Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Unity5とUE4の比較

50,443 views

Published on

Unityクリエイターズ 「Unity5 3Dゲーム開発講座」出版記念勉強会でLTの発表をした『Unity5とUE4の比較』のスライドです。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

Unity5とUE4の比較

  1. 1. Unity5 と UE4 の比較
  2. 2. 自己紹介 名前: alwei Twitter: @aizen76 よく関西のアンリアルの人って言われてます。 他のゲームエンジンも普通に使うし、Unityも仕事で使ってたよ! 今は割りと何でも屋。 ゲームやるのも作るのは勿論、イラスト描いたりするのも趣味。
  3. 3. Unity5とUE4の違い
  4. 4. どっちもほぼ無料化しました UNITY5 • Personal Editionは完全無料 • エディター内機能は全て開放 • 一部クラウドサービスやβアクセスはPro専用 • スプラッシュイメージが必ず表示 • ロイヤリティーフリー UE4 • 一般向けにはFree版のみ • 全ての機能が開放 • C++エンジンソースコードフルアクセス可能 • ロイヤリティーが5%かかる ※条件付き • 企業向けにロイヤリティーなしライセンスもあり
  5. 5. ロジック作成 UNITY5 • C# • UnityScript (JavaScript) • Boo (Python ) ※実質消滅 UE4 • ブループリント ビジュアルスクリプト • C++ • 多種多様なスクリプトプラグイン (JavaScript、 Lua、C#などなど)
  6. 6. ロジック作成に一番使われるパターン UNITY5 (C#) UE4 (ブループリント)
  7. 7. 用語比較 ※両サイド対応 UNITY5 • コンポーネント、 ゲームオブジェクト、 プレハブ • メッシュ、 スキンメッシュ • シェーダー、マテリアル • uGUI • Shuriken パーティクル • Mecanim • スプライトエディター UE4 • コンポーネント、 アクター、 ブループリントクラス • スタティックメッシュ、 スケルタルメッシュ • マテリアル、マテリアルインスタンス • UMG (Unreal Motion Graphics) • Cascade パーティクル • ペルソナ アニメーション • Paper2D
  8. 8. アセットに関して UNITY5 • アセットストアで膨大な数のアセットがある • 幅広いファイル形式に対応 • アセットで幅広く拡張 • ネイティブプラグインも無料化 • アセットの比較 & マージつらい • バージョン互換性が微妙 UE4 • マーケットプレースはアセットが少ないが高品質 • 主要で最新のファイル形式に対応 • アセットではなくプラグインによる拡張がメイン • 元々プラグインもネイティブ • アセットの比較 & マージ機能搭載 • 比較的バージョン互換性あり
  9. 9. お互いにしかないところ UNITY5 • 豊富なプラットフォーム対応 • オーディオ機能が超パワーアップ • Pro版でのみ使える強力なクラウドサービス • アセットストアのアセットの豊富さ • 世界トップクラスのコミュニティー規模 • ロイヤリティーフリー UE4 • ブループリントによるビジュアルスクリプト • 映画にも使用された超ハイエンドグラフィック • 標準機能にAIツールやカットシーンツールあり • ドキュメント、エディターも含めて日本語対応 • トップクラスAAAタイトルでも採用済み • C++のエンジンソースコードが全て読める
  10. 10. イメージキャラクター UNITY5 (ユニティちゃん) UE4 (アンリアルツインズ)
  11. 11. 個人的見解 どちらのエンジンが優れているとかではなく、どちらもメリットとデメリットがある 重要なのは自分にとって何が必要かと言う事。 今のところUnityはモバイル向け、UE4はハイエンド向けという棲み分けが出来ている。 しかし互いに無料化に踏み切ったのは両者が意識しあっているのは事実なので、 遠からずお互いに近い部分が増えてくるのは間違いない。
  12. 12. まとめ 選択肢が増えた事はいい事。 Unityが一強状態だった場合には、ここまで民主化は進まなかったはず。 ゲームエンジンという考え方はどっちをやっていても基本は身につく。 むしろ大事なのはゲームエンジンの考え方や理念を理解して使う事。 両方を触ってみて自分が好きなエンジンを選ぼう! そして自分が作りたいゲームを作ろう!!

×