Aws st 20130522-piop_sbench

1,594 views

Published on

JAWS@新宿鯖 勉強会資料

Aws st 20130522-piop_sbench

  1. 1. EBS(AWS)のProvisioned IOPS ベンチマーク試験 ついでにioDrive(FusionIO) 2013/05/22 JAWS 新宿鯖 株式会社サイバーエージェント CAMP事業部 システムグループ 上原 誠
  2. 2. 2 株式会社サイバーエージェント 自己紹介 ・ ~2012年2月 某SIerでインフラ周りに従事 ・ 2012年3月 サイバーエージェント入社 - Amebaスマフォプラットフォームの構築 - 統合ログ解析基盤やオンラインデータベースの インフラミドルウェア部分を担当 - Hadoop、HBase、Flume ・ 上原 誠 (@pioho07) 【名前】 【経歴】 Facebook申請歓迎 makoto.uehara.39
  3. 3. 3 株式会社サイバーエージェント
  4. 4. 4 株式会社サイバーエージェント
  5. 5. 5 株式会社サイバーエージェント株式会社サイバーエージェント スマートフォンサービス
  6. 6. 6 株式会社サイバーエージェント株式会社サイバーエージェント 本日の内容 物理サーバとEBSでIOベンチマーク比較 VS クラウドってIO性能安定して出るの・・?
  7. 7. 7 株式会社サイバーエージェント株式会社サイバーエージェント 本日の内容 ・物理サーバとEBSでIOベンチマーク比較 ・おまけ① 8Threadに増やして再度試験 ・おまけ② ioDrive入り
  8. 8. 8 株式会社サイバーエージェント株式会社サイバーエージェント 本日の内容 ・物理サーバとEBSでIOベンチマーク比較 ・おまけ① 8Threadに増やして再度試験 ・おまけ② ioDrive入り
  9. 9. 9 株式会社サイバーエージェント株式会社サイバーエージェント そもそもIOPSって? Input Output Per Secondの略で、ハードディスク などの記憶装置の性能指標の一つ。 1秒間に可能なI/O(リード/ライトの処理)の回 数をあらわすもの。 数値が高い程性能がよい
  10. 10. 10 株式会社サイバーエージェント株式会社サイバーエージェント そもそもProvisionedIOPSって? プロビジョンドIOPS(PIOPS)は、IOPSレートを指定でき そのレートに従ってIOPSがプロビジョニングされます。 現時点ではPIOPS最大値は4000 IOPS(ロードマップは1万) で、複数のボリュームをまとめてストライピングすると数 千IOPSをアプリケーションに対して達成できます。 ESB作成画面
  11. 11. 11 株式会社サイバーエージェント株式会社サイバーエージェント ・ioベンチツール:fio-2.0.14-1 ・サーバ:DELLサーバとAWS EC2インスタンス ・テストパターン:ランダム&シーケンシャルを ブロックサイズ変えて実施 ・取得指標:IOPS、Bandwidth、Latency ・おまけ:ioDrive 物理サーバとEBSでIOベンチマーク比較 概要
  12. 12. 12 サーバスペックはこんな感じ OS:CentOS5系 ファイルシステム:ext3 サーバ RAID カード RAID レベル ストレージ CPU 備考 R620 (Dell) H710 1 SAS 2.5インチ15Krpm 6Gbps HDD146G E5-2630L (24c) R310 (Dell) H700 5 SAS 3.5インチ15Krpm 6Gbps HDD600G X3480(8c) EC2 “c1.xlarge” (AWS) 不明 不明 EBS 20 ECU (2.5 ECU) (仮想コア×8) PIOPS:4000 EBS-Optimized 有効 R620 (Dell) なし なし ioDrive2 3TB E5-2630L(24c) ※おまけ
  13. 13. 13 今回使用する物理サーバやストレージはこんなもの サーバはDell製のよくある1Uもの ディスクはSAS、RAIDカード有り ioDriveはFusionIO社のPCIe接続の半導体ストレージ、Raidカード等のインターコネクトを 挟まないので高速
  14. 14. 14 EBSはこんなもの・・? ご存じどは思いますが・・ EBSはEC2で使用するためのネットワークアタッチ型のストレージボリューム。 プロビジョンドIOPS(PIOPS)ボリュームについては前述の通りで、 今回はストライピングで1ボリューム最大の4000 PIOPSで試験実施。
  15. 15. 15 構成イメージ EC2インスタンス: ハイ CPU エクストララージインスタンス (c1.xlarge) EBS容量:400GB(Max1TB) EC2 EBS-Optimized Provisioned IOPS Network EBS-Optimized + Provisioned IOPS
  16. 16. 16 試験パターン 各パターンごとにIOPS、Bandwidth、Latencyをグラフ化 RandomWrite RandomRead SequentialWrite SequentialRead 結果を IOPS,BW,Latency の3つでグラフ化 ブロックサイズ 4,8,16kBで実施 IOパターン4つ 全サーバで実施 : :
  17. 17. 17 fioの設定内容 Fioツールの設定 OSページキャッシュは無効化 size=2G directory=/tmp ※任意 numjobs=2 loops=1 direct=1 ioengine=sync iodepth=1
  18. 18. 18 今回の試験ポリシーと注意点 ・物理vsクラウドのIO対決であれば、物理ディスク構成をRAID10やRAIDカード挟まな いなどのパターンも入れるべきだが、現状余ってるサーバで出来る試験を実施した PIOPSを最大4000をで実施、複数のEBSをストライピングした試験もやってみたい ・PIOPSを4,000に設定するためには、EBSの容量は最低400G以上が必要である。 また、EBSまでのネットワーク帯域を保証するための”EBS Optimized”オプションがあ り、対応していないインスタンスではいくらPIOPSを設定しても性能がでない恐れがあ る。今回、EBS-Optimized対応インスタンス” c1.xlarge”を使用 ・各パターン、本来複数回試験を実施すべきだが、今回は1回のみ行っている ※ベンチマークとして、今回のような試験項目でこういう結果が出た、という点で参 考にしてもらえたら幸い
  19. 19. 19 ベンチ開始!
  20. 20. 20 RandomWriteIO性能
  21. 21. 21 ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 510 392 3207 17441 8kB 550 400 2851 15005 16kB 539 372 1519 15918 RandomWriteのIOPS はい。ioDriveが突き抜けてて見づらいですね。。 ioDriveはずします。おまけ②で後ろの参考にスライド載せておきます。 0 2000 4000 6000 8000 10000 12000 14000 16000 18000 20000 4k 8k 16k IOPS BlockSize I/O_RandomWrite IOPS R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) 見ずら!
  22. 22. 22 ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 510 392 3207 17441 8kB 550 400 2851 15005 16kB 539 372 1519 15918 RandomWriteのIOPS いきなりですが、EBS ぜんぜん IOPS出てない 0 500 1000 1500 2000 2500 3000 3500 4k 8k 16k IOPS BlockSize I/O_RandomWrite IOPS R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) いきなりEBS 4000IOPS出てない!?
  23. 23. 23 ・EBSはネットワークアタッチ型ブロックストレージである点 1スレッドで4000IOPSを実現するには 1/4000秒 = 0.00025 = 0.25msec = 250nsec でIOが完了する必要があります EBSはネットワーク接続のストレージであり、そこまでのレイテンシを実現できないことは事実で す。 これ以上の処理時間の短縮のためには各種のキャッシュをお勧めする。 今回2スレッドで実施したが、スレッド数を増やした場合には性能は増えていく。 EBSの利用パターンはアプリケーションの設計や、その利用状況に大きく依存します。 アクセスが1点に集中しないようなアプリケーション設計をAWSとして広くお客様に推奨する。 見解①:ProvisionedIOPS 4000 にしたのに4000出てない点
  24. 24. 24 ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 4060 3113 12831 139535 8kB 8736 6356 22811 236072 16kB 16967 11622 24305 509388 RandomWriteのBandWidth 帯域については、bit換算の2スレッド分で、200Mb~388Mb程度出ています。 単位:KB 0 5000 10000 15000 20000 25000 30000 4k 8k 16k Traffic BlockSize I/O_RandomWrite Bandwidth R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS)
  25. 25. 25 ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 1954.51 2539.99 309 53.95 8kB 1813.45 2494.45 348 63.23 16kB 1849.84 2679.76 655.6 59.49 RandomWriteのLatency レイテンシも物理に比べると遙かに低い値を出してます。 単位:usec 0 500 1000 1500 2000 2500 3000 4k 8k 16k Latancy BlockSize I/O_RandomWrite Latency R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS)
  26. 26. 26 RondomReadIO性能
  27. 27. 27 ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 218 324 2431 9931 8kB 223 341 1918 9789 16kB 227 318 1597 9058 RandomReadのIOPS 0 500 1000 1500 2000 2500 3000 4k 8k 16k IOPS BlockSize I/O_RandomRead IOPS R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) 見解①の理由による
  28. 28. 28 ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 1748 2597 9727.6 79377 8kB 3571 5466 15352 156317 16kB 7285 10186 25558 289581 RandomReadのBandWidth 単位:KB 0 5000 10000 15000 20000 25000 30000 4k 8k 16k Traffic BlockSize I/O_RandomRead Bandwidth R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) 帯域については、bit換算の2スレッド分で、155Mb~408Mb程度出ています。
  29. 29. 29 ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 4571.47 3074.4 408.5 96.72 8kB 4475.22 2921.32 518.5 98.17 16kB 4387.79 3135.5 623.4 106.36 RandomReadのLatency 単位:usec 0 500 1000 1500 2000 2500 3000 3500 4000 4500 5000 4k 8k 16k Latancy BlockSize I/O_RandomRead Latency R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) レイテンシも物理に比べると遙かに低い値を出してます。
  30. 30. 30 SequentialWriteIO性能
  31. 31. 31 ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 9296 10911 3121 19580 8kB 9672 9311 2770 19038 16kB 5174 4982 1535 16437 SequentialWriteのIOPS 見解①の理由による。 0 2000 4000 6000 8000 10000 12000 4k 8k 16k IOPS BlockSize I/O_SequentialWrite IOPS R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS)
  32. 32. 32 ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 74373 87292 12488 156644 8kB 132383 148982 22161 304619 16kB 152926 159448 24576 525733 SequentialWriteのBandWidth 単位:KB 0 20000 40000 60000 80000 100000 120000 140000 160000 180000 4k 8k 16k Traffic BlockSize I/O_SequentialWrite Bandwidth R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) 帯域については、bit換算の2スレッド分で、200Mb~393Mb程度出ています。
  33. 33. 33 ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 104.95 89.07 319.1 48.48 8kB 100.69 104.62 359.7 50.1 16kB 190.67 197.94 649.8 58.42 SequentialWriteのLatency 単位:usec 0 100 200 300 400 500 600 700 4k 8k 16k Latancy BlockSize I/O_SequentialWrite Latency R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) シーケンシャルについては物理ディスクの特性もあり、全般的に物理ディスクが優位な値 を出しています。
  34. 34. 34 SequentialReadIO性能
  35. 35. 35 ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 10213 11860 4068 9893 8kB 8484 9934 3999 10031 16kB 6232 8336 3658 9724 SequentialReadのIOPS 0 2000 4000 6000 8000 10000 12000 14000 4k 8k 16k IOPS BlockSize I/O_SequentialRead IOPS R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) シーケンシャルについては物理ディスクの特性もあり、全般的に物理ディスクが優位な値 を出しています。 EBSもほぼ4千出ています。Readはなんらかのキャッシュが効いているのか?
  36. 36. 36 ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 74876 94885 16275 79145 8kB 135746 158953 31996 160498 16kB 191014 266762 58542 310988 SequentialReadのBandWidth 単位:KB 0 50000 100000 150000 200000 250000 300000 4k 8k 16k Traffic BlockSize I/O_SequentialRead Bandwidth R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) 帯域については、bit換算の2スレッド分で、260Mb~936Mb出ています。
  37. 37. 37 ・EBSはネットワークアタッチ型ブロックストレージである点 ProvisionedIOPS の想定ブロックサイズは4kBです。 EC2とEBS間はネットワークで接続で帯域は1Gbpsらしいです。 つまり、スレッド数を増やしたとしても、ブロックサイズ16kBで試験した場合、IOPSの性能上限 の前にNW帯域がボトルネックとして顕在化することが予測される。 SequentialReadの16kBブロックサイズでは、EBSは帯域936Mbpsのアベレージが出てるの で、スレッドを増やしたとしても、NW帯域が既に頭打ちの為IOPSの増加は見込めないですね。 見解②:ProvisionedIOPS の想定ブロックサイズは4kB
  38. 38. 38 ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 95.38 81.89 244.5 98.25 8kB 115.42 98.11 248.7 96.8 16kB 157.92 117.37 272.1 100.04 SequentialReadのLatency 単位:usec 0 50 100 150 200 250 300 4k 8k 16k Latency BlockSize I/O_SequentialRead Latency R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) シーケンシャルについては物理ディスクの特性もあり、全般的に物理ディスクが優位な値 を出しています。
  39. 39. 39 見解①②で述べた内容の復唱となるが、 ・EBSの利用パターンはアプリの設計や利用状況に依存する為、EBSの特性を押さえておくこ とと、IOにシビアなサーバを載せるのであれば十分な検証をお勧めする。 ・EBSはネットワーク接続の為、性能上限としてはNW帯域の方が先にボトルネックになる点も 考慮しておく。 総括
  40. 40. 40 株式会社サイバーエージェント株式会社サイバーエージェント 本日の内容 ・物理サーバとEBSでIOベンチマーク比較 ・おまけ① 8Threadに増やして再度試験 ・おまけ② ioDrive入り
  41. 41. 41 EBS:400GB PIOPS:4000 このEBSを2セット用意しRAID0でストライピング これで8000 IOPS を実現!? fio 8jobsで試験開始
  42. 42. 42 fioの設定内容 Fioツールの設定 OSページキャッシュは無効化 size=2G directory=/tmp ※任意 numjobs=8 loops=1 direct=1 ioengine=sync iodepth=1
  43. 43. 43 RandomWriteIO性能
  44. 44. 44 ブロッ ク サイズ R620 R310 EC2 4k 510 392 8165 8k 550 400 5804 16k 539 372 5504 RandomWriteのIOPS PIOPSでの想定ブロック4kBでは8000が出てます。 0 1000 2000 3000 4000 5000 6000 7000 8000 9000 4k 8k 16k IOPS BlockSize I/O_RandomWrite IOPS EC2(8thread) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5)
  45. 45. 45 ブロック サイズ R620 R310 EC2 4k 4060 3113 32677.9 8k 8736 6356 46456.5 16k 16967 11622 88078 RandomWriteのBandWidth 帯域については、32MB~88MB(256Mbps~704Mbps) 1Gbps = 125MB 単位:KB 0KB 10000KB 20000KB 30000KB 40000KB 50000KB 60000KB 70000KB 80000KB 90000KB 100000KB 4k 8k 16k Traffic BlockSize I/O_RandomWrite Bandwidth EC2(8thread) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5)
  46. 46. 46 ブロック サイズ R620 R310 EC2 4k 1954.51 2539.99 975.86 8k 1813.45 2494.45 1377.88 16k 1849.84 2679.76 1366.07 RandomWriteのLatency 単位:usec 0usec 500usec 1000usec 1500usec 2000usec 2500usec 3000usec 4k 8k 16k Latancy BlockSize I/O_RandomWrite Latency EC2(8thread) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5)
  47. 47. 47 RandomReadIO性能
  48. 48. 48 ブロック サイズ R620 R310 EC2 4k 218 324 8165 8k 223 341 8182 16k 227 318 7044 RandomReadのIOPS PIOPSでの想定ブロック4kBと、8kBでも8000近くを安定して出ています 0 1000 2000 3000 4000 5000 6000 7000 8000 9000 4k 8k 16k IOPS BlockSize I/O_RandomRead IOPS EC2(8thread) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5)
  49. 49. 49 ブロック サイズ R620 R310 EC2 4k 1748 2597 32672.5 8k 3571 5466 65474.6 16k 7285 10186 112772 RandomReadのBandWidth 帯域については、32MB~112MB(261Mb~902Mb) ブロックサイズ16kB時は、NW帯域がボトルネックになりだしている 単位:KB 0KB 20000KB 40000KB 60000KB 80000KB 100000KB 120000KB 4k 8k 16k Traffic BlockSize I/O_RandomRead Bandwidth EC2(8thread) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5)
  50. 50. 50 ブロック サイズ R620 R310 EC2 4k 4571.47 3074.4 977.92 8k 4475.22 2921.32 972.37 16k 4387.79 3135.5 1126.83 RandomReadのLatency 単位:usec 0usec 500usec 1000usec 1500usec 2000usec 2500usec 3000usec 3500usec 4000usec 4500usec 5000usec 4k 8k 16k Latancy BlockSize I/O_RandomRead Latency EC2(8thread) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5)
  51. 51. 51 SequentialWriteIO性能
  52. 52. 52 ブロック サイズ R620 R310 EC2 4k 9296 10911 7677 8k 9672 9311 7237 16k 5174 4982 6480 SequentialWriteのIOPS PIOPSでの想定ブロック4kBでは8000近く出てます 0 2000 4000 6000 8000 10000 12000 4k 8k 16k IOPS BlockSize I/O_SequentialWrite IOPS EC2(8thread) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5)
  53. 53. 53 ブロック サイズ R620 R310 EC2 4k 74373 87292 30725.8 8k 132383 148982 57920.4 16k 152926 159448 103744 SequentialWriteのBandWidth 帯域については、30MB~103MB(245Mbps~830Mbps) 単位:KB 0KB 20000KB 40000KB 60000KB 80000KB 100000KB 120000KB 140000KB 160000KB 180000KB 4k 8k 16k Traffic BlockSize I/O_SequentialWrite Bandwidth EC2(8thread) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5)
  54. 54. 54 ブロック サイズ R620 R310 EC2 4k 104.95 89.07 1039.44 8k 100.69 104.62 1103.35 16k 190.67 197.94 1233.16 SequentialWriteのLatency 単位:usec 0usec 200usec 400usec 600usec 800usec 1000usec 1200usec 1400usec 4k 8k 16k Latancy BlockSize I/O_SequentialWrite Latency EC2(8thread) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5)
  55. 55. 55 SequentialReadIO性能
  56. 56. 56 ブロック サイズ R620 R310 EC2 4k 10213 11860 8178 8k 8484 9934 8174 16k 6232 8336 7309 SequentialReadのIOPS PIOPSでの想定ブロック4kBと、8kBでも8000近くが出てます 0 2000 4000 6000 8000 10000 12000 14000 4k 8k 16k IOPS BlockSize I/O_SequentialRead IOPS EC2(8thread) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5)
  57. 57. 57 ブロック サイズ R620 R310 EC2 4k 74876 94885 32732.7 8k 135746 158953 65430.1 16k 191014 266762 117003 SequentialReadのBandWidth 帯域については、32MB~117MB(261Mbps~936Mbps) 16kBではほぼNW帯域が頭打ち状態 単位:KB 0KB 50000KB 100000KB 150000KB 200000KB 250000KB 300000KB 4k 8k 16k Traffic BlockSize I/O_SequentialRead Bandwidth EC2(8thread) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5)
  58. 58. 58 ブロック サイズ R620 R310 EC2 4k 95.38 81.89 966.77 8k 115.42 98.11 979.34 16k 157.92 117.37 1069.9 SequentialReadのLatency 単位:usec 0usec 200usec 400usec 600usec 800usec 1000usec 1200usec 4k 8k 16k Latency BlockSize I/O_SequentialRead Latency EC2(8thread) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5)
  59. 59. 59 検証の本筋で述べた通り諸処気を付ける点はあるが(ブロックサイズ4kBとか) 4000PIOPSをRAID0することで、確かに倍の8000IOPSを達成している。 総括
  60. 60. 60 株式会社サイバーエージェント株式会社サイバーエージェント 本日の内容 ・物理サーバとEBSでIOベンチマーク比較 ・おまけ① 8Threadに増やして再度試験 ・おまけ② ioDrive入り
  61. 61. 61 RandomWriteIO性能
  62. 62. 62 RandomWriteのIOPS ランダムのioDriveハンパない 0 2000 4000 6000 8000 10000 12000 14000 16000 18000 20000 4k 8k 16k IOPS BlockSize I/O_RandomWrite IOPS R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 510 392 3207 17441 8kB 550 400 2851 15005 16kB 539 372 1519 15918
  63. 63. 63 RandomWriteのBandWidth 0KB 100000KB 200000KB 300000KB 400000KB 500000KB 600000KB 4k 8k 16k Traffic BlockSize I/O_RandomWrite Bandwidth R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) 単位:KB ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 4060 3113 12831 139535 8kB 8736 6356 22811 236072 16kB 16967 11622 24305 509388
  64. 64. 64 RandomWriteのLatency 0usec 500usec 1000usec 1500usec 2000usec 2500usec 3000usec 4k 8k 16k Latancy BlockSize I/O_RandomWrite Latency R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) 単位:usec ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 1954.51 2539.99 309 53.95 8kB 1813.45 2494.45 348 63.23 16kB 1849.84 2679.76 655.6 59.49
  65. 65. 65 RondomReadIO性能
  66. 66. 66 RandomReadのIOPS 0 2000 4000 6000 8000 10000 12000 4k 8k 16k IOPS BlockSize I/O_RandomRead IOPS R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 218 324 2431 9931 8kB 223 341 1918 9789 16kB 227 318 1597 9058
  67. 67. 67 RandomReadのBandWidth 0KB 50000KB 100000KB 150000KB 200000KB 250000KB 300000KB 350000KB 4k 8k 16k Traffic BlockSize I/O_RandomRead Bandwidth R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) 単位:KB ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 1748 2597 9727.6 79377 8kB 3571 5466 15352 156317 16kB 7285 10186 25558 289581
  68. 68. 68 RandomReadのLatency 0usec 500usec 1000usec 1500usec 2000usec 2500usec 3000usec 3500usec 4000usec 4500usec 5000usec 4k 8k 16k Latancy BlockSize I/O_RandomRead Latency R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) 単位:usec ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 4571.47 3074.4 408.5 96.72 8kB 4475.22 2921.32 518.5 98.17 16kB 4387.79 3135.5 623.4 106.36
  69. 69. 69 SequentialWriteIO性能
  70. 70. 70 SequentialWriteのIOPS 0 5000 10000 15000 20000 25000 4k 8k 16k IOPS BlockSize I/O_SequentialWrite IOPS R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 9296 10911 3121 19580 8kB 9672 9311 2770 19038 16kB 5174 4982 1535 16437
  71. 71. 71 SequentialWriteのBandWidth 0KB 100000KB 200000KB 300000KB 400000KB 500000KB 600000KB 4k 8k 16k Traffic BlockSize I/O_SequentialWrite Bandwidth R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) 単位:KB ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 74373 87292 12488 156644 8kB 132383 148982 22161 304619 16kB 152926 159448 24576 525733
  72. 72. 72 SequentialWriteのLatency 0usec 100usec 200usec 300usec 400usec 500usec 600usec 700usec 4k 8k 16k Latancy BlockSize I/O_SequentialWrite Latency R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) 単位:usec ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 104.95 89.07 319.1 48.48 8kB 100.69 104.62 359.7 50.1 16kB 190.67 197.94 649.8 58.42
  73. 73. 73 SequentialReadIO性能
  74. 74. 74 SequentialReadのIOPS 0 2000 4000 6000 8000 10000 12000 14000 4k 8k 16k IOPS BlockSize I/O_SequentialRead IOPS R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 10213 11860 4068 9893 8kB 8484 9934 3999 10031 16kB 6232 8336 3658 9724 シーケンシャルのとくにリードであれば、ioDriveに比べて物理ディスクの方が組み方次第 で勝てます。 ハード選定は適切に( ̄▽ ̄)ノ
  75. 75. 75 SequentialReadのBandWidth 0KB 50000KB 100000KB 150000KB 200000KB 250000KB 300000KB 350000KB 4k 8k 16k Traffic BlockSize I/O_SequentialRead Bandwidth R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) 単位:KB ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 74876 94885 16275 79145 8kB 135746 158953 31996 160498 16kB 191014 266762 58542 310988
  76. 76. 76 SequentialReadのLatency 0usec 50usec 100usec 150usec 200usec 250usec 300usec 4k 8k 16k Latency BlockSize I/O_SequentialRead Latency R620(ioDrive) R620(SAS,H710,R1) R310(SAS,H700,R5) EC2(EBS) 単位:usec ブロック サイズ R620 R310 EC2 R620 (ioDrive) 4kB 95.38 81.89 244.5 98.25 8kB 115.42 98.11 248.7 96.8 16kB 157.92 117.37 272.1 100.04
  77. 77. 77 株式会社サイバーエージェント株式会社サイバーエージェント 謝辞 今回の検証、Amazon様にご協力頂きました。 Thank you Amazon!! 2013/05/21 @目黒アルコタワーアネックス
  78. 78. 78 株式会社サイバーエージェント ご清聴ありがとうございました!

×