Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

0423mitsubishi

1,318 views

Published on

  • Be the first to comment

0423mitsubishi

  1. 1. 三菱電機のサイト内検索導入効果 HCD(人間中心設計)志向の 検索機能によるユーザビリティの向上と データ活用について 三菱電機株式会社  宣伝部デジタルメディアグループ 粕谷俊彦 1
  2. 2. 宣伝部デジタルメディアグループについて デジタルメディアグループは大きく分けてコンテンツ/システム/マーケティングの担当チームに分かれており、メールお問い合わせ振り 分けからデザインガイドライン策定、ウェブサーバ管理、マーケティングデータ解析などウェブサイトに関わる全般を統括しています。 社 社 内 外 コンテンツ ユーザー 事業部 製作所 メディア 研究所 代理店 宣伝部デジタルメディアグループ システム マーケティング ソフトウェア ネットワーク ハードウェア インフラ 2
  3. 3. 三菱電機オフィシャルウェブサイトについて 企業の顔であるコーポレートサイトとして、先進的なウェブの機能を盛り込みながら、常に最新の情報を提供し、高いユーザビリティ・ アクセシビリティを実現するのが理想です。このサイトの構築にはHCDプロセス思想を用いています。 ウェブサイトとしての エレクトロニクス メーカーとしての ユーザビリティ・ 先進性 アクセシビリティ HCDプロセスに よるサイト構築 コーポレート メディアとしての ニュース性 3
  4. 4. 三菱電機オフィシャルウェブサイトの多彩な機能 職種・年齢・リテラシーなど様々なユーザーが訪れる総合電機メーカーのオフィシャルウェブサイトとして、使い勝手の向上を常に目 指しています。ユーザーの使い勝手の指向に合わせてページへのたどりつきやすさを向上するメニューを各種ご用意し、使いやすい 検索方法の導入とサイト内のユーザビリティーにより的確に目的のページへ導きます。 ●総合サイトマップ ●ユーザー特性に合わせたトップページ ●50音検索 ●サイト内検索 道具型システム ●テキスト表示 ●Flashメニュー表示 秘書型システム ●製品一覧 4
  5. 5. 採用に到った経緯とその後の歩み 2005年4月:自宅の新聞で画面をキャプチャするMARS FLAG検索ポータルサイトの広告を見つけ、サイト に設置されたお問い合わせページから「企業サイト向けにサービス提供するご予定はないですか?」と 問い合わせる。 2005年5月:武井社長と武井夫人(当時専務)が当社に来社されるが、「いまはポータルサイト運営で精一 杯で」・・・きっぱり断られる。 2006年2月:当社サイトのリニューアル(4月予定)に向けて制作進行する中、サービス提供する気がない かを再度メールで訊ねる。 2006年3月:今度は専務と西田氏が現れ「(恐る恐る)やらせていただきます!」とのことでプロジェクトが スタートした。 2006年7月:β版テストアップ。想像した以上の出来の良さに見た者すべてが驚く。 2006年8月:見える検索「VisualSearch」としてリリース。 2007年12月:全面リニューアルの目玉としてインクリメント機能、ランキング機能リリース。 2008年3月:PDFビュアーとPDFファイルのサムネイル表示機能をリリース。 2008年10月:おすすめデータベースを活用した50音で探す機能をリリース。 2008年11月:㈱マーズフラッグ・インターウォーブン・ジャパン㈱共催セミナーで講演。 2009年2月:日付順ソート機能をリリース。 5
  6. 6. 画面キャプチャ付きのキーワード検索 通常のテキストで表示されるメニューからは見つけられないページやYahoo、 Googleで慣れたテキストを入力する方法でページを見つけたいユーザーが 利用する。 他の検索システムと同じくテキストマッチでリストアップされるが、PDFも含め た該当ページのキャプチャが同時に表示されるのが特長。 6
  7. 7. インクリメント検索表示 ●主旨:ユーザーがキーワードをすべて入力する手間を省き、当社サイトに存在する候補となるページをユーザーに提示する。 ●機能:総合トップページでキーワードの文字を入力すると、検索候補をテキストだけで提示するのではなく、キャプチャ画面と一緒 に検索候補を提示してユーザーが直感的に選択できる。また、キーワードを「F」→「FO」→「FOM」→「FOMA」と順に入力していく と検索候補が絞り込まれていく。 ●ポイント:漢字の状態になる前に仮名の状態でも候補を出せる。候補となるのはサイト内検索の「おすすめ表示」用のデータベー スに登録してあるキーワード。 7
  8. 8. 検索キーワードランキング ●主旨:一説によればキーワード検索はテキストで表示されるメニューに目的のページが見つからない場合に使用される割合が高 いとされる。よって検索される回数が多いキーワードほど見つかりにくいページであると思われる。回数が多いものをメニュー化する ことにより見つかりにくいページをより見つけやすくするものである。 ●機能:予め登録してあるキーワードの中で実際にリクエストされた数の多いものをベスト10表示する。前日より30日間の累計。 ●ポイント:サイト内検索の「おすすめ表示」用のデータベースに登録してあるキーワードのみが表示されるので、当社として表示し たくない不本意なキーワード(例:製造終了した製品)は表示しない。ベスト10に表示されていてもデータベースから削除することによ り表示されなくなる。 会社情報トップページ 総合トップページ 法人のお客様トップページ 個人のお客様トップページ 8
  9. 9. 50音順で探すメニュー(法人向け製品) 製品一覧はトップページに匹敵するアクセス数を誇る製品サイトの導入経路。テキストメニューで一覧性に優れている。 膨大な数の法人向け製品名やブランドネーム、機能名称などを一覧しながらあいうえお順で見つけることができる。 キーワード検索でおすすめ登録してあるデータを活用し手間をかけずに実現。アップデートも容易。 製品一覧 50音順(あ行) 個人のお客様向け製品 9
  10. 10. 従来のサイト内検索ではキーワードを入力すると、ヒットした 検索対象ページのテキストを表示するだけなので、選択する にはある程度の慣れを必要としました。 従来のサイト内検索 (06年8月導入以前) 10
  11. 11. 内容をイメージとして見ることができるため、初心者や高齢者な どウェブに不慣れな方々でも目的のページを簡単に見つけるこ とができます。 現在のサイト内検索 11
  12. 12. 「宇宙」で検索 「エアコン」で検索 「プロジェクター」で検索 従来のキーワード検索と同じ使い勝手で、検索結果としてヒットしたページのキャプ チャ画面がテキストと一緒に表示されます。画面の大きさは<大・中・小・なし>に変更 でき、表示件数は<10件~30件>まで選択可能です。 12
  13. 13. 検索画像サイズ 「大」を選択した場合 13
  14. 14. キャプチャ画像をマウスオーバーするとサムネールが拡大するのでどんな内容のページなのかひと目でわかります。 14
  15. 15. 検索画像サイズ 「なし」を選択した場合→ 15
  16. 16. 検索結果は4つのジャンル<サイト全体/個人優先/法人優先/会社情報優先>別に、優先度を変えて表示することができます。 16
  17. 17. 総合トップページで検索した場合は、サイト全体をサーチした中から結果を表示します。 「プロジェクター」で検索した場合 17
  18. 18. 個人のお客様トップページで検索した場合は、個人のお客様向けのメニューを優先して上位に結果を表示し、他のトップも同様です。 法人のお客様 会社情報 個人のお客様 「プロジェクター」で検索 法人のお客様の 会社情報の結 個人のお客様の 結果では「業務 果では「事業概 結果では「ホー 用映像機器」 要」や「投資化 ムシアタープロ 「データプロジェ 情報」が上位に ジェクター」が上 クター」が上位 表示される。 位に表示される。 に表示される。 18
  19. 19. 管理機能 ログによるデータ集計機能とおすすめページを登録する機能があります。 管理画面/おすすめページ登録画面 管理画面/ログ閲覧/クエリー集計 日次/週次/月次でのクエリ数 おすすめページを登録する や新規検索ページ数がわかる と、特定のキーワードの時 ので、いま何が求められてい に表示したいページを自由 るのかを把握することができる。 に登録することができる。登 録後は即時検索結果に反 映される。 19
  20. 20. ご静聴ありがとうございました。 三菱電機株式会社  宣伝部デジタルメディアグループ 粕谷俊彦 Copyright(c)2009 MITSUBISHI Electric co. All rights reserved 20

×