Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
主にストアアプリが作りた
い!!
しかもiOSとかAndroidアプリと
かも作りたい!!
主な複数プラットフォーム開発ツー
ル
ストアアプ
リ
デスクトッ
プ
Windows Phone iOS MacOS Android
Xamarin △ △ △ ○ △ ○
Unity ○ ○ ○ ○ ○ ○
Monaca ○ × × ○ × ...
今回は以下を紹介します
ストアアプ
リ
デスクトッ
プ
Windows Phone iOS MacOS Android
Xamarin △ △ △ ○ △ ○
Unity ○ ○ ○ ○ ○ ○
Monaca ○ × × ○ × ○
Adobe...
Xamarin
Xamarin
概要:C#でiOS、MacOS、 Androidアプリの開発が可能
IDE:Visual Studio or Xamarin Studio
備考:iOS、Android用のポータブルクラスライブラリ
(PCL)の開発が可能
もと...
お値段
お値段の感想
無料版(STARTER)はお試しという印象
Visual StudioサポートがBUSINESSから・・・
企業利用ならBUSINESSもあり、
個人利用だとちょっと高い。INDIE版か?
使ってみる
30日体験版でVisual Studioからの開発を試してみる。
使ってみる(Android編)
新しいプロジェクトに
AndroidとiOSの文字が!!
書籍を参考に作ってみる(Android編)
「作ればわかる!Androidプログラミング」
を参考にアプリを作ってみる。
書籍を参考に作ってみる(Android編)
画面はAndroidと同じコード(XML)で行ける。
注意:XAMLではない
WYSYWIGエディタもある。
Visual Studio感覚(いやVisual Studioなんですが・・・)
でコントロールをドラッグ&ドロップ
ViewのコードはXAMLじゃなくてAndroid式
(Java)
static final int imageButtons[] = {
R.id.image_button1,
(C#)
static private readonly int[] imageButtons = {
Resourc...
(Java)
ImageButton imgbtn =
(ImageButton)findViewById(imageButtons[i]);
(C#)
ImageButton imgbtn =
FindViewById<ImageButton...
(Java)
ImageButton imgbtn =
SystemClock.elapsedRealtime() ;
(C#)
SystemClock.ElapsedRealtime();
(Java)
btn.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
public void onClick(View v) {
startGame();
startChronometer();
...
Xamarin × Androidまとめ
Visual StudioでAndroid開発ができるのはBUISINESSエ
ディション(30日お試しあり)
Xamarin Studioなら無料のSTARTERでも可能。
(容量などの制限あり)
作...
軽く使ってみる(iPhone編)
Visual StudioでiOS開発するにはBUSINESS以上のエディション
が必要と表示されます(AndroidができたのもTrialだったから
です)。
軽く使ってみる(iPhone編)
(参考)Macだと制限つきですがSTARTERでiPhone開発可能。
軽く使ってみる(iPhone編)
Trialを選択。
軽く使ってみる(iPhone編)
(意訳)Mac上でデバッグするためのホストを起動しPairを押
してくれ!
軽く使ってみる(iPhone編)
Mac上でログインしてPairボタンを押す
軽く使ってみる(iPhone編)
Mac上でログインしてPairボタンを押す
軽く使ってみる(iPhone編)
続いてVisual StudioでビルドするホストMacを選択。
軽く使ってみる(iPhone編)
ペアリングするためにMac上で表示されたPINを入力。
軽く使ってみる(iPhone編)
ペアリング成功!!
軽く使ってみる(iPhone編)
ペアリング成功!!
軽く使ってみる(iPhone編)
Mac側で
シュミレーター起動
Windows側はVisual Studioで
デバッグ
気になったところ(iPhone編まとめ)
ストーリーボード(iPhoneのView作る仕組み)が作れない。
(Mac上で起動したXamarin Studioなら可能)
リモートデバッグが面倒
(Win機とMacでキーボード、マウスを共有して対応...
軽く使ってみるPCL編
Visual Studio+Xamarinを使えばiOS用のアプリもAndroid用
のアプリもC#で作成できるのはわかった!!
けど、それぞれ別のプロジェクトが必要になるんだよ
ね?
結局、それぞれで開発しなければいけ...
軽く使ってみるPCL編
という場合にPCL(ポータブルクラスライブラリ)の登場で
す。
PCL=Windows、Silverlight、Windows Phoneなどで共通で実
行できるDLLを作成するんだ!!
Xamarinを使えばこれにAn...
軽く使ってみるPCL編
Xamarinがある場合
PCL作成時に決める対応プラットフォームに・・・
軽く使ってみるPCL編
とりあえずすごい簡単なやつを作ってみる
public class Class1
{
public int add(int a, int b)
{
return a + b;
}
}
軽く使ってみるPCL編
とりあえずすごい簡単なやつを作ってみる
Androidのプロジェクトで呼び出し(手抜き過ぎてすまん)
Class1 c = new Class1();
System.Diagnostics.Debug.Write(c.a...
軽く使ってみるPCL編
もちろんiPhoneでも!!
Class1 c = new Class1();
System.Diagnostics.Debug.Write(c.add(3, 4));
結果↓
軽く使ってみるPCL編
もちろんWindowsストアアプリでも!!
Class1 c = new Class1();
System.Diagnostics.Debug.WriteLine(c.add(3, 4));
結果↓
PCLまとめ
使い方は簡単。
でも、各プラットフォーム固有のAPIなどは呼び出せない。
Visual StudioだとPro以上のエディションが必要になります
が、Xamarin Studioなら無償のSTARTERでも32kbまでの
PCLが...
Xamarinまとめ
C#でいろいろ開発できる!!
View側の仕組みはそれぞれの
iPhone開発はMacが必要
無料のSTARTERで動作確認
とりあえず簡単なアプリを作るならINDIE(年間299$)
Visual Studioを使いたい...
Unity
Unity
言わずとしれたゲーム制作ツール。
無料でいろいろ始められるのが嬉しい。
(iOS、Android、ストアアプリ・・・)
C#で書ける!!
3Dゲーム用でしたが、2Dも行けるように
(こうなると使い方次第ではなんでも)
お値段
機能がそろったPro版は有料
無印とProの比較
http://japan.unity3d.com/unity/licenses
軽く使ってみる
以下のWebサイトを参考に触ってみます。
ドットインストール – Unity入門(全26回)
http://dotinstall.com/lessons/basic_unity
軽く使ってみる
以下の作業を行います
1.床とボールの配置
2.重力の設定
3.キーイベントで入力に反応
4.ストアアプリ用に書き出し
軽く使ってみる
デモ
軽く使ってみる
1.床とボールの配置
オブジェクト(物体)の配置はHierarchyウィンドウ
(Visual Studioでいうソリューションエクスプロー
ラー)
軽く使ってみる
1.床とボールの配置
オブジェクト(物体)のパラメーターはInspectorで
(Visual Studioでいうプロパティウィンドウ)
軽く使ってみる
床になる(Cube)とボール(Sphere)を配置
軽く使ってみる
ボールに重力を設定
Componentから物理設定を
(参考)#08 Rigidbodyを使ってみよう
http://dotinstall.com/lessons/basic_unity/24608
軽く使ってみる
ボールに重力を設定
Physics→Rigidbody
軽く使ってみる
動作確認
跳ね返らないので跳ね返りを設定
軽く使ってみる
跳ね返りを設定
Physic Material→Bouncinessを設定
ボール(Sphere)にPhysic Materialを設定(ドロップ)
軽く使ってみる
キーイベントの設定
スペースキーで飛び上がるようにする
・・・その前に
軽く使ってみる
エディタをVisual Studioに設定
Edit→Preferences
External Tools
(参考)#12 Scriptを追加してみよう
http://dotinstall.com/lessons/basic_u...
軽く使ってみる
スクリプトはボールに対して設定
ボールを選択してAdd Component → New Script
軽く使ってみる
public class NewBehaviourScript : MonoBehaviour {
// 初期化処理をここに記入
void Start () {
}
// 繰り返し呼ばれるのでここにイベント処理などを
書く
vo...
軽く使ってみる
// 繰り返し呼ばれるのでここにイベント処理などを書
く
void Update () {
if (Input.GetButtonUp("Jump"))
{
// 上向きの速度を与える
rigidbody.velocity = ...
軽く使ってみる
ストアアプリ用に書き出し
C#+XAMLも選べる
もちろん8.1対応!!
軽く使ってみる
ストアアプリ用に書き出し
Visual Studioのプロジェクト形式に吐き出されるので、
ストアに出せるように整形。
Visual Studioでストア提出向けの情報を編集!!
・・・なんだけど、この工程でUnity側で編集が...
Unityまとめ
・すぐに3Dのアプリを作成できる
・Visual Studioでソースを編集できる
・PC、 Windows Phone、ストアアプリ、色々書きだせ
る。
もちろん、キーイベントやタッチイベントはそれぞれ
に対応するように
全体まとめ
・Visual StudioやC#を使って色々なプラットフォーム向
けのアプリが作れる!!
・.NET技術でiPhone, Androidアプリも作ろう!!
もちろんストアアプリもね!
ご清聴ありがとうございました
主にストアアプリが作りたい!! しかもI osとかandroidアプリとかも作りたい!!(公開用)
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

主にストアアプリが作りたい!! しかもI osとかandroidアプリとかも作りたい!!(公開用)

1,750 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

主にストアアプリが作りたい!! しかもI osとかandroidアプリとかも作りたい!!(公開用)

  1. 1. 主にストアアプリが作りた い!! しかもiOSとかAndroidアプリと かも作りたい!!
  2. 2. 主な複数プラットフォーム開発ツー ル ストアアプ リ デスクトッ プ Windows Phone iOS MacOS Android Xamarin △ △ △ ○ △ ○ Unity ○ ○ ○ ○ ○ ○ Monaca ○ × × ○ × ○ Adobe AIR × ○ × ○ × ○ PhoneGap × × ○ ○ × ○ Titanium Mobile × × × ○ × ○ ※△は条件付き ※有料無料は考慮しておりません。 ※ほかにもRAD Studio XE5, OpenLaszloなど
  3. 3. 今回は以下を紹介します ストアアプ リ デスクトッ プ Windows Phone iOS MacOS Android Xamarin △ △ △ ○ △ ○ Unity ○ ○ ○ ○ ○ ○ Monaca ○ × × ○ × ○ Adobe AIR × ○ × ○ × ○ PhoneGap × × ○ ○ × ○ Titanium Mobile × × × ○ × ○ ※△は条件付き ※有料無料は考慮しておりません。 ※ほかにもRAD Studio XE5, OpenLaszloなど
  4. 4. Xamarin
  5. 5. Xamarin 概要:C#でiOS、MacOS、 Androidアプリの開発が可能 IDE:Visual Studio or Xamarin Studio 備考:iOS、Android用のポータブルクラスライブラリ (PCL)の開発が可能 もともとはMonoとして開発が進み色々あって Xamarinに
  6. 6. お値段
  7. 7. お値段の感想 無料版(STARTER)はお試しという印象 Visual StudioサポートがBUSINESSから・・・ 企業利用ならBUSINESSもあり、 個人利用だとちょっと高い。INDIE版か?
  8. 8. 使ってみる 30日体験版でVisual Studioからの開発を試してみる。
  9. 9. 使ってみる(Android編) 新しいプロジェクトに AndroidとiOSの文字が!!
  10. 10. 書籍を参考に作ってみる(Android編) 「作ればわかる!Androidプログラミング」 を参考にアプリを作ってみる。
  11. 11. 書籍を参考に作ってみる(Android編) 画面はAndroidと同じコード(XML)で行ける。 注意:XAMLではない WYSYWIGエディタもある。
  12. 12. Visual Studio感覚(いやVisual Studioなんですが・・・) でコントロールをドラッグ&ドロップ
  13. 13. ViewのコードはXAMLじゃなくてAndroid式
  14. 14. (Java) static final int imageButtons[] = { R.id.image_button1, (C#) static private readonly int[] imageButtons = { Resource.Id.image_button1,
  15. 15. (Java) ImageButton imgbtn = (ImageButton)findViewById(imageButtons[i]); (C#) ImageButton imgbtn = FindViewById<ImageButton>(imageButtons[i]);
  16. 16. (Java) ImageButton imgbtn = SystemClock.elapsedRealtime() ; (C#) SystemClock.ElapsedRealtime();
  17. 17. (Java) btn.setOnClickListener(new View.OnClickListener() { public void onClick(View v) { startGame(); startChronometer(); }}); (C#) btn.Click += (s, e) => { startGame(); startChronometer(); };
  18. 18. Xamarin × Androidまとめ Visual StudioでAndroid開発ができるのはBUISINESSエ ディション(30日お試しあり) Xamarin Studioなら無料のSTARTERでも可能。 (容量などの制限あり) 作成したプロジェクトはMac上のXamarin Studioでも 開発可能(お試し版だと同時に複数PCで利用できな い?)。
  19. 19. 軽く使ってみる(iPhone編) Visual StudioでiOS開発するにはBUSINESS以上のエディション が必要と表示されます(AndroidができたのもTrialだったから です)。
  20. 20. 軽く使ってみる(iPhone編) (参考)Macだと制限つきですがSTARTERでiPhone開発可能。
  21. 21. 軽く使ってみる(iPhone編) Trialを選択。
  22. 22. 軽く使ってみる(iPhone編) (意訳)Mac上でデバッグするためのホストを起動しPairを押 してくれ!
  23. 23. 軽く使ってみる(iPhone編) Mac上でログインしてPairボタンを押す
  24. 24. 軽く使ってみる(iPhone編) Mac上でログインしてPairボタンを押す
  25. 25. 軽く使ってみる(iPhone編) 続いてVisual StudioでビルドするホストMacを選択。
  26. 26. 軽く使ってみる(iPhone編) ペアリングするためにMac上で表示されたPINを入力。
  27. 27. 軽く使ってみる(iPhone編) ペアリング成功!!
  28. 28. 軽く使ってみる(iPhone編) ペアリング成功!!
  29. 29. 軽く使ってみる(iPhone編) Mac側で シュミレーター起動 Windows側はVisual Studioで デバッグ
  30. 30. 気になったところ(iPhone編まとめ) ストーリーボード(iPhoneのView作る仕組み)が作れない。 (Mac上で起動したXamarin Studioなら可能) リモートデバッグが面倒 (Win機とMacでキーボード、マウスを共有して対応) Visual Studioに拘らず、C#にこだわるなら MacでXamarin Studioが良さそう。
  31. 31. 軽く使ってみるPCL編 Visual Studio+Xamarinを使えばiOS用のアプリもAndroid用 のアプリもC#で作成できるのはわかった!! けど、それぞれ別のプロジェクトが必要になるんだよ ね? 結局、それぞれで開発しなければいけないの?
  32. 32. 軽く使ってみるPCL編 という場合にPCL(ポータブルクラスライブラリ)の登場で す。 PCL=Windows、Silverlight、Windows Phoneなどで共通で実 行できるDLLを作成するんだ!! Xamarinを使えばこれにAndroid、iPhoneが加わる!! (注意:Visual StudioでのPCL作成にはPro以上のエディショ ンが必要です。)
  33. 33. 軽く使ってみるPCL編 Xamarinがある場合 PCL作成時に決める対応プラットフォームに・・・
  34. 34. 軽く使ってみるPCL編 とりあえずすごい簡単なやつを作ってみる public class Class1 { public int add(int a, int b) { return a + b; } }
  35. 35. 軽く使ってみるPCL編 とりあえずすごい簡単なやつを作ってみる Androidのプロジェクトで呼び出し(手抜き過ぎてすまん) Class1 c = new Class1(); System.Diagnostics.Debug.Write(c.add(3, 4)); 結果↓
  36. 36. 軽く使ってみるPCL編 もちろんiPhoneでも!! Class1 c = new Class1(); System.Diagnostics.Debug.Write(c.add(3, 4)); 結果↓
  37. 37. 軽く使ってみるPCL編 もちろんWindowsストアアプリでも!! Class1 c = new Class1(); System.Diagnostics.Debug.WriteLine(c.add(3, 4)); 結果↓
  38. 38. PCLまとめ 使い方は簡単。 でも、各プラットフォーム固有のAPIなどは呼び出せない。 Visual StudioだとPro以上のエディションが必要になります が、Xamarin Studioなら無償のSTARTERでも32kbまでの PCLが作れる。とりあえず動作確認はできるね。
  39. 39. Xamarinまとめ C#でいろいろ開発できる!! View側の仕組みはそれぞれの iPhone開発はMacが必要 無料のSTARTERで動作確認 とりあえず簡単なアプリを作るならINDIE(年間299$) Visual Studioを使いたいならBUSINESS(年間999$) ENTERPRISEはなんでもありで1899$ プロジェクトはそれぞれのプラットフォームで必要 PCLである程度カバー
  40. 40. Unity
  41. 41. Unity 言わずとしれたゲーム制作ツール。 無料でいろいろ始められるのが嬉しい。 (iOS、Android、ストアアプリ・・・) C#で書ける!! 3Dゲーム用でしたが、2Dも行けるように (こうなると使い方次第ではなんでも)
  42. 42. お値段 機能がそろったPro版は有料
  43. 43. 無印とProの比較 http://japan.unity3d.com/unity/licenses
  44. 44. 軽く使ってみる 以下のWebサイトを参考に触ってみます。 ドットインストール – Unity入門(全26回) http://dotinstall.com/lessons/basic_unity
  45. 45. 軽く使ってみる 以下の作業を行います 1.床とボールの配置 2.重力の設定 3.キーイベントで入力に反応 4.ストアアプリ用に書き出し
  46. 46. 軽く使ってみる デモ
  47. 47. 軽く使ってみる 1.床とボールの配置 オブジェクト(物体)の配置はHierarchyウィンドウ (Visual Studioでいうソリューションエクスプロー ラー)
  48. 48. 軽く使ってみる 1.床とボールの配置 オブジェクト(物体)のパラメーターはInspectorで (Visual Studioでいうプロパティウィンドウ)
  49. 49. 軽く使ってみる 床になる(Cube)とボール(Sphere)を配置
  50. 50. 軽く使ってみる ボールに重力を設定 Componentから物理設定を (参考)#08 Rigidbodyを使ってみよう http://dotinstall.com/lessons/basic_unity/24608
  51. 51. 軽く使ってみる ボールに重力を設定 Physics→Rigidbody
  52. 52. 軽く使ってみる 動作確認 跳ね返らないので跳ね返りを設定
  53. 53. 軽く使ってみる 跳ね返りを設定 Physic Material→Bouncinessを設定 ボール(Sphere)にPhysic Materialを設定(ドロップ)
  54. 54. 軽く使ってみる キーイベントの設定 スペースキーで飛び上がるようにする ・・・その前に
  55. 55. 軽く使ってみる エディタをVisual Studioに設定 Edit→Preferences External Tools (参考)#12 Scriptを追加してみよう http://dotinstall.com/lessons/basic_unity/24612
  56. 56. 軽く使ってみる スクリプトはボールに対して設定 ボールを選択してAdd Component → New Script
  57. 57. 軽く使ってみる public class NewBehaviourScript : MonoBehaviour { // 初期化処理をここに記入 void Start () { } // 繰り返し呼ばれるのでここにイベント処理などを 書く void Update () { } }
  58. 58. 軽く使ってみる // 繰り返し呼ばれるのでここにイベント処理などを書 く void Update () { if (Input.GetButtonUp("Jump")) { // 上向きの速度を与える rigidbody.velocity = Vector3.up * 10; } }
  59. 59. 軽く使ってみる ストアアプリ用に書き出し C#+XAMLも選べる もちろん8.1対応!!
  60. 60. 軽く使ってみる ストアアプリ用に書き出し Visual Studioのプロジェクト形式に吐き出されるので、 ストアに出せるように整形。 Visual Studioでストア提出向けの情報を編集!! ・・・なんだけど、この工程でUnity側で編集が出た ら・・・ Visual StudioからUnityで作ったゲームロジックなどは触 れない(っぽい)
  61. 61. Unityまとめ ・すぐに3Dのアプリを作成できる ・Visual Studioでソースを編集できる ・PC、 Windows Phone、ストアアプリ、色々書きだせ る。 もちろん、キーイベントやタッチイベントはそれぞれ に対応するように
  62. 62. 全体まとめ ・Visual StudioやC#を使って色々なプラットフォーム向 けのアプリが作れる!! ・.NET技術でiPhone, Androidアプリも作ろう!! もちろんストアアプリもね!
  63. 63. ご清聴ありがとうございました

×