Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
Sano tokyowebmining 201625_v04
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

9

Share

Download to read offline

Sano tokyowebmining 36_20140526

Download to read offline

Sano tokyowebmining 36_20140526

  1. 1. 確率過程と戯れる Tokyo webmining #36, May 2014 Unconference Masakazu Sano / 佐野正和 / @Masa_S3 Fringe81 inc. 1
  2. 2. 自己紹介 2 •@Masa_S3/ 佐野正和 •Fringe81株式会社(ネット広告の会社)でデータアナリ ストを担当(分析・ロジック設計から簡単な実装まで) •バックグラウンドは素粒子物理学 •最近Qiitaで分析技術ネタの連載を開始しました。 やってみよう分析!シリーズ
  3. 3. 悩み 3 •広告データはカオスの塊。 •でも配信状態を最適化しなければならない。 •変数の確率的な動きをとらえるのに四苦八苦。 •動的に逐次最適化するにはどうしたらいいだろうか。 •広告配信によって何が起きているのかもっと知りたい!
  4. 4. アイデア 4 •金融工学つかえないかな?(ずーっと、もやもやしている) •証券価格の動きやポートフォリオを分析。広告に似ている。 •例えばブラックショールズ方程式はdS/S =μdt + η を満たす確率変 数Sのダイナミクスから導出。 •ブラックショールショールズ方程式は経路積分を使っても導出でき ることが知られている。 •経路積分を応用できれば確率制御の可能性広がりそう。 •より一般的な確率ダイナミクスに対する経路積分表示が導けたら、 ダイナミクスを表す確率分布が得られる。そしたら、分散とか平均と かの期待値計算できる。これ使って動的に最適化できそう。
  5. 5. 経路積分(Path integral) 5 •素粒子物理学で誕生 •Richard Feynman(ノーベル賞学者)が発明(1948)。 •確率変数と戯れる便利ツール。 •現代素粒子物理学では必要不可欠。 wikipediaの定義によって様々な確率過程の分布が定まる
  6. 6. 議論しましょう 6 •難しそうですがアイデアベースで、できるだけ易し い進行に努めます。 •前半:経路積分と確率過程についてミニレク チャー(イメージ重視) •後半:経路積分を使ったらこんなことできそう等、 アイデアベースで実務への応用可能性を意見交 換したいです。
  7. 7. 補助資料 7
  8. 8. なぜ経路積分 8 確率過程を決めれば、ほぼ自動的に対応する確率分布が1 つ定まる(少なくとも形式的に定義可能)。トップダウンで議論 可能。 複雑な相互作用を含んだ形で自然に確率分布が定まる。 対象の全体理解・最適化に応用可能か? 原理的には、変数間の複雑な相互作用効果を含んだ期待 値、分散を計算できる。 ポートフォリオ最適化に応用可能か? ユーザフローの予測に応用可能か? 精度向上? 素粒子物理学で蓄積された計算技術を活用できる。 格子モデル、数値計算、摂動論、超対称性。。。
  9. 9. 経路積分 • 経路積分は素粒子の状態変化の実現確率を表す。 • マクロの世界(ニュートン力学)では運動は決まった軌道を描く。 • ミクロの世界(量子力学)で電子などの素粒子は移動軌道を確定できない。 • 例えば電子が位置A→位置Bへ移動を考えた場合、通りうる軌道は無数に あり、軌道毎に実現確率が与えられる。その中で最も確率の高い軌道が実 現される。小さい確率で別の軌道が実現されることもありうる。 9 マクロ ミクロ 実現確率:低 実現確率:低 実現確率:高この軌道のみ起こる
  10. 10. 経路積分 10 時間 座標 1つのパスの実現確率
  11. 11. 経路積分 11 時間 座標 あらゆる経路の寄与を含めた実現確率
  12. 12. 経路積分 12 時間 座標 この部分を最大化する 最も起こりうる経路が求まる
  13. 13. 経路積分 • 例を考えてみましょう。 • 正規分布 13 時間 座標 確率が最大化される経路
  14. 14. 経路積分の応用アイデアの模索 • 実用上は確率変数が互いに相互作用を持つと考えるほうが自然。 • たとえばimpressionとsearchの増減率を記述できないだろうか? 14 時間 Impressionの増減率 Searchの増減率
  15. 15. 経路積分の応用アイデアの模索2 • ウェブ上のユーザ行動モデリングに使えないか? 15 例えば、i番目の媒体でI={imp, click, search, CV}したユニークユーザ数の増加率 離散時間 ??
  16. 16. 補助資料2 (参考文献も参照) 16
  17. 17. 経路積分 17
  18. 18. 経路積分 実現の可能性が最も高い経路:最尤法との関連 18
  19. 19. 経路積分 確率過程と経路積分 19 =1
  20. 20. 応用事例 • ブラック・ショールズ方程式 • 経路積分を使うと簡単に計算できる(実用的) 20 原資産価格
  21. 21. 参考文献 • G. Parisi and N. Sourlas, Supersymmetric Field Theories and Stochastic Differential Equations, Nucl.Phys. B206 (1982) 321 • Yu Nakayama, Gravity Dual for Reggeon Field Theory and Non- linear Quantum Finance , Int.J.Mod.Phys.A24:6197-6222,2009 • J. Dash, Quantitative finance and risk management : a physicist’s approach, World Scientific Pub., 2004. • J. Dash, Path Integrals and Options, Part I, CNRS Preprint CPT88/PE.2206. , 1988 • J. Dash, Path Integrals and Options, Part II, CNRS Preprint CPT89/PE.2333., 1989 • VADIM LINETSKY, The Path Integral Approach to Financial Modeling and Options Pricing, Computational Economics, 11 (1998) pp. 129-163. 21
  • kerotan7

    Feb. 19, 2019
  • KenichiTakahashi1

    Dec. 3, 2014
  • passfield2003

    Dec. 2, 2014
  • mitmul

    Jul. 28, 2014
  • narupeko

    Jul. 2, 2014
  • akyam1

    May. 25, 2014
  • jundoll

    May. 24, 2014
  • saicologic

    May. 24, 2014
  • asa9no

    May. 24, 2014

Views

Total views

6,285

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

3,657

Actions

Downloads

26

Shares

0

Comments

0

Likes

9

×