Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

LibreOfficeの品質向上活動について

298 views

Published on

OSC2016名古屋(2016.5.28)に報告した資料の当方使用版です。
主にコミュニティ面からどういった品質向上策があり、それを実践しているかを説明しています。

後半の石川さん資料 :
http://www.slideshare.net/souichirhoishikawa/about-libre-officeqaosc2016nagoya

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

LibreOfficeの品質向上活動について

  1. 1. 1 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 LibreOffice の品質向上活動について OSC 2016 Nagoya / May 28th , 2016 Souichiro Ishikawa : LibreOffice QA Team Masataka KONDO : LibreOffice Japanese Team
  2. 2. 2 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 本日のセミナーについて 講師を変えた二部構成で行います。 第一部担当 : 近藤 (15 分 ) 第二部担当 : 石川 (30 分 ) 第一部の内容としては品質向上活動を含むイントロダクション 第二部はバグの見つけ方、報告などの実践的内容
  3. 3. 3 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 「品質向上」に必要なこと 個人的な意見ですが、以下の3要素に集約されると解釈します (1) 使用者に「使いやすい」と実感させること UI やドキュメントの翻訳 直感に反しない操作体系 周りに使用しているユーザーが確実に存在する (2) 多機能、各ソフトウェアの連携 Draw / Base / Math なども使える 5.2 の新機能について Vote for Enhancement (3) ユーザーに環境を強制しない マルチアーキテクチャで使用可能 ISO に基づいた文書フォーマット
  4. 4. 4 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 「使いやすい」と実感させる 多くの人にとっての使いやすさは (1) ユーザー数の増加、普及拡大 (2) 使用ノウハウなどの伝播 (3) 搭載される機能への影響 と良い方向への効果が期待できます。 使いやすさを実感させるための方策 UI のローカライズ ドキュメントなどの翻訳・作成 イベントによる宣伝・勉強会などの知識共有 ... など
  5. 5. 5 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 使いやすさの実現 : オフライン活動 「翻訳レビュースプリント」を 2015/7/26 に開催
  6. 6. 6 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 使いやすさの実現手段 : タイムベースリリース 期日を切ってどんどんリリースする 機能などに不具合があった場合修正が速い 5.2 は 8 月に、 5.3 は来年2月のリリース予定
  7. 7. 7 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 新バージョンに対応して 機能追加などに対応するテストが必要です。 バグレポートにより、修正必要な事項が開発チームに伝わります バグハンティングセッションが期間設定されており、 世界中のコミュニティによる「バグ取り」が行われます 6月にはリリーススケジュールにしたがって RC の バグハンティングセッションが行われる予定です
  8. 8. 8 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 多機能を使いこなすために : 適材適所な構成 例えば、ひとつのソフト ( 例 : 表計算 ) に機能を詰め込む ソフト自体の肥大化によるパフォーマンスの低下 間違った使い方の拡大による正しい知識体得の邪魔 本来不要な機能を載せるといった不自然さの発生 必要な機能を別構成のソフトに振り分ける ソフト単体でのパフォーマンスを最適化 それぞれのソフトの使い手によるノウハウの蓄積 ソフト単体への機能追加では得られない性能を実現
  9. 9. 9 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 使いやすさの機能を適切なソフトで Draw / Math / Base が用意されているのが利点のひとつです
  10. 10. 10 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 5.2 の新機能について (1) Writer / Calc / Impress でも多角形が描けるようになりました 参考 : 5.1 以前のツールバー
  11. 11. 11 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 5.2 の新機能について (2) Calc のステータスバーに表示されるセル計算値を設定可能 デフォルトでは平均と総和
  12. 12. 12 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 5.2 の新機能について (3) 「検索と置換」ダイアログの機能強化 参考 : 5.1 以前の同ダイアログ 「前の候補」 (Find Previous) が追加されている
  13. 13. 13 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 Vote for Enhancement 次期バージョンに搭載する新機能の優先順位付け
  14. 14. 14 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 5.2 の入手方法 Nightly Build : TDF が提供する「最新版」 ビルドによっては不安定な場合もあります Alpha / Beta などブランチ : バグ出しのテストで使用 自家ビルド 現在のビルドは割と安定して動作しています 5.2 Beta のブランチを切る直前は不安定でした ビルド方法はいろいろ資料あります Windows だけは苦労すると思います Linux, MacOS は割と簡単だと思います
  15. 15. 15 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 自由さを感じてもらう : 品質向上につながる ユーザー数はもちろん、多様性を確保すること マルチアーキテクチャ (Linux / Mac OS / Windows) 100 以上の言語環境 ISO 標準に準拠した文書フォーマット ODF API の有効活用 : OpenOffice.org から仕様変更 Pandoc や Sphinx など ODF を生成可能なツール OS やライセンスに縛られない自由、を体験してみてください
  16. 16. 16 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 Document Liberation Project ODF による永続性確保と「古い」文書のサルベージ
  17. 17. 17 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 ライブラリとして広く活用可能な方向性 インポート / エクスポートフィルタは libxxx として活用可能 他ソフトへの組み込み (GPLv2 or LGPL が条件として必要 ) 出力先として ODF 、 EPUB3 インポートされる文書種別は増加傾向 ワープロだけでなく 統合オフィスツール (Claris Works, Microsoft Works, etc.) ドローツール (Visio, Corel Draw, etc.) DTP (Aldus Pagemaker) なども対象 インポートフィルタの成果は LibreOffice にも取り入れられる
  18. 18. 18 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 まとめ 品質向上はユーザーへの「使いやすさ」の提示による ユーザー数をふやし、ノウハウを共有して質の向上 UI やドキュメントなどとっかかりの質の向上 無理のない多機能の使いこなし 自由を享受するための品質の確保・向上 これらを支えるのはユーザーの活動です 皆さんで参加して、作り上げていきましょう 私たちスタッフが力になれると思います
  19. 19. 19 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 今年 (2016) はチェコで行われます !! LibreOffice Conference 2016 in Brno / Sept. 7-9th
  20. 20. 20 OSC 2016 Nagoya / 2016.5.28 All text and image content in this document is licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License (unless otherwise specified). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks. Their respective logos and icons are subject to international copyright laws. The use of these therefore is subject to the trademark policy. 引き続き石川さんの発表を お楽しみください。

×