Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

0

Share

Download to read offline

LODチャレンジ Japan 2013 アプリケーション部門 優秀賞

Download to read offline

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

LODチャレンジ Japan 2013 アプリケーション部門 優秀賞

  1. 1. 2014年3月7日 LODチャレンジJapan2013授賞式
  2. 2. ◆受賞者◆ 古崎晃司,山縣友紀,加藤敦丈 今井健,大江和彦,溝口理一郎 ◆推薦の言葉◆ ライフサイエンス・医療という専門分野の作品ですが、LODの特徴 である「他のデータセットとつなげる」ことによって、画像情報を 含めた統合的な情報閲覧が可能となっており、 他分野へも応用 可能な点を評価して優秀賞に選考いたしました。今後、本分野 における知識基盤の整備と活用が、更に促進されることを期待 します。
  3. 3. 疾患コンパス 「疾患連鎖LOD」(LODチャレンジ2013「ライフサイエンス賞」)を, 他のデータセットと“つなげる”ことで,「疾患に関する様々な情報 を統合的に閲覧」できるサービスです. 古崎 晃司,山縣友紀,加藤 敦丈(大阪大学) 今井 健,大江 和彦(東京大学) 溝口 理一郎(北陸先端科学技術大学院大学) ※本システムは「医療情報システムのための医療知識基盤データベース研究開発事業 (2010-2012,2013-2015年度,厚生労働省委託事業)」の助成を受け開発されたものです. →詳細 http://www.med-ontology.jp/ LODチャレンジJapan 2013:a105 DBpedia(日/英) http://lifesciencedb.jp/bp3d/ 疾患が「どのような原因/メカニズムで起こるか?」 疾患が「どのような症状を引き起こすか?」 といった疾患知識(オントロジー)をLOD化したもの. (※各診療科の臨床医が記述) 疾患連鎖LOD BodyParts3D (DBCLSにて公開) http://ja.dbpedia.org/ http://dbpedia.org/ … 他 の 関 連 情 報 へ 臓器,器官等 の3D画像 疾患の概要
  4. 4. 「疾患コンパス」の利用方法 公開ページ http://lodc.med-ontology.jp/ 表示する疾患の「選択」or「検索」 (疾患名or含まれる症状などで検索可能) 疾患連鎖(≒「原因」から 「主な病態」「症状」に至る 「因果連鎖」)を表示 (疾患連鎖LODから生成) 疾患の主な影響範囲を 3D画像で可視化 (BodyParts3Dを利用) 疾患の概要を表示 (DBpediaを利用) 疾患定義 因果関係 異常状態 (病態,症状など)
  5. 5. 「疾患コンパス」の利用方法 公開ページ http://lodc.med-ontology.jp/ 表示する疾患の「選択」or「検索」 (疾患名or含まれる症状などで検索可能) 疾患連鎖(≒「原因」から 「主な病態」「症状」に至る 「因果連鎖」)を表示 (疾患連鎖LODから生成) 疾患の主な影響範囲を 3D画像で可視化 (BodyParts3Dを利用) 疾患の概要を表示 (DBpediaを利用) 疾患連鎖上で「選択」した異常状態 (病態,症状など)に対象箇所がハ イライトされる 関連するDB へのリンク
  6. 6. まとめ・今後の展開 • 「疾患連鎖LOD」を他のデータセットとつなげることで「疾患に関する様々 な情報を統合的に閲覧」できるサービスを開発した. – DBpedia(日本語/英語)を介した,疾患の概要表示,ICD,Meshなど既存 コード体系へのリンク – ライフサイエンス統合データベースセンターが提供しているBodyPart3Dとの 連携による,疾患影響範囲(関連する部位)の3D画像を表示 • 技術的には,RDF,SPARQLベースで開発されているため,他のLODとの 連携も同様に可能 – リンク先のLOD/データベースの追加作業中. • 最新版では,「各モジュールをAPI化」しており,他のWebサービスと連携 したアプリケーションの開発が可能 – マウス表現型DBと連携したシステムの開発中 – 他の分野でのシステム開発に利用できるような汎用化も検討中 謝辞: 本研究の一部は,日本学術振興会の最先端研究開発支援プログラムおよび厚生 労働省医療知識基盤研究開発事業により,助成を受けたものである. これらの研究・開発に参加された方々,特に,疾患オントロジー記述のご尽力と臨 床医学的な知識の提供を頂いた東大病院の臨床医の先生方(大友夏子先生,林 亜紀先生,松村貴由先生,桜井亮太先生,寺田さとみ先生,脇嘉代先生ら)に心 よりの感謝致します. 公開ページ http://lodc.med-ontology.jp/ プロジェクトHP http://www.med-ontology.jp/

Views

Total views

6,850

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

5,650

Actions

Downloads

2

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×