Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Team Foundation Server 2015 Update 1 インストール 手順書

2,082 views

Published on

Team Foundation Server 2015 Update 1 インストール 手順書

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Team Foundation Server 2015 Update 1 インストール 手順書

  1. 1. Team Foundation Server 2015 Update 1 インストール 手順書 日本マイクロソフト株式会社 開発ツール推進部 武田 正樹 Masaki.Takeda@microsoft.com 最終更新日: 2016 年 3 月 19 日
  2. 2. 2 概要 本資料では、以下内容の実現手順を記載しています。  Team Foundation Server 2015 Update 1 インストール手順  Team Foundation Server の設定やチームプロジェクトの作成手順 本資料では、以下のソフトウェアを利用しています。  SQL Server 2014 with SP1  Team Foundation Server 2015 Update 1  Visual Studio 2015 Update 1 また、以下の内容が準備済みの前提になっております。  Windows Server 2012 R2 インストール済みのマシンがある。  Visual Studio Professional / Enterprise with MSDN が有効化されている。  管理者権限でインストール対象マシンにログインしている。
  3. 3. 3 システム構成 本資料では、以下のようなシステム構成をとっています。 Windows Server 2012 R2 SQL Server 2014 with SP1 Team Foundation Server 2015 with Update 1 Visual Studio 2015 Update 1 ワークグループ 管理者アカウント SQL Server 管理者アカウント azuredaisuki マシン名: win2012r2
  4. 4. ソフトウェアのダウンロード - MSDN サブスクリプションへのログイン - SQL Server のダウンロード - Team Foundation Server のダウンロード
  5. 5. 5 1. ブラウザで https://msdn.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/downloads/ にアクセスします。 2. 画面右上の [サインイン] をクリックします。 MSDN サブスクリプションへのログイン (1) 2
  6. 6. 6 1. [有効な MSDN サブスクリプションのマイクロソフトアカウント] を入力します。 2. [有効な MSDN サブスクリプションのマイクロソフトアカウントパスワード] を入力します。 3. [サインイン] をクリックします。 MSDN サブスクリプションへのログイン (2) 2 1 3
  7. 7. 7 1. 画面右上の文字が[サインアウト] になっていることを確認します。 MSDN サブスクリプションへのログインが完了しました。 MSDN サブスクリプションへのログイン (3) 1
  8. 8. 8 SQL Server イメージをダウンロードします。 1. [SQL Server 2014 with SP1] をクリックします。 SQL Server のダウンロード (1) 1
  9. 9. 9 1. [SQL Server 2014 Standard Edition with Service Pack 1 (x64) DVD (Japanese)] の [ダウンロード]をクリックします。 2. ポップアップウインドウの [保存] をクリックして、SQL Server のイメージをダウンロードします。 SQL Server のダウンロード (2) 1 2
  10. 10. 10 1. エクスプローラーを開き、[ダウンロード]をクリックします。 2. [SQL Server のイメージ] があることを確認します。 SQL Server のダウンロード (3) 1 2
  11. 11. 11 続いて、Team Foundation Server イメージをダウンロードします。 1. [Visual Studio Team Foundation Server 2015 Update 1] をクリックします。 Team Foundation Server のダウンロード (1) 1
  12. 12. 12 1. [Visual Studio Team Foundation Server 2015 with Update 1 (x86 and x64) DVD (Japanese)] の [ダウンロード]をクリックします。 2. ポップアップウインドウの [保存] をクリックして、Team Foundation Server のイメージをダウンロード します。 Team Foundation Server のダウンロード (2) 1 2
  13. 13. 13 1. エクスプローラーを開き、[ダウンロード]をクリックします。 2. [Team Foundation Server のイメージ] があることを確認します。 Team Foundation Server のダウンロード (3) 1 2
  14. 14. SQL Server のインストール
  15. 15. 15 1. [SQL Server のイメージ] をダブルクリックします。 2. [setup.exe] をダブルクリックします。 SQL Server のインストール (1) 1 2
  16. 16. 16 しばらくすると、SQL Server インストールセンターが起動します。 1. [インストール] をクリックします。 2. [SQL Server の新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加し ます] をクリックします。 SQL Server のインストール (2) 1 2
  17. 17. 17 SQL Server セットアップのウイザードが表示されます。 1. プロダクトキーは予め入力されています。[次へ] をクリックします。 SQL Server のインストール (3) 1
  18. 18. 18 1. [ライセンス条項に同意します] にチェックをいれます。 2. [次へ] をクリックします。 SQL Server のインストール (4) 2 1
  19. 19. 19 セットアップルールの確認が行われます。問題がなければ Microsoft Update の画面が表示されます。 1. 今回はチェックを入れずに [次へ] をクリックします。 SQL Server のインストール (5) 1
  20. 20. 20 1. インストールルールの確認が行われます。ファイアウォールの警告がでますが、 [次へ] をクリックします。 SQL Server のインストール (6) 1
  21. 21. 21 1. [SQL Server 機能のインストール] が選択されていることを確認します。 2. [次へ] をクリックします。 SQL Server のインストール (7) 2 1
  22. 22. 22 インストールする機能を選択します。 1. [データベースエンジンサービス]にチェックをいれます。 2. [検索のためのフルテキスト抽出とセマンティック抽出]にチェックをいれます。 3. [Analysis Services]と[Reporting Services – ネイティブ]にチェックをいれます。 SQL Server のインストール (8) 2 1 3
  23. 23. 23 さらに、インストールする機能を選択します。 1. [管理ツール – 基本]にチェックをいれます。[管理ツール – 完全] にもチェックがはいります。 2. [次へ] をクリックします。 SQL Server のインストール (9) 2 1 3 2 1
  24. 24. 24 インストールルールの確認が行われます。問題がなければインスタンスの構成画面が表示されます。 1. [名前付きインスタンス] には、[TFS] と入力します。 2. [インスタンス ID] には、[TFS] と入力します。 3. [次へ] をクリックします。 SQL Server のインストール (10) 3 1 2
  25. 25. 25 サーバー構成の画面が表示されます。 1. [次へ] をクリックします。 SQL Server のインストール (11) 1
  26. 26. 26 1. 認証モードでは、 [Windows 認証モード] が選択されていることを確認します。 2. [現在のユーザーの追加] をクリックして、SQL Server 管理者にWindows Server管理者アカウントを追加 します。 3. [次へ] をクリックします。 SQL Server のインストール (12) 3 1 2
  27. 27. 27 1. [現在のユーザーの追加] をクリックして、SQL Server 管理者にWindows Server管理者アカウントを追加 します。 2. [次へ] をクリックします。 SQL Server のインストール (13) 2 1
  28. 28. 28 1. Reporting ネイティブモードでは、[インストールと構成] が選択されていることを確認します。 2. [次へ] をクリックします。 SQL Server のインストール (14) 2 1
  29. 29. 29 1. [インストール] をクリックして、SQL Server をインストールします。 SQL Server のインストール (15) 1
  30. 30. 30 SQL Server のインストールが完了すると以下の画面が表示されます。 1. [閉じる] をクリックして、ウイザードを閉じます。 コンピュータの再起動が必要な旨のメッセージが表示されますので、コンピュータを再起動します。 SQL Server のインストール (16) 1
  31. 31. Team Foundation Server の インストール
  32. 32. 32 1. [Team Foundation Server のイメージ] をダブルクリックします。 2. [tfs_server.exe] をダブルクリックします。 Team Foundation Server のインストール (1) 1 2
  33. 33. 33 1. [インストール] をクリックして、Team Foundation Server のインストールを開始します。 Team Foundation Server のインストール (2) 1
  34. 34. 34 Team Foundation Server のインストールが終了すると[構成センター] が起動します。 1. [完全サーバー] が選択されていることを確認します。 2. [ウィザードの開始] をクリックします。 Team Foundation Server のインストール (3) 1 2
  35. 35. 35 構成ウィザードが開始します。 1. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のインストール (4) 1
  36. 36. 36 Team Foundation Server で使用する SQL Server を指定します。 1. SQL インスタンス に [サーバー名tfs] と入力します(本手順書では、[win2012r2tfs])。 2. [テスト] をクリックして、問題なく接続できることを確認します。 3. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のインストール (5) 3 1 2
  37. 37. 37 Team Foundation Server のプライマリアカウントや認証方法を指定します。 1. デフォルト設定のまま、[次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のインストール (6) 1
  38. 38. 38 Web サービスの設定を指定します。 1. デフォルト設定のまま、[次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のインストール (7) 1
  39. 39. 39 Team Foundation Server のレポートを構成します。 1. [Team Foundation Server で使用するレポートを構成する] にチェックをいれます。 2. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のインストール (8) 2 1
  40. 40. 40 Team Foundation Server の Reporting Services 設定を指定します。 1. デフォルト設定のまま、[次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のインストール (9) 1
  41. 41. 41 Team Foundation Server の Analysis Services の設定を指定します。 1. [サーバー名tfs] と入力します(本手順書では、[win2012r2tfs]) 。 2. [テスト] をクリックして、問題なく接続できることを確認します。 3. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のインストール (10) 3 1 2
  42. 42. 42 Team Foundation Server の Reporting Services のアカウントを指定します。 1. 管理者アカウント名とパスワードを入力します(本手順書では、管理者アカウントは[azuredaizuki])。 2. [テスト] をクリックして、問題なく接続できることを確認します。 3. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のインストール (11) 3 1 2
  43. 43. 43 Team Foundation Server と SharePoint Server との統合は今回は実施しません。 1. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のインストール (12) 1
  44. 44. 44 チームプロジェクトのコレクションを作成します。コレクションは構成後でも追加・削除できます。 1. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のインストール (13) 1
  45. 45. 45 構成内容の確認画面が表示されます。 1. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のインストール (14) 1
  46. 46. 46 検証が完了し、失敗となっている項目がないことを確認します。 1. [構成] をクリックして、Team Foundation Server を構成します。 Team Foundation Server のインストール (15) 1
  47. 47. 47 Team Foundation Server の構成が完了しました。 1. [次へ] をクリックします。 Team Foundation Server のインストール (16) 1
  48. 48. 48 Team Foundation Server の構成結果の詳細が表示されます。 1. [閉じる] をクリックして、Team Foundation Server の構成ウィザードを閉じます。 Team Foundation Server のインストール (17) 1
  49. 49. IIS の設定
  50. 50. 50 Team Foundation Server は IIS 上で動作します。IIS の初期設定では Team Foundation Server はコー ルドスタートするため動作が遅く感じる場合がでてきます。そこで、アプリケーションプールの設定を変 更し、常時 Team Foundation Server が動いている状態にします。 1. 画面左下の[ウインドウアイコン] をクリックします。 2. スタート画面の右上にある[検索アイコン] をクリックします。 3. [IIS] と入力します。 4. [IIS Manager] が表示されます。クリックして、IIS Manager を起動します。 IIS のアプリケーションプール設定 (1) 1 2 3 4
  51. 51. 51 1. IIS Manager が起動したら、[Connections] のサーバーリストにある [Win2012R2] をクリックします。 2. ポップアップウインドウが表示されます。[No] をクリックします。 IIS のアプリケーションプール設定 (2) 1 2
  52. 52. 52 1. [Application Pools] をクリックします。 2. [Team Foundation Server Application Pool] をクリックします。 3. [Advanced Settings…] をクリックします。 IIS のアプリケーションプール設定 (3) 1 2 3
  53. 53. 53 1. (General) にある [Start Mode] で [AlwaysRunning] を選択します。 2. [OK] をクリックします。 IIS のアプリケーションプール設定 (4) 1 2
  54. 54. チームプロジェクトの作成 - Visual Studio との接続 - チームプロジェクトの作成
  55. 55. 55 Team Foundation Server のチームプロジェクトは、Visual Studio からのみ作成できます。 Visual Studio と Visual Studio Team Services と接続します。 1. Visual Studio を起動し、メニュー [表示] – [チーム エクスプローラー] の順にクリックします。 2. Visual Studio Team Services の [接続...] をクリックします。 Visual Studio との接続 (1) 2 1
  56. 56. 56 1. Team Foundation Server に接続します。[サーバー] をクリックします。 2. 接続するサーバーの管理画面が表示されます。[追加] をクリックします。 Visual Studio との接続 (2) 1 2
  57. 57. 57 1. [先ほど作成した Visual Studio Team Services のURL(win2012r2)] と入力します。 2. [OK] をクリックします。 Visual Studio との接続 (3) 1 2
  58. 58. 58 1. 追加された [win2012r2:8080/tfs] をクリックして、選択します。 2. [閉じる] をクリックします。 3. [接続] をクリックします。 Visual Studio との接続 (4) 2 1 3
  59. 59. 59 1. [チームエクスプローラー]内の [TFS のサーバー名] をクリックします。 2. [プロジェクトと担当チーム] をクリックします。 3. [新しいチーム プロジェクト] をクリックします。 チームプロジェクトの作成 (1) 2 3 1
  60. 60. 60 チームプロジェクト作成ウイザードが表示されます。 1. [チームプロジェクトの名前] を任意で入力します。 2. [次へ] をクリックします。 3. [CMMI] を選択します。 4. [次へ] をクリックします。 チームプロジェクトの作成 (2) 2 1 4 3
  61. 61. 61 1. [チームプロジェクトのバージョン管理システム] を [Team Foundation バージョン管理] を選択します。 2. [完了] をクリックします。 3. チームプロジェクトの作成が完了します。[閉じる] をクリックしてウイザードを閉じます。 チームプロジェクトの作成 (3) 2 1 3
  62. 62. テスト結果の保持日数の変更
  63. 63. 63 Team Foundation Server では、テスト結果は 30日間保持されます。 最大10,000日保持できますので、今回はテスト結果を10,000日保持するように変更します。 1. Visual Studio のチームエクスプローラーの [ホームアイコン] をクリックします。 2. [Web ポータル] をクリックします。ブラウザーが起動します。 3. Team Foundation Server のサイトにアクセスします。 [設定]アイコン をクリックします。 テスト結果の保持日数の変更 (1) 1 2 3
  64. 64. 64 1. [テスト] をクリックします。 2. [自動テストの実行、結果、添付ファイルを保持する日数] を [10000] と入力します。 3. [手動テストの実行、結果、添付ファイルを保持する日数] を [10000] と入力します。 4. [変更の保存] をクリックします。 テスト結果の保持日数の変更 (2) 1 2 3 4
  65. 65. ビルド結果の保持日数の変更
  66. 66. 66 テスト結果と同様にビルド結果の保持日数も変更します。 1. [DefaultCollection] をクリックします。 2. [最大保持ポリシー] の [保持する日数] を [10000] と入力します。 3. [既定の保持ポリシー] の [保持する日数] を [30] と入力します。 4. [変更の保存] をクリックします。 ビルド結果の保持日数の変更 (1) 1 4 2 3

×