Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

JAWS FEASTA Kansai 2013 設計・移行ワークショップ 仮想RFP

1,887 views

Published on

JAWS FESTA Kansai 2013 の設計・移行ワークショップで使用した仮想RFPです

Published in: Technology
  • Be the first to comment

JAWS FEASTA Kansai 2013 設計・移行ワークショップ 仮想RFP

  1. 1. オークションサイトのマスメディア取材対応についての提案依頼書 2013年9月28日 株式会社 EC上手 開発の目的: これまで弊社にて運営、開発してきたECサイト「EC上手」を多数のアクセスに耐えられるインフラ構成を構築したい。 開発の背景: ● 「EC上手」を運営、開発してきたが、このたびWB〇の取材を受け、TVメディアに取り上げられる事となった。 ● 「EC上手」のWebアプリケーションは、弊社の人員で開発、運用を行っている。 ● TV放映まで1カ月という短期間であるため、ECサイトのアプリケーションの抜本的な変更修は行えないが、少々の改修であれば対応が可 能である。 ● 既存データセンタにサーバ類を配置している。 現在のシステム概要: 以下の図のようになります。 ● 現システムのリリース時期:2010年春 ● Webサーバ(1/2) ○ CentOS 5.3、PHP 5.2 ○ CPU:2 Core(4 Thread) × 1 CPU、Memory:4 GB ● DBサーバ(MASTER) ○ CentOS 5.3、MySQL 5.1 ○ CPU:2 Core(4 Thread) × 1 CPU、Memory:8 GB、HDD: 150GB SAS × 3(RAID5) ● DBサーバ(SLAVE) ○ CentOS 5.3、MySQL 5.1 ○ CPU:4 Core(8 Thread) × 1 CPU、Memory:8 GB、HDD: 150GB SAS × 3(RAID5) ● DNS(外部向け) ○ CentOS 5.3、BIND9 ○ CPU:2 Core(4 Thread) × 1 CPU、Memory:4 GB ● 決済代行会社への接続は、Webサーバ1とWebサーバ2のグローバルIPアドレスからのみ接続可能(接続可能なIPの登録は最大2個) ● 決済代行会社との通信は、httpsでのRESTで行っている。 ● Webサーバ1と2の振り分けはDNSラウンドロビンで実現している ● 平常時のアクセス数は5PV/sec、ピーク時は20PV/sec(ピーク時にCPU使用率50%程度) ● 会員数は100,000人、商品数は20,000アイテム ● 1会員当たり100KBのDBデータ、1商品当たり50KBのDBデータと10個の画像ファイル(合計1MB) ● Webアプリのセッションデータを保存して、カート情報の消失を防いでいる。 ● DBの書込みI/Oの負荷が大きくなっている。 ● 画像ファイルは、各Webサーバに配置している。 ● 1ページで平均10ファイルの画像を表示している
  2. 2. 要件 ● 移行は、事前にアナウンスする計画停止時間(夜間2:00­5:00)を考慮したうえで、問題があった場合に現行システムに戻せる方式で行う こととする。 ● アプリケーションは既存のものを流用するため、ネットワーク環境、サーバーノードの配置、各サーバーへのミドルウェアの導入・設定 までを行うこととする。 ● メール送信を行う事。メールは、会員登録時と購入確定時に会員へ送信を行う。(後で追加しました) ● 性能は、以下を想定している。 ○ ピークアクセス数:2,000pv/sec(既存ピークの100倍を想定) ● 可用性について ○ 本システムはダウンタイム0を目指す。ただし、もしサーバーが落ちた場合でも、すぐに復旧可能であれば可とする。 ● 拡張性について ○ アクセスピーク後に負荷状況に合わせてサーバ構成を縮小できる構成とすること。 ● セキュリティ要件について ○ セキュリティを考慮し、WebPサーバ、DBサーバはインターネットから直接アクセスできないネットワーク構成とする。 ○ 既存DCとAWSを接続する場合は、セキュアな通信をする構成とすること。 ● その他 ○ 移行当日の概要スケジュールを提案書に盛り込んでいただきたい。 ○ 一部、既存システムを残し、新システムと連携を考慮するものでも構わない。 納品物 ● 提案書(Google Docs/パワーポイント/Keynote形式いずれか) ○ システム構成図 ○ 対応方針(システム設計、移行方式、費用感、新システムでの改善点、アクセスが平常になった時のシステム縮小方針)の説明 ○ 既存アプリケーションに対する変更要件 ○ 課題、Q&A一覧

×