ユーザー視点で捉えるSocial Cetnered Design

1,928 views

Published on

日本人間工学会関東支部大会第42回大会、アーゴデザイン部会企画セッション「ソーシャルセンタードデザインを考える」での発表

Published in: Design

ユーザー視点で捉えるSocial Cetnered Design

  1. 1. 関東支部第42回大会 2012年12月2日 企画セッション~ソーシャルセンタードデザインを考える ユーザー視点で捉える Social Centered Design 千葉工業大学 デザイン科学科 Chiba Institute of Technology Department of Design 安藤 昌也 ando@sky.it-chiba.ac.jpCopyright © Masaya Ando
  2. 2. 1 1 『“社会的な”関わりへのシフト』 という確信Copyright © Masaya Ando
  3. 3. 2 はじめに~“確信”としてのSocial 企業 消費者Copyright © Masaya Ando
  4. 4. 3 はじめに~“確信”としてのSocial 企業 消費者 Social なんらかの社会的な要素Copyright © Masaya Ando
  5. 5. 4 価値共創 (Prahalad & Ramaswamy,2004) Co-CreationCopyright © Masaya Ando
  6. 6. 5 価値共創 (Prahalad & Ramaswamy,2004) 価値の土台をなす 共創経験の中心 価値は消費者と 前提 のは共創経験で にあるのは個人で 企業が共創する ある ある 消費者と企業の関 多種多様な関わり 共創経験の 意味合い わりから価値が を基に、多彩な共 パーソナル化が 共創される 創経験が生まれる 進む 経験環境の 消費者との関わり 経験ネットワーク Co-Creation 結果 イノベーションに の質に注目する に焦点を合わせる 力を入れるCopyright © Masaya Ando
  7. 7. 6 マーケティング3.0 (Kotler & Kartajaya, 2010) (画像出所: http://superhit.jp/suggest-05)Copyright © Masaya Ando
  8. 8. 7 共創される価値~My Starbacks Idea 製品 アイディア サービス アイディア 社会貢献 アイディアCopyright © Masaya Ando
  9. 9. 8 企業から観たSocial ~ Co-Creation 企業 消費者 Co-Creation Social なんらかの社会的な要素Copyright © Masaya Ando
  10. 10. 9 2 ユーザーから観たソーシャルとは?Copyright © Masaya Ando
  11. 11. 10 変化する消費者~社会的課題へのアプローチ  ミュージックセキュリティーズ(株) – マイクロファンディングのプラットフォームを提供。 – 被災地応援などのファンドも運営。Copyright © Masaya Ando
  12. 12. 11 変化する消費者~社会的課題へのアプローチ  新たな寄付の形 ボルヴィック 1L for 10L ブラザー グリーンサイコロCopyright © Masaya Ando
  13. 13. 12 人の“ニーズ”は利己的なものだけなのか?  人の欲求は多様で、利己的欲求のみならず “誰かのた めに”という利他的欲求こそ、ソーシャルの基盤にある。 様々な欲求理論の整理 (牧野ら, 2010)Copyright © Masaya Ando
  14. 14. 13 ユーザーから観たSocial ~ Cooperative Solution 企業 消費者 Co-Creation Cooperative Solution Social なんらかの社会的な要素Copyright © Masaya Ando
  15. 15. 14 3 協調的問題解決のための SCDCopyright © Masaya Ando
  16. 16. 15 本田技研 「通行実績情報マップ」  東日本大震災の際、ホンダのインターナビ登載車の通 行実績をGoogleと協力していち早く公開。 (画像出所:http://www.honda.co.jp/internavi/awards/)Copyright © Masaya Ando
  17. 17. 16 クラウドで蓄積される情報を社会的課題の知恵へ  ユーザーの様々な情報は、クラウド化によって蓄積され つつある。そこでの知見を社会的課題解決に繋げること。 オムロン Wellnesslink 地域特性などを考慮した 生活習慣の見直しなど 知恵化に期待Copyright © Masaya Ando
  18. 18. 17 情報のモデル (Shedroff, 1999) データ 情 報 知 識 知 恵 (画像出所: http://www.xenogenic.com/viz/u-s.htm)Copyright © Masaya Ando
  19. 19. 18 協調的問題解決としてのSCDのイメージ フォーラムとしての 社会的企業 企業 問題解決の仕組み NPO 共創 協調的問題解決 共創 個人 個人 個人 個人 個人 一種のサービスデザイン=仕組みづくりとして 企業価値を高め・社会的課題にも貢献する枠組みづくりCopyright © Masaya Ando
  20. 20. 19 まとめ  「Social Centered Design」の着想は、 企業と消費者の関係のさらなる関係の変化の示唆 – 企業と消費者の「Co-Creation」のさらなる深化  消費者(ユーザー)側からは、社会的課題への新しいアプ ローチに期待 – 企業や社会的企業家などが主導し、協調的に課題解 決する仕組みが求められる  企業など組織のリソースの価値を捉えなおし、社会的課 題にアプローチする“共創サービスデザイン”こそ、あらた なチャレンジCopyright © Masaya Ando

×