情報デザイン教育研究会: WEBのUXとは何か?

8,270 views

Published on

2010年11月22日 情報デザイン教育研究会で講演した内容です。WEBのUXをユーザの心理的変遷の仮説モデルを用いながら、短期的なUXが長期的UXの源泉となる仕組みを解説しています。

Published in: Design
3 Comments
15 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
8,270
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,698
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
3
Likes
15
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

情報デザイン教育研究会: WEBのUXとは何か?

  1. 1. Copyright © Masaya Ando WEBにおけるUXとは何か? 安 藤 昌 也 ando-m@aiit.ac.jp 基調講演: 情報デザイン 教育研究会 2010年11月22日
  2. 2. Copyright © Masaya Ando 1 履修証明プログラム「人間中心デザイン」  120時間を超える、HCD の専門教育プログラム – ブログ: http://hcdprogram.wordpress.com/ – Twitter: aiit_hcd
  3. 3. 2 Copyright © Masaya Ando WEBのUXとは? 安藤のこれまでの研究を踏まえ 改めて考えてみる
  4. 4. Copyright © Masaya Ando 3 The Elements of User Experience (Garrett, 2000) (Garrett, 2000) 構造は理解できるがユーザにとってのUXとは?
  5. 5. 4 Copyright © Masaya Ando 突然ですが! あなたは、飲食店の経営者です
  6. 6. Copyright © Masaya Ando 5 多様な飲食店ひしめく世界  あなたの街には、ホテルにある高級レストランから街の 食堂、居酒屋、屋台もある。店でのマナーも、世界共通 のものから国内独自の作法まで多様。 いろいろな飲食店、競合ひしめく街の中で、 あなたは、純日本式の和食の食堂を経営しています。 庶民的なお店で、ガイドブックにも載っています。
  7. 7. Copyright © Masaya Ando 6 顧客は様々  ガイドブックのせいか、外国人の旅行者も多く来る。もし 以下4種類の客が来た場合、本当に顧客の事を考える と何をしたら喜ばれるだろうか? 海外旅行者A 海外旅行者B 国内旅行者 近所の人 ガイドを見て来た 男女の外国人 別の店に行こうと して間違って来た 一人の外国人 ふらっと入った 出張中の サラリーマン すでに顔なじみの 近所の男性
  8. 8. Copyright © Masaya Ando 7 顧客は様々  ガイドブックのせいか、外国人の旅行者も多く来る。もし 以下4種類の客が来た場合、本当に顧客の事を考える と何をしたら喜ばれるだろうか? 海外旅行者A 海外旅行者B 国内旅行者 近所の人 ガイドを見て来た 男女の外国人 別の店に行こうと して間違って来た 一人の外国人 ふらっと入った 出張中の サラリーマン すでに顔なじみの 近所の男性 その場(短期的)では、どんな対応をするのが 彼らが喜ぶことだろうか?
  9. 9. Copyright © Masaya Ando 8 顧客は様々  ガイドブックのせいか、外国人の旅行者も多く来る。もし 以下4種類の客が来た場合、本当に顧客の事を考える と何をしたら喜ばれるだろうか? 海外旅行者A 海外旅行者B 国内旅行者 近所の人 ガイドを見て来た 男女の外国人 別の店に行こうと して間違って来た 一人の外国人 ふらっと入った 出張中の サラリーマン すでに顔なじみの 近所の男性 その場(短期的)では、どんな対応をするのが 彼らが喜ぶことだろうか? 長い目(長期的)で見て、どんな対応するのが 顧客にとってもお店にとってもよいのだろうか?
  10. 10. Copyright © Masaya Ando 9 ユーザの期待と満足・信頼の形成  WEBの利用体験には、ユーザの期待を理解し、必要に 応じてその期待の調整を促すことが、サイトのUXを高 めることにつながる。 コ ン テ キ ス ト 期待形成 サイト内での体験 期待の 調整 満足・信頼 の形成 調整OKなら 理解 利用 WEBの利用におけるユーザの心理的変遷の模式図 U X の 源 泉 (長 期 的 な 影 響 力 )
  11. 11. Copyright © Masaya Ando 10 二重コンテキストモデル:WEBとユーザの関わり  WEBの世界では、ユーザは二重コンテキストの中で行 為を行っている。この2つのコンテキストの橋渡しにユー ザの経験の蓄積がある。 コンテキストシフト 生活世界における コンテキスト ネット世界における コンテキスト UX-① UX-② UX-③ いわゆるWEB業界で 言われるUX。短期的 な利用体験 WEBを使う理由や状 況。期待形成のさら に元となる状況。 WEBに対する満足や 信頼の蓄積。新たな 期待の源泉。
  12. 12. Copyright © Masaya Ando 11 利用経験の蓄積プロセス (安藤, 2010) 利用行動の 5つの態 所有 目標 探索 観望 遭遇 動機・期待 行動 結果評価 経験の蓄積 利 用 意 欲 結 果 へ の 反 応 ・評 価 ・解 釈 モ ノ の 理 解 ・意 味 使 う 智 恵 の 蓄 積
  13. 13. Copyright © Masaya Ando 12 本日ポイント WEBのUXは短期的には訪問者の期待を適切に調整 することが重要であり長期的な信頼形成の鍵でもある 1. WEBのUXを考える時、自社サイト内のフローを考 えるのは基本。 2. 本来のUXを考えるには、訪問者の二重のコンテキ ストをできる限り想定し、ユーザの期待が何かを可 能な限り考えること。 3. その上で、ユーザの期待を実サービスに合わせて 調整してもらうためのコンテンツを適切に用意する こと。 4. 新たな期待を常に持ってもらうことが、長期の利用 を促すために重要な視点。
  14. 14. Copyright © Masaya Ando 13 本日の資料を公開しています  SlideShare http://www.slideshare.net/masaya0730
  15. 15. Copyright © Masaya Ando 14 連絡先  公立大学法人 首都大学東京 産業技術大学院大学 電話: 03-3472-7831 (代表) FAX: 03-3472-2790  安藤個人宛 連絡先 Mail: ando-m@aiit.ac.jp masaya.ando@gmail.com Twitter: masaya21

×