Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

「ソーシャルデザインに挑戦しよう!」ワークショップ

2,257 views

Published on

2013年6月23日 日本人間工学会アーゴデザイン部会主催 大学間交流イベント「ソーシャルデザインに挑戦しよう!」ワークショップの説明スライド

配布資料は、以下のURLに
http://www.slideshare.net/masaya0730/ss-23291249

千葉工業大学安藤研究室作成

  • Be the first to comment

「ソーシャルデザインに挑戦しよう!」ワークショップ

  1. 1. Copyright © Masaya Ando千葉工業大学 デザイン科学科Chiba Institute of Technology Department of Design安藤 昌也ando@sky.it-chiba.ac.jpソーシャルデザインにチャレンジしよう!人間工学会アーゴデザイン部会 大学間交流イベント2013年6月23日
  2. 2. Copyright © Masaya Ando1本日のイベントの目的交 流人間工学や人間中心設計、UDやUXDなど人からデザインを考える学会の研究部会
  3. 3. Copyright © Masaya Ando2アイスブレーキング カールソンは、スタッフが接客する一回平均15秒の時間の積み重ねが、ビジネスの成功をも左右することし、それを「真実の瞬間」と呼んだ。自己紹介を15秒で!
  4. 4. Copyright © Masaya Ando3本日のテーマソーシャルデザイン
  5. 5. Copyright © Masaya Ando4ソーシャルデザインって何だろう?社会的課題解決する仕組み(サービス、ビジネス、プロダクト・・・)を提案・開発
  6. 6. Copyright © Masaya Ando5ソーシャルデザインの例 おばあちゃんを指名してカスタムメイドするニットブランド「ゴールデン・フック」出典:
  7. 7. Copyright © Masaya Ando6ソーシャルデザインの例 カフェやギャラリーも併設!おじいちゃんも学生も、街ぐるみで子どもの可能性を引き出す「まちの保育園」出典:
  8. 8. Copyright © Masaya Ando7ソーシャルデザインの例 “コトづくり”で街を変える。寿町の再生から社会を見つめる「コトラボ」出典:一坪縁台プロジェクトKOTBUKI選挙にいこうキャンペーン
  9. 9. Copyright © Masaya Ando8“社会的課題”ってなんだろう?
  10. 10. Copyright © Masaya Ando9このワークショップにおけるソーシャルデザインとは?一人ひとりの行動を、すこしよい方に変えることを促しそれによって地球環境や社会やコミュニティ全体がうまく機能するようにする新しい価値をもった提案社会的課題を自分の問題ととらえ自分自身が社会のために行動を起こせるようなそんな提案を目指そう!
  11. 11. Copyright © Masaya Ando10ワークショップの進め方 配布資料には、「進め方」、「時間」、「例」、「ワークショップのコツ」が書かれています。 グループごとに、これを参考にしながら計画的に実施してください。
  12. 12. Copyright © Masaya Ando11ワークショップの流れ-1 フィールドに出る前に、メンバー同士で“自分にとっての社会的課題”について、すこし話し合っておく フィールドワークでは、秋葉原の街の中で以下のように思うものもについて、2~3点写真を撮影する「自分はできてもみんなができるわけではないこと(またはその逆)」「○○のためにやるのはめんどうだなー、いやだなーと思うこと」「自分の問題ではないのに、みんなのせいでイライラするなーと思うこと」10:45~12:45
  13. 13. Copyright © Masaya Ando12ワークショップの流れ-2 フィールドワークで見付けた課題の写真をグループで共有し、メンバー内での問題意識の共感度が高いもの一つを選び、写真を印刷する45分程度
  14. 14. Copyright © Masaya Ando13ワークショップの流れ-3 この問題に関係する代表的な人・組織を挙げる 関係者になったつもりで、それぞれの立場の人の心の声をたくさん出してみる 心の声を参考に、問題の原因を考えるここはたくさん挙げてみる45分程度
  15. 15. Copyright © Masaya Ando14ワークショップの流れ-4 「関係者」と「問題の原因」を見て解決する観点を決め「これからの○○」と表現する未来を語ろう!「誰」の「どんな行為か」を考えると、解決の観点を定めやすい15分程度
  16. 16. Copyright © Masaya Ando15ワークショップの流れ-5 「これからの○○」コンセプトの方向性からアイディアを発想。メンバーが「いいね!」というアイディアの一つを提案アイディアにする45分程度
  17. 17. Copyright © Masaya Ando16ワークショップの流れ-6 提案アイディアを文章で表現してみる プロダクトだけにこだわらずサービスなども含めて考える。“仕組み”を意識するとよい多少長くなっても、どんなものかをわかりやすく説明する文章を書いてみようサンプルはプロダクトだが、引っ張られないで!“仕組み”を意識することが大事15分程度
  18. 18. Copyright © Masaya Ando17ワークショップの流れ-7 発表用の模造紙を書く 時間があったら、提案アイディアを簡単なプロトタイプを作り実際に演じてみる(アクティングアウト) 提案までのプロセスをまとめた模造紙1枚 提案アイディアをまとめた模造紙1枚30分程度
  19. 19. Copyright © Masaya Ando18ワークショップの流れ-8 ワークショップの成果を発表する 発表時間は1グループ5分以内 アクティングアウトをやってみたり、伝わりやすく工夫しよう16:00~17:00楽しい発表を目指そう
  20. 20. Copyright © Masaya Ando19ワークショップをうまくやるコツ ポストイット・スケッチの書き方– 1枚には1アイディア– サインペンで、はっきり、大きく、遠くから見えるように書く– 後から他者が読んでわかるように書く。単語だけ書かない– 下手でもスケッチ。言葉を補って書けば、よりよく伝わる– 書くだけ、話すだけに集中しない。書いて・話す。話して書く– 書いたら壁にはる。壁がない時は、必ず上下をグループで決めて、一方向から読めるように張る 話し方・聞き方・アイディアの出し方– 「いいね~」を基本に– アイディアは他人の物にどんどん乗っかっていく– アイディアの視点を意識してみよう
  21. 21. Copyright © Masaya Ando20リーダーの方へのお願い 本ワークショップの成果と感想を、9月に行われるアーゴデザイン部会「コンセプト事例発表会」でポスター発表してもらう予定です。 詳細は、指導の先生にお尋ねください 記録写真を取っておきましょう グループメンバーの連絡先や氏名を確認しておきましょう ワークショップが終わったら、忘れないうちにメモを作っておくといいと思います

×