NPOのクラウド事務局1DAYセミナー【IT活用の基礎/ルームB】DBの活用&寄付集め(マドレボニータ)

1,793 views

Published on

CANPAN・NPOフォーラム「NPOのクラウド事務局1DAYセミナー」
〜短時間勤務、ワークシェア、在宅勤務、多地域展開しながら求心力を持ち続ける団体運営~
2013年2月2日 日本財団ビルにて開催

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,793
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,062
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

NPOのクラウド事務局1DAYセミナー【IT活用の基礎/ルームB】DBの活用&寄付集め(マドレボニータ)

  1. 1. IT活⽤用の基礎  【ルームB】●ステークホルダーとの関係を⼤大事にする データベースの活⽤用●CANPANペイメント他を活⽤用した寄付集め NPO法⼈人マドレボニータ事務局 北北澤・⿊黒⽥田・太⽥田
  2. 2. ⾃自⼰己紹介(北北澤ちさと) u  担当は会員業務・マドレ基⾦金金運営。 u  1975年年⽣生まれ、東京都⼋八王⼦子市出⾝身。 u  法⼈人担当営業として6年年勤務後専業主婦に。 u  マドレボニータの産後クラスに参加し、会 員として産後⽩白書作成ボランティアなどに 参画。 u  第⼆二⼦子出産後の2009年年10⽉月マドレボニー タ⼊入局。2013年年秋より事務局⻑⾧長。 u  夫と7歳娘、4歳息⼦子の4⼈人家族。 u  産後に始めたゴスペル等の歌で定期的にス テージに⽴立立っている。 (C)  2013  MadreBonita 2
  3. 3. ⾃自⼰己紹介(⿊黒⽥田美穂) u  担当は経理理とビッグママ(⼈人事部) u  1973年年秋⽥田県⽣生まれ。 u  2005年年に出産後、約3年年間専業主婦。 その間マドレボニータ会員として産後 ⽩白書作成のボランティアなどにも参画。 u  2010年年9⽉月にマドレボニータ⼊入局。 u  転勤族の夫、7歳娘との3⼈人家族。 u  現在福岡市在住。趣味は呑み⾷食べ歩き。 ラップ。 (C)  2013  MadreBonita 3
  4. 4. ⾃自⼰己紹介(太⽥田智⼦子) u  担当はマドレストアとファンドレイジ ング(准認定ファンドレイザー) u  1975年年⽣生まれ、東京都⼋八王⼦子市出⾝身 u  印刷会社でマーケティング7年年、転職 ⽀支援会社でキャリアアドバイザー4年年 半→妊娠中に退職、専業主婦に u  産後にマドレボニータのクラスを受講 u  ボランティアを経て事務局へ u  現在FM⻄西東京『kirakira☆アヴェ ニュー』ミキサー兼パーソナリティ (C)  2013  MadreBonita 4
  5. 5. ⽬目次I.  マドレボニータ事務局の働き⽅方と                            「クラウド」II.  ステークホルダーとの関係を⼤大事にする データベースの活⽤用III. CANPANペイメント他を活⽤用した寄付集め (C)  2013  MadreBonita 5
  6. 6. Ⅰ.マドレボニータ事務局の働き⽅方と                     「クラウド」 (C)  2013  MadreBonita 6
  7. 7. 働き⽅方の特徴…オフィスがない!有給スタッフ9⼈人でワークシェアリング⽉月                          ⽕火                        ⽔水                        ⽊木                      ⾦金金   週4⽇日  10時〜~16時半  休憩30分 週3⽇日  10時〜~16時半  休憩30分 ⽔水曜休み(幼稚園午前保育) 週2⽇日  10時〜~13時 1⽇日2〜~6時間、週に2〜~4⽇日 (C)  2013  MadreBonita 7
  8. 8. 働き⽅方の特徴…オフィスがない!有給スタッフ9⼈人でワークシェアリング 育休中 ストア 広報 サイト更更新 -‐‑‒教室事業 -‐‑‒養成事業 -‐‑‒調査研究事業 会員事業 ゆるやかな業務分担制ひとりで抱えるのではなく、2⼈人以上で共有する (C)  2013  MadreBonita 8
  9. 9. 働き⽅方の特徴…オフィスがない! 地⽅方在住組もいる ★理理事・スタッフ ★インストラクター 北北海道 関東(東京以外) ★★     ★★★ ★★沖縄 ★★★★★★ 東京 ★★★★★九州 ★★★       ★★★★ ★★★★ 東海 ★★★ (C)  2013  MadreBonita 9
  10. 10. ポイントは…クラウド (C)  2013  MadreBonita 10
  11. 11. お尋ねします•  「クラウド」がどんなものか何とな く知っている〜~説明できる•  プライベートでクラウドコンピュー ティングを使っている•  業務でクラウドコンピューティング を使っている•  業務で現在は使っていないが、導⼊入 を検討している、興味がある (C)  2013  MadreBonita 11
  12. 12. クラウドとは?インターネット上に情報を蓄積し、 ⾃自由に参照できるしくみ 情報 (C)  2013  MadreBonita 12
  13. 13. クラウドとは?マドレボニータでは事務局運営に必要な情報をクラウド化 申込実績 メール履履歴 進捗情報 顧客情報 WEB上 で作動 (C)  2013  MadreBonita 13
  14. 14. クラウドとは? マドレボニータが活⽤用している クラウドコンピューティングツールの⼀一例例u クラウド型データベース(マドレセンター)u Googleドライブ(旧  Googleドキュメント)u メーリングリストu WEB会議ツール(Skype・Google+ハングアウト)u SNS(Facebook、Twitter、mixi)                   など (C)  2013  MadreBonita 14
  15. 15. クラウドとは?例例)Googleドライブ(旧  Googleドキュメント) WEB上 で作動 (C)  2013  MadreBonita
  16. 16. クラウドとは?メリット•  ⼤大量量のデータを保存できる•  データを共有できる•  専⽤用ソフトがなくても使える•  ネット環境があればどこからでもア クセスできる⇒時間や場所に制約がある組織運営に適している (C)  2013  MadreBonita 16
  17. 17. Ⅱ.ステークホルダーとの関係を ⼤大事にするデータベースの活⽤用 (C)  2013  MadreBonita 17
  18. 18. データベースとは?特定のテーマに沿った マドレでいうと…データを集めて管理理し、 ・会員情報容易易に検索索・抽出などの ・受講者情報再利利⽤用をできるようにし ・イベント参加者情報たもの。(Wikipediaより)   ・通販購⼊入履履歴           など マドレボニータのデータ管理理は ほぼ全てクラウド上で⾏行行われています
  19. 19.  マドレボニータのクラウドデータ管理理 ①管理理システム「マドレセンター」 ネット上の データベース WEB上 で作動
  20. 20.  マドレボニータのクラウドデータ管理理 ①管理理システム「マドレセンター」 マドレセンター (データベース) ⾃自動メール 申込情報 配信 受講希望者が スタッフがアクセス フォーム⼊入⼒力力 →諸⼿手続きへ (C)  2013  MadreBonita 20
  21. 21.  マドレボニータのクラウドデータ管理理 ①管理理システム「マドレセンター」 お受付 ⼀一連の情報の やりとりは ⼊入⾦金金確認 すべて蓄積  
  22. 22.  マドレボニータのクラウドデータ管理理 ①管理理システム「マドレセンター」 申込履履歴のクラウド化 各種お申込みはすべて公式HPのフォームから (講座・会員・ワーキングマザーサロン)  
  23. 23.  マドレボニータのクラウドデータ管理理 ①管理理システム「マドレセンター」 申込履履歴のクラウド化のメリット   申込情報を複数メンバーで共有可能 →ワークシェアリング →急な問い合わせにも迅速な対応
  24. 24.  マドレボニータのクラウドデータ管理理 ①管理理システム「マドレセンター」 申込実績のクラウド化 各種申込へのお受付や⼊入⾦金金のお礼メールは   すべてマドレセンターから送信
  25. 25.  マドレボニータのクラウドデータ管理理 ①管理理システム「マドレセンター」 申込実績クラウド化のメリット 進捗状況を全員で把握可能 設定した⼿手続き期⽇日のアラーム機能で対応漏漏れ防⽌止
  26. 26.  マドレボニータのクラウドデータ管理理 ①管理理システム「マドレセンター」 顧客情報のクラウド化 申し込んだ会員や受講者の情報は マドレセンターに蓄積される  
  27. 27.  マドレボニータのクラウドデータ管理理 ①管理理システム「マドレセンター」 顧客情報クラウド化のメリット      情報の⾃自動更更新→いちいち⼊入⼒力力しなくていい    ⾃自由な検索索→メッセージに⼀一⾔言添えるなど    ニーズやターゲットの把握            →プログラムやシステムの改善につながる
  28. 28.  マドレボニータのクラウドデータ管理理 ①管理理システム「マドレセンター」 マドレセンターとExcel名簿の違い     申込と連動して情報が蓄積される   全データを各種条件から検索索可能 住所 職業   受講歴
  29. 29.  マドレボニータのクラウドデータ管理理 ②Googleドキュメント
  30. 30.  マドレボニータのクラウドデータ管理理 ②Googleドキュメントu イレギュラーな対応が必要なイベントや講座関連の進捗管理理 スタッフ インストラクター (C)  2013  MadreBonita 30
  31. 31. クラウドによるデータ管理理のメリット リアルタイム ワークシェア で情報共有 履履歴が残る 同時に更更新可能
  32. 32. クラウド化によって予防できるトラブル 履履歴が残る、履履歴を検索索できる   ○⾔言った⾔言わないのトラブル ○以前にも別の⽅方であったケース…のトラブル ○過去のやりとりを把握していないためのトラブル
  33. 33. クラウド化によって予防できるトラブル リアルタイムで情報共有 ○情報のタイムラグによる温度度差の違い ○メンバーへの報告漏漏れによるトラブル ○担当交代時の引き継ぎトラブル
  34. 34. 2つのツールを上⼿手に使い分け Googleドキュメントマドレセンターu Googleドライブならフォーマットも⾃自由に 設定 ⇒定型化したらクラウドデータベースに追加 (C)  2013  MadreBonita 34
  35. 35. データベースの活⽤用〜~ステークホルダーとの関係を よりよいものに〜~
  36. 36. データベースを 活⽤用すると・・・お客さん、会員さん、仲間、 ひとりひとりと、より濃いおつきあいができる
  37. 37. データベース活⽤用の具体例例 イベント案内 杉並⼦子育て応援券関東地⽅方の⽅方だけに 利利⽤用者へご案内メールを送りたい! したい! 会員さんで 更更新時期の会員さん 保育⼠士の⽅方に 去年年の講座参加歴は?   取材したい!今⽉月の吉祥寺クラス 去年年のイベント参加者受講者へ事前の案内 へ今年年は優先案内! 実例例のご紹介
  38. 38.  特徴①特定の属性の⼈人をピックアップできる イベント案内 杉並⼦子育て応援券 関東地⽅方の⽅方だけに 利利⽤用者へご案内 メールを送りたい! したい! 今⽉月の吉祥寺クラス 去年年のイベント参加者 受講者へ事前の案内 へ今年年は優先案内! 特定の⼈人に、必要度度の⾼高い情報を提供
  39. 39.  特徴②メールにパーソナルなメッセージを盛り込める 会員さんで 更更新時期の会員さん 保育⼠士の⽅方に 去年年の講座参加歴は?   取材したい! いつも ありがとうございます! ぜひお⼒力力を貸してください だけでなく… だけでなく…
  40. 40. そのデータベースが クラウド上にあるから… イベント案内 杉並⼦子育て応援券 去年年のイベント参加者関東地⽅方の⽅方だけに 利利⽤用者へご案内 へ今年年は優先案内!メールを送りたい! したい! 会員さんで 今⽉月の吉祥寺クラス 更更新時期の会員さん 保育⼠士の⽅方に 受講者へ事前の案内 去年年の講座参加歴は?   取材したい! メンバーの誰もがどこにいてもできる!
  41. 41. Ⅲ.  CANPANペイメント他を                 活⽤用した寄付集め (C)  2013  MadreBonita 41
  42. 42. 2011年年3⽉月「マドレ基⾦金金」設⽴立立より⼦子育てに向き合うエネルギーを必要とする⺟母たちへの⽀支援•  「産後のボディケア&フィットネス教室」の受講料料補助(半額〜~全額)•  必要に応じクラス受講中や⾏行行き帰りの介助ボランティアなどのサポート 多胎児の⺟母(双⼦子・三つ⼦子…) 障がいのある児の⺟母 ひとり親 被災地から避難中の⺟母 低体重出⽣生児・早産児の⺟母 10代で出産した⺟母 など (C)  2013  MadreBonita 42
  43. 43. しかし…それまで寄付⾦金金はほぼゼロ! 2009年年度度(2009.10-‐‑‒2010.9)の経常収益内訳 (単位  円)マドレ基⾦金金では、1組あたり18,000円かかる! ⇒試⾏行行錯誤しながらファンドレイジングスタート (C)  2013  MadreBonita 43
  44. 44. 年年間寄付⾦金金額の推移年年間寄付⾦金金額 経常収益構成⽐比1600000$ 100%$ 1,394,092$1400000$ 1.8倍 90%$ 80%$1200000$ 70%$1000000$ 60%$ 800000$ 50%$ 758,873$ 600000$ 40%$ 30%$ 400000$ 20%$ 200000$ 0$ 536$ 10%$ 0%$ 0.0%$ 4.2%$ 6.9% 6.9%% 2009 2010 2011 2009 2010 2011 (C)  2013  MadreBonita 44
  45. 45. 寄付をあつめるポイントは…オンラインでできる寄付⽅方法を複数⽤用意する最近の寄付の⽅方法、実はほとんどがクラウドu  クレジットカード決済  (CANPANペイメント+/CANPANメンバーズ)u  Just  Givingu  マドレストアでの寄付(ネット上の「レジ募⾦金金」)u  クリック募⾦金金 (C)  2013  MadreBonita 45
  46. 46. 寄付をあつめるu クレジットカード決済 1回ごとの寄付…CANPANペイメント+ l  クレジットカード決済で寄付 l  パソコン/携帯から⽀支払い可能 サイト内の アイコンをクリック ネット通販感覚で決済 (C)  2013  MadreBonita 46
  47. 47. 寄付をあつめるu クレジットカード決済マンスリーサポーター…CANPANメンバーズ寄付者が決めた額を毎⽉月継続して寄付⇒「CANPANメンバーズ」ならクレジット⾃自動引落落しが可能l  寄付者…⼿手間をかけずに継続的な⽀支援l  団体…毎⽉月⼀一定額の寄付が⾒見見込める 1⽉月 2⽉月 3⽉月 ⇒1年年間で12,000円Aさん ⇒1年年間で36,000円Bさん (C)  2013  MadreBonita 47
  48. 48. 寄付をあつめるu JustGiving  Japan          http://justgiving.jp/l 個⼈人的な「チャレン ジ」を登録し、宣⾔言。 ⽬目標額を設定l そのチャレンジを応 援する⼈人が500円以 上の任意の額を寄付l 寄付⾦金金は、チャレン ジャーが⽀支援先に指 定した団体へ⽀支払わ れる (C)  2013  MadreBonita 48
  49. 49. 寄付をあつめるu JustGiving  Japan          http://justgiving.jp/l  今までにマドレボニータ を⽀支援先としたチャレン ジは約50件l  チャレンジャーはスタッ フやインストラクターだ けでなく、会員やクラス OGもl  チャレンジ内容はマラソ ン完⾛走、テーマを決めた ブログ更更新、資格取得の ための勉強など (C)  2013  MadreBonita 49
  50. 50. 寄付をあつめるu  マドレストアでの寄付(ネット上の「レジ募⾦金金」) 1つの「商品」としてページ を作成 (1⼝口200円〜~と少額設定) 他の商品ページでも レコメンド (C)  2013  MadreBonita 50
  51. 51. 寄付をあつめるu マドレストアでの寄付 寄付付きチャリティ商品の 販売も (C)  2013  MadreBonita 51
  52. 52. 寄付をあつめるオンラインでできる寄付⽅方法を複数⽤用意するメリットu 寄付が⾯面倒でない。 PCに向かっている「今」出来る そのうち…になりにくいu 前後のステップ(これもクラウド)との        連動性、親和性がある(双⽅方にメリット)u リピート寄付が期待できるu さまざまな属性の⽅方からの寄付 (C)  2013  MadreBonita 52
  53. 53. 寄付をあつめる参考:マドレボニータ  2011年年度度の寄付内訳 オンラインに よる寄付 71.8% (C)  2013  MadreBonita 53
  54. 54. まとめ クラウドによるデータ共有 クラウド →ワークシェアリングを可能に データ管理理 きめ細かでパーソナルな対応 →顧客満⾜足度度向上にもつながる ⽀支援者にとってアクションしやす オンラインに い仕組み よる寄付集め 複数回の寄付、ターゲットの拡⼤大 にもつながる業務の質の向上と働きやすさの両⽴立立が可能に …ただ、ここだけ機能的でもダメ!
  55. 55. ランチ以降降のセッションご紹介ランチョンセッション 合宿、ラップ、⼨寸劇の活⽤用遠隔会議の 毎⽉月の報告会の 効果的な ⼯工夫 ⺠民主的な運営⽅方法 Skypeミーティング 分かち合い ワークシェアリング 脱・受け売り持ち寄る運営 とクラウド経理理 団体紹介トークしのぎを削る 報告書をフル活⽤用した「毎⽉月の表彰」システム (C)  2013  MadreBonita 55
  56. 56. ありがとうございました★ランチョンセッションにもぜひご参加ください★ www.madrebonita.com マドレボニータ 検索索 (C)  2013  MadreBonita 56

×