Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

UXデザインとアイディアワークショップ

3,981 views

Published on

2013年9月22日 第12回情報デザインフォーラムでの講演。

UXデザインとアイディアワークショップ

  1. 1. Copyright © Masaya Ando 千葉工業大学 デザイン科学科 Chiba Institute of Technology Department of Design 安藤 昌也 masaya.ando@it-chiba.ac.jp UXデザインとアイディアワークショップ 情報デザインフォーラム 2013年9月22日
  2. 2. Copyright © Masaya Ando 1 企業におけるUXのワークショップ
  3. 3. Copyright © Masaya Ando 2 近年の企業ワークショップとテーマの例  CATV連盟・若手経営者の会 – “安心・安全・地域”を切り口にした新しいサービスの探索  自動車部品メーカー – 新しいHMIのコンセプトの開発  音楽配信サービス企業 – UXを軸とした新サービス戦略の策定とサービスアイディアの 検討  大手電機メーカー デザイン部署 – UXデザイン戦略とプロセスの策定とその施行  大手電機メーカー 新規事業開発部署 – 体験からの発想・企画力の強化
  4. 4. Copyright © Masaya Ando 3 ビジネス評価プロトタイピング 某社での実施例~“体験からの発想・企画力ワークショップ” ①発想ブートキャンプ 【講義】 ・発想とはどういうこと か ・イノベーションのため の発想とは 【ワークショップ】 ・インプロビゼーション ・Inspiration Word ・最悪トラベル ②体験価値分析 【講義】 ・エスノグラフィと発想 ・体験価値分析法 【ワークショップ】 ・フォトエッセイ ・フォトエッセイインタ ビュー ・KA法 ・価値マップの作成 ④アイディアのブ ラッシュアップと 評価 【講義】 ・体験の可視化と開 発プロセスとの接合 性 ・構造化シナリオ法 【ワークショップ】 ・ストーリーボード ・UXコンセプトツリー ・アイディア・タスク展 開 ③アイディア発想 と体験の可視化 【講義】 ・アイディアの発想と収 束 ・ペルソナとUXマップ ・UXコンセプトツリー ・体験可視化の意義 【ワークショップ】 ・企画アイディアの発想 ・アイディアの選び方 ・構造化シナリオ法 ・アクティングアウト ⑤ビジネスモデル と企画の取り まとめ 【講義】 ・ビジネスモデルの2つ の側面 ・企画書の要点 【ワークショップ】 ・CVCA ・ビジネスモデルキャン パス ・企画書づくり 準備・体制 ユーザーの理解 発想・収束 ユーザーの理解から体験をデザインするプロセスを ワークショップを通して実践する
  5. 5. Copyright © Masaya Ando 4 UXをデザインするための様々な技法の例 ユーザーの体験価値 を探索するフェーズ 企図した体験を 実現するフェーズ 実現すべきユーザー体験と その効果の可視化  ユーザー行為の観察・インタビュー  エスノグラフィ  KA法による価値モデリング、上位下位分析  ペルソナ/問題シナリオ  エンパシーマップ  製品・サービスアイディア  バリューシナリオ、ストーリーテリング  アクティングアウトによる体験のスケッチ  アクティビティシナリオ  ユーザージャーニーマッピング、UXマップ  9コマストーリー  プロトタイピング/モックアップ  サービスブループリント  ビジネスモデルキャンバス  ユーザー評価 コンセプトアイディア
  6. 6. Copyright © Masaya Ando 5 ワークショップで学ぶ・創る
  7. 7. Copyright © Masaya Ando 6 UXDのアイディアをどう 評価・選択していくべきか?
  8. 8. Copyright © Masaya Ando 7 アイディア投票  創出されたアイディアを、いくつかの視点からワーク ショップで投票してみる。 自分がユーザーだった らぜひ使ってみたいと 思うアイディア 企業として提供したら ウケそうだと思うサービス 実現性が高いと思う アイディア 個人的にいいと思うアイディアには 各自の理想とするコンテクストが 反映されているはず 会社としてうけそう思うアイディアには 各社のDNA、各社のサービス文脈が 反映されているはず 実現性が高いと思うアイディアには 各自の技術の系譜・文脈が 反映されているはず
  9. 9. Copyright © Masaya Ando 8 アイディアの選択に作用する“コンテクストイメージ”  複数のアイディアを選択・判断した結果には、ワーク ショップ参加者のコンテクストイメージが反映されている。 発散過程 収束過程 再発散過程 コンテクスト イメージ
  10. 10. Copyright © Masaya Ando 9 UXコンセプトツリーの構造~パソコン教室企業の例 どうやって 実現するか? KFS キー満足要因 本質的体験価値 (体験コンセプト) 具体提案 ? タッチポイント での体験 ? ? 続けられる理由がある ? 行きにくい時間でも 受講できる チャンスがある 教えあえる・学びあえる 仲間との出会いがある 学び続ける私を 応援してくれる 仕組みがある ? ? ・時間が選べる ・いつ行っても同じ質 のサービスが受けれる ・リアルな実例がわか る ・どういう人かわかる ・よいタイミングで働き かけてくれる ・愛着がわくキャラクタ
  11. 11. Copyright © Masaya Ando 10 UXコンセプトツリーとデザインの流れ  UXコンセプトツリーを意識し、ストーリーボードでユーザー体験= アクティビティを可視化する。それを手掛かりに、プロダクトのアイ ディアとタスクをブレークダウンして設計する。 UXコンセプトツリー いつでも確認しながらやり取りできる 事前に手順がわ かり、事後に結果 が確認できる ・わかりやすい帳票 ・説明の用語統一 窓口での接客 で安心取引体験 自分の操作にあ やまりがないこと が確認できる ・フィードバックを・・・ ・・・・・・・ ATMで落ち着いて 操作できる体験 サービスの方向性(価値) 商品コンセプト ベネフィット(モノ) ターゲット(人) シーン(場) サービスアイディア ストーリーボード アイディア・タスク展開 インタラクションシナリオ ペーパープロトタイプ ビジネスモデル アクティビティ シナリオ 潜在的な望ましい コンテキストを抽出 アイディアを修正 体験を可視化
  12. 12. Copyright © Masaya Ando 11 “体験”から発想するからこそできるアイディア  “できる・やる”だけに囚われず “やってあげよう・一緒に やろう”など、よりソーシャルなアイディアを意識する 「ヤル・パラダイム」から「Let’s パラダイム」へ できる できない やる やらない 一緒に 創造的に
  13. 13. Copyright © Masaya Ando 12 プレゼンテーションに関するお問い合わせ  安藤研究室は、総武線津田沼駅 3分の千葉工業大学津田沼キャ ンパスにあります。 お近くにお寄りの際はぜひ!  安藤個人宛 連絡先 Mail: masaya.ando@it-chiba.ac.jp masaya.ando@gmail.com Twitter: masaya21 Facebook: masaya.ando

×