Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
CHI2014
参加レポート
東大五十嵐研D3
中嶋 誠
nakajima@ui.is.s.u-tokyo.ac.jp
CHI2014勉強会@お茶の水女子大学
•会議全体の報告
•口頭発表の報告
•Tips
会議全体の報告
CHI
•HCI (Human-Computer Interaction)の学会
•インタフェース
•デバイス
•システムデザイン
•分析
CHI2014
•トロント(カナダ)
•Metro Toronto Convention Center
CHI2014
•トロント(カナダ)
•4/26∼5/1
•最初の2日はワークショップなど
•主なPaperセッションは28日∼
参加者
•世界中のHCI研究者
•バックグラウンドも色々
•CS、心理学、アート、経済、医療、教育
•3442 attendees from 54 countries (2013)
Opening Talk,
Mrs. Margaret Atwood
(SF novelist)
日本からの参加者
•大学、企業から60名程度
•CHI Japan Night
•4/29 夜
•日本に縁のある参加者の交流会
五十嵐研の参加者
•坂本 大介(助教)http://daisukesakamoto.jp/
• 論文監修
•中嶋 誠(D3)http://www-ui.is.s.u-tokyo.ac.jp/ nakajima/
• Paper
•深堀 孔明(M...
Aural (Large Hall)
Aural (Mid Hall)
WIP (Poster)
WIP (Poster)Interactivity (Demo)
口頭発表の報告
Tips
パラレルセッション
•論文数が多いので、並列でTalk
•モバイルアプリ
•スケジュール管理機能
•iPhone / Android
論文投稿について
•HCIの文脈に合わせて作文する
•CHIの関連研究をたくさん引用する
•プログラマ以外の人にも役立つ視点
•大きなビジョンを書く
•指導教官、英文校正のサポートを受ける
CHI2014勉強会
CHI2014勉強会
CHI2014勉強会
CHI2014勉強会
CHI2014勉強会
CHI2014勉強会
CHI2014勉強会
CHI2014勉強会
CHI2014勉強会
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

CHI2014勉強会

637 views

Published on

“CHI2014勉強会@お茶大”で使用したスライドです。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

CHI2014勉強会

  1. 1. CHI2014 参加レポート 東大五十嵐研D3 中嶋 誠 nakajima@ui.is.s.u-tokyo.ac.jp CHI2014勉強会@お茶の水女子大学
  2. 2. •会議全体の報告 •口頭発表の報告 •Tips
  3. 3. 会議全体の報告
  4. 4. CHI •HCI (Human-Computer Interaction)の学会 •インタフェース •デバイス •システムデザイン •分析
  5. 5. CHI2014 •トロント(カナダ) •Metro Toronto Convention Center
  6. 6. CHI2014 •トロント(カナダ) •4/26∼5/1 •最初の2日はワークショップなど •主なPaperセッションは28日∼
  7. 7. 参加者 •世界中のHCI研究者 •バックグラウンドも色々 •CS、心理学、アート、経済、医療、教育 •3442 attendees from 54 countries (2013)
  8. 8. Opening Talk, Mrs. Margaret Atwood (SF novelist)
  9. 9. 日本からの参加者 •大学、企業から60名程度 •CHI Japan Night •4/29 夜 •日本に縁のある参加者の交流会
  10. 10. 五十嵐研の参加者 •坂本 大介(助教)http://daisukesakamoto.jp/ • 論文監修 •中嶋 誠(D3)http://www-ui.is.s.u-tokyo.ac.jp/ nakajima/ • Paper •深堀 孔明(M2)http://www-ui.is.s.u-tokyo.ac.jp/ fukahori/ • Work in Progress
  11. 11. Aural (Large Hall)
  12. 12. Aural (Mid Hall)
  13. 13. WIP (Poster)
  14. 14. WIP (Poster)Interactivity (Demo)
  15. 15. 口頭発表の報告
  16. 16. Tips
  17. 17. パラレルセッション •論文数が多いので、並列でTalk •モバイルアプリ •スケジュール管理機能 •iPhone / Android
  18. 18. 論文投稿について •HCIの文脈に合わせて作文する •CHIの関連研究をたくさん引用する •プログラマ以外の人にも役立つ視点 •大きなビジョンを書く •指導教官、英文校正のサポートを受ける

×