Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

LibreOfficeの最新動向 in OSC 2015 Hiroshima

1,118 views

Published on

オープンソースカンファレンス広島に参加してセミナー枠で講演を行ってきました。二部構成になっており、第一部がLibreOffice5に関する最新情報とコミュニティ活動、そして第二部がLibreOfficeをビルドするという話題です。

  • Be the first to comment

LibreOfficeの最新動向 in OSC 2015 Hiroshima

  1. 1. 1 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 LibreOffice の最新動向 Open Source Conference 2015 Hiroshima Masataka KONDO : LibreOffice Japanese Team September 19th, 2015
  2. 2. 2 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 第一部 : LibreOffice の最新動向 近藤 昌貴 (LibreOffice 日本語チーム , Staff)
  3. 3. 3 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 Agenda LibreOffice の概要 LibreOffice を構成する、3つの特徴 最近の Topics 最新バージョン 5.0 の紹介 LibreOffice 5.0 の新機能 ( 抜粋 ) 5.0 リリースへの道程 コミュニティ活動について Bug Hunting Session / 翻訳レビュースプリント 関西 LibreOffice Hackfest LibreOffice Conferens 2015 Aarhus について
  4. 4. 4 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 LibreOffice とは… ? オープンソースで提供される「統合オフィススイート」 ワードプロセッサ、表計算だけではありません プレゼンテーション、描画ツール、データベースも含まれます
  5. 5. 5 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 1 : マルチアーキテクチャに対応 Windows / Mac OS X / Linux で「同じもの」が使えます Windows Linux Mac OS X
  6. 6. 6 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 2 : コミュニティベースでの開発 バグを報告すると数時間後に Fix されるケースも 月1回のリリース、メジャーアップデートは半年に1回
  7. 7. 7 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 Native-Lang Project http://www.libreoffice.org/community/nlc/ では 51 言語
  8. 8. 8 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 3 : 国際規格文書フォーマット / ODF OpenOffice.org のファイル形式を基に 2005 年に規格策定 日本各地の自治体 (e.g. 会津若松市、徳島県、 etc.) ヨーロッパ各地では「標準」として採用が推進 中身は「 ZIP 圧縮された xml 文書」 LibO, AOO 他多数のソフトで採用 その他多くのソフト ( 含 : MS Office) で読み書き可能 Strict な定義 : ooxml は「ゆらぎ」による仕様の肥大化 実装が先行して規格が定められた 外部ツールによる変換 (Pandoc, Sphinx, etc.)
  9. 9. 9 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 Documentation Liberation Project 「古い形式の」文書をサルベージ、 ODF による永続的価値の付与
  10. 10. 10 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 LibreOffice Vanilla / LibreOffice-from-Collabora Mac App Store からの入手が可能となりました (2015.6.18) Vanilla は 5.0 ベースに、 from-Collabora は 4.4 ベースに変更 Fix されたソースによる長期サポート
  11. 11. 11 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 Android 版について 目下開発中 : https://libreoffice-from-collabora.com/android-editor-prototype/ Viewer は 2015/5/28 に正式版がリリース Daily Build の apk が入手可能ですが、動作保証はありません
  12. 12. 12 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 すでに編集機能は準備済です ( 非推奨 ) 「 Experimental Mode 」という項目が増えている 当方これで試したらアプリが落ちました
  13. 13. 13 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 LibreOffice 5.0 の簡単なご紹介 8/5 に 5.0.0 が、 8/27 に 5.0.1 がリースされました !! 5.0.2 は 9/21-28 の週にリリースの予定です 4.4 が「 Stable 」、 5.0 は「 Fresh 」の位置づけ 簡単な特徴 Windows 64bit 版バイナリの提供 ( 従来 32bit のみ ) 以下次ページにて抜粋して説明
  14. 14. 14 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 見た目などで新しくなった箇所 新テーマ「 Breeze 」の追加 (Mac OS 版は標準として選択 ) カラーパレットの全面採用
  15. 15. 15 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 起動時にも注目 スプラッシュスクリーンのデザインが変わりました
  16. 16. 16 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 “Emoji” : an application of auto-correct 所定の文字を「 : 」で囲うと絵文字に変換されます (1) 「 :sushi: 」と入力 :sushi:→ 「 」に変換される (2) 続けて「 :penguin: 」と入力 :penguin:→ 「 」 に変換される
  17. 17. 18 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 どの文字がどう変換されるのか探すのも ... ツール > オートコレクトオプション で、英語 ( 米国 ) を選択
  18. 18. 19 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 変換の一覧表が有志によって作成されました baffclan 様ありがとうございます https://wiki.documentfoundation.org/User:Baffclan/emoji3
  19. 19. 20 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 貼り付けた写真のトリミング マウス操作によるトリミングが Writer/Calc でも使えます
  20. 20. 21 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 トリミング結果サンプル 写真の外側の太い指示枠が切り取りモードであることを示す
  21. 21. 22 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 5.0 リリースに伴うコミュニティ活動 5 月、 6 月に合計3回の Bug Hunting Session を行いました (5/24 : 千葉・名古屋 , 5/31 : 大阪 , 6/20 : 大阪 ) Photo courtesy by S.Ishikawa
  22. 22. 23 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 翻訳もコミュニティ活動で品質向上しています 同様の形態「翻訳レビュースプリント」を 7/26 に開催 Photo courtesy by S.Enoki (both of two photos)
  23. 23. 24 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 新企画 / LibreOffice Hackfest in 関西 開発寄りのイベントを行いたいということで開催 (8/22) 参加 : 6 名 + メンター 1 名 (via Skype) 、とりまとめ 1 名 Mac OS 2 名、 Ubuntu 1 名、 Linux Mint 1 名、 Windows 3 名 Photo courtesy by S.Enoki (both of two photos)
  24. 24. 25 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 価値のあるイベントだったので続編も企画予定 Pros 長時間じっくり取り組めるイベントは成果が大きい 困ったことがあれば、アドバイスをすぐ受けられる 同じテーマに向かって取り組むことの効果 独りでやるよりも進み具合がとてもよい Cons % git clone に時間がかかるので高速な NW 必要 ビルドに集中し、ソースコードリーディングが深堀りできず Windows でのビルド成功報告がいまだにこない
  25. 25. 26 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 LibreOffice Conference 2015 のご紹介 9/23 – 9/25 in Aarhus, Denmark
  26. 26. 27 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 日本からは2名が参加 See http://conference.libreoffice.org/2015/the-program/ 9/24, 15:30 “How to successful migration to LibreOffice in non-technical organization” by Koutarou Watanabe( 渡辺浩太郎 ) and Shinji Enoki ( 榎 慎治 ) JA 福岡市のマイグレーション成功事例 各種マニュアルをオープンな形で公開している 9/24, 16:30 “Vertical Writing: typical use-cases and current status in LibreOffice” by Naruhiko Ogasawara ( 小笠原徳彦 ) 日本語文書ならではの問題点「縦書き」についての問題提起 各種事例を紹介して、よりよい実装を目指す
  27. 27. 28 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 プログラムを眺めて注目の分野を探す Development と Community のほぼ 2 トラックでの開催 Android へのポーティング (9/24 15:00 by M.Vajna) Pebble Watch から Impress を操作 (9/24 14:30 by G.Kose) LibreOffice Online (9/25 14:30 by M.Vajna) LibreOffice Gtk3+ Port (9/25 18:00 by C.McNamara) PyUno improvements in 5.1 (9/24 18:00 by M.J.Francis) その他プログラムをチェックしてみてください 参加した榎さんにより OSC 福岡もしくは東京で報告予定
  28. 28. 29 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 今後の OSC など出展・イベントの予定 各地のイベントへの参加を予定しております 10/3 ( 土 ) : OSC 福岡 10/24 ( 土 ) – 10/25 ( 日 ) : OSC 東京 / Fall 11/6 ( 金 ) – 11/7 ( 土 ) : 関西オープンフォーラム 11/14 ( 土 ) : OSC 徳島
  29. 29. 30 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 まとめ LibreOffice はタイムベースリリースで勢力的に開発されています マルチプラットフォームでお好みの環境で利用可能 ODF による永続性が保証された文書環境 8 月に 5.0 がリリースされました Android 版に関しては開発継続中です 開発を支えるコミュニティレベルの活動を行っています 5.0 リリースに向けての Bug Hunting Session 翻訳の質を高める Translation Review Sprint Hackfest などいろんな幅に応じた活動を行っていきます 各地の OSC などに出展しますのでご来訪をお待ちしています
  30. 30. 31 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 All text and image content in this document is licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License (unless otherwise specified). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks. Their respective logos and icons are subject to international copyright laws. The use of these therefore is subject to the trademark policy. ご清聴ありがとうございました 引き続き第二部をお楽しみ下さい
  31. 31. 32 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 第二部 : LibreOffice をビルドしてみよう 近藤 昌貴 (LibreOffice 日本語チーム , Staff)
  32. 32. 33 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 なぜビルドが望まれるのか 「誰でもビルドできる」ことで開発の活性化を目指す ビルドしやすい開発環境 入手容易なコンパイラその他の情報共有 ビルド手順の簡略化 e.g. autogen.sh ソースコードの最適化 脆弱性にいちはやく対応する アルゴリズムなどの見直しによる高速化 カスタマイズ・フォークの推進 フォークビルドの機能が本家に逆輸入 ( されるかも )
  33. 33. 34 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 仮想環境構築のすすめ バグレポートの報告など英語環境が必要になる状況 ログアウトだけで言語を切り替えられるのは Linux だけ 「ビルドが最も容易な環境」を手元に用意 ( バグレポートの例 ) Title : Writer crashes when push “Navigator” button with “Gallery” opened. Build 5.0, with Linux Mint 17.1(64bit) (1) Open Writer (2) Open “Gallery” from sidebar (3) Push “Navigator” button (4) Writer is crashed. This crashing was also represented with both of MacOS 10.10, Windows/64bit.
  34. 34. 35 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 おわび Windows に関しては発表者の力不足でサポートしきれてません 以下の発表資料などを参考にしてください http://www.slideshare.net/tomofumiyagi/libreoffice-buildytmkndupdate http://www.slideshare.net/tomofumiyagi/libreoffice-buildytmkndshortver-29235268 基本的に (1) git clone で LibreOffice のソースコードを入手 (2) 設定ファイルを走らせる (autogen.sh) (3) コンパイラでビルド の流れですが、 Windows の場合 (3) の事前準備が大変 処理をするシェル環境、ツール→ Cygwin コンパイラ → Visual Studio 201x Community (Linux や Mac OS ではこれらは最初からほぼ用意されている )
  35. 35. 36 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 Q : コンパイルにかかる時間は? コード規模の大きなソフトなので不安なのはわかります。 「数時間」というレベルとは申しませんが朝出かける前に 仕掛けたら、夕方帰宅時に出来上がっている感じです 当方の手持ちのマシンのビルド時間計測結果 : (ASUS U38N : A10-4655M, 10GB RAM / 500GB SSD) % time make 2>&1 | tee build.log real 262m42.345s user 920m58.154s sys 71m4.023s
  36. 36. 37 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 Q : オフラインではビルドできないのですか? 手順の中にソースコードを入手する工程が含まれます また、 make 起動後も外部ツール・ライブラリを取りに行っています ... ので、基本的にネットワーク接続が必要ですが 画面に「 [build CXX] ... 」のようなのが表示されていれば 以降は外部へのアクセスを行わないのでオフラインでも OK ( 実際にこの手順を踏んで出先でコンパイルもしていました )
  37. 37. 38 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 Q : 毎回 git clone する時間が勿体無いんですが Wiki 等では git を使える前提として特に説明がありません 初回は git clone でソースコードを入手しますが 2回目以降は git pull で対応可能です テストだけならリリース版のブランチを使う手もあります % cd ~/libreoffice % git pull remote: Counting objects: 17637, done. Receiving objects: 34% (2170/6381), 644.00 KiB|66.00 KiB/s ... (~/libreoffice に Current のソースコードがあるとして )
  38. 38. 39 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 リリースブランチのソースはここ
  39. 39. 40 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 2-1 : Mac OS X による LibreOffice のビルド Mac OS X は「 Mach カーネルを基礎にして、 UI 環 境を独自のものとし、さらにシェルなどのコマンド ライン環境を FreeBSD のものをもとにしている」と いう UNIX の系譜に近い OS です。 Xcode も無料で 入手可能なため開発も比較的簡単。ただしコンパイ ラが gcc ではなく LLVM というクセがある点は気を つけておく必要がありそうです
  40. 40. 41 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 概要 Development Wiki をご参照ください https://wiki.documentfoundation.org/Development/BuildingOnMac そこで推奨されている「 LODE 」を使用します 説明の手順通りですが、2ヶ所問題になる箇所が存在します コンパイラが LLVM のため、 ccache が悪さをします autogen.sh 実行時に「 --disable-ccache 」を付加 ユニットテストで止まるケースが存在します Oracle JDK の他に Apple の JRE が必要なケース有
  41. 41. 42 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 コンパイラはあらかじめ入手しておいてください Xcode だけは別途インストール必要→ App Store から入手
  42. 42. 43 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 ツールを作成、その後ソースを入手します 特にソースを clone してくる所で時間がかかります Wi-Fi だと失敗することもあるので有線接続推奨 その後作成したツールにパスを通しますが、 Mac OS の場合 .bash_profile が必要になりますので .bashrc に設定しても環境変数が反映されないのは要注意 $ git clone git://gerrit.libreoffice.org/lode $ cd lode $ ./setup --dev if [-f ~/.bashrc ]; then . ~/bashrc fi (~/.bash_profile に記述する内容 )
  43. 43. 44 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 あとは時間をかければビルドが完成します 概要で書いた通り ccache が悪さをするので抑制します autogen.sh のオプションに –– disable-ccache を追加 何かあったときのためにログを残しましょう $ cd lode/dev/core $ ./autogen.sh −−disable-ccache $ make 2>&1 | tee build.log
  44. 44. 45 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 ユニットテストで止まるケースがあります Java を有効にしてビルドをしている場合 テストの過程でエラーが出て止まるケースがあります 出てきたダイアログの指示に従って、 Apple 製の JRE を追加インストールしてください
  45. 45. 46 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 ビルド通った!さぁどうやって起動するの? ビルドが完了したら、 instdir の中にある LibreOfficeDev.app を ダブルクリックして起動 これをアプリケーションにコピーしても OK です
  46. 46. 47 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 2-2 : Linux による LibreOffice のビルド UNIX に近いんだけど、厳密には UNIX ではない。そ ういう利便性第一の実装と、多様性によって発展し てきた Linux に関しては、その差異を吸収するよう な設定がなされています。 LibreOffice の主要開発者 には各ディストリビューションの開発者も含まれて いるため、標準的な開発環境として扱われていると いう側面もあります。この項目では、順を追って依 存性を解決するということにも触れていきます。
  47. 47. 48 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 まずはディストロごとの依存関係を解消します 同じく、 Development Wiki を参照します https://wiki.documentfoundation.org/Development/BuildingOnLinux 最初の項、 Build dependencies は 8/22 時点では未記載 例えば、 openSUSE では zypper を呼び出します 他ディストロでは記述されている手順で OK のはず % zypper si -d libreoffice % cd libreoffice % ./autogen.sh % make 2>&1 |tee build.log openSUSE 13.2 でのビルド実行時の手順
  48. 48. 49 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 時間はかかりますが手順はこれだけ openSUSE 13.2 on Virtual Box でのビルド結果
  49. 49. 50 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 あえて Build dependency を解決せずに Try 題材として、 Linux Mint 17.2 (Cinnamon, 64bit) を使います ベースが Ubuntu なのでさほど難しくはないはず 微妙に「違う部分」が襲いかかってくる Ubuntu 界隈の「何もしてないけど通った」に対する挑戦 結構、ライブラリ類で足りないものが多い autogen.sh を走らせて、止まった箇所のログを確認 足りないパッケージが何であるかの見極め 必要なパッケージを探し出し、 apt-get 以下、通るまで autogen.sh を繰り返す
  50. 50. 51 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 今思うとかなり「しょうもない」壁にぶつかってました 独力でビルドを着手した際まずひっかかり、数週間悩む aclocal がない、という問題 同じ Mint でも MATE 版は aclocal が入っている パッケージに依存関係があり、先に autotools を入れる必要あり この後でも必要になるのは「◯◯ -dev 」というパッケージ 検索して必要なパッケージ名を洗い出す 「 Ubuntu package aclocal 」など ... % sudo apt-get install autotools-dev % sudo apt-get install automake
  51. 51. 52 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 追加インストールしたパッケージの一覧 autotools-dev automake libfontconfig1-dev g++ gperf libxslt1-dev xsltproc xmllint python-dev python3-dev libx11-dev libxt-dev libxext-dev libxrender-dev libxrandr-dev libgtk-3-dev libgconf2-dev libdbus-glib-1-dev libgtk2.0-dev libgstreamer-plugins-base1.0-dev junit4 libglew-dev ※ 後述するパッケージはこの中に含まれていません
  52. 52. 53 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 Java のインストールに関して PPA を追加して対応します 参考 : http://ksino.hatenablog.com/entry/2014/05/28/225053 % sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java % sudo apt-get update % sudo apt-get install oracle-java8-installer
  53. 53. 54 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 動画とかの貼り付けも重要かもしれませんね Gstreamer のパッケージを追加して対応します これも同じく、 PPA を追加指定 % sudo add-apt-repository ppa:gstreamer-developers/ppa % sudo apt-get update % sudo apt-get install gstreamer1.0 % sudo apt-get install libgstreamer0.10-dev % sudo apt-get install libgstreamer-plugins-base0.10-dev % sudo apt-get install libgstreamer-plugsins-base1.0-dev
  54. 54. 55 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 ビルドを行った成果として 5.0 では Gtk3+ に対応していますがビルドが必要です 自家ビルド TDF 配布版
  55. 55. 56 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 違いはメニューの部分 ショートカットの下線がないことに気づきましたか? 自家ビルド TDF 配布版
  56. 56. 57 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 まとめ 開発の第一歩としてのビルドを体験することは重要 最近のソフトのビルド方法を知っておく git に慣れて、一通りのコマンドを使えるようにする 次の段階として : ソースコードリーディング イージーハック いずれにしても、ビルドが通せることが必要になる Mac OS X / Linux いずれも比較的ビルドは楽 Windows の場合は公開資料を参考にして頑張る? 仮想マシンで Linux を動かしその上でやる方が楽かも 将来的には cygwin 不要にしたい e.g. Firefox
  57. 57. 58 Open Source Conference 2015 Hiroshima / 2015.9.19 All text and image content in this document is licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License (unless otherwise specified). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks. Their respective logos and icons are subject to international copyright laws. The use of these therefore is subject to the trademark policy. ご清聴ありがとうございました ご質問などはブースにて随時受け付けています

×