Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

GCPでお手軽IoTに挑戦

4,090 views

Published on

2016-01-30(土)に開催されたInnovation EGG 第6回 『IoT 今と未来』登壇資料
18ページ、40ページは基調講演の内容を受けて追加したページです

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

GCPでお手軽IoTに挑戦

  1. 1. GCPでお⼿手軽IoTに挑戦 GCPUG  ⼤大阪⽀支部 関⻄西おうちハック 株式会社バスキュール 松本  雅博
  2. 2. •  自己紹介   – 所属など   •  IoT?歴   – 過去の作品紹介   •  Firebaseでお手軽IoT   – お手軽にできたのか?   •  IoTについて思うこと   – やってみて感じたことなど  
  3. 3. ⾃自⼰己紹介
  4. 4. ⾃自⼰己紹介 •  松本  雅博   – Facebook  :  masahiro.matsumoto.589 – @massan_̲77 •  株式会社バスキュール – ⼤大阪オフィス所属 – インフラ・サーバサイドエンジニア – MBSハッカソンで会社を知り転職
  5. 5. どんな会社か? テクノロジー×デザイン×コミュニケーションを 統合したスキルを駆使して 新しい体験を⽣生み出す イノベーティブなクリエイティブカンパニー
  6. 6. どんな会社か?
  7. 7. 所属コミュニティ •  GCPUG(じーしーぱぐ) –  Google  Cloud  Platform  User  Group  ⼤大阪⽀支部⻑⾧長 •  関⻄西おうちハック –  クラウド部⻑⾧長? •  KUG2(関⻄西Go⾔言語勉強会) –  別名:からあげの会 •  JAWS-‐‑‒UG  関⻄西IoT専⾨門⽀支部 –  コアメンバー
  8. 8. GCPUG(じーしーぱぐ) •  Google  Cloud  Platform  User  Group –  公式サイト •  http://gcpug.jp/ –  Slack登録ページ •  https://goo.gl/LEIhw7 •  ミッション –  GCPを広く普及させる •  良良いところを伸ばし(広め) •  良良くないところを改善する(Googleに意⾒見見する) •  国内10⽀支部 –  札幌、仙台、東京、湘南、名古屋 –  ⼤大阪、岡⼭山、広島、福岡、沖縄
  9. 9. 関⻄西おうちハック •  「おうち」をテーマにハック – より快適な「おうち」を作り出していく •  ロックオフを拠点に活動 – ロックオフはロックオン所有の⼀一軒家 – 今⽇日、管理理⼈人がこの会場に来ています
  10. 10. GCPUG •  GCPUG –  Google  Cloud  Platform  ⼤大阪⽀支部⻑⾧長 •  関⻄西おうちハック –  クラウド部⻑⾧長? •  KUG2(関⻄西Go⾔言語勉強会) –  別名:からあげの会 •  JAWS-‐‑‒UG  関⻄西IoT専⾨門⽀支部 –  コアメンバー
  11. 11. KUG2 •  関⻄西Go⾔言語勉強会 –  関⻄西のgolangエンジニアの会(仮) •  懇親会はからあげが多い pakage  main import  “fmt” func  main()  { fmt.Println(“Hello,  golang  world!.”) }
  12. 12. JAWS-­‐UG 関西 IoT専門支部
  13. 13. IoT?  歴
  14. 14.     ノ从从从从ヽ   (⌒/゙゙゙゙゙゙\⌒)   ノイ  _    _|ヽ   ⼺彡|ヽ・〉〈・ノ|ミ   ⼺彡|    ▼    |ミ   ⼺彡ヽ  _⼈人_  /  ミ `̀/ヾヽ  `̀⌒′/  ツ\ |  ヾ  ゙゙゙゙゙゙  ツ  | |  |  ヾ从从ツ  |  | |  `̀――――――⌒) (\________) (⌒              ノ    ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄T それ、実⽤用化できんの? 電⼦子⼯工作じゃないの?
  15. 15. 扇⾵風機 と ⽔水鉄砲
  16. 16. デモ
  17. 17. 光るシュシュ
  18. 18. 貧乏ゆすり検知器 YuSulio
  19. 19. マイク
  20. 20. 貧乏ゆすり検知器 YuSulio改
  21. 21. 飾り 加速度度センサー
  22. 22. ここまで GCPの利利⽤用実績 ゼロ!
  23. 23. 本⽇日のデバイスは?
  24. 24. 温湿度度、気圧 LED 飾り
  25. 25. Firebaseでお手軽IoT
  26. 26. Firebaseとは? •  Googleの提供するmBaaS – https://www.firebase.com/ •  リアルタイムなデータ同期が特徴 – DB(KVS)を更更新すると参照している端末をリ アルタイムに同期 •  コンテンツのホスティングも可能
  27. 27. 試したこと① Raspberry  Pi 温湿度・気圧センサー Firebase ブラウザ ①データ取得 ②データ追加 ③プッシュ ④描画  
  28. 28. 試したこと② Raspberry  Pi LED Firebase ブラウザ ③制御 ②プッシュ ①データ更新
  29. 29. こんなデータができる Root measures switch on  /  off 温湿度・気圧 温湿度・気圧 温湿度・気圧
  30. 30. デモ
  31. 31. それ、 Node.js  +  Socket.IO  で できるよ?
  32. 32. はい、できます。
  33. 33. Firebaseを使うメリット •  簡単 – サインアップすればすぐ使える •  無料料枠あり •  Socketサーバ、DBサーバの構築不不要
  34. 34.                           ,,ト、,,  ,,ィ  ,ィ                       _̲,,-‐‑‒;"  ''  ゛''"  ゛';_̲_̲                       ヽ/""゛゛''`̀';,  ノr´́)                     ,;'゛/_̲_̲      _  "iヽ;ミ                             ,,'"|(  d    /oノ  ド゛  `̀ミ                     r  ";,|  ▼        ド゛  `̀ミ                 (`ヽ';ヽ_̲⼈人_̲_̲ノ    /    ,,ミ゛、                   ヽ、  '';,i⌒⌒    /      リ    ヽ、                   /`  ィʻ‘r`ʼ’ʻ‘''""´́    ,,ミ゛                         /      |  ゛r、ノ,,トリʻ‘“    i                         /      |                    |          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/      ノ ̄ ̄ ̄ ̄                 `ー  ´́                /    /                                 ,-‐‑‒ー´́    /                               ((_̲(_̲(_̲ノ それ、実⽤用化できんの?
  35. 35. Firebaseを使うメリット •  簡単 – スケールを考慮する必要なし •  同時接続1万セッション以上も可能 •  $49〜~
  36. 36. Firebaseを使うメリット •  簡単 –  サーバ側のコードを書く必要がない •  必要に応じてセキュリティーの設定をする –  クライアント側のコードも少ない •  今回のデモ全体で70⾏行行程度度 –  HTMLなどを除く –  豊富なサンプル、充実のドキュメント •  サンプルを動かしながらコードを読めば理理解しやすい
  37. 37. Firebaseを使うメリット •  各種⾔言語のライブラリ – JavaScript •  AngularJS,  Ember,  React,  Ionic – ネイティブアプリ⽤用SDK •  iOS  SDK,  Android  SDK – その他 •  Go,  Java,  Python,  Ruby,  PHP,  Perl,  Cloujer •  REST  APIもあり
  38. 38. センサーデータ登録 measuresノードにデータを追加     firebase        =  firebase.FirebaseApplicaLon(URL,  None)     firebase.post('/measures',        {'temp':temp,  'pres':pres,  'hum':hum})    
  39. 39. センサーデータを監視 measuresノードを監視     var  measures  =  new  Firebase(URL);   measures.on('child_added',  funcLon(snapshot)  {      //  ここに処理を書く   }
  40. 40. スイッチを更新 measuresノードを監視     var  led  =  newFirebase(URL);   led.set(value)  
  41. 41. こんなこともできる「はず」 Raspberry  Pi デバイス Firebase サーバ ①データ取得 ②データ追加 ③プッシュ ④状態監視   フィードバック  
  42. 42. こんなこともできる「はず」 Raspberry  Pi デバイス Firebase サーバ ①データ取得 ②データ追加 ③プッシュ DB
  43. 43. IoTについて思うこと
  44. 44. IoTブームは終わり •  新たなバズワードの出現 – ブロックチェーン – フィンテック – Ethereum
  45. 45. ブームから普及、定着へ •  1980年年代に発想⾃自体はあった – 坂村健教授  -‐‑‒  「どこでもコンピュータ」 •  環境が整ってきた – クラウド – データ分析基盤・サービス – 様々なデバイスの出現 – 通信回線
  46. 46. 個⼈人でハードも作れる時代 •  ソフトウェア – パソコン、インターネット – クラウド、アプリストア •  IoT(ハードウェア) – クラウドファンディング – ファブスペース
  47. 47. これから重要だと思うこと IoT ビッグデータ ・機械学習   ・人工知能 ・センサー   ・通信回線 ・どんな情報を集めて ・どんな分析をして ・それを何に活⽤用するのか?
  48. 48. アイデアと やり遂げる情熱があれば ⾯面⽩白いものを作れる
  49. 49. 未踏の地を⽬目指してともに切切磋琢磨していただける⽅方を ⼤大阪、東京オフィスともに募集しています! •  応募はこちらから! •  h[p://www.bascule.co.jp/  
  50. 50. ご清聴ありがとうございました

×