Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

安藤研究室活動報告会「関わりのなかのUX・UXデザイン」

2,172 views

Published on

2015年3月1日 千葉工業大学工学部デザイン科学科安藤昌也研究室活動報告会2014 講演資料

2014年度の研究成果や卒業研究作品の紹介を通して、UXデザインの考え方やアプローチを紹介。今年度は、他者との“関わり”を輪郭としたデザインに力点をおいたUXデザインに取り組んだ成果を紹介します。

Published in: Design
  • Be the first to comment

安藤研究室活動報告会「関わりのなかのUX・UXデザイン」

  1. 1. Copyright © Masaya Ando 千葉工業大学工学部デザイン科学科 安藤  昌也   masaya.ando@it-chiba.ac.jp 関わりのなかのUX・UXデザイン   ∼ 価値のカタチ の原理の探求  2014年度 安藤研究室活動報告会 2015年3月1日
  2. 2. 2 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 私たちが目指すもの エクスペリエンスデザイン計画 UX PlanningUX Planning 経験の計画
  3. 3. 3 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando “体験”そのものは ユーザーの個人的なもの “個人”としてのUX  ・  “産業”としてのUXD UXD UX どんな“体験”をしてもらうか 計画すること 体験が量産・再生産される 仕組みを作ること
  4. 4. 4 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 経験計画のヒューリスティックアプローチ    (12年度) 1.  デザインすべき経験はあなたの生活の中にある 2.  あなたや当事者の心と行為の構造に 新しい経験のヒントがある 3.  新しい経験の最小単位の原理を探れ 4.  筋のよい経験の原理は 構造的なコンセプトに変換できる 5.  繰り返し試すことで経験の計画は磨かれる
  5. 5. 5 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 安藤研・経験計画の“カタチ化”の視点 (13年度) l  5つのレンズ(範囲)から、計画した経験=行為がもたらす関 わりの範囲を意識することで、その“経験の輪郭”が見えてくる。 場 心 行為 関係 周辺 1.  心のレンズ 2.  行為のレンズ 3.  関わりのレンズ1(直接) 4.  関わりのレンズ2(周辺) 5.  場のレンズ UXの根幹
  6. 6. 6 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 経験の輪郭とデザインの要点 (13年度) l  “心”を輪郭としたデザインは、ユーザーの心理構造 や心理作用の原理に基づいたデザインをする –  “心”のレンズでの検討は、経験デザインにはどんなもの にも不可欠。 l  “直接的な関係”を輪郭としたデザインは、その関係 に価値を与えるために必要なものをデザインする –  ユーザーが主体となり、直接的に関わりのある人々を巻き 込んで行われる行為を計画。 l  “周辺との関わり”を輪郭としたデザインは、関わり を持つ動機や関わる際のユーザーの役割をデザイ ンする –  関わりのなかった主体との、新たな関わりそのものを計画。 関係のニーズは、ユーザーの外にあるが、ユーザーにも 潜在的にある。
  7. 7. 7 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 2014年度の安藤研究室の方向性 (13年度) l  誰かのために“やってあげる”“やってあ げたくなる”要素を含んだ研究・提案 l  自分事化を促進し、人々を巻き込むため の計画をいかに立案すればよいか。方法 論的な研究・提案 UXデザイン → 利他的UX ソーシャルデザイン → 巻き込む計画の方法
  8. 8. Copyright © Masaya Ando 安藤研究室における “関わり”のUXデザインへの挑戦
  9. 9. 9 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando “関わり”のUXをデザインするためのUX原理研究 l  関わりのUXデザインでは、他者に関するの情報を視覚化し 適切な行為を促すきっかけとなる原理が不可欠。 テキストコミュニケーションにおける 感情伝達を助ける動きの研究 (宮川研究) 修士修了生の2つの研究 相互援助ネットコミュニティにおける 依頼情報の伝え方とやってあげる意欲 (田中研究) “直接的な関係”を輪郭とするUXDの原理探求: “周辺との関わり”を輪郭とするUXDの原理探求:
  10. 10. 10 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando “動き”に相手の身振りを重ね心情を慮る  (宮川研究) l  従来は動き自体が感情を想起させるとされたが、関係性の中 では相手の身振りを想起させ、心情を慮ることで感情が喚起。 “感情”→“動き”表現実験 「驚き」を送り手として 表現してみる “動き”の抽出・仕様化 感情の推定評価実験 70%以上が正しい 感情を想起 共通の動きから 「驚き」を表現
  11. 11. 11 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando “動き”に相手の身振りを重ね心情を慮る  (宮川研究) l  しかも、想起される感情と動きには3つのパラメーターがあり、 その組み合わせで適切な感情を想起させられることを示した。 動きを表現として用いることで、他者の状態(感情)を 関わりのきっかけとして利用可能になる (宮川, 2015)
  12. 12. 12 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 仕組みの違いの理解が慮る機会を増やす  (田中研究) l  他者への援助依頼情報が、“メッセージで届く”か“掲示板で 見る”かの違いだけで、人が助けようとする意欲と行為は変化。 –  メッセージ方式の方が依頼内容を無視しない=相手を慮ろうとする ** * * メッセージで届く 掲示板で見る 他者の状態(要援助)を伝える仕組みを変えるだけで 利他的行為を促しうる 依頼情報に対する被験者の最終行為判断 ※各セルの判断は30回 (田中, 2015)
  13. 13. 13 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 2つの研究成果からの示唆 l  多様なモダリティによるユーザーの反応の原理を探り、他者 の状況の視覚化によるきっかけ(動機)づくりの蓄積が必要。 慮る 直接的なメッセージ以外の モダリティによる他者の状況 の視覚化  =きっかけ 主要部分のUXデザイン  =実際の行為・方法 <心の働き ⇒ 行動の動機>
  14. 14. 14 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 卒業研究作品における“関わり”のUXデザイン例 l  介護の現場に子供たちを巻き込むためのロボットとサービス –  UXデザインのアプローチで、“関わり”そのものをデザイン。 –  ロボットはあくまできっかけとして、子供に新たな役割を設定。要介護 者とのレクリエーションをするまでの支援サービスをデザイン。 プロトタイプでの検証の様子 コンセプトツリー
  15. 15. 15 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 卒業研究作品における“関わり”のUXデザイン例 l  学生たちのユニークな着想の“関わり”のUXデザイン 野球ビギナーファンが 詳しい人と一緒に球場にいって 楽しめるアプリ デザイン科学科の学生生活を シミュレーションする 新入生ワークショップツール 学生に朝型生活へ転換する きっかけとするための “朝活”実施マニュアル
  16. 16. 16 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 卒業研究作品における様々なUXデザイン l  S ジェスチャー操作の オノマトペを再現した 効果音とその効果 ファンタジーキャラク ターの創作を支援す る書籍の提案 漫画文庫コレクション のユーザータイプ分類 とタイプに最適化でき る管理ツールの提案 パーティーで参加者 が楽しめる紙コップの 提案
  17. 17. Copyright © Masaya Ando 安藤研究室のこれから
  18. 18. 18 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 2015年度の安藤研究室の方向性 l  幅広いレベルの“やってあげる”を実現するような提案 l  “やってあげる”・“譲ってあげる”心の構造の解明に挑む (科研費通ったら) l  自分事化を促進し、人々を巻き込むための計画をいかに 立案すればよいか。方法論的な研究・提案 (引き続き) l  袖ケ浦プロジェクトを実例に具体的に研究 l  “安藤研監修” UXD関連ツールの商品化 l  共同研究による新商品、展示会等のUXデザインを実施 UXデザイン研究 → 利他的UX・UXD研究を深化 ソーシャルデザイン研究 → 巻き込む計画の方法 デザイン活動 → 様々なUXデザインを実施
  19. 19. 19 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 巻き込むデザインとしてのソーシャルデザインの模索 l  習志野市をフィールドにしつつ、具体的なソーシャルデザイン に挑戦しながら、デザインのモデルを模索。 習志野市袖ヶ浦プロジェクト ソーシャルデザインのデザイン領域と構造
  20. 20. 20 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 2015年度の安藤研究室の方向性 l  幅広いレベルの“やってあげる”を実現するような提案 l  “やってあげる”・“譲ってあげる”心の構造の解明に挑む (科研費通ったら) l  自分事化を促進し、人々を巻き込むための計画をいかに 立案すればよいか。方法論的な研究・提案 (引き続き) l  袖ケ浦プロジェクトを実例に具体的に研究 l  “安藤研監修” UXD関連ツールの商品化 l  共同研究による新商品、展示会等のUXデザインを実施 UXデザイン研究 → 利他的UX・UXD研究を深化 ソーシャルデザイン研究 → 巻き込む計画の方法 デザイン活動 → 様々なUXデザインを実施
  21. 21. 21 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 情報デザインウィーク2015 l  今年度から、1〜3月に行われる全国の情報デザイン系の学 科、研究室の展示やイベントを統一ブランドで連携する試みを 展開。来年度の本格展開に向けて、企業等の協力を募集!。 http://infodweek.webcrow.jp/
  22. 22. 22 Copyright © Masaya AndoCopyright © Masaya Ando 情報デザインウィーク2015 参加団体 l  京都工芸繊維大学:櫛研究室  l  公立はこだて未来大学:原田研究室  l  成安造形大学:大草研究室 l  専修大学:上平研究室・望月プロジェクト  l  千葉工業大学:安藤研究室・山崎研究室  l  東海大学:富田研究室 l  東京都市大学:小池研究室  l  常葉大学:安武研究室  l  日本電子専門学校:井上研究室  l  北海道情報大学:安田研究室
                           (50音順)
  23. 23. Copyright © Masaya Ando 価値を観つめ 未来のカタチを探す これからの安藤研究室に ご期待ください

×