Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
LinkedInプロフィール写真 自撮りガイド
ビジネスの環境では、好感が持てる方と一緒に仕事をしたいものです。
同じく相手に好感を持ってもらうためには、セルフブランディングに意識
を向けることが必要です。最近では、情報がオンラインで見られることも
増えています。特にオンラインの情報管理で気...
背景が無地の場合、カメラのピントが自分の顔に合うので、なるべく
クリアな背景の前で写真を撮ることをオススメします。
周りに人がいないことや、背景に余計なモノが写っていないかを確認して
写真を撮影しましょう。
背景を確認すること
フラッシュは使わず、自然な光の中で撮影しましょう。
特に南向きの部屋で撮影をすると顔全体が明るく写ります。
また、強い光の中で写真を撮影すると、影ができてしまいますので、
光が自然に入る場所を選びましょう。
自然な光の中で撮影すること
少し目線を上げて撮影しましょう。目線のラインを上げることで、
目が強調され、印象のよい表情になるうえ、小顔効果が図れます。
下を向いて撮影すると逆に顔が大きく見えたり、暗い表情になってしまう
ため、目線の位置を確認して撮影しましょう。
角度を意...
デジタル一眼やコンパクトデジタルカメラを使うと、キレイに写真を撮影す
ることが可能です。スマートフォンを使う場合は、高解像度の写真が撮影
できる機種を使いましょう。また自分の腕が写らないように、三脚や自撮り
スティックを使いましょう。
よいカメ...
写真のトップから1/3に目線の位置がくるようにします。
真正面を向かず、自然なバランスで少し瞳を斜めにキープしましょう。
顔の周りにスペースを保てば、撮影した後で目線が正しい位置にくるよう
切り抜くことが可能ですので、撮影時に位置を完璧にしなく...
ビジネス用のプロフィール写真に最適な服装を選んで撮影しましょう。
肌の露出が多い服装(例えば、ベアトップ)で撮影した場合、何も着ていないように見え
る可能性があります。肩や首周りがスッキリとしていて、表情を引き立てる色を選ぶと、
ステキなプロフ...
ビジネス用のプロフィール写真でのキメ顔はNGです。
アヒル口、上目づかい、すまし顔、スカした顔、ヘン顔、プリクラ
のデカ目、ウィンク、困り顔、過度なポーズ(ロックポーズ、歯痛
ポーズ、アロハポーズ、ピース、グラスを片手に持ったダンディな
ポーズ...
プロフィール写真 自撮りテクニック まとめ
自然な光の中で撮影すること
背景を確認すること
角度を確認すること
服装を確認すること
真正面を向かないこと
よいカメラで撮影すること
キメ顔をしないこと
LinkedInプロフィール写真を自撮りしたら
#WorkSelfie を使って
 SNSで共有しましょう。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

LinkedIn プロフィール写真自撮りガイド

9,021 views

Published on

LinkedInにプロフィールの写真があると14倍多く見られます。さっそくプロフィール写真を自撮りしてみませんか?アングル、光、ポーズなどについてのティップスをご紹介しています。#WorkSelfie

Published in: Business
  • Be the first to comment

LinkedIn プロフィール写真自撮りガイド

  1. 1. LinkedInプロフィール写真 自撮りガイド
  2. 2. ビジネスの環境では、好感が持てる方と一緒に仕事をしたいものです。 同じく相手に好感を持ってもらうためには、セルフブランディングに意識 を向けることが必要です。最近では、情報がオンラインで見られることも 増えています。特にオンラインの情報管理で気をつけたいのが、自分の写 真です。LinkedInでは、プロフィールに顔写真があると、14倍多く見られ ます。このことからプロフィール写真の重要性が見えてきます。 このガイドでは、カメラマンがいなくても、今すぐ自分でできるプロフィー ル写真の自撮り#WorkSelfie 方法をご紹介いたします。 はじめに
  3. 3. 背景が無地の場合、カメラのピントが自分の顔に合うので、なるべく クリアな背景の前で写真を撮ることをオススメします。 周りに人がいないことや、背景に余計なモノが写っていないかを確認して 写真を撮影しましょう。 背景を確認すること
  4. 4. フラッシュは使わず、自然な光の中で撮影しましょう。 特に南向きの部屋で撮影をすると顔全体が明るく写ります。 また、強い光の中で写真を撮影すると、影ができてしまいますので、 光が自然に入る場所を選びましょう。 自然な光の中で撮影すること
  5. 5. 少し目線を上げて撮影しましょう。目線のラインを上げることで、 目が強調され、印象のよい表情になるうえ、小顔効果が図れます。 下を向いて撮影すると逆に顔が大きく見えたり、暗い表情になってしまう ため、目線の位置を確認して撮影しましょう。 角度を意識すること
  6. 6. デジタル一眼やコンパクトデジタルカメラを使うと、キレイに写真を撮影す ることが可能です。スマートフォンを使う場合は、高解像度の写真が撮影 できる機種を使いましょう。また自分の腕が写らないように、三脚や自撮り スティックを使いましょう。 よいカメラで撮影すること
  7. 7. 写真のトップから1/3に目線の位置がくるようにします。 真正面を向かず、自然なバランスで少し瞳を斜めにキープしましょう。 顔の周りにスペースを保てば、撮影した後で目線が正しい位置にくるよう 切り抜くことが可能ですので、撮影時に位置を完璧にしなくても大丈夫 です。まずは、自然な角度の写真を撮ってみましょう。 真正面を向かないこと
  8. 8. ビジネス用のプロフィール写真に最適な服装を選んで撮影しましょう。 肌の露出が多い服装(例えば、ベアトップ)で撮影した場合、何も着ていないように見え る可能性があります。肩や首周りがスッキリとしていて、表情を引き立てる色を選ぶと、 ステキなプロフィール写真になります。 服装を確認すること
  9. 9. ビジネス用のプロフィール写真でのキメ顔はNGです。 アヒル口、上目づかい、すまし顔、スカした顔、ヘン顔、プリクラ のデカ目、ウィンク、困り顔、過度なポーズ(ロックポーズ、歯痛 ポーズ、アロハポーズ、ピース、グラスを片手に持ったダンディな ポーズ、その他流行のポーズなど)は、適していません。 リラックスした自然な表情で写りましょう。 キメ顔をしないこと
  10. 10. プロフィール写真 自撮りテクニック まとめ 自然な光の中で撮影すること 背景を確認すること 角度を確認すること 服装を確認すること 真正面を向かないこと よいカメラで撮影すること キメ顔をしないこと
  11. 11. LinkedInプロフィール写真を自撮りしたら #WorkSelfie を使って  SNSで共有しましょう。

×