Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Redmine tokyo 2020/05/23

754 views

Published on

redmine tokyo LT の資料

Published in: Engineering
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

Redmine tokyo 2020/05/23

  1. 1. 2020/05/23 redmine.tokyo Twitter の #redmine に saito0119 で出没。 計算機屋になって 35年 齋藤 誠 Redmine + Teams = Telework
  2. 2. 医療従事者+行政の方、 ご苦労様です。 齋藤と申します。名古屋からです。 今日は「自分ができる事=テレワークで 本業完遂!」の話をします。 #ご質問/ご意見あれば是非、twitter で #redmine で お願いします。結構マメにお返事書きます。講演中?も 見てます... 2 名古屋城?じゃなくて、愛知県庁
  3. 3. 1.世の中は? 90%の会社が、テレワーク推奨 45%の人が、「テレワーク初めて」 出来ない理由は、 80%が自宅ネットワークやPC環境 60%がセキュリティ/制度上の問題 テレワークで生産性が 上がった26%、下がった27%、変化なし40% 課題は 1. Wi-FiやPC環境 2.コミュニケーション負担 3.職場の一体感がなくなる 4.仕事のメリハリが効かない 5.柔軟な業務のアサイン難しい → ? 引用: https://www.businessinsider.jp/post-212327 3
  4. 4. “ コロ助のおかげで、いきなり来てしまった テレワーク時代。 HW環境は VPC(DaaS) + RDP で準備完了 していたし、多拠点での業務を実現する ために Redmine や Teams を用意し、 利用を進めていた(自由なチーム編成)。 元々東京オリパラ向けだったが、珍しく 当社の「偶然やっといて正解」のラッキー パンチが出た。 4 2.当社は?
  5. 5. 3. 使い分けは? Redmine と Teams は、利用を1つに絞るべきなのか? 共存可能なのか? 5
  6. 6. Teams 色々仕組みはあるが、ナレッジにはなり得ない。 あくまでも、チャットツール。 しかし、MS御謹製であるが故か、妙に非エンジニア系 の人に人気がある。あちこちいじっていれば、何とか 使える感じ? Planner という小チームでのタスク管理機能もあり、 使いこなせば、Redmine 要らないチームもあるかも? テレワークでの連絡の取りにくさを、うまく埋めて いる。メールの量が、激減した。なかなかできる奴。 テレワークでのチャット 6 特に見せ方がスマートで、 古い情報(ノイズ)を上手に隠 す(長いメッセージを頭だ けにしたり)。redmine に も欲しい!
  7. 7. Redmine もテレワークで大活躍 7 Redmine 堂々の、タスク管理/課題管理/BTS/ナレッジDB。 しかし、すこーし UI がレトロな所もあり、 非エンジニア系の人には敷居が高いツール。 チャット用チケットを作れば、何となくそういう 用途もこなせるけど、何だか違う。 自分は、元々多拠点にいるメンバを、Redmine で 束ねていたので、テレワークに違和感ゼロ。 その存在感は鉄壁のバックヤードだが、 残念ながらスピード感は Teams が上か。 メンションやいいねボタン がないのが残念。
  8. 8. 初動とチケット化 8 Teams 第一報はここ。例えば上司が「あれやっといて」。 チームに「いつまでにどんな風に?」「誰がやる の?」等々、チャットが飛び交う。 「この資料を基に」とファイルを張ったり、 「こんな依頼だった」と議事メモを投げたり。 一通り嵐がすぎると、大体の作戦は立つ。 もし、収拾がつかない場合は、すぐにTeams 会議へGO。web会議に随時人を呼んで対応。 議事メモは、とりあえずチャットに添付か、 チームの wiki や one note へ。 Redmine キーマンが「はい、じゃあ今までの話をまとめて チケット切って」と宣言し、以降はチケットでのタスク 管理へ。週1回の進捗会議でフォローし、予実が管理される。 web会議、現在誰が入っているか 、通知を出したけど来てない人は だれか、この人も呼んだら?のお 勧めが出る!
  9. 9. ① 電話/Web会議 テレワークでの最終兵器。即時に対応を求められ、応答 も必要。時間泥棒だが、上司の特権。完全な同期型で、 双方の時間を拘束。 ② Teams リアルタイムの通知だが、応答は即時でなくても よい。非同期型。しかし、メールほどのんびりで 良い訳もなく、放置すると「既読スルー」と言われる。 ③ Redmine 通知/応答ともに非同期。定期的にちゃんと見て、 必要なアクションを起こす。 ④ メール 名前の通り郵便。外からの連絡を受けるための道具。 #redmine の通知を Teams(slack) に送るのは、皆さん どうですかね?自分はメールだけで良いような... 9 連絡種類 同期と非同期
  10. 10. 早い話、結論は共存です! 間違いない →双方 中途半端に強化せず、専門を極めて プロの道具になって欲しい。 10
  11. 11. 4. 使い分け例 11 ① 一時的/永続的(バランス型) 一時的な情報で、後で読み直さない/再利用しないものを Teams で。今後永続的に利用し、ナレッジDBになるのが、 Redmine。→ 現在の自PJ ② Redmine の利用範囲を狭く(Teams 集中) 計画を持つもの=タスク管理と、バグ管理のみを Redmineに集中。課題管理や雑多な情報管理を、あえて Redmine に持ち込まない。ガントチャートに出すタスク のみ、チケット化する。→ Teams 先行事例? ③ Teams はリアルタイムのみ(Redmine 集中) チャットは電話の代わり。資料を渡す、議事メモを置くなど、 Redmine でできる事は、すべてそちらに寄せる。一元管理。 → Redmine 先行事例
  12. 12. 5. 終わりに ① ピンチはチャンス 上司編 今までなかなか普及しなかった、redmine を定着させる チャンス到来!経営/管理層もアタフタしているので、成果の 数量化が出来る、ナレッジとして対面で話さなくても情報 共有が出来る、工数管理も、と言う餌で釣る。 決め手は「すぐ使える SaaS 、お試し頼みましょう!」 ② ピンチはチャンス 同僚編 「仕事の記録を残そう」と言っても電話で連絡してくる人に、 「チャットなら即時対応するよ」と対応。そして、チャットを redmine にコピペして、永続化。言った言わない議論に終止符。 この動乱に乗じて、Redmine を仕事に持ち込んでしまおう。 職場の New Normal は、今 我々が作る。 12

×