Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

LV3-PE 取扱説明書 第1.0版

4,894 views

Published on

LV3-PEフォノイコライザーアンプ取扱説明書

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

LV3-PE 取扱説明書 第1.0版

  1. 1. フォノイコライザーアンプ 取扱説明書 LV3-PE 第 1.0 版 この度は、LV3-PE フォノイコライザーアンプを お買い上げいただきまして誠にありがとうござい ます。 この製品を正しくご使用いただくためご使用の前 に、この説明書を必ずお読みください。 故障かなと思ったら・・・ 本品を説明書に従い使用していて故障と思わ れる場合は、下記までご連絡ください。その際 お求めいただいた際のレシートや領収書のご 提示をお願いします。 ○お問い合わせ先 受付時間:平日 9:00~18:00 電話:0776-25-0427 MEIL:info@linkman.jp この製品についての情報は、弊社ホームペー ジでもご確認いただけます。 http://www.linkman.jp Linkman 株式会社 910-0015 福井県福井市二の宮 2 丁目 3-7 <安全上の注意> 本製品および付属物は安全に配慮して製品化し ておりますが、使い方を誤ると製品を破損させたり 事故につながる場合が考えられます。本製品のご 使用の際には、下記の内容を必ずお守りください。 また、この説明書は、読み終わった後も必ずいつ でも読める場所に保管してください。 この表示は、「取り扱いを誤った 場合、使用者が死亡または重傷を 負う可能性があります」を示してい ます。 この表示は、「取り扱いを誤った場 合、使用者が障害を負う可能性、も しくは物的損害を引き起こす可能 性があります」 を示しています。 ●異常を感じたら直ちに使用を中止してください。 発煙、発熱、異音を察知したら直 ちに使用を中止し、電源プラグを コンセントから抜いてください。本 製品に接続されている機器との接 続も切り離してください。 ●分解や改造をしないでください。 本製品を取扱説明書以外の方法 で分解、改造を行わないでくださ い。感電、火災、故障の原因とな り、危険です。 ●強い衝撃を与えないでください。 感電や火災、故障の原因となり、 危険です。 ●濡れた手で触れないでください。 感電や火災の危険性があります。 ●水がかかる場所での使用はしないでください。 感電や火災の危険性があります。 ●付属のACアダプタは他の製品で 使用しないでください。 破裂や火災の危険性があります。 ●電源は必ず AC(交流)100V、 50Hz/60Hz を使用してください。 それ以外を使用すると、感電や火 災の原因となります。 ●電源コードの取り扱いは丁寧に行ってくださ い。 断線して感電や火災の危険性があります。 ●本製品は安定した場所に設置してご使用くださ い。 転落による内部破損の原因になります。 ●GND 端子は、レコードプレーヤーの GND 端子 に接続してください。 商用電源 GND 端子には接続しないでください。故 障の原因になります。 ●高温多湿、直射日光のあたる場所では使用し ないでください。 故障の原因になります。 <ご使用上の注意> ●本製品は、レコードプレーヤーから出力される 繊細な電気信号を取り扱う機器です。入力端子に はそれ以外の機器は接続しないでください。 ●本製品には、出力側RCAオーディオケーブルは 付属しておりません。別途ご用意ください。 ●GND 用ターミナルは緩めすぎると更に端子全体 が緩んでいきます。完全に抜けてしまうと内部の 部品が脱落して回路ショートの危険性があります。 緩みが出た場合には、下記図の要領で締めなおし てください。 ターミナルの根元部分に穴にφ2mm 以下の硬い 金属軸を差し込んで締めてください。 ●DC プラグは外れやすいのでご注意ください。使 用時に外れてしまった場合、ボリューム位置が高 いと大きなポップ音が発生する場合があります。 ●入・出力ケーブルを接続する場合は。必ず各機 器の電源を切ってください。特に RCA オーディオケ ーブルを抜き差しをするときは、本機だけでなく各 機器の電源も必ず切ってください。 切らない場合、ポップノイズを発生し、スピーカー を破壊する原因となります。 ●本製品は筐体にアルミを使っており静電シール ドされていますが、商用トランスから発生するフラ ックスに対しては効果がありませんので、シールド されていないトランスの近くには置かないでくださ い。 <仕様> ●MC/MM カートリッジ対応 ・ 定格入力:20mV at 1kHz ・ RIAA 偏差:20~20kHz、±0.3dB ・ 入力換算雑音入力ショート、A-補正; -135dBV(MC) -137dBV(MM) ・ 入力インピーダンス:100Ω(MC)/47kΩ(MM) ・ 入力容量:100pF/320pF ・ 全高調波ひずみ率:0.1%以下 ・ 電源:DC12V、1A(付属 AC アダプタ)、 ・ 外形寸法:W82×H27×D114mm(突起部含む) ・ 質量:215g(本体のみ) ・ 付属品:AC アダプタ(DC12V) ・ 消費電力:1.5W <特長> LV3-PEはアナログレコード再生用のフォノイコライ ザーアンプです。MC/MM カートリッジを使用したア ナログレコードプレーヤーの出力を本機の入力に、 出力をプリアンプ、プリメインアンプ等の Line(AUX) 端子に接続することで、高音質なアナログレコード の魅力をお楽しみいただけます。 レコードプレーヤーから出力される RIAA 特性で記 録された微小信号を元に戻し、プリアンプで増幅で きるレベルまで増幅する役割を担います。レコード プレーヤーから出力される信号は、大変デリケート で、回路、部品、設計の良し悪しが音質を左右しま す。本製品は、フル・ディスクリート回路を採用、高 音質、高精度の部品を使用した高性能、高音質イ コライザーアンプです。 AC アダプタからの出力を最新の高性能レギュレー タ IC によってプラスマイナス電源とすることによっ て、余裕のあるヘッドルームを確保しております。 そのため、アナログレコードのもつダイナミックレン ジは大きいのですが、ゆとりを持って増幅し、外部 アンプに伝送することができます。
  2. 2. <使用方法> ○接続例 本製品は、MC/ コライザーアンプ 手順① レコードプレーヤーから 出力ケーブルをフォノイコライザーアンプの INPUT 端子に接続します。その際 ヤーの GND ケーブルも必ず接続してください。 手順② 一般的な 用 ケ ー ブ ル で フ ォ ノ イ コ ラ ー ザ ー ア ン プ の OUTPUT 端子とプリメインアンプ等 入力端子に接続します。 LEFT MC/MM カートリッジ搭載 レコードプレーヤー プリメインイン アンプ等 LEFT <使用方法> /MM カートリッジ対応の アンプです。 レコードプレーヤーから出力される 出力ケーブルをフォノイコライザーアンプの 端子に接続します。その際レコード ケーブルも必ず接続してください。 一般的な RCA プラグがついた音声信号 用 ケ ー ブ ル で フ ォ ノ イ コ ラ ー ザ ー ア ン プ の 端子とプリメインアンプ等の 入力端子に接続します。 RIGHT GND カートリッジ搭載 レコードプレーヤー プリメインイン アンプ等 RIGHT AUX( 入力端子へ カートリッジ対応のフォノイ 出力される信号 出力ケーブルをフォノイコライザーアンプの レコードプレー ケーブルも必ず接続してください。 プラグがついた音声信号 用 ケ ー ブ ル で フ ォ ノ イ コ ラ ー ザ ー ア ン プ の の AUX(LINE) ○電源 使用する電源は、必ず付属の 用ください。 本製品には、電源スイッチがありません。長期間 ご使用にならない場合は、必ず 品から取り外し トから ○設置 本製品は、端子名称 て水平な場所に設置してください。 直射日光が当たる場所には設置しないでくださ い。 < 1. 2. 3. RIGHT RIGHT AUX(LINE) 入力端子へ ○電源 用する電源は、必ず付属の 用ください。 本製品には、電源スイッチがありません。長期間 ご使用にならない場合は、必ず 品から取り外してください。 トから取り外してください。 ○設置 本製品は、端子名称等 て水平な場所に設置してください。 直射日光が当たる場所には設置しないでくださ い。 <MC/MM 切り替え方法 1. 入力側パネルのネジを 外したネジはなくさないでくさい。 2. 入力側パネルを外に引っ張ると、 緒に基板が出てきます。 この時、出力側 RCA スペーサー(黒色)も 3. MC/MM、入力インピーダンス、入力容量、サ ブソニックフィルターの設定をします。 用する電源は、必ず付属の AC アダプタをご使 本製品には、電源スイッチがありません。長期間 ご使用にならない場合は、必ず AC アダプタを本製 てください。AC アダプタはコンセン 取り外してください。 等の印刷された面を上面にし て水平な場所に設置してください。 直射日光が当たる場所には設置しないでくださ 切り替え方法> ネジを 2 本外します。 外したネジはなくさないでくさい。 パネルを外に引っ張ると、パネルと一 緒に基板が出てきます。 RCA ジャックに装着した スペーサー(黒色)もなくさないでください。 、入力インピーダンス、入力容量、サ ブソニックフィルターの設定をします。 ACアダプタ アダプタをご使 本製品には、電源スイッチがありません。長期間 アダプタを本製 はコンセン 上面にし 直射日光が当たる場所には設置しないでくださ パネルと一 装着したゴム なくさないでください。 、入力インピーダンス、入力容量、サ ●S1:入力インピーダンス切り替え ☝ MC ●S2:入力容量切り替え ☝ MM ●S3:ゲイン切り替え ☝ ●Subsonic Filter ON/OFF ☝ 使用するカートリッジや 替えてご使用ください 4. 設定が終了したら、外した時と逆の手順で元 に戻します。 まず、ディスクリートアンプ んと挿入されていることを確認してください。 (挿入されていない場合は、きちんと挿入して ください。) 入力 します。 ーが取り付けられていることを確認 い。ケースに挿入したら表示用の ルから出ていること確認してください。 :入力インピーダンス切り替え MC 100Ω(出荷時設定 2:入力容量切り替えスイッチ MM 320pF / ☟ MC or MM 100pF 3:ゲイン切り替えスイッチ MC(出荷時設定) / Subsonic Filter ON/OFF 切り替え ON / ☟ OFF(出荷時設定) 使用するカートリッジや 替えてご使用ください 設定が終了したら、外した時と逆の手順で元 に戻します。 まず、ディスクリートアンプ んと挿入されていることを確認してください。 (挿入されていない場合は、きちんと挿入して ください。) 入力側パネルが付いた します。この時、RCA ジャックにゴム ーが取り付けられていることを確認 い。ケースに挿入したら表示用の ルから出ていること確認してください。 S2 S4 LED ゴムスペーサ :入力インピーダンス切り替えスイッチ 設定) / ☟ MM 47kΩ スイッチ 100pF(出荷時設定) スイッチ / ☟ MM 切り替えスイッチ (出荷時設定) 使用するカートリッジやお好みの設定に切り 設定が終了したら、外した時と逆の手順で元 まず、ディスクリートアンプモジュールがきち んと挿入されていることを確認してください。 (挿入されていない場合は、きちんと挿入して 側パネルが付いた基板をケースに挿入 ジャックにゴムスペーサ ーが取り付けられていることを確認してくださ い。ケースに挿入したら表示用の LED がパネ ルから出ていること確認してください。 S1 S3 スペーサ Ω お好みの設定に切り 設定が終了したら、外した時と逆の手順で元 モジュールがきち んと挿入されていることを確認してください。 (挿入されていない場合は、きちんと挿入して 基板をケースに挿入 スペーサ てくださ がパネ 5.入力側パネルを取り付けます。 外したネジ り付けてください。 以上で作業は終了です。 使用方法に従って、レコードをお楽しみくださ い。 型番:LV3 製品名:フォノ 製造番号: 保証期間:ご購入日より お名前 ご住所 お電話番号 ご購入店 ご購入日 ※お買い上げ日を記したレシート、お買い上げ伝票等を 添えてください。 保証規定 保証期間内につきましては、保証規定に従い無料 で修理させていただきます。保証期間後は有償に て修理させていただきます。 ただし以下の場合は、 費を請求させていただく場合がありますので、ご了 解ください。 ① 購入履歴が確認できない場合 ② 取扱説明書に従った取り扱いをされていない 場合 ③ 取扱説明書に記載された内容以外の方法で 分解した ④ 火災、地震、水害、落雷、その他天災地変が 原因で故障した場合 ⑤ 異常電圧 修理品の送料 本製品は、持込み 保証期間内外を問わず、修理検査のために製品 をお送りいただく場合には、送料をご負担いただき ますので、予めご了承ください。 パネルを取り付けます。 外したネジで入力側フロントパネルをしっかり り付けてください。 以上で作業は終了です。 使用方法に従って、レコードをお楽しみくださ 保証書 LV3-PE 製品名:フォノ・イコライザー・アンプ 保証期間:ご購入日より 1 年間 ※お買い上げ日を記したレシート、お買い上げ伝票等を 添えてください。 保証期間内につきましては、保証規定に従い無料 で修理させていただきます。保証期間後は有償に て修理させていただきます。 ただし以下の場合は、保証期間内の場合でも、実 費を請求させていただく場合がありますので、ご了 購入履歴が確認できない場合 取扱説明書に従った取り扱いをされていない 取扱説明書に記載された内容以外の方法で 分解した場合 火災、地震、水害、落雷、その他天災地変が 原因で故障した場合 電圧が加わった場合 修理品の送料 本製品は、持込み修理対象製品です。 保証期間内外を問わず、修理検査のために製品 をお送りいただく場合には、送料をご負担いただき ますので、予めご了承ください。 パネルを取り付けます。 フロントパネルをしっかり取 使用方法に従って、レコードをお楽しみくださ アンプ ※お買い上げ日を記したレシート、お買い上げ伝票等を 保証期間内につきましては、保証規定に従い無料 で修理させていただきます。保証期間後は有償に 保証期間内の場合でも、実 費を請求させていただく場合がありますので、ご了 購入履歴が確認できない場合 取扱説明書に従った取り扱いをされていない 取扱説明書に記載された内容以外の方法で 火災、地震、水害、落雷、その他天災地変が 対象製品です。 保証期間内外を問わず、修理検査のために製品 をお送りいただく場合には、送料をご負担いただき

×