Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

育児にも活用できる家庭内IoTのすすめ~Raspberry Piでやってみよう!SORACOM Developers Conference

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 27 Ad

育児にも活用できる家庭内IoTのすすめ~Raspberry Piでやってみよう!SORACOM Developers Conference

Download to read offline

Raspberry Piで取得したセンサデーターを、SORACOM Airで通信してAmazon S3に送信します。
初期費用1万円、月額311円で誰でもスタートできるよ!

Raspberry Piで取得したセンサデーターを、SORACOM Airで通信してAmazon S3に送信します。
初期費用1万円、月額311円で誰でもスタートできるよ!

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Viewers also liked (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

育児にも活用できる家庭内IoTのすすめ~Raspberry Piでやってみよう!SORACOM Developers Conference

  1. 1. 育児にも活用できる 家庭内IOTのすすめ @mana_cat ★彡 ★彡 2015/10/16 ソラコム Developers Conference ♯0 大LT大会
  2. 2. 自己紹介 Twitter @mana_cat Blog http://mana-cat.com  平 愛美 (たいら まなみ)  母ちゃん(4歳と生後7ヶ月の男児ふたり)  仕事復帰に向けて保活中!待機児童なう…orz  熊本出身、東京都文京区在住
  3. 3. ★イベントお知らせ★ 11月11日(水) 第3回 TechGIRL プレゼンスキルを鍛えるためのITイベント 性別問わず参加できます https://techgirls.doorkeeper.jp/events/33191 10月20日(火) Tech LION IoTネタもあるよ!http://techlion.jp/vol23
  4. 4. 最近の出来事 先月から 電子工作を始めました。 電子工作初心者です。
  5. 5. 今日は家庭でも活用できる IoTの話をします。 ★誰でも簡単にできるよ★
  6. 6. いきなりですが 赤ちゃんには 温度管理が重要です
  7. 7. デジタル温湿度計  温度、湿度を表示  赤ちゃんのいる家庭では必需品  定価 ¥3,240 温湿度計の仕組みをIoTで 作ってみましょう
  8. 8. Raspberry Pi 【センサデータ取得】 SORACOM Air 【モバイル通信】 Amazon S3 ★IOT構築イメージ★
  9. 9. 完成写真「IOTスーパーこまち」
  10. 10. 中身はラズパイ、センサ、ソラコムAIR ←駅弁の弁当箱
  11. 11. いいえ、お小遣いでも 始められますよ 母ちゃん! それってお高いんでしょ?
  12. 12. なんと・・・! 1万円で IoTをスタートできます!
  13. 13. 購入したもの 製品名 購入先 価格 (2015年10月15日現在) Raspberry Pi Model B RSコンポーネンツ ¥4,900 SORACOM Air SIMカード (ナノタイプ) Amazon ¥888 SDカード(16GB) Amazon ¥798 ジャンパワイヤ(オスーメス) スイッチサイエンス ¥432 ブレッドボード スイッチサイエンス ¥270 BME280搭載 温湿度・気圧センサモジュール (ピンヘッダ実装済) スイッチサイエンス ¥1,944 USBモデム docomo L-02C (中古) イオシス(秋葉原) ¥800 (3年前に購入。ワゴンセール) 合計 ¥10,032
  14. 14. その他 用意したもの  駅弁の弁当箱(こまち)、USBキーボード、USBマウス、モニター、 HDMIケーブル、マイクロUSBケーブル&ACアダプタ、SIM変換 アダプタ、インターネット環境 お家にあるものでOK!  我が家では、テレビ(SHARP AQUOS)をラズパイの モニター出力に使っています 【補足】ラズパイ用にモニター、キーボード、マウスを準備できなくても OSインストール可能(ヘッドレスモード)
  15. 15. ソフトウェア環境  OS :Pidora (Fedora20ベース) みんな大好き systemdが使えるよ ※Debian系のRaspbianが主流のようですが、私はFedoraが好きです  ソフトウェア 1. ダイヤルアップツール (wvdaial) 2. I2C制御ツール (i2c-tools,i2c-tools-python) ※I2C・・・周辺デバイスとシリアル通信するための方式 3. Amazon S3コマンドツール (s3cmd) ★セットアップ詳細は後日公開のブログを見てね
  16. 16. ★手順はたったの3ステップ★ 【ステップ1】センサデータ取得 【ステップ2】SORACOM Airダイヤルアップ 【ステップ3】Amazon S3に送信
  17. 17. 【ステップ1】センサデータ取得 温湿度・気圧センサモジュールをラズパイに繋げます
  18. 18. # python bme280_probe.py temp : 27.38 ℃ pressure : 1017.23 hPa hum : 50.59 % 実行結果 温度、気圧、湿度きたー!
  19. 19. 【ステップ2】SORACOM AIRダイヤルアップ  ソラコムSIMを使用  Docomo USBモデムL-02Cを 使ってダイヤルアップ 設定の詳細はブログエントリーを参照 「 2015-10-01 Raspberry PiとSORACOM Airを繋げてみた」
  20. 20. 【ステップ3】S3にセンサデータを送信  SORACOM Airで通信して、S3にデータを送信 s3cmdを使用  日本国内、電波が届く場所だったら どこからでもデータ通信できちゃう!  みんな大好きCSV形式にしてみた! 煮るなり焼くなりご自由に加工してね ※AWS IoTを使って S3にデータを保存する方法もあるけれど、今回はシンプルにしてみた
  21. 21. # python bme280_probe.py | awk '{print $3} ' | awk -F¥n -v ORS=',' '{print}' > $(date +%Y%m%d%H%M).csv && s3cmd put -r $(date +%Y%m%d%H%M).csv s3://soracom.mana-cat.jp 201510161017.csv -> s3://soracom.mana-cat.jp/201510161017.csv [1 of 1] 20 of 20 100% in 0s 46.25 B/s done S3にシェル芸で一発送信! 送信できました★
  22. 22. CRONで30分毎にS3へ送信 送信できました★
  23. 23. パケット使用量 ≪スクリプトをcronに登録して、30分毎にセンサデータをS3に送信したと仮定≫ 1ファイルあたり20バイト ペイロード+パケットヘッダを考慮して1ファイルあたり【1KB】だとしても 1日あたり 48KB 1ヶ月あたり 1.45MB 1年あたり 17.1MB 上りは0.24 円/MB しかかからないから、およそ月額311円でIoTができちゃう! 【結論】スタバのフラペチーノよりも安い
  24. 24. 通信費節約のコツ  センサの値のみCSV形式で送信  ファイルの追記はせずに取得データ単位でAWS S3に送信  SORACOM Airはユーザー登録して1年間は 100MBまで無料枠がついているので活用する
  25. 25. 今回かかった費用まとめ  初期費用 1万円  ランニングコスト(月額) SORACOM Air 311円 AWS S3 1ドル以下 ラズパイの電気代
  26. 26. まとめ★ 初期費用1万円、月額311円で誰でもス タートできるよ! 家庭でもIOTを始めてみよう!
  27. 27. おしまい ありがとうございました!

×