Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

奥村先生20150926 lodチャレンジ2015キックオフ

768 views

Published on

奥村 裕一(東京大学公共政策大学院)
 「オープンデータからオープンガバメントへ~行政のパラダイムシフト」

Published in: Government & Nonprofit
  • Be the first to comment

奥村先生20150926 lodチャレンジ2015キックオフ

  1. 1. オープンデータから オープンガバメントへ 20150926 奥村裕一 東京大学公共政策大学院 客員教授 参加型オープンデータで日本を元気にするシンポジウム ~Linked Open Data チャレンジ 2015~
  2. 2. かなり低いオープンデータ認知度 • よく知っていると回答したのは、自治体では 13.7%(回答団体1750団体中239団体) • 市民に至ってはわずか回答者の2.6%(1034 人中27人) – 内閣官房が昨秋に「ガイドライン」策定に関連して 行ったインターネット上のアンケート調査より
  3. 3. 市民の関心を呼び起こす 身近なで切実な課題の解決に取り組む – 生活課題か仕事課題か地域課題か – 地域は地理的空間概念 – 地理的コミュニティは市民に身近か 課題の解決にはオープンデータからオー プンガバメントへ 市民参加型の社会 そのプラットフォームとしての行政 hirokazuokumura@bettergovernment.jp
  4. 4. オープンガバメントの本質 市民も行政も自ら変わる必要がある 誰かに与えられるものではない ① 行政データもオープン ② 政策決定過程もオープン ③ 執行は市民と行政で分担・協働 ⇒三拍子そろってオープンガバメント(次世代デモクラシー) 1. 市民は政策決定過程の無関心・批判から関与に変わる 2. 行政はデータの社会的共有と政策決定過程のプラットフォー ムに変容する 4hirokazuokumura@bettergovernment.jp
  5. 5. オープンガバメント (プラットフォーム化:オープンデータとファシリテーション機能) 参加型市民 (市民が政策の企画から実行、評価まで関与) オープンデータ (見える化カード+生 データ) オープン政策づくり (政策提言・案作成) オープンサービス提供 (単独・協働) 行政の行動原則:透明、参加、協働 市民の行動原則:参加、協働、学習 市民も変わる 行政も変わる そして社会でオープンガバナンス 5 (市民社会組織)(CIVIC HACK) (一般市民) (一般市民) hirokazuokumura@bettergovernment.jp
  6. 6. (背景)デジタル社会のアーキテクチャ Function & Connectivity Oriented Architecture(FCOA) • Automation • Simulation • 人もモノも機能を持っている • 機能=情報処理 • 機能が極めて高度化する • それが縦横無尽につながる f1 f2 f3 f5 f1 fn f6 f4f4 fn f2 f3 行政組織 コミュニティB コミュニティA 2015/10/4 6hirokazuokumura@bettergovernment.jp
  7. 7. オープンガバメントのための 三位一体アクション 1. オープンデータ改革をする 政策見える化カードをつくる →課題解決に必要なデータを整理して出す 同時にオープン生(ナマ)データをデフォルトにする 2. 市民参加型政策形成改革をする オープン政策づくりを進める →実の会議とオンラインプラットフォームを組合せる 3. 行政デジタルトランスフォーメーションを進める →行政のデジタル化と意識改革を徹底してオープンガ バメントのプラットフォームとなる基盤を作る hirokazuokumura@bettergovernment.jp
  8. 8. 1.政策見える化カードを作る ~課題解決のためのオープンデータ • 政策内容を示す • 政策の根拠データを示す • 政策(着想と実現)のロジックを示す • 政策の実現計画(資源配分を含む)を示す • 政策の効果と評価を示す hirokazuokumura@bettergovernment.jp
  9. 9. 政策見える化カード (政策名___) 政策評価 政策内容変更の契機 政策ロジック 根拠データ集 実現計画 含む資源配分 (予算・人・IT) (自共公助) 政策実行 <着想ロジック> <実現ロジック> <効果データ> © 2015 Hirokazu Okumura @ bettergovernment.jp 政策内容
  10. 10. オープンデータ 1 & 2 政策見える化カード(既存政策+新政策) オープンデータ 2 政策見える化カードの項目 関連データ、政策のロジック、政策内容 予算・体制、実施、評価 オープン生データ オープンデータ 1 オープン生データの特質 対象網羅性(デフォルトオープン)、機械判読性、再利用可能性 行政版 市民作成版 見える化サイト 論理ツリー データ分析アプリ © 2015 Hirokazu Okumura @ bettergovernment.jp
  11. 11. オープンデータ&行政データのプール 政策見える化カードの項目 関連データ、政策のロジック、政策内容 予算・体制、実施、評価 オープン生データの特質 対象網羅性(デフォルトオープン)、機械判読性、再利用可能性 行政版 市民作成版 見える化サイト 論理ツリー データ分析アプリ © 2015 Hirokazu Okumura @ bettergovernment.jp 最適化された行政データプール(庁内情報システムの最適化) (重複整理 庁内共有) 政策見える化カードプール(既存政策+新政策) オープンデータ 2 オープン生データプール オープンデータ 1
  12. 12. オープン生データプール (オープンデータ 1) 実の会議とオンラインプラットフォームの組合せ 2.オープン政策づくり ~市民参加型の社会課題解決プロセス 12 新政策 見える化 カード 合意形成 意見もみ 合い 個別意見 社 会 課 題 (政 策 )の 提 示 ・発 見 政策見える化カードプール (オープンデータ 2) hirokazu.okumura//bettergovernment.jp
  13. 13. オープン政策づくりプロセスの課題 1.行政側の政策形成との位 置づけを明確にする – 市民の意見を出しても反応がな い、取り入れてくれないという不 満(パブコメ) – 市民集団が政策案まで仕上げる • 政策見える化データカード作成 2.市民の学習環境を整える – 政策見える化データカードの充実 – 複数の専門家の意見を市民が聞 く環境を整える – データを確認し課題を考え解決 策を探る科学的態度の学習 3.オンラインツールの限界と 意見の社会的公平性への 対処 – 集会形式の実の会議とオンライ ンによる意見交換のハイブリッド – 意見を述べる市民の選択の課題 – 無作為抽出による会議参加者 選択とネット自由参加の組合せ 4.全体の進行役(ファシリテー タ)の存在 – 公平中立な立場でかつ意見を出 しやすい雰囲気づくり – 専門家の訓練(ケーススタディ) – ネット上の進行の課題 hirokazuokumura@bettergovernment.jp 13
  14. 14. 3.行政デジタルトランスフォーメーション ~オープンガバメントのプラットフォームとなる基盤を作る  徹底した行政のデジタル化 1. 最適化された行政データプール 2. デジタル分析・シミュレーションの行政活用 3. 庁内情報システムの最適化(サービス主導)  徹底した行政の意識改革 1. 市民が主役(政策決定もサービスの受容も)の行政 2. チェレンジこそ改革のタネ 3. 未完成でいい バージョンアップで行こう  市民の応援と評価 hirokazuokumura@bettergovernment.jp
  15. 15. 人の力の源泉は、、、人と協力して 活動する能力にある。 ハンナ=アーレント 2015/10/4 hirokazu.okumura//bettergovernment.jp 15 オープンガバメントで、民主政にどのような新しい 魅力が生まれるのか、文化的制度的障壁を乗り 越えて、テクノロジーを飼い慣らしつつ、私たちは 「人と協力して活動する能力」に磨きをかける模 索を続けなければならない。 奥村裕一著「オバマのオープンガバメントの意味するもの」、 季刊政策・経営研究2010Vol.4 三菱UFJリサーチ&コンサルティング より加筆修正
  16. 16. 内閣官房行革本部 「国と行政のあり方懇談会」(2013-14) 希望の17ヶ条から筆者抜粋 市民 • 9. 一人ひとりがリスクを自 覚 • 12. 社会課題の解決に参 加 • 14. 社会の要請と自分たち がやりたいことを重ねる • 15. システムやデザインの 工夫で社会課題を解決 行政 • 4. 「永遠のβ版」的発想を 導入 • 6. オープンかつ科学的に政 策をデザイン • 7. 霞ヶ関にチェンジメーカー を増やそう • 10. 行政が考える機会を 奪っていないか hirokazuokumura@bettergovernment.jp 参考 16

×