Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

かたログッ!! - 本をネットに解き放て

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 49 Ad
Advertisement

More Related Content

Advertisement

Similar to かたログッ!! - 本をネットに解き放て (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

かたログッ!! - 本をネットに解き放て

  1. 1. 本をネットに解き放て 高瀬 拓史 @lost_and_found March 15, 2012
  2. 2. 電子書籍は 探しにくい Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  3. 3. 探されなければ 読まれない 0 0 0 0 この作品に関するコメントは まだありません。 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  4. 4. “検索されない情報は 存在しないに等しい” ※出典は架空のものです。 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  5. 5. 知りたい情報が 載っている ウェブサイトを 探すみたいに 電子書籍も 探せないものか? Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  6. 6. ついでに言うと、 閲覧するまでが 面倒臭いことも ある 例:公開されている EPUBをiPhoneで読むには… • iTunesで同期? • SafariでURLを開く? • Dropboxに一旦アップする? Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  7. 7. 人と本との 出会いかた、 届けかた、 もう一度考えて みませんか? Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  8. 8. • 高瀬 拓史 • @lost_and_found / ろす • http://d.hatena.ne.jp/lost_and_found/ • ブログでEPUB2仕様を翻訳公開し てる人 • イースト株式会社勤務 • “EPUB日本語拡張仕様策定”プ ロジェクトに参加 • eBookジャーナル(マイナビ) • 「EPUB定点観測」を連載⇨了 登場人物 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  9. 9. • 電書ちゃん • ろすのブログのマスコットキャラ • 電子書籍の世界の案内役という初 期設定だったはず… • 性格キツめ • 立ち絵が少ないのが弱点 • © (有)JCN & Garakuta 登場人物 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  10. 10. 出版社や図書館では 扱っている本の 目録を作ったり するよね? 電子書籍はどうなの? もく ろく【目録】 ①書物の目次。また、叢書の内容一覧 ②所蔵している、または出品されている品目を整理 して書き並べたもの。カタログ。 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  11. 11. 幾つかのストアや 図書館では 目録用の便利な フォーマットが 使われているわ Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  12. 12. OPDSカタログ Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  13. 13. • Open Publication Distribution System • Internet ArchiveのBookServerプロジェク トの中で誕生したデジタルコンテンツの カタログ(目録)フォーマット • コンテンツの集約、検出、配信に利用 • Atom配信フォーマットの拡張 OPDS Catalog in a Nutshell OPDSカタログとは Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  14. 14. • Internet Archiveが2009年に発表 • すべての人々が利用可能な電子出版の仕 組みを実現する構想 • オープンな技術をベースに、特定の営利 企業に支配されない出版の仕組みを目指 す。 BookServer Project BookServerプロジェクト Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  15. 15. • ウェブサイトの更新情報などのメタデー タやコンテンツを配信するXML文書の仕様 • 類似する機能を持つ仕様にRSSがある • ブログやニュースの配信に用いられる • RFC4287として仕様が公開されている Atom Syndication Format Atom配信フォーマット Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  16. 16. あらゆるユーザが あらゆる場所から あらゆる読書環境で デジタルコンテンツを 発見・入手・閲覧 できるようにすること Goal OPDSカタログの目的 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  17. 17. Internet Archive Project Gutenberg feedbooks 達人出版会 O’Reilly Media Pragmatic Bookshelf CBETA 中華電子佛典協會 / O’Reilly Japan 青空文庫OPDS Catalog Providers カタログを公開しているサービス Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  18. 18. 交換 配信 収集 Principal usecases 代表的な用途 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  19. 19. • 2種類のフィードから構成される。 –取得フィード Acquisition Feed コンテンツの情報を記述する –ナビゲーションフィード Navigation Feed カタログの閲覧を補助する OPDSカタログの構成 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  20. 20. シンプルなカタログ構成 取得フィード ナビゲーションフィード 階層化したカタログ構成 新刊 ナビゲーションのエントリ ベストセラー カタログエントリ =コンテンツの情報 特集 カタログの構成例 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  21. 21. 取得フィードはコンテンツの情報を<entry>の中に持つ <entry>の内容はコンテンツのメタデータと コンテンツを取得するためのリンク <entry> <title>My Book</title> ←タイトル <author><name>John Smith</name></author> ←著者 <id>urn:uuid:22f3c9e5-1aed…</id> ←ID <updated>2012-01-01T00:00:00Z</updated> ←更新日時 <link type="application/epub+zip" href=“/1598.epub" ←取得するファイルへのリンク rel="http://opds-spec.org/acquisition"/> <link type="image/jpeg" href=“/1598/cover.png" ←表紙画像 rel="http://opds-spec.org/image"/> <link type="image/jpeg" href=“/1598/thumb.png" ←表紙画像サムネイル rel="http://opds-spec.org/image/thumbnail"/> <summary>This is my book.</summary> ←コンテンツの概要 </entry> Catalog Entry カタログエントリ Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  22. 22. QuickReader MegaReader eBook Search FBReader Ouiivo Reader Stanza Cool Reader Montano Reader (億萬書庫) Software supporting OPDS Catalog OPDSカタログ対応ソフト Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  23. 23. 使ってみる Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  24. 24. コンテンツの カタログを 概要表示と ナビゲーション コンテンツを 選択 から選択 選択 ダウンロード画面 コンテンツの入手 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  25. 25. 他のカタログと [+]ボタンを カタログの カタログが 同様に閲覧 タップ URLを入力 追加され できる カタログの追加 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  26. 26. コンテンツの 入手よりも前に ログインや 支払いが 必要な場合は? Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  27. 27. リンク先を ストアの ウェブページに すればいいじゃない Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  28. 28. コンテンツの取得までに、課金などの処理を 介在させてよい。取得リンクには介在するメ ディアを指定し、子要素で価格や入手できる コンテンツのメディアタイプを示す。 <link rel=“http://opds-spec.org/acquisition/buy” type=“text/html” href=“/book/mybook.html” /> <opds:price currencycode=“JPY”>100</opds:price> <opds:indirectAcquisition type=“application/epub+zip” /> </link> 「mybook.htmlにてEPUBを100円で売ってます」の意 Indirect Acquisition 間接取得 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  29. 29. 価格の表示された「BUY」ボタンを押すと ウェブストアの購入ページに遷移する Indirect Acquisition 間接取得の見え方 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  30. 30. DRM によって 特定の環境でしか 読めない コンテンツは どうなのよ? Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  31. 31. DRMがかかったコンテンツも 間接取得として記述する。 ビューワは自身が対応していない コンテンツを表示結果からフィルタリング してもよい。 <link type="application/vnd.adobe.adept+xml" rel="http://opds-spec.org/acquisition/buy" href="/item/4141/buy"> <opds:price currencycode="USD">4.29</opds:price> <opds:indirectAcquisition type="application/epub+zip" /> </link> Adobe ACS4の記述例 Indirect Acquisition 間接取得 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  32. 32. 検索で 直接お目当ての コンテンツを 表示して 欲しいんだけど… Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  33. 33. OpenSearchに 対応していれば 検索結果を 取得できるわ Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  34. 34. この検索エンジンの問い合わせ方 http://www.example.com/search?q="検索ワード" OpenSearchはウェブサイトの 検索エンジンをブラウザやアプリ から利用するための仕組み ① ①クライアントは OpenSearch カタログにリンクされた 記述文書 OpenSearch記述文書に Store 従って検索エンジンに 問い合わせを行う ② ②検索エンジンは、検索結果を OPDSカタログのフィードにして クライアントに返す OpenSearchによる検索 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  35. 35. 虫眼鏡をタップしてキーワードを入力。 間もなく検索結果が配信される ※OpenSearchに対応していないカタログでは この機能は利用できない。 検索を使ってみた Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  36. 36. でもね、 OPDSカタログの 真価はメタデータを ウェブ上に公開して いることにあるの Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  37. 37. Crawler Store Publisher DB Library ウェブ上に公開されたカタログを収集することで、 ストアや業態の垣根を越えた、デジタルコンテンツの 検索エンジンの実現が可能となる ロボット型検索エンジン Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  38. 38. もう 始まって います。 OPDS.jp 電子ブックの一括検索 http://opds.jp/ by むすぶ株式会社 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  39. 39. 版元と取次と プラットフォームの間で 適切にメタデータが 運用・公開されれば OPDSなしでも 本は探しやすく なるんじゃね? Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  40. 40. 今までの 商業出版の 経路に乗らない コンテンツを 見落としてるわよ! Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  41. 41. 自分のコンテンツを こんな感じで公開・配信できたら カッコイイし便利でしょ Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  42. 42. 商業出版されるコンテンツの他にも • 学術論文 • 政府・共団体の刊行物 • eBook型のメールマガジン • 図書館の貸出資料 • セルフパブリッシングのコンテンツ…etc. 様々なコンテンツの公開、配信に活用できる OPDSカタログはあらゆる デジタルコンテンツが対象 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  43. 43. 著者・ • コンテンツの露出機会が増える 出版社・ストア • 結果、閲覧数や売上げが増加する ビューワ • コンテンツの入手が容易になる 開発者 • ビューワの付加価値が高まる • 読みたい本が簡単に見つかる 読者 • 入手した本をスムーズに読める 誰もが恩恵を得ます OPDSカタログをサポートするメリット Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  44. 44. 人とコンテンツは 今よりもっと幸福な出会いが できるはず • ストアの中に抱えたコンテンツのメタデータを OPDSカタログとしてネットの海に解き放ってくだ さい。 • スムーズなコンテンツの入手と閲覧のためにビュー ワはOPDSカタログをサポートしてください。 • 協力しあえば豊かなエコシステムができるはず。 ※私からの個人的なお願いです。 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  45. 45. OPDSに関心を持つ人たちで Facebookに公開グループ 作りました! • opds.ja http://www.facebook.com/groups/opds.jp/ • 誰でも参加可能です • 基本は日本語による情報共有 • OPDSカタログ v1.1仕様をはじめ関連技術 資料の日本語訳を進めています。 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  46. 46. 電子書籍は 探しにくい? Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  47. 47. OPDS カタログ 試してみない? Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  48. 48. • Open Publication Distribution System Official Specification & Blog http://opds-spec.org/ • openpub - Google Project http://code.google.com/p/openpub/ • Open Publication Distribution System (OPDS) カタログ フォーマット ver.1.0 仕様書(日本語訳) http://www.kzakza.com/opds/opds1_0_jpn.html • opds-ja http://lostandfound.github.com/opds-ja/ Reference 参考資料 Copyright © 2012 Hiroshi Takase.
  49. 49. ご清聴 ありがとう ございました Fin. Copyright © 2012 Hiroshi Takase.

×