Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

アクセス解析研究会レポート

1,549 views

Published on

2012-01-27 loftwork "DAY 2012" CONNECT用の資料。アクセス解析研究会~ワークショップでナレッジを共有~について。

Published in: Business
  • Be the first to comment

アクセス解析研究会レポート

  1. 1. loftwork "DAY 2012" CONNECTアクセス解析研究会~ワークショップでナレッジを共有 2012-1-27 eVar7 / サンクトガーレン / Adobe 清水 誠
  2. 2. 自己紹介:Webにこだわり17年 ユーザーのためのWeb・製品を実現したい • CRM マーケ • アクセス解析 ティング • ユーザー • CMS エクスペリエンス• アジャイル開発 テクノロ デザイ • Webディレクター• ユーザー視点 ジー ン の製品改善 2
  3. 3. アクセス解析研究会をホスト 3
  4. 4. 提案:コンセプトダイアグラムを描こう サイトのコンセプトを図解すると分かりやすい 目的:誰にどうなってほしいのか? 施策:そのためにどんな機能・コンテンツを 提供しているのか? 見えると分かる 4
  5. 5. コミュニティサイトの例 !発見する 会員になる 戻る いいね! 読む/知る 共有する 投稿する 満足 ♪ 集まる 5
  6. 6. サイトの機能・コンテンツとマッピング発見する About 会員になる Who Profile 戻る 読む/知る UGC Comment 共有する 投稿する 満足 Event 集まる 6
  7. 7. KPIとKGI  会員登録 新規訪問  アクティブ率  会員の訪問  フレンド率 共有回数  RSS購読  UGCのPVとリーチ メンション数  再訪問 ソーシャル訪問  コメント数  投稿数 満足度  イベントのCTR  イベント申込数 7
  8. 8. 地ビール の場合 http://www.sanktgallenbrewery.com/ 8
  9. 9. 特有の消費行動をモデル化 飲んで いいね!知って みたい 他も良 いろいろ種類を選んで さそう 飲む方法を調べ 買って/行って バーで 飲み、 対話し もっと いつも 9
  10. 10. 機能・コンテンツの役割 対話し ブログ 知って• 広告• 検索 特徴 お知らせ• 提携SHOP 商品 選んで カタログ 買い方 方法を調べ お店 検索 買って/行って 注文 飲み、 10
  11. 11. メルマガ購読者数 KPIを設定 対話 クリック数 ブログ 知って 購読率• 広告 新規• 検索 特徴 お知らせ 訪問者数• 他のSHOP 閲覧 とはPV 商品・商品数 選んで カタログ お店/イベント 買い方 方法を調べ 閲覧回数 お店 検索 新規 買って/行って 購入者数 注文 リピート率 飲む。 11
  12. 12. 結果を原因に分解することが重要 KGI = Key Goal Indicator  ゴール達成度 (結果) KPI = Key Performance Indicator  業務遂行の中間指標 (原因) 12
  13. 13. ツール標準レポートでは改善につながらない 訪問回数 平均閲覧 直帰率 ページ数Google 8.0 7.6 75%Yahoo! 1.2 1.4 26% So What?PV 20% UP アクションできない 13
  14. 14. 知ってもアクションできないことは知る必要がない 14
  15. 15. ワークショップ手を動かし、見て、話す 15
  16. 16. 1.サイトのコンセプトダイアグラムを描く  企業と個客の視点で  誰が何のために何をしているのか?  Web以外まで広げて、 全体像を捉え直す  何のための機能・コンテンツなのか? 16
  17. 17. 2.KPIツリーを作る  行為に影響する要因の仮説を立てる  要因を数値化する  誰のどんなアクションにつながるのか 17
  18. 18. 3.レポートをラフに作ってみてください  誰が何をいつ見るのか?  変化した時のアクション方法は?  何をどう目立たせるか? 18
  19. 19. ワークショップの結果…  目的と位置づけが明確になった  自分の考えを整理できた  認識のズレが減った サイトを介しての リピーターの創出理想しているもの ができていないこと現実との乖離 とに気がついた部分がハッキリとした気がした 19
  20. 20. ワークショップの結果… 次にすべきことが分かった  「4Qと来期の上期はこれでいきたい! と思えるものが出来上がりました。」  「Webサイトをもう一度0から見直すことが でき、削ったコンセプトが再浮上した。」 20
  21. 21. 作りっぱなしは宝くじと同じ 構築は仮説に基づく 仮説や実装は間違っているかもしれない 構築仮説→設計→テスト→実装→検証 公開日数 タイトル 公開日 URL CMSや ど、サイ ホーム 7/26 101 / 調査か 自体も 体的に お DESIGN IT! Conference 2009での講演内容は 11/2 3 /news/design-it-conference-2009/ 知 Oracleセミナーの資料をUPしました 10/6 30 /news/oracle-seminar-2009-presentation/ ら 情報処理学会デジタルドキュメントシンポジウムに出演します 9/30 35 /news/ipsj-sigdd-symposium-2009/ せ CMSセミナー(by Loftwork, 10/28)に出演します 9/17 48 /news/loftwork-cms-seminar-2009oct/ DESIGN IT! Forumの資料をUPしました 8/28 68 /news/designit2009-slide-uploaded/ DESIGN IT! Forum 2009に出演します 7/26 101 /news/visitors-notice/ なし IAとCM サイトを公開しました 7/26 101 /news/website-launched/ て、本サ げました CMSブログ 7/26 102 /blog/ なし ガートナーの社内ポータル用CMS格付け結果は? 11/4 1 /news/magic-quadrant-for-social-software-2009/ ロフトワーク諏訪さん×清水のメール対談 11/1 4 /news/cms-taidan-with-loftwork/ 21
  22. 22. 知るべきことを知り、できることをやろう 22
  23. 23. なぜワークショップ?手を動かし、見て、話す 23
  24. 24. 分かりにくい/理解にズレ 鍵は時計 周り? 24
  25. 25. なぜ分かりにくいのか? イメージ(メンタルモデル)と違うため 25
  26. 26. 図はごまかせない 26
  27. 27. 見れば分かる 27
  28. 28. 説明できない=理解・整理が足りない 28
  29. 29. 想いに共感・共鳴できる! ? ? ♪ ! 29
  30. 30. つながり、伝えよう Web解析 顧客 企業 最適化 制作者 30
  31. 31. SiteCatalystのユーザー会を2010年に発足 US本社も注目、世界初のSCユーザー会 難しい 分からない ユーザーがつながり、助け合う場 メンバー445人 http://s.evar7.org 31
  32. 32. コミュニティ活動を加速するため9月に渡米 ユーザーユーザ視点 を伝える実現のため 調整する 本社 日本支社 32
  33. 33. 実践的ノウハウを執筆・講演で共有・共感講演執筆諮問 文部科学省アドバイザー委員 Omniture顧客諮問委員 A2iプログラム委員 サンクトガーレン社外CMO 33
  34. 34. ありがとうございました。過去の講演資料や最新情報は下記のサイトまで アクセス解析 清水 @mak00s 実践CMS*IA http://www.cms-ia.info 34

×