Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

OJT茶話会(第20回)ワクワクする未来を創造する

328 views

Published on

人材開発担当者のためのコミュニティ「OJT茶話会」での、弊社の未来戦略室の取組紹介です

Published in: Software

OJT茶話会(第20回)ワクワクする未来を創造する

  1. 1. 『この会社でよかった』と思える ワクワクする未来を創造する November 30, 2016 株式会社日新システムズ 未来戦略室 前川 直也 OJT茶話会 第20回
  2. 2. Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved 2 『システム開発現場のファシリテーション』 (技術評論社) 『これだけは知っておきたい組込みシステムの設計手法』 (技術評論社) 『わかりやすいアジャイル開発の教科書』 (ソフトバンククリエイティブ) 株式会社 日新システムズ 未来戦略室 室長 兼 事業戦略部 主査 前川 直也 1994 ~ 日本コンピューター・システム株式会社 1998 ~ パナソニック株式会社 2015 ~ 株式会社日新システムズ アジャイル導入・実践 プロジェクトファシリテーション プロセス改善 産業カウンセリング ET West 実行委員 @nao_maru http://www.facebook.com/NaoyaMaekawa
  3. 3. 会社概要 社名 株式会社 日新システムズ 設立 1984年7月2日 売上高 約34億円(2015年度実績) 社員数 212名 (内、エンジニア:150名) ・平均年齢 34歳 ・男女比率 男性:177名、女性:35名(女性管理職6名) 事業所 <京都本社>〒600-8482 京都市下京区堀川通綾堀川町293-1 <東京事務所>〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町1番地 <沖縄開発センター>〒901-0152 沖縄県那覇市字小禄1831番地1 3 住友電気工業株式会社 Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  4. 4. 4Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  5. 5. Agenda 1. 背景と課題 2. 未来戦略室の狙い 3. 未来戦略活動 4. 活動の成果 5. 今後の取組み 5Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  6. 6. 背景と課題 6Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  7. 7. 7 『未来をつなぐ 人をつなぐ』 2020年 日新システムズは 人と人がつながる豊かで価値ある社会生活を創造する ソリューションパートナーになります 食 エネルギー 生活 Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  8. 8. 「ことづくり」と「価値創造企業」 技術に価値を紐付け システムの付加価値を創りだす 2017 2018 2019 20202016 HeMS ECHONET Lite 機能として実現 ものづくり ことづくり 人と人が つながる 街全体でエネルギーが コントロールできる ストーリーとして実現 生活が 便利になる 8 価値創造企業へ成長する 「未来をつなぐ 人をつなぐ」 Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  9. 9.  自分たちの考える価値を 思った通りに作ってくれる  高品質だけど、できれば安く (お客様の業績次第)  日本ではかかった時間にお金を 支払うことが多く、工数で見積  ごくまれに機能を提案してくれる  継続的に付き合ってくれる これまでのソフトウェア開発 受託 発注 何を作りたいかは お客様が決められる 狙ったものを狙った通りに 撃ち落とすことができる時代 受託 開発 Quality CostDelivery QCDを意識して 求められるものを作りだす 開発企業に求められるもの メーカー SIer ゼネコン etc. 組込み ソフトウェア ハウス 9Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  10. 10.  自分たちが成功できる価値を 一緒に考え、作りだしてくれる  いらないものをいらないと言ってく れる(価値の優先度判断)  高品質かつ、想定以上のものを 迅速に届けてくれる  ビジネスで成功する価値に対す る対価として予算を決めてくれる  頼りになるビジネスパートナー これからのソフトウェア開発 協調 何を作りたいかを お客様も悩んでいる 狙うもの自体を 定めることが難しい時代 ソリュー ション Quality Cost Delivery Scope QCD+Scopeを意識して お客様のビジネス価値を 最大限に引き出すことができる 開発企業に求められるもの IoTクラウド 組込み ソフトウェア ハウス メーカー SIer ゼネコン etc. 10 エコシステムズ Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  11. 11. これからの日新システムズ  『意欲ある社員』の幸せを第一に考え 『意欲ある社員』の力を結集することをさらに強化  「これ作ってね!」という受け身な受託開発から お客様の価値を提案できる開発へ  営業と技術が協調しながら 新規ビジネスモデルを構築できる  価値ある未来を創りだせる「価値創造企業」へ 実現するために何が必要なのか? 11Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  12. 12. そこで、現状分析をしてみたら・・・  プロジェクトにエンジニアリング&プロセスの基本スキルはどのぐらい?  メンバが風土を変えるぐらいの改善意欲を持っていますか?  自分たちが作っているものに愛着を持っていますか? • お客様が何を求めているのか考えてる?  改善指標を数値だけで判断していませんか? • コミュニケーションは活発?  メンバとゴールを共有できていますか? 12Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved [アジャイル導入前のチェックポイント]を使ってみると・・・
  13. 13. チェック結果は・・・ 13Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved チェックポイント 現状 エンジニアリング&プロセスの 基本スキルは? 一人ひとりのスキルは高く、土壇場でスーパーマン的な頑 張りでピンチを乗り越える。 でも、プロジェクトを運用するツボ(スキル/マインド) が不足しがち。 メンバに改善意欲はある? 品質保証体制は構築されており、プロセス監査活動も実 施されている。が、形骸化が進み、自分達でプロセスを 設計し、改善する方法がわからない。失敗しても次に応 用できるんだ!という風土になってない。 お客様が何を求めてるか考えてる? お客様から要求されたことはできるが、お客様の抱えてい る課題を先につかんで提案できる人が少ない。 コミュニケーションは活発? 一人作業が多く、知識・ノウハウが共有できていない。 形式的な組織はあるが、「チーム」「チームワーク」が少な い! メンバーとゴールは共有できてる? ゴールへの思いが共有される機会が少なく、トップダウン 型のリーダーシップが強く、現場はやらされ感が蔓延。
  14. 14. 14Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved このまま進んでも大丈夫?
  15. 15. 未来戦略室 の狙い 15 2015年 10月1日 設立! Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  16. 16. 16 会社の未来を戦略する? ワクワクする未来を創造する Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  17. 17. 17 Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  18. 18. 未来戦略室のビジョン 一人ひとりが自分自身のビジョンを持ち、行動に変える 自ら考え発信できる場と風土を作る ビジネス観点で考え、価値を提案できる社員を増やす Ⅰ Ⅱ Ⅲ 価値ある「未来」を創りだせる会社への成長の鍵は「人」 18 社員一人ひとりの成長を支援し、 社員のパフォーマンスを最大限に発揮できる風土と仕組みを創る Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  19. 19. 人にフォーカスする What How Who Where / When 人にフォーカスしたアジャイルだからこそ 組織改革のアプローチにも活用できるはず 19Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  20. 20. 自己組織化 「場」 未来戦略活動のコアにあるもの SECIモデル アジャイル 知識経営 スクラム プロジェクトファシリテーション 会社の目指す未来を明確にしつつ 個々の知識を増やし、つなぎ合わせ 「意欲ある自律した創造的な社員」が 集まる場に変えていく 一人ひとりの知識を増やし チームや部門で共有することで 戦略的に組織の知識を成長 リズムとゴールを活用しながら それぞれのチームが自律的に改善し 活動をフィードバックすることで プロダクト/組織の価値を高める 20Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  21. 21. 未来戦略 活動 21Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  22. 22. 未来戦略室 社長 経理部 総務部 未来戦略室 事業戦略部 事業部 事業部 事業部 事業企画室 技術部 営業部 品質保証部 事業部 Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved 22
  23. 23. 活動紹介① 各部門との協力体制を構築 人財開発 (通称:すだち組) • 戦略的トレーニングの実施と推進 • スキルマップとキャリアパスの再定義 • 社内コワーキングルームの運営 価値創造 (通称:かち組) • 経営成果の定量的分析 • ビジネス戦略と組織開発の連携 組織改善 (通称:かえる組) • SEPGとのプロセス改善・推進 • 風土改革活動推進 事業部 品質保証 部 プロセス改善 総務部 総務G ツール 導入 総務部 人事G 育成・評価 事業企画 委員会 新規事業 事業戦略 部 ブランディング 未来戦略室 23 事業部事業部事業部 Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  24. 24. 活動紹介② 会社のゴールを描いて共有する 24 2017 2018 2019 20202016 事業部・部門の年度方針への落とし込み中期計画策定  経営幹部、管理職をファシリテートし、ゴールをコミット 単にチェックして指摘するのではなく 一緒にふりかえり、経験から学ぶ PDCA サイクルを発展させ PDL(Learn)A サイクルへ Check 経営幹部/管理職 ゴールの共有 開発現場 ワクワクにつながる活動目標  理解できる  納得できる  共感できる Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  25. 25. 活動紹介③ 効率のよい開発への改善 25 SEPG 事業部のプロセス改善を 経営観点で推進する エキスパート 開発現場 自分たちのこととして改善していく + SEPGによる改善推進 SQA 連携 事業部長 部長 Gr長 トレーニング 改善推進  各事業部にSEPGという役割を新たに作り、活動支援  Agile導入プロジェクトの支援  全プロジェクトを対象に「ふりかえり/KPT」実施を運営  CMMIを共通モデルとして導入 ⇒内部アプレイザルを実施し改善につなげる Agile Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  26. 26. 「わくわくする未来」を創るための職場(風土)を考える!  知識の共有が実現しやすい自部門のあるべき姿を考える  現場にある障害を見つける  障害を取り除くために自分ができることを考える  実践/ふりかえり 管理職塾開催 両方を上手に使いこなせるリーダーへ トップダウン型マネジメント  経験・ノウハウが受け継がれる  メンバがやるべきことがわかりやすい  経験がかえって邪魔になることも  メンバが考えなくなってしまうリスク ボトムアップ型マネジメント  メンバ自身が考えて・工夫する  知識の共有が実現しやすい  クローズ化してしまうと逆効果  ビジョンの共有が不可欠 26Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved 活動紹介④ 管理職の意識改革 今はこっちが強め 傾聴 ファシリ テーション コーチング チーム ビルディング Next 次世代リーダーを育てる「リーダーシップ塾」へ
  27. 27. 活動紹介⑤ 新人社員教育改革 Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved 27 新入社員向け コミュニケーション・ビジネススキル研修 ビジネスにおける コミュニケーションスキルってなんだろう? 1. 自分を知る・相手を知る 4/20 2. ロジカルに考える 5/19 3. まとめる力・伝える 6/3 4. チームビルディング 6/30 5. ビジョンを描こう 8/19
  28. 28. 活動紹介⑥ OJT活動改革 Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved 28 Before  新入社員を「いかに迅速に即戦力 にするか」という視点が中心  組織としての活動ではなく、 OJT担当者に丸投げに近い  成果はOJT担当次第で変わる (忙しいという理由で活動が不足することも)  ドキュメントベースの確認中心で 実態がつかめず、的確なフィード バックが少ない After  新人教育を通じてOJT担当者を育成 することに主眼を置きつつ、新入社 員と所属部門の一体感を作りだすこ とを目的とする  組織として戦略的なOJTを実施し、 組織内のコミュニケーション改善の きっかけにも活用する  個人へのフィードバックだけでなく OJT担当者同士の横のつながりを作 り刺激し合える 活動にする
  29. 29. Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved 29 1. OJT担当者向けワークショップ • 外部講師(グローバルナレッジ 田中淳子氏) • 終日研修 2. 新入社員+OJT担当者の集合ワークショップ • アイスブレイク/関係構築 • OJT活動の内容/ねらいなどの説明 3. 新入社員+OJT担当者の全体ふりかえり会(2回) • それぞれの取組みの共有 • うまくいったこと、こまったことなどをディスカッション 4. OJT成果発表会 • 経営幹部に対して活動と成果の報告会 • 新入社員、OJTトレーナとも
  30. 30. 活動紹介⑦ 社内コワーキング開設! 30 Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved TDD オブジェク ト指向 強い「意欲」で「未来」を創りだせる人の尊重 学びたいという「意欲」をカタチにする場所 Agile道場 技術勉強会 ものづくり同好会 管理職塾 リーダシップ塾 LT大会 社外の意欲ある人たちとの コラボレーションも企画! 成長の可能性を最も多く秘めているのは 一人ひとりが一番の強みとして持っている分野である だれにとっても最も成長の余地があるのは その人の一番弱い分野である Marcus Buckingham & Donald O.Clinfton 「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」 より
  31. 31. 活動の成果 31Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  32. 32. 活動の成果 32Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved チェックポイント 変化/成長の兆しが出てきた エンジニアリング&プロセスの 基本スキルは? SEPGが各プロジェクトを支援し、徐々に現場の本音が 噴出!本音から課題を抽出し、改善案を組織の上位 層に提案し、改善活動を展開中! アジャイル導入プロジェクトが増加中。次世代リーダー が中心になって、少しずつ成功体験を積み重ねている メンバに改善意欲はある? 「ふりかえり」では、良かった点(K)を見つけること、弱み (P)については改善案(T)を全員で考えることに重点を 置いたファシリテートを実施。「失敗=責められる」の意識 が変わってきた。 お客様が何を求めてるか考えてる? 各事業部に事業企画室を立ち上げ、「お客様から要求 されたものを作る開発」からのシフトチェンジを推進 コミュニケーションは活発? 朝会やふりかえりを通じて、コミュニケーションの大事さに 気づき、チーム作りへのアプローチが始まる。朝会も一部 で始まったが、全社に展開中。 メンバーとゴールは共有できてる? 管理職が、管理職塾でのディスカッションを通じて、信頼 関係の重要さを意識し始め、特に「思いの伝え方」を課 題として抽出→要望に応えコーチングセミナーを開催!
  33. 33. 社員の声 ~コミュニケーション~ 自分たちで考え、自分たちで改善する意識の変化へ! はじめての『ふりかえり』でも実施することで、 気づきがたくさん出てきて、活動に繋がる! 朝会のアイスブレークで 他のメンバーがどんな人か わかって話しやすくなった! 営業と技術の壁が課題 席をまとめて グループにしようよ! 33Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved 朝会を活用して、 スピーディな報告と是正が できるようになった 他のメンバーの 作業内容がわかるように なった! 「チーム」感を持ちたい! まずは、部門横断で カンバンしてみよう コーチング/ティーチングを 意識したOJTは気付きが多い
  34. 34. 34 お客様のビジネス価値を最大化すると同時に 自分たち自身の価値を最大化していく! 価値を感じる感性を高めていく 社会の・・・ 価値 お客様の・・・ 自分たちの・・・ Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  35. 35. 今後の 取組み 35Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved
  36. 36. 次の課題 36Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved 「改善」が、少しずつ開発現場に浸透してきた 次世代リーダーはアジャイルを導入して、成功体験を積んでいる コミュニケーションは、以前より活発になってきている 管理職(部門長)の意識も変わりつつある  管理職の意識は変わりつつあるが、「やり方」は変わらない  部門長以上のマネジメントスキルが不足している  中身のあるプロジェクト計画が作れない  場当たり的なマネジメント中心  発生した課題に的確に対応できない  プロジェクト完了後、ふりかえりができないのでスキルアップしない でも…、 内部アプレイザルで見えてきた課題 負のループが 続いている状況
  37. 37. 全社マネジメント強化対策 37Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved プロジェクト マネジメント スキルアップ プロジェクト見積・計画 の検討とコミットの 仕組みを再構築 マネジメントの 見える化 エスカレーションの スピードを上げ 報告と支援を強化 プロジェクト完了後 ふりかえりを実施し、 改善提案をまとめる 座学ではなく 実践の場で スキルアップ 未来戦略 SEPG 部門長/プロジェクトマネージャー の実践的マネジメントスキルアップ  プロジェクトコンサルと して対応(実践し ながら教育と改善)  努力と根性だけでな く「考える」事業部へ の変革を促進
  38. 38. 組織/プロジェクトのリズムを使った成長 ☞ 定期的に成長するしくみ – 一定期間の短いリズムでふりかえる – 習慣にして継続させる ☞ 「歩み」を実感しつづける – 成長していることは、自信につながる 今は基盤作りのステージ 短期間でしっかりと基礎を築くために トップダウン&ボトムアップのアプローチを同時に実践! 38Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved 価値創造企業へ成長する 企業スローガン 「未来をつなぐ 人をつなぐ」
  39. 39. Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved 39
  40. 40. 未来戦略室にとってのお客様は、日新システムズ その価値を最大化することがミッションである 私たち自身がまずアジリティに取り組むことが重要!  組織/プロジェクトのリズムを作る  ゴール(経営目標)を共有し、現場との相互のフィードバックを行う  “今”の組織/プロジェクトを分析し “今”の最大の価値を引き出す戦略を考え、実践を支援する 自分たちで発展できる組織への変革! 40Copyright © 2016 NISSIN SYSTEMS All right reserved 『ワクワクする未来を創造する』って?
  41. 41. 日新システムズで よかった!
  42. 42. ご清聴ありがとうございました 42

×