Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ネットショップの教科書セミナー

4,454 views

Published on

2014年5月22日に開催した「成功するネットショップ 集客と運営の教科書」に使用したスライドです。

Published in: Business
  • Sex in your area is here: ❤❤❤ http://bit.ly/2F7hN3u ❤❤❤
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Dating direct: ❶❶❶ http://bit.ly/2F7hN3u ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

ネットショップの教科書セミナー

  1. 1. 『成功する ネットショップ集客と運営の教科書』 出版記念セミナー
  2. 2. 本日のアジェンダ 1. 本日のまとめ 2. ユニークであることの重要性 3. シンプル化する時代 4. コンセプトのつくりかた 5. 明確に伝達するということ 6. 独壇場をつくる 7. 購入への心理的障壁 8. 誰に向かって語るのか 9. ブランドとは 10. コミュニティとは 11. マーケティングとコミュニティ 12. マーケティングファネルとコミュニティ 13. 動くベネフィット 14. 買う理由の提供 15. コンテキストの共有 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー
  3. 3. 本日のまとめ 1. コンセプトの構築 世界に向けて発信するあなた独自のメッセージを創り出す 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー ビジネスを成功に導く3ステップ 2. コミュニティの構築 あなたのメッセージに共感してくれる人を集める 3. コミュニティの維持 リレーションシップ、フォロー、成長の手助けをおこなう
  4. 4. ユニークであること重要性 独自性とはあなたから買う理由 買う理由がなければ埋もれるだけ あるいは価格勝負になって疲弊する 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー そもそもユニークとはなにか 独特の、独自の 陳腐(ありきたり)ではないもの 変である必要はない なぜ独自性が必要か
  5. 5. ユニークであること重要性 独自性とはあなたから買う理由 買う理由がなければ埋もれるだけ あるいは価格勝負になって疲弊する 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー そもそもユニークとはなにか 独特の、独自の 陳腐(ありきたり)ではないもの 変である必要はない なぜ独自性が必要か
  6. 6. シンプル化する時代 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー 新規開拓 顧客単価向上 リピート化 集客して 教育して 販売する コンセプトを提示して 共感してくれる仲間を集め 一緒に歩む シェアの獲得 広告戦略 SEO 価格戦略 まとめ買い フォロー セール情報
  7. 7. コンセプトの作り方 1. 自分(商品)がどうしたいのか 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー 2. 誰が得をするのか 3. そのために何ができるのか 2を意識していない人が多い。 押し付けでは相手に響かない。
  8. 8. 明確に伝達するということ いくらユニークでも伝わらなければ意味が無い 誰に、どの商品が、なぜ未来の豊かさを約束するのか 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー Cf. FanFunナイトというイベント 相手の核心に響かせることで、本当の意味で伝わる。
  9. 9. 独壇場をつくる 一つの専門分野だけではなく、1.5流の組み合わせが必要 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー 働き者のウサギに亀は「陸上」では勝てない。 であれば、勝負の場を「水中」にすれば良い。 ブログ 広告 地下 アイドル Web制作
  10. 10. 購入への心理的障壁 顧客にとって大きなメリットがある 燃料・エネルギーを適切な状況で投下する。 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー 無 関 心 興 味 あ り 購 入 検 討 比 較 購入 意外性 気付き ベネフィット イメージ 信頼度 独自性
  11. 11. 誰に向かって語るのか 理想客に向けて語るべき 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー 理想客とは販売者にとって都合の良い(金払いの良い)客ではない。 あなたのコミュニティの中で指針となる想定人物。 その人みたいになりたいと憧れられるような人物。 Ex)読者モデル どのようなライフスタイルを持ちたいか。 どのような価値観を持ちたいか。
  12. 12. ブランドとは 1. 明確なメッセージを顧客に対し発している 2. 本物感(本質感)がある 3. 自分の人生やライフスタイルにフィットしている 4. 商品あるいは会社自体に物語性がある 5. 信頼しついていこうと思える 6. お客様にベストの選択だと感じさせる 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー この6条件をすべて満たすことでブランド化が図れる Cf. Apple、ルイ・ヴィトン、 Vivienne Westwood、千疋屋
  13. 13. コミュニティとは 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー 1. あなたにとってもお客様にとっても重要度が高いテーマ 2. あなたなりの理想世界をお客様に提示できる 3. お客様をその理想世界に連れて行ける見込みがある この3条件を満たすことで、 あなたをリーダーとするコミュニティが形成される 企画や商品自体ではなく、 あなたが何かやるという点でお客様が集まる状態
  14. 14. マーケティングとコミュニティ 優れたコミュニティはマーケティングを不要にする 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー マーケティングとは お客様のニーズを汲み取るためのありとあらゆる作業のこと。 アクションを起こすと、損失リスクが発生する。 何もしなければ機会損失リスクが最大化する。 これら2つのリスクはトレードオフの関係だった。 コミュニティ形成により 損失リスクと機会損失リスクを同時にゼロ化することが可能になる。
  15. 15. マーケティングファネルとコミュニティ マーケティングファネルとは 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー 漏斗形からの脱却 フロントエンド商品 低額商品・あるいは試供品など バックエンド商品 高額商品・あるいは定期購入など
  16. 16. 動くベネフィット ソリューションの提供から期待感の提供へ 「やってあげる」のではなく「できるようにしてあげる」へ 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー 旧来のベネフィット 解決策の提供 現在のベネフィット ライフスタイルを豊かにするための手助け
  17. 17. 買う理由の提供 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー 理想のライフスタイルの提案 この商品を利用すればこれだけ生活が豊かになる 利用シーンの明確化 スペックではなく使っているイメージを。 ディテールよりも全体像。そして未来を見せる。 セールスは物語 バラ色の未来に立ちはだかる敵の指摘 倒す・回避する「秘密」の発見 「秘密」の共有
  18. 18. コンテキストの共有こそ生き残る肝 2014/5/22 ネットショップの教科書セミナー コンテンツ自体の価値はいずれゼロ円に収束する パクリ、模造品。 デジタルコンテンツはそもそもコピーのしやすさが最大の利点 パクられないものとは コンテクスト(文脈・背景)がコンテンツの価値を支える。 誰が商品/サービスを提供しているかが重要。 体現 自分がリーダーとなって、 背中を見せてあげることで信頼を生む。

×