CMSは何年間使えるのか?コーポレートサイトにおけるCMS導入のすべてを教えます(CMS Conference 2008)

1,490 views

Published on

『CMS Conference 2008』講演資料
2008-11-26

Published in: Business
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,490
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
21
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

CMSは何年間使えるのか?コーポレートサイトにおけるCMS導入のすべてを教えます(CMS Conference 2008)

  1. 1. CMS Conference 2008 CMSは何年間使えるのか? コーポレートサイトにおける CMS導入のすべてを教えます 2008-11-26 楽天株式会社 編成部 清水 誠 © 2008 Makoto Shimizu 1
  2. 2. CMS Conference 2008 概要 企業におけるWebの重要性は高まるばかりだ。製品やサービスに関する リッチで新鮮なコンテンツの掲載が売上を左右する一方、業務に直結し たWebアプリケーションも増えつつある。 Web知識の少ないコンテンツオーナーが投入するコンテンツ の品質を確保するにはどうしたらいいのか? 静的ページと動的システムでコンテンツを共有する方法は? サイト規模の拡大を見越した対策の落とし所は? CMSは何年間使えるのか? コーポレイトサイトならではの要件を整理しつつ、コンテンツの効果的な 管理方法やCMSの使いこなし術について、筆者の経験や世界のトレンド を交えてご紹介する。 © 2008 Makoto Shimizu 2 / 33
  3. 3. CMS Conference 2008 自己紹介(CMS関連の知識経験) 1. Web暦13年:マーケ・制作・開発・IA コンテンツ制作・管理の現場を体験 2. 最近は事業者側において 立ち上げや改善プロジェクトを推進中 3. US最先端のコンテンツ管理(ECM)を 日本主導で立ち上げた経験 4. 個人サイトでOSSのブログ・CMSを実験 © 2008 Makoto Shimizu 3 / 33
  4. 4. CMS Conference 2008 Agenda 1. 「コンテンツ」とは? コンテンツとデータの違い 後回しにされてきたコンテンツ管理 2. 「管理」の意義 管理できていますか? 例:株価が急落 3. CMS使いこなし術 ×7 背景、対策、推奨アプローチ 4. 成功するコンテンツ管理のために 5. 参考 © 2008 Makoto Shimizu 4 / 33
  5. 5. CMS Conference 2008 「コンテンツ」とは? 人から人へ伝えるための情報 非定型・非構造型 変化する生物 相手や時期、目的、見せ方によって変化 編集を加え続ける必要がある バリエーションやバージョン等の派生物が多い コンテンツは管理が難しい © 2008 Makoto Shimizu 5 / 33
  6. 6. CMS Conference 2008 後回しにされてきたコンテンツ管理 データ: 扱いやすいためシステム化が進行 コンテンツ: 箱(ファイルサーバ)だけ用意 「クリエイティブな人間に任せておこう」 「手作業や運用でカバーできる」 ところが… コンテンツの量や多様性、重要度が増大 高まるニーズを受けてソリューションが発達 © 2008 Makoto Shimizu 6 / 33
  7. 7. CMS Conference 2008 Webコンテンツは管理できていますか? 全ページ数/ファイル数を常に把握している オーナー不明のコンテンツは1ページも無い Webサーバ上に不要ファイルがひとつも無い どの画像がどこで使われているか調べられる 価値の低くなったコンテンツを特定できる コンテンツは管理が難しいという認識が必要 © 2008 Makoto Shimizu 7 / 33
  8. 8. CMS Conference 2008 例:コンテンツの管理不足で株価が急落 あるサイトに誤って再掲載された6年前の記事がク ロールされ、Googleニュースに掲載された 一気に3ドルまで 下落(700%) 株価が急落 © 2008 Makoto Shimizu 8 / 33
  9. 9. CMS Conference 2008 CMS使いこなし術 1. 公開終了・廃棄まで管理する 2. 素材をアセット化する 3. コンテンツを部品化する 4. 他のシステムと連携させる 5. コンテンツの品質を高める仕組みづくり 6. コンテンツ管理を分担する 7. 貯めるべきはコンテンツ。システムではない © 2008 Makoto Shimizu 9 / 33
  10. 10. CMS Conference 2008 1.公開終了・廃棄まで管理する 背景 公開(追加と更新)しか管理していない場合が多い 貯める一方では長期的な管理ができない © 2008 Makoto Shimizu 10 / 33
  11. 11. CMS Conference 2008 1.公開コンテンツ以外も管理する 対策 公開終了後の保管・アーカイブ・廃棄まで管理する 作成 配信 保管 廃棄 オーナーと期限を設定し、 期限を設定 オーナーは定期的に棚卸しを行う =コンテンツの 退職や異動時は必ず引継ぎを行う 価値を明確にする 内容 ページ数 更新頻度 オーナー 保管期間 1 会社情報 1 3ヶ月 社長室 A.T ∞ 3 プレスリリース一覧 15 3日 広報部 C.S 3年間 6 製品紹介 1 2~3週間 マーケ M.S ∞ 7 製品カタログ 32 2~3週間 マーケ T.A 販売終了後 6ヶ月 © 2008 Makoto Shimizu 11 / 33
  12. 12. CMS Conference 2008 2.素材をアセット化する 背景 デバイスや実装技術が増えて複雑化する一方、発信するコ ンテンツはあまり変わらない 使い回しが増えている 原稿や素材の方がより頻繁に編集され、派生していく デジタル情報は複製が簡単だが、変更や維持管理のコスト が上昇、情報漏えいや誤配信も増えていく 管理・制作コスト コンテンツの量 © 2008 Makoto Shimizu 12 / 33
  13. 13. CMS Conference 2008 2.素材をアセット化する 対策 メディアやページに依存しない汎用的な素材を作る 画像は高解像度、レイヤーを残す 同じものは一元管理 何がどこで使われているかを把握する アセット レイアウト © 2008 Makoto Shimizu 13 / 33
  14. 14. CMS Conference 2008 参考:DAM(デジタルアセット管理)を使うと… メタデータ検索や関連付け、自動変換が可能 変換前 1.余白を 2.縮小 3.サイズ 4.JPEG TIFF 除去 回転 拡大 変換 レイヤー追加、ウォーターマーク追加、XMP抽出なども © 2008 Makoto Shimizu 14 / 33
  15. 15. CMS Conference 2008 3.コンテンツを部品化する 背景 ページ管理 と コンテンツ管理 は異なる 細分化は手間がかかり、メンテが大変 タイトル タイトル リード 本文 本文 関連 ブログ CMS © 2008 Makoto Shimizu 15 / 33
  16. 16. CMS Conference 2008 3.コンテンツを部品化する 対策 コンテンツ構造を柔軟に変更できるCMSを選ぶ 構造の定義をGUIで行える • DB構造を意識する必要がない ネックになるのは既存コンテンツの移行 テキストの構造化はXMLが便利 トピックベースのDITAが有望? テンプレートの部品化も必要 © 2008 Makoto Shimizu 16 / 33
  17. 17. CMS Conference 2008 参考:コンテンツの整理と部品化は時間がかかる コンテンツの定義・収集・整理・加工・入力に2年 2004 2005 2006 2007 2008 標準化 DAM コンテンツのアセット化 プロセスの定義と改善 配信の自動化 (WCM・DTP) WCM © 2008 Makoto Shimizu 17 / 33
  18. 18. CMS Conference 2008 4.他のシステムと連携させる 背景 サイトがビジネスに直結。ECやCRM、基幹連動、 コミュニティ機能など、動的なページは増える一方 静的なページのみをCMSで管理するのは消極的 静的・動的を問わず、コンテンツを一元管理したい Web DBや基幹 Webアプリ 一括インポート PC/Mac DTP リポジトリ © 2008 Makoto Shimizu 18 / 33 15:10
  19. 19. CMS Conference 2008 4.他のシステムと連携させる 対策 動的プログラムに対してコンテンツを受け渡す XML変換して配信、 アプリやAJAXから読み込む HTML CMS Web XML アプリ © 2008 Makoto Shimizu 19 / 33
  20. 20. CMS Conference 2008 4.他のシステムと連携させる 対策 動的プログラムに対してコンテンツを受け渡す XML変換して配信、 アプリやAJAXから読み込む 配信時にDB更新できるECM系のCMSを使う CMS Web アプリ DB © 2008 Makoto Shimizu 20 / 33
  21. 21. CMS Conference 2008 4.他のシステムと連携させる 対策 動的プログラムに対してコンテンツを受け渡す XML変換して配信、 アプリやAJAXから読み込む 配信時にDB更新できるECM系のCMSを使う コンテンツ入出力のAPI(REST等)を用意する Web CMS Web API API 他の システム アプリ DTP © 2008 Makoto Shimizu 21 / 33
  22. 22. CMS Conference 2008 4.他のシステムと連携させる 対策 保管リポジトリと変換・配信機能を分離する プログラムとして配信する 例:プログラム部分をテンプレート化し、 PHPファイルとして配信する WCM HTML リポジトリ PHP 保管・管理 変換・配信 © 2008 Makoto Shimizu 22 / 33
  23. 23. CMS Conference 2008 5.コンテンツの品質を高める仕組みづくり 背景 入力 リッチテキストエディタを使うと無法状態に ワークフロー 承認を行ったのに、確認不足で事故が発生 誰が何をどうレビューするのかが不明確 レビューや承認のワークフローが形骸化 自分でレビューし自分で承認? © 2008 Makoto Shimizu 23 / 33
  24. 24. CMS Conference 2008 5.コンテンツの品質を高める仕組みづくり 対策 リッチテキスト(WYSIWYG)エディタは、使えるボタンをカス タマイズする <b>ではなく<strong> CSS対応 項目ごとに使えるスタイルをON/OFFできるCMSを使う 例:概要文は太字のみ、本文は表・リストも許容 © 2008 Makoto Shimizu 24 / 33
  25. 25. CMS Conference 2008 5.コンテンツの品質を高める仕組みづくり 対策 差分をレビューできるようにする レビュー結果をビジュアルで効率よく伝える ワークフローはボトルネックにならないように、スキップや事 後レビュー版も用意する © 2008 Makoto Shimizu 25 / 33
  26. 26. CMS Conference 2008 参考:無料でも使えるアノテーション 9つのツールをWeb担当者フォーラムにて紹介予定 © 2008 Makoto Shimizu 26 / 33
  27. 27. CMS Conference 2008 6.コンテンツ管理を分担する 背景 コンテンツオーナーがコンテンツを直接投入すれば公開時 間を短縮できる?実際は難しい 制作部門がボトルネックになりがち。依頼側は原稿が遅れ て不完全、丸投げでレビューしない、度重なるASAP指定。 受ける側は長時間労働、被害者意識を持つ 依頼者は自己責任でコンテンツの管理業務を担うべき 対策 プロセスを固めてから管理を引き継ぐ 社内サポート体制を確立する © 2008 Makoto Shimizu 27 / 33
  28. 28. CMS Conference 2008 7.貯めるべきはコンテンツ。システムではない 背景 M&A、会社や組織の統廃合、サービスや会社の 新規立ち上げなど、ビジネスは急速に変化してい る。マーケティング手法や技術も進化しつつある 大規模なCMS導入の結果、テンプレートやワーク フローが変更しにくくなるのは好ましくない システムや機能を貯めると、足かせになってしまう © 2008 Makoto Shimizu 28 / 33
  29. 29. CMS Conference 2008 7.貯めるべきはコンテンツ。システムではない 対策 変更に強いCMSを選ぶ サイト構造やデザインテンプレートの変更・テストをシミュ レートし、時間とコストを下げておく。手順が明確、リスク が少ない、作業量が少ない、は変更を奨励する条件 乗換えを想定しておく 構造化されたコンテンツを取り出す方法を選定・導入前 に確認しておく CMSを無理に一本化しない。Best of Breed戦略(サイトごと に最適なCMSを入れる) CMSにすべてを求めない © 2008 Makoto Shimizu 29 / 33
  30. 30. CMS Conference 2008 成功するコンテンツ管理のために 完璧な要件定義は不可能、と理解する 手探りで少しずつ。ただしビジョンは大きく 人間の想像には限界がある 機能や技術はドライに使いこなす フェーズを分けて導入 運用が重要。継続的な改善を 思い入れを持たない サイトやプロセス、意識を進化させていく 変化を受け入れる 導入は一瞬、運用は永続的 事業者側が主体的・戦略的に推進すべき 変化は良いこと、という意識を 丸投げは失敗の元 事業や運用を最も理解できるのは事業者自身 © 2008 Makoto Shimizu 30 / 33
  31. 31. CMS Conference 2008 参考:主体的・戦略的な取り組みの事例 全社的なグローバル展開 US本社に提案し、グローバルプロジェクト化 外圧をテコに国内でも推進を強化 組織体制を変更 アセットの制作・管理・活用を分割 個人の評価システムとの連動 © 2008 Makoto Shimizu 31 / 33
  32. 32. CMS Conference 2008 参考:主体的・戦略的な取り組みの事例 積極的なメディア展開のための先行投資 アセットを蓄積し、効率良いメディア展開を可能に シングルソース、CRM、デジタル化の推進 制作・管理のコスト 投資するほど 有効活用できる コンテンツの量 © 2008 Makoto Shimizu 32 / 33
  33. 33. CMS Conference 2008 ご清聴ありがとうございました ご意見・ご感想・ご質問は「実践CMS★IA」まで http://www.cms-ia.info より詳しい内容に関しては、 他の著書もご参照ください(次項) © 2008 Makoto Shimizu 33 / 33
  34. 34. CMS Conference 2008 著書 MdN Web STRATEGY 『実践CMS導入・運用ガイド』 http://www.mdn.co.jp/content/blank/101/149/ 1. CMSの要件は何を定義すべき? 2. ツールの評価から運用上の問題点を見極めよう 3. CMSで解決できる分類・ナビゲーションの課題とは 4. ドキュメント管理で生産性をUP 5. ワークフローの本当の意義とは 6. 資産としてのテンプレート 7. 複雑化するサイト配信 8. DAMとCMSでシングルソースを実現 9. コンテンツ移行をスムーズに進めるためのプランニング 10. 使いやすさの最先端?気になる3種類のCMSをレビュー 11. SOA流のCMS連携術 12. ECMの本命?ようやく動き出したOracleのCMSを徹底レビュー 13. CMSの真価はコンテンツの構造化にあり © 2008 Makoto Shimizu 34 / 33
  35. 35. CMS Conference 2008 著書 Web担当者Forum 『ステップ式!CMS活用はじめの一歩』 http://web-tan.forum.impressrd.jp/l/2499 1. コンテンツの理解から始める導入準備 2. ベンダーよりもCMSに詳しくなる! 4つのステップで進めるCMSの情報収集 3. CMS導入の提案を社内で通すための7つの説得手法 4. RFPでは失敗する? CMSをうまく選ぶためのチェックリスト 5. CMSの可能性を最大化するためのWeb担当者の心得 6. CMS導入でのコンテンツ移行を成功させるポイント 7. CMS導入はゴールではなくスタート、その「運用」の秘訣とは 『Webのレビューに便利なオンライン付箋ツール』 http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/02/20/4875 © 2008 Makoto Shimizu 35 / 33
  36. 36. CMS Conference 2008 著書 ロフトワーク WebEXP.jp 『CMSとIA〜デジタル時代を生き抜く情報整理術』 1. CMSとIAの接点:溢れる情報を整理しよう http://www.webexp.jp/feature/200811/20081125_cmsia1.html 2. コンテンツ管理の本質:リポジトリとは http://www.webexp.jp/feature/200902/20090203_cmsia2_1.html 3. 大量の音楽ファイル(MP3)をCMS流に管理する http://www.webexp.jp/feature/200906/20090629_cmsia3.html © 2008 Makoto Shimizu 36 / 33

×