Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

”間をつなぐ”UXデザイン〜関わりの原点に立ち戻って

1,044 views

Published on

2018年3月3日(土)2017年度 第6回安藤昌也研究室活動報告会『価値のカタチ展〜利他的UXフォーラム』
イトーキ東京イノベーションセンターSYNQAにて

Published in: Design
  • Login to see the comments

”間をつなぐ”UXデザイン〜関わりの原点に立ち戻って

  1. 1. Copyright © Masaya Ando “間をつなぐ” UXデザイン ~“関わり”の原点に立ち戻って 2017年度 第6回安藤研究室活動報告会 2018年3月3日
  2. 2. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 私たちが目指すもの エクスペリエンスデザイン計画 UX PlanningUX Planning 経験の計画
  3. 3. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 2017年度の安藤・安藤研の活動を振り返って 利他的UXとソーシャルデザインの両面から地域見守り の有効化を目指すプロジェクトでJST-RISTEXの国プロ 予算を獲得! (村井プロジェクト) ‒ 横浜市港北区・川崎市麻生区で、住民ワークショップなどを含 め、ソーシャルデザインの観点で展開予定 (株)リコーさんとの共同研究で特許 1件申請 “利他的行為”をキーワードにしたワークショップを行い、 オフィス空間のコンセプト設計を実施 UXデザインを企業組織に導入する際の課題等の研究や コンサルティングを複数手がける ロボットやコスメなど、これまであまり縁のなかった業 界からUXデザインの観点でのアドバイスを求めらえる ことが増えた
  4. 4. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 2017年度の安藤研究室の方向性(2016年度安藤研展より)
  5. 5. Copyright © Masaya Ando 関わりの原点に立ち戻って~間をつなぐ発想
  6. 6. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando “関わり”のUXデザインへの挑戦ー4年目 2014年度から一貫して『“関わり”のUXデザインへの挑 戦』をテーマとし2016年度には一つの方向性が見えた。 新しい 関わり を育む ① IoT技術のUXD ② 利他的UX ③ 会話的インタ ラクション ④ 役割を産む デザイン 技術の進歩で関わりの 変化を生み出す 人と人との関わり自体 を仕組みで変化させる ビジョン 手段 ⑤ 成長を促す デザイン
  7. 7. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando Web飲み会でビールの注ぎ合いを実現 オンラインでは絶対できない行為を面白く実現。役立た ない機能だが、“注ぎ合い”という行為の意味を炙り出す。
  8. 8. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 見えない一人練習が見える~ダンス練習支援 限られた集団練習の時間を効率化するため、個人練習用 アプリで映像分析機能を実現。その結果を集計・視覚化。
  9. 9. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 見えない一人練習が見える~ダンス練習支援 限られた集団練習の時間を効率化するため、個人練習用 アプリで映像分析機能を実現。その結果を集計・視覚化。
  10. 10. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 外国人の要望を“断る”をデザインする 訪日外国人の要望に、店主が断らないといけないシーン。 言語の問題を超えて笑いでその瞬間を思い出深いものに。 サービスリカバリーデザインを活用した 店員と訪日外国人のお客様の歩み寄りの サービス提案
  11. 11. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 単なる問題解決ではない:間を執り持つ 現在の関わりを基にすると、問題解決型になる。だが 『関わりの間をどう執り持つか?』という発想で問題を 定義し直すと、新しい関係性を繋ぐアイデアが生まれる。 うまく執り持てていない“間”は どこにでもある “間”をどう執り持つかは、経験計画の本質
  12. 12. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 都市間や地域間にある“間を執り持つ”作品 天体観測によるストレス解消のキャン ペーンとアプリケーションの提案 千葉と東京の通勤で疲れている人に、夜 遅く帰ってきた千葉の駅で、ストレス発 散を促すために『駅を出たら星空を見上 げてみよう!』と呼びかける、鉄道会社 のキャンペーンとして考えらえれた 地方タクシー会社によるサービス開発の為の 地域理解の手法を検証する活動の記録と提案 自力で新しいサービス開発ができていな い、地方タクシー会社が、地域交通の担 い手として生き残るための、サービス設 計アプローチを整理。学生は実際に、 フィールドワークを実施し提案した
  13. 13. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 議論や会議の間にある“間を執り持つ”作品 写真で記録した付箋作業の続きを行える 付箋プロジェクションマッピング 学生間の話し合いを効率的に行えるように するアプリケーションの提案 付箋を使った作業の途中で、会議を終 わってしまうことがある。その経過を写 真で撮って記録しても、途中から作業を 続けることができない。それを、付箋の 文字のプロジェクトションマッピングで 解決できないかと考えた試み 学生の話し合いは、どうしてもダラダラ 伸びてしまう。そこで、話し合う内容を 整理して、15分で一つのタスクを完結さ せるサイクルを繰り返すようにうながす、 電子ホワイトボード用のアプリ
  14. 14. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 顧客と事業者間にある“間を執り持つ”作品 浴場業の業績向上を目的とした現場調査 とマーケティング施策の提案 酒類販売店で日本酒の銘柄選択をサポート する接客支援ツールの提案 家業の銭湯の営業データと気候や地域の イベントなどのデータ収集・分析を継続。 そこから得られた仮説を、のぼり旗の形 で表現。毎日内容の変わるのぼり旗で、 潜在的な顧客へのメッセージを送る試み 日本酒という嗜好性の高い商品を、アル バイトの店員が勧めることは難しい。知 識不足を補いつつ、相手のシーンを考え て提案できるツール。顧客自身が選べな いときはゲーム的に選べたり、単なるマ ニュアルではなく接客ツールとして機能 させる試み
  15. 15. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 学びの前後の間にある“間を執り持つ”作品 大学生活の学びを振り返ると同時に 自分の未来について考える セルフワークショップツールの提案 大学授業におけるシラバスを用いた学習方法 の提案~シラバスビジュアライゼーション 大学で学ぶ授業は、体系的に計画されて いる。だが、学ぶ学生はあまりそのこと を理解しないまま授業を受けている。3年 生を想定し、これまでの授業の体系を振 り返り、そこから自分の未来を考える、 『一人ワークショップ』という提案 グラレコの技術は、学びを深めるために も役に立つ。しかし、毎回の授業で実践 するのはよほどの苦労がある。そこで、 シラバス(授業計画書)の段階であらか じめビジュアル化し、予想を立てておく ことで授業グラレコをサポートする試み
  16. 16. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 様々な“間を執り持つ”作品 視線計測実験に基づいたイラストを上達 したい初心者ユーザーに向けた 新しい練習法の提案 「何度も繰り返したくなる」 連動構造を用いた変形玩具の製作 イラストがうまい人と初心者が、作品を みる視線計測実験結果の特徴の違いから、 イラストの全体をバランスよくかけるよ うになる練習法を提案 連動機構を用いて、一箇所を指で押すだ けで、三角形のオブジェがキャラクター に変身する玩具。変化が大きいので何度 もやりたくなる
  17. 17. Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 2018年度の安藤研究室の方向性
  18. 18. Copyright © Masaya Ando
  19. 19. Copyright © Masaya Ando

×