Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Careerの考え方と実践結果

1,988 views

Published on

2011-12-15 専修大学 特別講義

  • Be the first to comment

Careerの考え方と実践結果

  1. 1. 専修大学キャリアの考え方と実践結果 2011-12-15 清水 誠
  2. 2. 清水 誠とは1. Webビジネスに17年  ネットの商用利用 1995~1999  IA・Usability・UX 2000~2003  アジャイル開発・XML 2003~2005  CMS・デジタル印刷 2006~2008  アクセス解析 2008~2010  CRM 2011 2
  3. 3. 自己紹介 ネットの商用利用 1996年 3
  4. 4. 業務では… 大きな企業サイトで  コストをかけて大規模に構築・検証  実績を世界にアピール 4
  5. 5. …小さな活動も重要 大きな企業サイトで  コストをかけて大規模に構築・検証  実績を世界にアピール 小さな個人サイトで  すべてを把握しつつ改善を反復  話せるネタ作り 企業 個人 サイト サイト 5
  6. 6. 本日のテーマ• 自分の価値を高める方法• キャリアパスの考え方と実践結果 6
  7. 7. 価値を出す方法1. 誰もできない、やらないことをやろう  新しいこと:先読みし、素早く覚えて一番乗り • 先駆者としての恩恵が得られる  難しいこと:勉強し経験を積み重ねて克服する • マネしにくい • 実践もしにくい 7
  8. 8. 価値を出す方法2. 組み合わせて価値を出そう  相乗効果で新たな発見がある  水平展開で効率UP  ユニーク性が高まる(ニッチな価値) 8
  9. 9. 価値を出す方法3. 「詳しいこと」「やりたいこと」ではなく 「自分にしかできないこと」を増やそう  知識は古くなる  興味関心は変わっていく が、  行動力は持続する 9
  10. 10. (参考)清水 誠の場合プロセス改善で現場を支援  IT部門のリノベーション 2004~2005 10
  11. 11. (参考)清水 誠の場合プロセス改善で現場を支援  IT部門のリノベーション 2004~2005 11 日経システム構築 2005年7月号より
  12. 12. 事例:IAでシステム開発・運用を最適化 IT部門の リノベーション (BPR) アシスト「ITQ博2005」配布資料より 12
  13. 13. (参考)清水 誠の場合プロセス改善で現場を支援  IT部門のリノベーション 2004~2005  CMSで制作プロセスを改革 2006~2008 マーケティング用 コンテンツを データ化 役割分担や制 作・管理プロセ スを再定義 13
  14. 14. (参考)清水 誠の場合プロセス改善で現場を支援  IT部門のリノベーション 2004~2005  CMSで制作プロセスを改革 2006~2008  楽天にWeb解析を全社展開 2008~2010 14
  15. 15. キャリアを積み重ねる方法1. 専門性よりも文章とプレゼン能力 (英語を含む)を先に身につけよう  一生持続する  早く身に着けると、長くオトク 15
  16. 16. 980 2010/11 2010 Rakuten 2010/5 16 2009/10 2009 2009/3 95 2008(参考)無勉強でもTOEICスコアが上昇 2008/9 2008/2 985 2007 2007/8 Amway 965 2007/1 2006 81 945 2006/7 2005/12 2005 2005/5 Crew Web 73 2004/11 2004 2004/4 Razorfish 2003/10 2003 77 2003/3 60 2002 Sapient 2002/9 2002/2 Scient 2001 2001/7 61 2001/1 2000 2000/6 920 1999/12 1999 1999/5 TOPPAN Printing 905 1998/11 1998 1998/4 1997/9 1997 45 825 1997/3 1996 1996/8 1996/2 1995 855 1995/7 1995/1 0 0 0 0 0 0 0
  17. 17. キャリアを積み重ねる方法2. できないこと、やったことがないこと に挑戦しよう  一つに絞るのは危険  自分の思い込みも危険  波に乗り、期待に応えるとサポートしてもらえる 17
  18. 18. キャリアを積み重ねる方法3. 未来から今の自分を見つめよう  今のことに、どんな意味があるのか? (履歴書に何を書けるのか?)  アピールできない価値に価値はない  潮時はいつか? 18
  19. 19. キャリアを積み重ねる方法4. 自分は何の人なのか、アピールしよう  話が来るようになる  必然性を作ると周りが動く 19
  20. 20. (参考)8年目から執筆・講演が増加した講演執筆諮問 文部科学省アドバイザー委員 Omniture顧客諮問委員 A2iプログラム委員 20
  21. 21. (参考)オンラインで読める記事MdN Web STRATEGY『実践的インフォメーションアーキテクト論』 http://www.mdn.co.jp/di/articles/529/?page=4 1. IAの成り立ちとタイプ分け 2. 架空プロジェクトでIAの活動内容を理解する 3. 情報の整理とは 4. IA設計の逆流アプローチ ★ 5. ワイヤフレームもコンテンツ管理を 6. 捨てられないスタイルガイドとは ★ IAは救世主? 2005-2007 7. 21
  22. 22. (参考)オンラインで読める記事ロフトワーク WebEXP.jp『CMSとIA〜デジタル時代を生き抜く情報 整理術』 1. CMSとIAの接点:溢れる情報を整理しよう http://www.webexp.jp/feature/200811/20081125_cmsia1.html 2. コンテンツ管理の本質:リポジトリとは http://www.webexp.jp/feature/200902/20090203_cmsia2_1.html 3. 音楽ファイル(MP3)をCMS流に管理しよう http://www.webexp.jp/feature/200906/20090627_cmsia3_1.html『CMS選定の表ワザ・裏ワザ』  ロフトワーク諏訪社長×楽天 清水氏のメール対談 http://www.webexp.jp/feature/200911/20091104_ascii1.html 2008-2009 22
  23. 23. (参考)オンラインで読める記事MdN Web STRATEGY『実践CMS導入・運用ガイド』 http://www.mdn.co.jp/di/articles/315/?page=2 1. CMSの要件は何を定義すべき? 2. ツールの評価から運用上の問題点を見極めよう 3. CMSで解決できる分類・ナビゲーションの課題とは 4. ドキュメント管理で生産性をUP 2007-2009 5. ワークフローの本当の意義とは 6. 資産としてのテンプレート ★ 7. 複雑化するサイト配信 8. DAMとCMSでシングルソースを実現 9. コンテンツ移行をスムーズに進めるためのプランニング ★ 10. 使いやすさの最先端?気になる3種類のCMSをレビュー 11. SOA流のCMS連携術 12. ECMの本命?ようやく動き出したOracleのCMSを徹底レビュー 13. CMSの真価はコンテンツの構造化にあり ★ 14. マーケティングを加速するCMS 23
  24. 24. (参考)オンラインで読める記事Web担当者Forum『ステップ式!CMS活用はじめの一歩』 http://web-tan.forum.impressrd.jp/l/2499 2008 1. コンテンツの理解から始める導入準備 2. 4つのステップで進めるCMSの情報収集 -2009 3. CMS導入の提案を社内で通すための7つの説得手法 4. RFPでは失敗する? CMSをうまく選ぶためのチェックリスト 5. CMSの可能性を最大化するためのWeb担当者の心得 ★ 6. CMS導入でのコンテンツ移行を成功させるポイント 7. CMS導入はゴールではなくスタート、その「運用」の秘訣とは 8. CMSのROIを体感しよう ★ 9. CMSを超えた?無料でサイトを構築できる16サービスを一挙紹介★『Webのレビューに便利なオンライン付箋ツール』 http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/02/20/4875 24
  25. 25. (参考)オンラインで読める記事参考記事 『楽天経済圏を支えるアクセス解析の全貌』 http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1005/21/news003.html アクセス解析実践日誌 1. 縦長いページデザインは是か否か?スクロール量計測の裏側 http://markezine.jp/article/detail/10542 2. TwitterマーケティングにおけるKPIの再検証 http://www.markezine.jp/article/detail/11111 3. 外部リンクは別ウィンドウで開かせるべきか? http://www.markezine.jp/article/detail/11734 4. キャンペーンの間接効果は解析できるのか? http://www.markezine.jp/article/detail/12412 5. 中間指標を作り出すスコアリング手法の考え方 http://markezine.jp/article/detail/13672 25
  26. 26. (参考)オンラインで読める記事参考記事 清水 誠の「その指標がデザインを決める」 1. そのエラーページ、自己満足になっていませんか http://ascii.jp/elem/000/000/610/610207/ 26
  27. 27. (参考)オンラインで読める記事IAチャンネル:自社サイト最適化講座月1回、オーナー+専門家が登壇1. ニッセンの解析と改善 * 2回2. 地ビールサンクトガーレンの事例 * 4回3. IA対談 * 2回 http://www.ustream.tv/channel/ia2010 27
  28. 28. キャリアを積み重ねる方法5. 他人も納得する動きをしよう  「意外」「なぜ?」と思われることは間違っている (説明したという前提で)  必然性が足りないかもしれない  自分を自分は理解できない  ただし、参考程度に 28
  29. 29. どうなったのか?• キャリアパスの実践結果 29
  30. 30. 大企業からベンチャー、国内から外資まで 12,000人 5,000人 Toppan Printing 700人 Rakuten 20人 30人 20人 100人 Amway Sapient Scient Razorfish WebCrew1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 30
  31. 31. Webビジネス歴17年、2つのフェーズ 受託・提案 主体・成果 開発・制作 マーケティング 短期・多様 長期・集中 Sapient Web TOPPAN Printing Scient Razorfish Crew Amway Rakuten1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 31
  32. 32. 専門領域を幅広くカバー Webマーケティング / SEO Webテクノロジー 情報アーキテクチャ / ユーザビリティ コンテンツ戦略 / CMS 32
  33. 33. 収入の推移 100 95 77 73 81 60 61 451995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 30 35 33
  34. 34. Webクリエーション・アウォードにノミネート 34
  35. 35. 2011年4月にFA宣言 35
  36. 36. 2011年4月にFA宣言  5社からオファーあり  進捗をブログで公開 • FA宣言の5つの真意 http://www.cms-ia.info/news/5-reasons-to-declare-fa/ • FA宣言してから考え、決めたこと http://www.cms-ia.info/news/after-fa-2011-july/ • 9月から米Adobeで活動します http://www.cms-ia.info/news/fa-result/ • US進出にあたってのマニフェストx4 http://www.cms-ia.info/news/manifest-2011/ 36
  37. 37. 現在:USで活動中  日本ユーザー代表としてのリエゾン(調整役)  USと直談判し、1年間のみ契約  アパート、車、食事は会社負担 • やったことがないことに挑戦した • 誰にも納得感のある動きだった • 誰にもできないことには価値がある • 必然性があれば会社はお金をかける 37
  38. 38. ありがとうございました。過去の講演資料や最新情報は下記のサイトまで 実践 CMS @mak00s 実践CMS*IA http://www.cms-ia.info 38

×