06.2010 0319 sasagawa_seminar

166 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

06.2010 0319 sasagawa_seminar

  1. 1. Living in Peaceは、2008年12月、ミュージックセキュリティーズ社と提携し、マイクロファイナンスファンドのプロジェクトを立ち上げました。この間、ファンドのコンセプトの企画やマイクロファイナンス情報の提供、現地調査等に携わってきました。第2種金融商品取引業者の登録のないLIPは、金融商品の勧誘、募集等の行為は一切行っておりません。
  2. 2. アウトライン•Living in Peaceについて•本セミナーのイントロダクション
  3. 3. Living in Peaceについて
  4. 4. 始まりは「貧困の終焉」から 無知はアクションを 止める理由ではない
  5. 5. 無知はアクションを止める理由ではない
  6. 6. マイクロファイナンスプロジェクト すべての人に、チャンスを。
  7. 7. 2009.11.15一番大切なのは本人の意志 誰もが自分の運命の主人になれる。
  8. 8. ソーシャル・キャピタルとモニタリング
  9. 9. MF投資と主要資産への投資の相関は低い 国内債券 国内株式 外国債券 外国株式 SMX国内債券 1 0.16***国内株式 (p=0.00) 1 -0.06 -0.25***外国債券 (p=0.22) (p=0.00) 1 -0.05 0.27*** 0.56 ***外国株式 (p=0.31) (p=000) (p=0.00) 1 SMX 0.30** -0.26 -0.02 -0.30** (p=0.03) (p=0.07) (p=0.89) (p=0.03) 1
  10. 10. Krauss & Walter (2009) Correlation NOI of MFI PAR 30 GDP Growth 0.01 0.20 Equity Market 0.02 0.00 S&P500 0.06 0.05 MSCI Global 0.07 0.03 MSCI Emerging Market 0.03 0.00
  11. 11. カンボジアからスタート
  12. 12. 数カ月の交渉を終えて握手
  13. 13. 問題の所在
  14. 14. 教育プロジェクトすべてのこどもに、夢をくれる大人との出会いを。
  15. 15. 2009.11.15映画上映会 児童養護施設ドキュメンタリー映画「葦牙-あしかび-こどもが拓く未来」4/2(金) 18:50~21:00 東京ボランティアセンター(飯田橋)
  16. 16. 本セミナーのイントロダクション
  17. 17. 無理な貸付や貸しはがしが後を絶たない“マイクロファイナンス機関は、貧しくて借りるべきではない人々に無理に融資をしていると責められている。” The Economist (UK) “Froth at the bottom of the pyramid”
  18. 18. 投資の偏りが一因下位50%MFIの望ましい調達額 $40万債券・貸付の平均投資サイズ $183万
  19. 19. カンボジア往復 : 100,000円
  20. 20. 5日分の人件費 : 50,000円
  21. 21. 宿泊費と滞在費 : 30,000円
  22. 22. アンコール・ワット : Priceless
  23. 23. 現地調査:36万円
  24. 24. 偏りの要因:MFI調査のコスト案件サイズを大きくすれば、費用率が下がる
  25. 25. 調査費用がリターンを圧迫する
  26. 26. パートタイム組織の競争優位
  27. 27. システムの目指すこと
  28. 28. 価値とは、期待を上回ることである。 高 従来の MF 調査 LIPの MF精度 調査 低 低 コスト 高
  29. 29. 今日のセミナーでの報告内容1. グラミン財団における1ヶ月調査の報告2. 世界標準のMFI調査の概要報告

×