Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

_gaTracker 第4回ミーティング『not providedをどうとらえるか』 いちしま泰樹

6,574 views

Published on

_gaTracker 第4回ミーティングでのCinciいちしま泰樹の発表『not providedをどうとらえるか(Google検索のSSL接続と向き合う)』 のプレゼンテーション資料です。

Published in: Business
  • Be the first to comment

_gaTracker 第4回ミーティング『not providedをどうとらえるか』 いちしま泰樹

  1. 1. _gaTracker vol.4 on 2012-6-6not provided をどうとらえるかGoogle検索のSSL接続と向き合う いちしま泰樹
  2. 2. 59% 70% Cinci のサイト Cinci のサイト自然検索流入における Google 自然検索流入におけるnot provided の割合 not provided の割合 2
  3. 3. ニホンツキノワグマ@上野動物園 3
  4. 4. 4
  5. 5. 他のツールSiteCatalyst あるツール (表示されない、不明) 5
  6. 6. 状況Google ログイン Firefox 14から(たぶん)Google Apps ログイン2012年3月6日からhttp://googlejapan.blogspot.jp/2012/03/google_06.html http://mozilla.jp/blog/entry/9307/ 6
  7. 7. 特に Webマーケティング系 ビジネスの場合、 「キーワードが不明」の 割合は大きい(よね?)オランウータン@多摩動物公園 7
  8. 8. 59% 70% Cinci のサイト Cinci のサイト自然検索流入における Google 自然検索流入におけるnot provided の割合 not provided の割合 8
  9. 9. 他の業界の場合 あくまで参考として 9
  10. 10. わからないものは わからないマレーグマ@東山動植物園 10
  11. 11. 検索キーワードを知ることは 自然検索流入の モチベーションを知ることダチョウ@多摩動物公園 11
  12. 12. 僕らは キーワードを大きな軸として ユーザーのモチベーションを 推測していた (もちろんそれだけじゃないけど)ハシビロコウ@上野動物園 12
  13. 13. キーワード → サイト キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワードキーワード キーワード サイト キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード 13
  14. 14. 着地した ランディングページも 検索キーワードと同じぐらい 重要な要素 (皆さんお気づきの通りです) キーワードと ランディングページを あわせて見るバン@善福寺公園 14
  15. 15. キーワード → LP キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード LP キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード LP キーワード キーワード キーワード キーワード キーワードキーワード キーワード キーワード キーワード LP サイト キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード LP キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード LP キーワード キーワード キーワード キーワード キーワード 15
  16. 16. Cinciサイト自然検索経由のLPオーガニック検索でディメンションをランディングページとか、アドバンスセグメントを利用とか、やり方はいろいろ+セカンダリディメンションでキーワード結構ゴミが多い注力していないページ、ビジネスからは少し遠いページが多々ある 16
  17. 17. 例)/service/ディレクトリを中心に見よう。ビジネスに直結する流入が多いから。他のディレクトリは調べ物系、情報収集の流入が多いし(それは意図したものでもあるけれども)。 17
  18. 18. だいぶ見やすくなった 注力しているページへの流入の状況はどう? (ここから個別にキーワードも見たり)※not providedも含めた状態で見る。特に切り分けない。切り分ける理由がない。 18
  19. 19. でも、ディレクトリ構成が複雑な場合だってある トップ 商品詳細 特集 お客様の声 商品A 関連 商品A 関連 商品A 関連 特定の商品に関するモチベーションを調べたいのに 複数のディレクトリにその商品に関するページが点在 反対に、一つのディレクトリに膨大なページが 放り込まれていて大変、というケースも「切り分けて調べたいサイト上のカテゴリー」と「モチベーション」が、計測データ上では分散。もしくはカオス。 19
  20. 20. 例)カスタム変数を使ってディレクトリとは異なる軸でページにラベルを振り、分類してしまおう。例えば「商品名」「カテゴリー」「地域名」とか_gaq.push([_setCustomVar,1,productName,nameA,3]);_gaq.push([_setCustomVar,1,categoryName,chair,3]);_gaq.push([_setCustomVar,1,pref,tokyo,3]);CMSの普及で、対応は比較的容易になった。「特定の商品」「特定のカテゴリー」「特定地域の(物件)」で切り分けてランディングページを分類でき、モチベーションの把握がしやすい 20
  21. 21. キーワードは、ダウンロードして処理しやすいけれど、ページは後から分類って意外に相当大変 21
  22. 22. 注力しているカテゴリーのランディングページの 自然検索流入のトレンド把握も容易 22
  23. 23. 例) 「ブランド想起」を 自然検索経由の指名系キーワード流入で見ていた Cinciサイト (掛け合わせを含む) 指名系キーワード流入を ブランド想起としてモニタリング していた(掛け合わせを含む) 「SSL化」以降、 自然検索経由 ×トップページをLPとした流入 を「ブランド想起の流入」 「ブランド想起」を に変更 自然検索経由×トップページをランディングとした 流入で見るように変更した もちろんサイトによっては ビッグキーワードなどでの流入も▲縦軸が0で開始して あるはずなので、その都度定義は必要いないのに注意 どういう流入をどういうモチベーションとして とらえるかが大事 23
  24. 24. 取得できる検索キーワードの多様性、バリエーションは損なわれる(激しく)でも取得できないものは仕方がない 24
  25. 25. Do not track (DNT) の流れ FirefoxやSafariには実装 Internet Explorer 10 では 標準で有効に、との発表 (2012-5-31) あくまでブラウザーの 意思表示だけれど 25
  26. 26. 取れないものは仕方がない わからないものはわからない 取れているデータを元に ユーザーのモチベーションを 推測していくマレーグマ「ウメキチ」@上野動物園 26
  27. 27. not provided と 格闘するのではなく 受け入れて、そこから始めるアジアゾウ@東山動植物園 27
  28. 28. Happy analyzing. いちしま泰樹 http://cinci.jp/ http://makitani.com/アミメキリン@羽村市動物園

×