アジャイルをはじめてみよう!~ アジャイルのノウハウを笑顔つきで実体験 ~チュートリアル付きAgile Japan 2013ワークショップセッション③ 2013/5/24富山サテライト 2013/5/24西河 誠/前川 直也僕たちのこれからのた...
自己紹介 西河 誠(Makoto Nishikawa)西河 誠 (Makoto Nishikawa)アジャイルジャパン2013実行委員長家電メーカーの製品向け組み込みソフト設計・開発(Linuxカーネル・ドライバ開発が中心)、研究開発を12年ほ...
前川 直也 (まえかわ なおや) 所属 会社 パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 コミュニティ プロジェクト・ファシリテーター協会(PFI)理事PFP(プロジェクトファシリテーションプロジェクト)理事Agile Japan実行委...
3今日はこれでいきます!
4チュートリアル
アジャイル入門• アジャイルとは• なぜアジャイルなのか• ソフトウェアの価値とは• アジャイルを現場に導入しよう• プロジェクトファシリテーション
6アジャイルとは
アジャイルとは?アジャイルとは、お客様のビジネス価値を最大化するための「考え方」や「姿勢」のこと
Scrum、XPなどのアジャイル開発手法をはじめアジャイルが拡がる
State of Agile Development Survey Results- http://www.versionone.com/state_of_agile_development_survey/11/アジャイル開発の普及
アジャイル開発の普及State of Agile Development Survey Results- http://www.versionone.com/state_of_agile_development_survey/11/
11なぜアジャイルなのか
12以前は、狙っていけば的中する確率が高かった今の組込み業界では、環境の変化ユーザニーズの多様化競合他社との競争激化などで、先の読めない状況・・・環境変化競合ソフト業界の変化
開発の課題
開発の課題コミュニケーションギャップ設計・実装上の都合・納期、等
開発の課題
16ソフト開発に変化はつきもの日程前倒し課題/バグ仕様変更仕様追加混沌としたソフト業界において、変化が発生しないというのはありえない変化を前向きに受け入れていく必要がある
変化を味方につけるお客様の価値の最大化を考える変化は当然(必要)ととらえ、すばやく変化を取り入れられるように進める
変化を味方につける
変化を味方につける
変化を味方につける変化を味方につけお客様のビジネス価値を最大化する
ビジネス価値の最大化のために包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを大切にするプロセスやツールよりもコミュニケーションを大切にする
ビジネス価値の最大化のために契約交渉よりも顧客との強調を大切にする計画に従うよりも変化への対応を大切にする
http://agilemanifesto.org/iso/ja/アジャイルソフトウェア開発宣言
アジャイルソフトウェア宣言の背後にある原則
アジャイルの目的・価値・原則
26ソフトウェアの価値とは
ソフトウェア価値の最大化を考える
ソフトウェア価値の最大化を考える
ソフト業界 約60年の歴史29ソフトウェアが商業ベースになりそれにつれて、工学的にアプローチ『誰でも同じように作れるソフトウェア』2000年頃から、もう一度初心に戻り新たなアプローチが始まる『ソフトウェアは人が作るものである』
変化に対応しなければ30分析 設計 実装 テスト分析 設計 実装 テスト変更! 動かしてみてからわかる部分が多い後工程のロスはとくに大きな戻り工数を発生させるロスを起こさないように、ロスコストを「リスク」として見込んでしまう時間をかけて品質は確...
ソフトウェア価値の最大化を考える
ソフトウェア価値の最大化を考える
ソフトウェア価値の最大化を考える
ソフトウェア価値の最大化を考える顧客・ユーザー、開発者全員で価値の最大化を考える
35アジャイルを現場に導入しよう!
これまでの開発36設 計 テスト実 装チェック チェック要求価値インプット アウトプットチェックポイントが、各フェーズでしかなく少ない最初に求められた要求から価値が上がることは少ない結果的に変化を受け入れにくい開発
37今求められている開発短い『タイムボックス』で回しながら、細かくフィードバックし、価値を膨らませていく開発スタイル
38
39
アジャイルの全体像40スタート段階で想い(要求)を明確化させ、お客様と一緒にストーリーとして描いていきますタイムボックスを活用し、継続的にフィードバックを行い、お客様と確認します(場合のよれば、価値を膨らませます)ストーリーをタスクに落とし、プ...
現場で実践すること
ペアプログラミング
43プロジェクトファシリテーション
Agile【1990年代】オブジェクト指向モデリング設計技術をどう回す?時代にどう合わす?【2000~02】ペアプロTDD反復特有の技術アップ【2002~】コーチングファシリテーション人に向き合う!【2005~】プロジェクトファシリテーションT...
コミュニケーション行動気づき信頼関係笑顔価値見える化リズム名前付け問題vs.私たちの構図カイゼン原則朝会かんばんKPTペアボードニコカレアイスブレイク偏愛マップMindMapetc.プラクティスプロジェクトファシリテーション
プロジェクトでのPMとPF これまでプロジェクトマネージメントは非常に重視されてきたものの 『管理』だけでは解決できない問題も・・・PM ⇒ 計画達成型のマネージメントPF ⇒ 協調の場作りどちらも重要であり、プロジェクトの成功には欠かせな...
レフトウィング と ライトウィング平鍋さんブログ「An Agile Way」よりhttp://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html
48ワークショップ
49グランドルールご自身のプロジェクトや組織に置き換えて考えてください!とにかく、やってみよう!笑顔を忘れずに!
50このセッションのゴール アジャイルマインドをご自身の肌で実感 アジャイルやってみようかな?と、心の片隅に芽が生える
価値を紙に書いて伝言ゲームするのではなく価値をストーリーとして一緒に描くコマンドコントロールからコラボレーションへ
メンバーで最終ゴールをイメージする
レゴスプリントレゴを使ったグループワーク『最高の飛行機を作ってください!』
このグループで・・・どんな最高の飛行機つくる?5分『Smiling Adventure』を使ってみましょう!
55【お客様は誰?】① フォーマットに合わせて、みんなでディスカッションをしてみましょう② 「お客様は誰ですか?」は、名前など特定できればOK③ 「どんな人ですか?」「求めているものはどんなもの?」を具体化していきましょう④ 1人だけとは限りま...
56【お客様のハッピー】① 「お客様は誰?」の結果を書きましょう② お客様はどんなことをやってみたいと思っていますか?求めているものは?③ みなさんがつくり出すもので、どんなことが実現できますか?④ 実際にお客様が使ってみると、どんな気持ちにな...
57【ストーリーテラー】① フォーマットに合わせて、シンプルに書いてみましょう② 結果をもとに具体的なディスカッションにつなげてみましょう
ビジネスゴールを常に意識した開発プロジェクトメンバーと最終形態を一緒に描くことで、プロジェクトの基礎固めができるゴールを共有できてるかどうかはプロジェクトに大きく影響するグループワークからのポイント
みんなで描いたゴールをもとに「タスクをピックアップ」5分レゴ飛行機は約10分×2回で開発します!2回とも(完成)させます
グループワークからのポイントみんなで考えることみんなの得意分野は何?計画段階はイメージ力が重要短いサイクルでの繰り返し開発には工夫が必要
ソフトウェアかんばんToDo未実施Doing実施中Done完了サザエカツオワカメ【使い方】① カードを未実施に貼る② 実施する前に実施中にカードを移動する③ タスクが完了したら完了に移動する※ 貼りかえはリアルタイムに
KPT(けぷと)の活用メンバ全員でタイムボックスをふり返るKeepProblemTry•プロジェクトでうまくいったこと•改善効果が出たもの•モチベーションがあがった瞬間•発生した課題•今回改善できなかったこと•継続したい「keep」•具体的な改...
グループワークからのポイントほめると伸びる+欠点も認める行動(スイッチ)につながる「人」に視点を置くからこそ「成長」もできる
『最高の飛行機」を作ってください!10分×2回 10分×2イテレーション 朝会+タスクの確認(1分) グループ作業(6分) KPT(3分) KPTの「ふりかえり」は2回目に反映! かんばんも活用してください
ご完成おめでとうございます
Agileは現場駆動人駆動です
しかも、価値駆動です
68Social Change starts with YOU!!「未来」は自分たちで描き、自分たちの手で変化を生み出そう!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

アジャイルをはじめてみよう(チュートリアル付き):Agile Japan 2013

2,111 views

Published on

Agile Japan 2013でのワークショップセッション資料です。
本会場の後、富山サテライトでも実施して、内容が増えてます。
アジャイル概要のあと、『レゴスプリント』(「わかりやすいアジャイル開発の教科書」をご参照ください)でのワークショップで使った説明用の資料も含みます。
開発現場で実践するときのご参考に使ってください。

Published in: Business

アジャイルをはじめてみよう(チュートリアル付き):Agile Japan 2013

  1. 1. アジャイルをはじめてみよう!~ アジャイルのノウハウを笑顔つきで実体験 ~チュートリアル付きAgile Japan 2013ワークショップセッション③ 2013/5/24富山サテライト 2013/5/24西河 誠/前川 直也僕たちのこれからのために『スクラム』を組もう!
  2. 2. 自己紹介 西河 誠(Makoto Nishikawa)西河 誠 (Makoto Nishikawa)アジャイルジャパン2013実行委員長家電メーカーの製品向け組み込みソフト設計・開発(Linuxカーネル・ドライバ開発が中心)、研究開発を12年ほど担当。現在、Android/iOSスマートフォン向けアプリ開発、Android端末開発を行うチームのマネージャ。アジャイルジャパン2009より実行委員、アジャイルジャパン2012より実行委員長を担当。・主な書籍・発表情報「Android Hacks」(オライリー・ジャパン)「システム開発現場のファシリテーション」(技術評論社)「日経コンピュータ」連載「わかりやすいアジャイル開発の教科書」(ソフトバンククリエイティブ,3/26発売)Agile Japan 2012-2013実行委員長
  3. 3. 前川 直也 (まえかわ なおや) 所属 会社 パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 コミュニティ プロジェクト・ファシリテーター協会(PFI)理事PFP(プロジェクトファシリテーションプロジェクト)理事Agile Japan実行委員、ET West2011 実行委員 etc. 経歴 1994日本コンピューター・システム株式会社に入社(製造業システム開発) 1998パナソニック株式会社に転職 2000年ごろからXPJUGに参加、現場に導入しつつ、社内外でアジャイル&プロジェクトファシリテーションの講演やワークショップなど実施中 放送機器の組込みの開発、部門SEPG、社内講師などもやりつつ、現在はLumix家電開発でのProduct Manager兼アジャイルコーチ 箏/三味線の師匠として日本文化とプロジェクトを紐付け中 著書 共著: 『システム開発現場のファシリテーション』 (技術評論社)『これだけは知っておきたい組込みシステムの設計手法』 (技術評論社)「わかりやすいアジャイル開発の教科書」 (ソフトバンククリエイティブ) その他、エンジニアマインド、組込みプレス、Ultimate Agile Storyなど 初心者のためのアジャイル入門書籍を執筆中自己紹介@nao_maruhttp://www.facebook.com/NaoyaMaekawa
  4. 4. 3今日はこれでいきます!
  5. 5. 4チュートリアル
  6. 6. アジャイル入門• アジャイルとは• なぜアジャイルなのか• ソフトウェアの価値とは• アジャイルを現場に導入しよう• プロジェクトファシリテーション
  7. 7. 6アジャイルとは
  8. 8. アジャイルとは?アジャイルとは、お客様のビジネス価値を最大化するための「考え方」や「姿勢」のこと
  9. 9. Scrum、XPなどのアジャイル開発手法をはじめアジャイルが拡がる
  10. 10. State of Agile Development Survey Results- http://www.versionone.com/state_of_agile_development_survey/11/アジャイル開発の普及
  11. 11. アジャイル開発の普及State of Agile Development Survey Results- http://www.versionone.com/state_of_agile_development_survey/11/
  12. 12. 11なぜアジャイルなのか
  13. 13. 12以前は、狙っていけば的中する確率が高かった今の組込み業界では、環境の変化ユーザニーズの多様化競合他社との競争激化などで、先の読めない状況・・・環境変化競合ソフト業界の変化
  14. 14. 開発の課題
  15. 15. 開発の課題コミュニケーションギャップ設計・実装上の都合・納期、等
  16. 16. 開発の課題
  17. 17. 16ソフト開発に変化はつきもの日程前倒し課題/バグ仕様変更仕様追加混沌としたソフト業界において、変化が発生しないというのはありえない変化を前向きに受け入れていく必要がある
  18. 18. 変化を味方につけるお客様の価値の最大化を考える変化は当然(必要)ととらえ、すばやく変化を取り入れられるように進める
  19. 19. 変化を味方につける
  20. 20. 変化を味方につける
  21. 21. 変化を味方につける変化を味方につけお客様のビジネス価値を最大化する
  22. 22. ビジネス価値の最大化のために包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを大切にするプロセスやツールよりもコミュニケーションを大切にする
  23. 23. ビジネス価値の最大化のために契約交渉よりも顧客との強調を大切にする計画に従うよりも変化への対応を大切にする
  24. 24. http://agilemanifesto.org/iso/ja/アジャイルソフトウェア開発宣言
  25. 25. アジャイルソフトウェア宣言の背後にある原則
  26. 26. アジャイルの目的・価値・原則
  27. 27. 26ソフトウェアの価値とは
  28. 28. ソフトウェア価値の最大化を考える
  29. 29. ソフトウェア価値の最大化を考える
  30. 30. ソフト業界 約60年の歴史29ソフトウェアが商業ベースになりそれにつれて、工学的にアプローチ『誰でも同じように作れるソフトウェア』2000年頃から、もう一度初心に戻り新たなアプローチが始まる『ソフトウェアは人が作るものである』
  31. 31. 変化に対応しなければ30分析 設計 実装 テスト分析 設計 実装 テスト変更! 動かしてみてからわかる部分が多い後工程のロスはとくに大きな戻り工数を発生させるロスを起こさないように、ロスコストを「リスク」として見込んでしまう時間をかけて品質は確保できているかもしれないが実際に動作させてみて、意図していないことに気づき大きなロスを生じてしまうことが増えている
  32. 32. ソフトウェア価値の最大化を考える
  33. 33. ソフトウェア価値の最大化を考える
  34. 34. ソフトウェア価値の最大化を考える
  35. 35. ソフトウェア価値の最大化を考える顧客・ユーザー、開発者全員で価値の最大化を考える
  36. 36. 35アジャイルを現場に導入しよう!
  37. 37. これまでの開発36設 計 テスト実 装チェック チェック要求価値インプット アウトプットチェックポイントが、各フェーズでしかなく少ない最初に求められた要求から価値が上がることは少ない結果的に変化を受け入れにくい開発
  38. 38. 37今求められている開発短い『タイムボックス』で回しながら、細かくフィードバックし、価値を膨らませていく開発スタイル
  39. 39. 38
  40. 40. 39
  41. 41. アジャイルの全体像40スタート段階で想い(要求)を明確化させ、お客様と一緒にストーリーとして描いていきますタイムボックスを活用し、継続的にフィードバックを行い、お客様と確認します(場合のよれば、価値を膨らませます)ストーリーをタスクに落とし、プロジェクトのパワーをいかんなく発揮し、無駄のない、シンプルな設計を高品質で作り上げていきます
  42. 42. 現場で実践すること
  43. 43. ペアプログラミング
  44. 44. 43プロジェクトファシリテーション
  45. 45. Agile【1990年代】オブジェクト指向モデリング設計技術をどう回す?時代にどう合わす?【2000~02】ペアプロTDD反復特有の技術アップ【2002~】コーチングファシリテーション人に向き合う!【2005~】プロジェクトファシリテーションTPS/SECIモデルチームビルディングPM【2007~】要求開発ビジネスアジャイルビジネスとしてとらえる【2000】アジャイル宣言プロジェクトファシリテーションの成り立ち2005年のデブサミで平鍋氏の講演がきっかけ!?【プロジェクトファシリテーション】とは?プロジェクトマネジメント(PM)が重要であることは昨今強く言われています。 PMが「計画達成のマネジメント」に重点を置くのに対してPFは「参加者の協調の場作り」に重点を置いています。PMは、計画の立案と実行、差異に注目し た管理が中心で、どちらかと言うと「コマンド・コントロール型」のマネジメントスタイルが背後にあります。これに対してPFは、その場その場の変化に対応 し、チームが協力し合って創発的に成果を出していく、「リーダーシップ・コラボレーション型」の新しいチーム作りの形です。(オブラブ公式Webサイトより http://www.objectclub.jp/community/pf/)アジャイルの変遷とプロジェクトファシリテーションファシリテーショントヨタ生産方式アジャイル開発プロジェクトファシリテーション
  46. 46. コミュニケーション行動気づき信頼関係笑顔価値見える化リズム名前付け問題vs.私たちの構図カイゼン原則朝会かんばんKPTペアボードニコカレアイスブレイク偏愛マップMindMapetc.プラクティスプロジェクトファシリテーション
  47. 47. プロジェクトでのPMとPF これまでプロジェクトマネージメントは非常に重視されてきたものの 『管理』だけでは解決できない問題も・・・PM ⇒ 計画達成型のマネージメントPF ⇒ 協調の場作りどちらも重要であり、プロジェクトの成功には欠かせないもの!
  48. 48. レフトウィング と ライトウィング平鍋さんブログ「An Agile Way」よりhttp://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html
  49. 49. 48ワークショップ
  50. 50. 49グランドルールご自身のプロジェクトや組織に置き換えて考えてください!とにかく、やってみよう!笑顔を忘れずに!
  51. 51. 50このセッションのゴール アジャイルマインドをご自身の肌で実感 アジャイルやってみようかな?と、心の片隅に芽が生える
  52. 52. 価値を紙に書いて伝言ゲームするのではなく価値をストーリーとして一緒に描くコマンドコントロールからコラボレーションへ
  53. 53. メンバーで最終ゴールをイメージする
  54. 54. レゴスプリントレゴを使ったグループワーク『最高の飛行機を作ってください!』
  55. 55. このグループで・・・どんな最高の飛行機つくる?5分『Smiling Adventure』を使ってみましょう!
  56. 56. 55【お客様は誰?】① フォーマットに合わせて、みんなでディスカッションをしてみましょう② 「お客様は誰ですか?」は、名前など特定できればOK③ 「どんな人ですか?」「求めているものはどんなもの?」を具体化していきましょう④ 1人だけとは限りませんいろいろなパターンを考えてみましょう
  57. 57. 56【お客様のハッピー】① 「お客様は誰?」の結果を書きましょう② お客様はどんなことをやってみたいと思っていますか?求めているものは?③ みなさんがつくり出すもので、どんなことが実現できますか?④ 実際にお客様が使ってみると、どんな気持ちになりますか?
  58. 58. 57【ストーリーテラー】① フォーマットに合わせて、シンプルに書いてみましょう② 結果をもとに具体的なディスカッションにつなげてみましょう
  59. 59. ビジネスゴールを常に意識した開発プロジェクトメンバーと最終形態を一緒に描くことで、プロジェクトの基礎固めができるゴールを共有できてるかどうかはプロジェクトに大きく影響するグループワークからのポイント
  60. 60. みんなで描いたゴールをもとに「タスクをピックアップ」5分レゴ飛行機は約10分×2回で開発します!2回とも(完成)させます
  61. 61. グループワークからのポイントみんなで考えることみんなの得意分野は何?計画段階はイメージ力が重要短いサイクルでの繰り返し開発には工夫が必要
  62. 62. ソフトウェアかんばんToDo未実施Doing実施中Done完了サザエカツオワカメ【使い方】① カードを未実施に貼る② 実施する前に実施中にカードを移動する③ タスクが完了したら完了に移動する※ 貼りかえはリアルタイムに
  63. 63. KPT(けぷと)の活用メンバ全員でタイムボックスをふり返るKeepProblemTry•プロジェクトでうまくいったこと•改善効果が出たもの•モチベーションがあがった瞬間•発生した課題•今回改善できなかったこと•継続したい「keep」•具体的な改善取組み•全員の目標[P]と[D]からの[C]となる+メンバでほめる!共有できた[C]からの[D]につながる[A]を共有する次の[P]となる今回良かったこと!今回うまくいかなかったこと!次回の取組み!
  64. 64. グループワークからのポイントほめると伸びる+欠点も認める行動(スイッチ)につながる「人」に視点を置くからこそ「成長」もできる
  65. 65. 『最高の飛行機」を作ってください!10分×2回 10分×2イテレーション 朝会+タスクの確認(1分) グループ作業(6分) KPT(3分) KPTの「ふりかえり」は2回目に反映! かんばんも活用してください
  66. 66. ご完成おめでとうございます
  67. 67. Agileは現場駆動人駆動です
  68. 68. しかも、価値駆動です
  69. 69. 68Social Change starts with YOU!!「未来」は自分たちで描き、自分たちの手で変化を生み出そう!

×