpd.conf  → 必要に応じて適宜変更
  13. 13. 4. PostgreSQL 9.5.x(最新版)インストール # yum -y ̶disableplugin=priorities       install postgresql95-server initdb実行 # su -c '/usr/pgsql-9.5/bin/initdb -D /var/lib/pgsql/9.5/data' postgres
  14. 14. # vi /var/lib/pgsql/9.5/data/postgresql.conf チェックポイント周り設定  checkpoint_completion_target 0.8  checkpoint_segments     6  checkpoint_timeout 30min 接続設定系  listen_addresses     *'  max_connections      50  port    6543
  15. 15. # vi /var/lib/pgsql/9.5/data/postgresql.conf ログ周り設定  log_destination      stderr  log_directory    /var/log/pg_log/  log_filename       postgresql-%d.log  log_line_prefix    [%m][%p][%u][%d][%h][%e]  log_rotation_age            1d   log_truncate_on_rotation         on SSD用設定  random_page_cost          4.0
  16. 16. # vi /var/lib/pgsql/9.5/data/pg_hba.conf host all all 127.0.0.1/32 trust host all all 0.0.0.0/0 md5
  17. 17. PostgreSQLの起動 # systemctl enable postgresql-9.5.service # systemctl start postgresql-9.5.service
  18. 18. psqlコマンドを利用してユーザとDB作成 # su - postgres $ psql -U postgres -p 6543 create user zabbix SUPERUSER PASSWORD Hellow_zabbix1123! ; create database zabbix owner=zabbix;
  19. 19. 5. zabbix-serverのインストール # yum install zabbix zabbix-server-pgsql zabbix-web-pgsql zabbix-web-japanese --enablerepo=zabbix, --skip-broken
  20. 20. # cd /usr/share/doc/ zabbix-server-pgsql-2.4.7/create psql -p 6543 -W -d zabbix -f schema.sql zabbix psql -p 6543 -W -d zabbix -f images.sql zabbix psql -p 6543 -W -d zabbix -f data.sql zabbix
  21. 21. # vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf DBHost=localhost DBName=zabbix DBUser=zabbix DBPassword=Hellow_zabbix1123! DBPort=6543 #DBSocket=/var/lib/mysql/mysql.sock DBSocket=/tmp/.s.PGSQL.6561 ListenPort=10051
  22. 22. # vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf # 以下を追加 php_value date.timezone Asia/Tokyo ※ php系のエラーが書き出され続ける事に…。
  23. 23. 6. zabbix-agentのインストール # yum install zabbix-agent  エージェント本体 zabbix-get   データ送信(pull) zabbix-sender  データ送信(push)
  24. 24. # vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf Server={zabbix_serverのIP} ServerActive={zabbix-serverIP):10051 Hostname={host名}  zabbix-serverのGUIに登録する名前  OSのhostnameと異なっていても問題無し
  25. 25. # vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf AllowRoot=1  root権限での監視を許可 EnableRemoteCommands=1  リモートからのコマンドを受け付ける
  26. 26. # systemctl enable zabbix-server.service # systemctl start zabbix-server.service # systemctl enable zabbix-agent.service # systemctl start zabbix-agent.service
  27. 27. # systemctl enable httpd.service # systemctl start httpd.service サイトアクセス http://{サーバIP}/zabbix
  28. 28. インストール直後の初期ユーザ情報  ID : PW Admin : zabbix
  29. 29. デモ画面 ・アイテム ・トリガー ・アクション
  30. 30. Linuxのサービス監視用shファイル #!/bin/sh # httpd running status checker. # Return Status: 1 = Runnning # 0 = not Running ret=0 service httpd status >/dev/null ¦¦ ret=$? if [ "$ret" = "0" ]; then # runnning echo 1 else # not runnning echo 0 fi
  31. 31. カスタム監視  自作監視shを組み合わせる事で  監視ツール以上に便利に 使いこなせる様に
  32. 32. ZABBIX-JPフォーラム ¦ ZABBIX-JP http://www.zabbix.jp/forum 困った事があれば質問を 大体皆同じ所で躓いてます ※ 因みにサイトはCMSのDrupalを採用
  33. 33. 他の監視ツール ( mrtg、munin、 cacti )に引けを取らないどころか、 それ以上に柔軟な監視を可能に テンプレートの独自のノウハウに  →再利用が容易
  34. 34. 運用はセキュアな環境で ・apacheだったらserverToken とかServerSignatureとか ・PostgreSQLの接続元のアクセス  制限とか ・phpの設定周りとか ・余分なポートを開放しないとか
  35. 35. もし次回機会があれば次は監視の 設定方法について披露出来ればなぁと
  36. 36. ご清聴ありがとうございました!

×