Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは(Oracle OpenWorld Tokyo 2009)

1,962 views

Published on

ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは
Oracle OpenWorld Tokyo 2009 (2009-4-23) 講演資料

Published in: Business
  • Be the first to comment

ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは(Oracle OpenWorld Tokyo 2009)

  1. 1. Oracle OpenWorld Tokyo ブランド、プロフィット、コスト、デザ インを追及するコンテンツ管理とは 2009-4-23 楽天株式会社 編成部 アクセス解析・最適化推進チーム 清水 誠 © 2009 Makoto Shimizu 1
  2. 2. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 自己紹介(CMS関連の知識・経験) 1. コンテンツ制作・管理の現場を体験 制作・開発・マーケ (1995~) 2. エンタープライズコンテンツ管理:ECM の立ち上げをリード (2005~2008) 3. ネットビジネスの最適化を推進中 効果測定・SEO・CMS (2008~) © 2009 Makoto Shimizu 2
  3. 3. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは CMSを活用する5つのポイント 設計 設計 導入 運用 運用 改善 改善 1. 目的とスコープを明確化 2. 包括的なIT戦略に組み込む 3. 関係者(社内外)を特定する 4. プロジェクト化とキックオフ 5. 導入・移行・運用の詳細プラン © 2009 Makoto Shimizu 3
  4. 4. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 1.目的とスコープを明確化 目的は何か? 正しい意思決定ができるよう優先順位付けを • コスト削減? • 効率UP? 相反する 相反する ことも ことも • 時間短縮? • 品質向上? © 2009 Makoto Shimizu 4
  5. 5. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 事例:ECM戦略 積極的なメディア展開のための先行投資 コンテンツをアセット化し、多様なメディア展開を可能に シングルソース、CRM、デジタル化を推進 制作・管理コスト e for be after 投資するほど 有効活用できる コンテンツの量 © 2009 Makoto Shimizu 5
  6. 6. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 事例:コンテンツの管理不足で株価が急落 あるサイトに誤って再掲載された6年前の記事がク ロールされ、Googleニュースに掲載された 一気に3ドルまで 下落(700%) 株価が急落 © 2009 Makoto Shimizu 6
  7. 7. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 1.目的とスコープを明確化 目的は何か? 目的(メリット)は相手によって異なる 経営者: 先行投資、コンプライアンス対策 マーケター: 迅速で機敏なメディア展開 制作マネージャ: 仕事の透明化、ミス削減 制作スタッフ: 単純作業から頭脳労働へ © 2009 Makoto Shimizu 7
  8. 8. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは CMSを活用する5つのポイント 設計 導入 運用 改善 1. 目的とスコープを明確化 2. 包括的なIT戦略に組み込む 3. 関係者(社内外)を特定する 4. プロジェクト化とキックオフ 5. 導入・移行・運用の詳細プラン © 2009 Makoto Shimizu 8
  9. 9. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 2.包括的なIT戦略に組み込む あるから使うではなく、どうあるべきか? 他の既存システムとの棲み分け/統合/連携 データはDB、コンテンツはCMSで一元管理 CMSにすべてを求めない テンプレート/ワークフロー/配信 Web DBや基幹 Webアプリ 一括インポート PC/Mac DTP リポジトリ © 2009 Makoto Shimizu 9
  10. 10. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 事例:コンテンツをサービス化 動的プログラムに対してコンテンツを受け渡す XML変換して配信、 アプリやAJAXから読み込む コンテンツ入出力のAPIを社内提供 Web CMS Web API API DB アプリ DTP © 2009 Makoto Shimizu 10
  11. 11. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは CMSを活用する5つのポイント 設計 導入 運用 改善 1. 目的とスコープを明確化 2. 包括的なIT戦略に組み込む 3. 関係者(社内外)を特定する 4. プロジェクト化とキックオフ 5. 導入・移行・運用の詳細プラン © 2009 Makoto Shimizu 11
  12. 12. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 3.関係者(社内外)を特定する マーケ・制作・ITのクロスファンクショナルチームを ベンダーをうまく選ぶ 検証プロジェクトも効果的 第三者の専門家を活用する 発注側が主体的・戦略的に推進する 丸投げは失敗の元 事業や運用を最も理解できるのは事業者自身 © 2009 Makoto Shimizu 12
  13. 13. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 事例:発注側が主体的・戦略的に推進 全社的なグローバル展開 US本社に提案し、グローバルプロジェクト化 外圧をテコに国内でも推進を強化 組織体制を変更 アセットの制作・管理・活用を分割 個人の評価システムとの連動 © 2009 Makoto Shimizu 13
  14. 14. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは CMSを活用する5つのポイント 設計 導入 運用 改善 1. 目的とスコープを明確化 2. 包括的なIT戦略に組み込む 3. 関係者(社内外)を特定する 4. プロジェクト化とキックオフ 5. 導入・移行・運用の詳細プラン © 2009 Makoto Shimizu 14
  15. 15. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 4.プロジェクト化とキックオフ 不確定要素に対処できるように 完璧な要件定義は不可能、と理解する プロジェクトは大きくしない 不明・懸念点は早めに解消 グローバル成功事例を参考に サイトやプロセス、意識を進化させていく 変更は発見。ポジティブな意識付けを © 2009 Makoto Shimizu 15
  16. 16. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは CMSを活用する5つのポイント 設計 導入 運用 改善 1. 目的とスコープを明確化 2. 包括的なIT戦略に組み込む 3. 関係者(社内外)を特定する 4. プロジェクト化とキックオフ 5. 導入・移行・運用の詳細プラン © 2009 Makoto Shimizu 16
  17. 17. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 5.導入・移行・運用の詳細プラン 選定はプロジェクト開始後に RFP一発勝負は「賭け」と同じ RFIによる情報収集やベンダー相談を 選定や検証のみのプロジェクトも効果的 移行:蓄積・投資した資産は大切に 意外と大変なので時間とコストを確保する 運用:継続的な改善を可能にしておく 立ち上げ後もチームを残す © 2009 Makoto Shimizu 17
  18. 18. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 参考:コンテンツの整理と部品化は時間がかかる コンテンツの定義・収集・整理・加工・入力に2年 2004 2005 2006 2007 2008 標準化 DAM コンテンツのアセット化 プロセスの定義と改善 配信の自動化 (WCM・DTP) WCM © 2009 Makoto Shimizu 18
  19. 19. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは まとめ:貯めるべきはコンテンツ。システムではない 背景 M&A、会社や組織の統廃合、サービスや会社の 立ち上げなど、ビジネスは急速に変化している。 マーケティング手法や技術も進化しつつある CMS導入の結果、デザインやUI、ワークフローを 変更しにくくなるのは本末転倒 © 2009 Makoto Shimizu 19
  20. 20. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは まとめ:貯めるべきはコンテンツ。システムではない 変更に強いCMSを選ぶ サイト構造やデザインテンプレートの変更・テス トをシミュレートし、時間とコストを下げておく 乗換えを想定しておく 構造化されたコンテンツを取り出す方法を選定・ 導入前に確認しておく CMSを無理に一本化しない。Best of Breed戦略 (サイトごとに最適なCMSを入れる)も検討を 実はアプリを作ったほうが早い場合も © 2009 Makoto Shimizu 20
  21. 21. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは ご清聴ありがとうございました ご意見・ご感想・ご質問は「実践CMS★IA」まで http://www.cms-ia.info より詳しい内容に関しては、 他の著書もご参照ください(次項) © 2009 Makoto Shimizu 21
  22. 22. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 講演 『納期半減・利益増加で経営を支えるIT部門実現』 アシスト、ITQ博2005 『Toward Single-Sourcing: Lessons Learned from DAM Implementation』 EMC、Momentum 06 『攻めのコンテンツ管理』 Microsoft、ECM Conference 2007 『最先端のコンテンツ活用セミナー』 EMC、2007 『Web開発者も知らないPDF活用の実際』 Adobe、MAX Conference 2007 『CMSからECMへ~本当に管理すべきコンテンツは何か』 ソシオメディア、DESIGN IT! 2007 『クロスメディア時代のデジタル資産管理』 日本印刷技術協会、2007 『CMSは何年間使えるのか?コーポレイトサイトにおけるCMS導入 のすべてを教えます』 日本ウェブ協会、CMS Conference 2008 『CMS発注のコツ』 ロフトワーク、CMSセミナー2009 © 2009 Makoto Shimizu 22
  23. 23. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 執筆 MdN Web STRATEGY 『実践CMS導入・運用ガイド』 http://www.mdn.co.jp/content/blank/101/149/ 1. CMSの要件は何を定義すべき? 2. ツールの評価から運用上の問題点を見極めよう 3. CMSで解決できる分類・ナビゲーションの課題とは 4. ドキュメント管理で生産性をUP 5. ワークフローの本当の意義とは 6. 資産としてのテンプレート 7. 複雑化するサイト配信 8. DAMとCMSでシングルソースを実現 9. コンテンツ移行をスムーズに進めるためのプランニング 10. 使いやすさの最先端?気になる3種類のCMSをレビュー 11. SOA流のCMS連携術 12. ECMの本命?ようやく動き出したOracleのCMSを徹底レビュー 13. CMSの真価はコンテンツの構造化にあり © 2009 Makoto Shimizu 23
  24. 24. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 執筆 Web担当者Forum 『ステップ式!CMS活用はじめの一歩』 http://web-tan.forum.impressrd.jp/l/2499 1. コンテンツの理解から始める導入準備 2. ベンダーよりもCMSに詳しくなる! 4つのステップで進めるCMSの情報収集 3. CMS導入の提案を社内で通すための7つの説得手法 4. RFPでは失敗する? CMSをうまく選ぶためのチェックリスト 5. CMSの可能性を最大化するためのWeb担当者の心得 6. CMS導入でのコンテンツ移行を成功させるポイント 7. CMS導入はゴールではなくスタート、その「運用」の秘訣とは 『Webのレビューに便利なオンライン付箋ツール』 http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/02/20/4875 © 2009 Makoto Shimizu 24
  25. 25. ブランド、プロフィット、コスト、デザインを追及するコンテンツ管理とは 執筆 ロフトワーク WebEXP.jp 『CMSとIA〜デジタル時代を生き抜く情報整理術』 1. CMSとIAの接点:溢れる情報を整理しよう http://www.webexp.jp/feature/200811/20081125_cmsia1.html 2. コンテンツ管理の本質:リポジトリとは http://www.webexp.jp/feature/200902/20090203_cmsia2_1.html 3. 大量の音楽ファイル(MP3)をCMS流に管理する http://www.webexp.jp/feature/200906/20090629_cmsia3.html © 2009 Makoto Shimizu 25

×