Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Team Foundation Server 2015 Update 2.1 アップグレード 手順書 ~ Team Foundation Server 2013 Update 5 からアップグレード ~

499 views

Published on

Team Foundation Server 2015 Update 2.1 アップグレード 手順書 ~ Team Foundation Server 2013 Update 5 からアップグレード ~

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Team Foundation Server 2015 Update 2.1 アップグレード 手順書 ~ Team Foundation Server 2013 Update 5 からアップグレード ~

  1. 1. Team Foundation Server 2015 Update 2.1 アップグレード 手順書 ~ Team Foundation Server 2013 Update 5 からアップグレード ~ 日本マイクロソフト株式会社 開発ツール推進部 武田 正樹 Masaki.Takeda@microsoft.com 最終更新日: 2016 年 5 月 13 日
  2. 2. 2 概要 本資料では、以下内容の実現手順を記載しています。  Team Foundation Server 2013 Update 5 から Team Foundation Server 2015 Update 2 アップグレード手順 本資料では、以下のソフトウェアを利用しています。  SQL Server 2014 with SP1  Team Foundation Server 2015 Update 2  Visual Studio 2015 Update 2 また、以下の内容が準備済みの前提になっております。  Windows Server 2012 R2 インストール済みのマシンがある。  Visual Studio Professional / Enterprise with MSDN が有効化されている。  Team Foundation Server 2013 Update 5 がインストールされている。  管理者権限でインストール対象マシンにログインしている。
  3. 3. 3 システム構成 本資料では、以下のようなシステム構成をとっています。 Windows Server 2012 R2 SQL Server 2014 with SP1 Team Foundation Server 2013 with Update 5 Visual Studio 2015 Update 2 ワークグループ 管理者アカウント & SQL Server 管理者アカウント azuredaisukiマシン名: win2012r2
  4. 4. ソフトウェアのダウンロード - MSDN サブスクリプションへのログイン - Team Foundation Server のダウンロード
  5. 5. 5 1. ブラウザで https://msdn.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/downloads/ にアクセスします。 2. 画面右上の [サインイン] をクリックします。 MSDN サブスクリプションへのログイン (1) 2
  6. 6. 6 1. [有効な MSDN サブスクリプションのマイクロソフトアカウント] を入力します。 2. [有効な MSDN サブスクリプションのマイクロソフトアカウントパスワード] を入力します。 3. [サインイン] をクリックします。 MSDN サブスクリプションへのログイン (2) 2 1 3
  7. 7. 7 1. 画面右上の文字が[サインアウト] になっていることを確認します。 MSDN サブスクリプションへのログインが完了しました。 MSDN サブスクリプションへのログイン (3) 1
  8. 8. 8 続いて、Team Foundation Server イメージをダウンロードします。 1. [Team Foundation Server 2015 Update 2] をクリックします。 Team Foundation Server のダウンロード (1) 1
  9. 9. 9 1. [Team Foundation Server 2015 Update 2.1 (x86 and x64) DVD (Japanese)] の[ダウンロード]を クリックします。 2. ポップアップウインドウの [保存] をクリックして、Team Foundation Server のイメージをダウンロード します。 Team Foundation Server のダウンロード (2) 1 2
  10. 10. 10 1. エクスプローラーを開き、[ダウンロード]をクリックします。 2. [Team Foundation Server のイメージ] があることを確認します。 Team Foundation Server のダウンロード (3) 1 2
  11. 11. Team Foundation Server の アップグレード
  12. 12. 12 1. [Team Foundation Server のイメージ] をダブルクリックします。 2. [tfs_server.exe] をダブルクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (1) 1 2
  13. 13. 13 1. [インストール] をクリックして、Team Foundation Server のインストールを開始します。 2. Team Foundation Server のインストール完了したら、[今すぐ再起動] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (2) 1 2
  14. 14. 14 再起動後に [アップグレード ウィザード] が起動します。 1. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (3) 1
  15. 15. 15 まずは、Team Foundation Server 2013 のデータベースをバックアップします。 1. [データベースのバックアップツールを起動するには、ここをクリックします] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (4) 1
  16. 16. 16 1. [今すぐバックアップ] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (5) 1
  17. 17. 17 1. バックアップが完了したら、[閉じる] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (6) 1
  18. 18. 18 1. [現在のバックアップがある] にチェックをいれます。 2. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (7) 1 2
  19. 19. 19 Team Foundation Server のプライマリアカウントや認証方法を指定します。 1. デフォルト設定のまま、[次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (8) 1
  20. 20. 20 Web サービスの設定を指定します。 1. デフォルト設定のまま、[次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (9) 1
  21. 21. 21 1. Team Foundation Server 2013 でレポートが構成されている場合は、[Team Foundation Server で使用 するレポートを構成する] にチェックがはいっています。 2. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (10) 2 1
  22. 22. 22 Team Foundation Server の Reporting Services 設定を指定します。 1. デフォルト設定のまま、[次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (11) 1
  23. 23. 23 Team Foundation Server の ウェアハウスデータベースの設定を指定します。 1. [テスト] をクリックして、問題なく接続できることを確認します。 2. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (12) 2 1
  24. 24. 24 Team Foundation Server の Analysis Services の設定を指定します。 1. [テスト] をクリックして、問題なく接続できることを確認します。 2. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (13) 2 1
  25. 25. 25 Team Foundation Server の Reporting Services のアカウントを指定します。 1. 管理者アカウント名が入力されています。パスワードを入力します。 2. [テスト] をクリックして、問題なく接続できることを確認します。 3. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (14) 3 1 2
  26. 26. 26 今回は Team Foundation Server 2013 と SharePoint Server との統合はしていません。 1. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (15) 1
  27. 27. 27 構成内容の確認画面が表示されます。 1. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (16) 1
  28. 28. 28 検証が完了し、失敗となっている項目がないことを確認します。 1. [構成] をクリックして、Team Foundation Server を構成します。 Team Foundation Server のアップグレード (17) 1
  29. 29. 29 Team Foundation Server の構成が完了しました。 1. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (18) 1
  30. 30. 30 Team Foundation Server のアップグレードが完了しました。 1. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のアップグレード (19) 1
  31. 31. 31 Team Foundation Server の構成結果の詳細が表示されます。 1. [閉じる] をクリックして、Team Foundation Server のアップグレードウィザードを閉じます。 Team Foundation Server のアップグレード (20) 1
  32. 32. IIS の設定
  33. 33. 33 Team Foundation Server は IIS 上で動作します。IIS の初期設定では Team Foundation Server はコー ルドスタートするため動作が遅く感じる場合がでてきます。そこで、アプリケーションプールの設定を変 更し、常時 Team Foundation Server が動いている状態にします。 1. 画面左下の[ウインドウアイコン] をクリックします。 2. スタート画面の右上にある[検索アイコン] をクリックします。 3. [IIS] と入力します。 4. [IIS Manager] が表示されます。クリックして、IIS Manager を起動します。 IIS のアプリケーションプール設定 (1) 1 2 3 4
  34. 34. 34 1. IIS Manager が起動したら、[Connections] のサーバーリストにある [Win2012R2] をクリックします。 2. ポップアップウインドウが表示されます。[No] をクリックします。 IIS のアプリケーションプール設定 (2) 1 2
  35. 35. 35 1. [Application Pools] をクリックします。 2. [Team Foundation Server Application Pool] をクリックします。 3. [Advanced Settings…] をクリックします。 IIS のアプリケーションプール設定 (3) 1 2 3
  36. 36. 36 1. (General) にある [Start Mode] で [AlwaysRunning] を選択します。 2. [OK] をクリックします。 IIS のアプリケーションプール設定 (4) 1 2
  37. 37. テスト結果の保持日数の変更
  38. 38. 38 Team Foundation Server では、テスト結果は 30日間保持されます。 最大10,000日保持できますので、今回はテスト結果を10,000日保持するように変更します。 1. Visual Studio のチームエクスプローラーの [ホームアイコン] をクリックします。 2. [Web ポータル] をクリックします。ブラウザーが起動します。 3. Team Foundation Server のサイトにアクセスします。 [設定]アイコン をクリックします。 テスト結果の保持日数の変更 (1) 1 2 3
  39. 39. 39 1. [テスト] をクリックします。 2. [自動テストの実行、結果、添付ファイルを保持する日数] を [10000] と入力します。 3. [手動テストの実行、結果、添付ファイルを保持する日数] を [10000] と入力します。 4. [変更の保存] をクリックします。 テスト結果の保持日数の変更 (2) 1 2 3 4
  40. 40. ビルド結果の保持日数の変更
  41. 41. 41 テスト結果と同様にビルド結果の保持日数も変更します。 1. [DefaultCollection] をクリックします。 2. [最大保持ポリシー] の [保持する日数] を [10000] と入力します。 3. [既定の保持ポリシー] の [保持する日数] を [30] と入力します。 4. [変更の保存] をクリックします。 ビルド結果の保持日数の変更 (1) 1 4 2 3
  42. 42. ビルドエージェントの インストール
  43. 43. 43 Team Foundation Server 上で、ビルドを実行する場合、ビルドエージェントをインストールして、Team Foundation Server のエージェントプールとして登録する必要があります。 1. Team Foundation Server のサイトにアクセスし、[コントロールパネル] アイコンをクリックします。 ビルドエージェントのインストール (1) 1
  44. 44. 44 1. ブラウザの新しいタブに [コントロールパネル] が表示されます。[Agent pools] をクリックします。 2. [エージェントのダウンロード] をクリックして、ビルド エージェントをダウンロードします。 ビルドエージェントのインストール (2) 2 1
  45. 45. 45 1. ダウンロードした [agent.zip] を展開します。 2. [Agent] フォルダを [C:] 以下にコピーします。 ビルドエージェントのインストール (3) 2 1
  46. 46. 46 1. [ConfigureAgent.cmd] を右クリックします。 2. [管理者として実行] をクリックします。ビルドエージェントの設定に関するウインドウが表示されます。 3. [(既定は…)]と表示されるので、 [enter]キーを押して進めます。 ビルドエージェントのインストール (4) 1 2 3
  47. 47. 47 1. [Team Foundation Server の URL を入力] は、Team Foundation Server URL (今回は http://win2012r2:8080/tfs) を入力します。 2. [エージェントプール]と[作業フォルダーのパス] は [Enter キー] を押して、既定の設定にします。 3. [このエージェントを Windows サービスとして インストール] は [Y] を入力します。 ビルドエージェントのインストール (5) 1 2 3
  48. 48. 48 1. [サービスに使用するユーザーアカウントの名前を入力] は、ビルド用アカウント(今回は、azuredaisuki)を入力します。 2. パスワードも入力します。 ビルドエージェントのインストール (6) 1 2
  49. 49. 49 ビルドエージェントの設定が完了すると、コマンドプロンプトウインドウが閉じます。 ブラウザに戻り、エージェント プール[Default] にビルドエージェントの色を確認します。 赤色の場合は、サービスを開始すると、緑色になります。 ビルドエージェントのインストール (7) サービスの開始が必要 エージェントの設定完了

×